1. HOME >
  2. ブログ

ブログ

上限を超えたから

2017年11月21日

【上限を超えたから】



時間外労働に関する労使協定(36協定)で定めた月100時間の上限を
超えて医師に残業させたとして岐阜労働基準監督署から是正勧告を受け、
岐阜市民病院(同市鹿島町)が、上限を150時間とする協定を結び直して
いたことが18日分かった。「労働基準法の趣旨に反し、ナンセンスだ」と
批判の声が上がっている。


労使協定が守られず、上限を超える勤務が常態化したので、上限を
上げたという、何と短絡的な思考方法か。
そもそも医師が不足なのが原因であろうが、その対策は取らなかったのか。
行政に相談しなかったのか。相談があったならば行政はきちんと対応したのか。
疑問だらけの事件である。是正勧告を受けて改悪したのだから、これは
完全に法律を無理した事件である。
まして同じ行政の中の市民病院の事である。
こんな事をしていたら、いずれ医師はみんな辞めていく。
こんな事をして市民病院が無くなれば、そちらの方が大きな問題だろう。
どうも行政が何をどう考えているのかわからない。

どこの地方も都市も医者不足なのが現実である。
高齢化社会が本格化してきた現代において、これは国が抜本的対策を
考えない限り解消は難しい。
国の財政難もあるだろうが、高齢者に負担を増やす以外の政策を
とっていない現実を見ると、こと医療関係の未来は日本は厳しい。

幸い小生の住んでいる地域は病院が多い。幸せな事だ。
(ちなみに学校も多いのだが、特に老人向けの整骨院やマッサージ関連が
 多く、八幡製鉄所全盛時代の名残なのだろう)
歩いて10分以内に眼科2軒、小児科2軒、内科3軒、外科3軒、
泌尿器科1軒、耳鼻咽喉科1軒、皮膚科2軒、歯科3軒、精神科1軒、
整骨院やマッサージ関連はもう無数と言っていいほど。
車で10分以内だと数えられないほどあるし、大きな病院も2つある。
それでも、やっていけるというのが不思議なくらいだ。
医療過疎の地域の人が移り住んだら驚くに違いない。

話は飛ぶが、学校も統廃合されたと言いつつ、まだまだ多い。
小生の母校の小学校なんて各学年1クラスで、それも1クラスが
30人がやっと。それでも給食施設(米飯もOK)はあるし、
若い人が住むにはスーパー、学校、病院等すべて揃っていて、
私立美術館、私立体育館も近く、公園もたくさんあり、本当に住みやすい。
しかも北九州市は子育て応援は全国1である。
町内には空き家が目立つが、若い人が越してこないかと、いつも思っている。
町内で61歳になって、若手と言われても困るのである。

補聴器

2017年11月20日

【補聴器】



ついに補聴器を購入した。
耳鼻科に行って検査を受け、補聴器専門店を紹介してもらい、
そこで病院の検査結果を見せて、仮の補聴器を調整して、
それから自宅等で試し、1週間に1回、お店の方が訪問され、
微調整などを繰り返し、最終的に終わったのは最初に販売店を
訪れてから2ヶ月弱。
色々な話もうかがった。当今、電器屋さんなどで取り扱っている店が
増えているが、専門店とは全然違うということ。
まず資格等は無い業界だが、専門店の販売員はまず知識が違う。
補聴器は高い物で100万円、小生の購入した下から2番目の物でも、
30万円。高い買い物なので、それなりの試着が必要だとのこと。

補聴器はセッティングができ「万能」「快適」「TVモード」などから
選んで2つセットできる。ちなみに小生は「万能」と「TVモード」。
他にボリュームの設定。上下7段階あるが、それの幅を上にするか、
下にするかを設定できる。これは試着の段階で販売員さんがPCで無線で
変更して、いろいろと試してくれる。ちなみに小生は上の方。

なおかつ無線のボリュームコントローラーがあって、これで通常は
真ん中あたりを使い、聞こえにくい場合は上、騒音とかがやかましい
場合は下へと変更できる。
また耳掛け式と耳の穴に入れるタイプがあるが、小生は眼鏡をかけるので
耳の穴に入れるタイプ。これは装着しても見た目は全然わからない。
電池は空気電池というやつで、通常、1日5,6時間して10日間ほと保つ。

普段、家に中では以前から持っている充電式の安物の集音機で過ごしている。
電池の節約と、家の中ではそれほど不自由しないからだ。
しかし補聴器を使用して、改めて自分の耳の悪さがわかった。

反日晩餐会

2017年11月19日
【反日晩餐会】


韓国大統領府が7日にトランプ米大統領を招いて開いた晩餐(ばんさん)会で、
韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)の韓国側呼称「独島」の名前の
ついたエビの料理を出した問題で、米政府の指摘を受けた韓国側がメニュー
から「独島」の文字を削除していたことが16日、分かった。
また、晩餐会に招待された元慰安婦についても、トランプ氏は元慰安婦と
認識せずに抱擁していたことも判明した。


いやしくも一国の大統領を招いた晩餐会でこういう事が行われるというのは、
その国の民度の低さを表すだけである。
韓国が数々のでっち上げをしたあげぐ、不法占拠している竹島問題は
日本が国際司法裁判所で争うと言っても韓国は自らの不利がわかっているため
応じようとしない。これは、つまり国際機関として国際司法裁判所が全然、
機能していないということである。南沙諸島問題でも判決が出たにも
関わらず、国連の常任理事国たる中国は、まったく相手にしていない。
国際司法裁判所の判決に強制権が無いのであれば、無駄な機関である。
ここにも国連改革をしなければならない理由がある。

それにしても元慰安婦を招待すること自体がキチガイじみている。
日本は慰安婦問題は放っといて、韓国のベトナムでの戦争犯罪を世界中に
アピールするべきである。未だ韓国ではこのことはタブーになっており、
補償どころか謝罪も無く、何万人といわれている混血児はほったらかしだ。
韓国国民でも知らない人が多数いる。この事を世界中に広めて、韓国が
日本に対して慰安婦問題など何も言わせないようにしなければならない。
日本は韓国に補償もしたし、政府間合意も取り付けているのである。

国連人権理事会

2017年11月18日
【国連人権理事会】

国連人権理事会は16日、日本に対する人権審査の勧告案を取りまとめた。
日本の報道の自由に関わる問題が初めて盛り込まれ、放送局の政治的公平性など
倫理規範を定めた放送法第4条の見直しや独立監督機関の設立について米国が
勧告。オーストリアなどもメディアの独立性の保証を求めた。

また、従軍慰安婦問題で韓国、北朝鮮、中国が日本に謝罪と被害者への補償を
求めたほか、死刑制度廃止を多数の国が勧告した。

対日人権審査は、16日中に勧告として採択し、来年3月の人権理本会合で
正式採択される予定だ。


報道の自由は前向きには考える必要があるだろう。
しかし従軍慰安婦問題は違う。
そもそも日本はそういう強制行為自体を認めていない。
これを言い出すなら韓国がベトナム等で行った行為も取り上げなければ
おかしい。
また、こういう過去の問題に対して謝罪とか補償とかを言い出す前に、
世界中で行われている差別や人権侵害に目を向けるべきである。
自国の人権問題を無視している国がどれほど多いか国連は理解していない。

何度も言うが、こういう国連はいらない。
例えば、どういう理由があろうとも武力による解決は避けるべきところを
国連軍によって今まで何回解決を試みたか。
また国連決議の効力が今までどれほど効果があったか。
さらに国連の付随機関の行っていることは、どれほど世界の役に立っているか。
こういう国連は改革が行われない限り日本には必要では無い。
まず拠出金の支払いを止めて、その分を高齢者対策、少子化対策、
過疎地化対策、エネルギー問題、福島等の復興問題などに廻すべきである。
日本は脱退も視野に入れて対応するべきである。
また脱退後に新組織を立ち上げる構想を示したらいい。

【韓国に対する日本人観光客の選好度がますます下落】


韓国に対する日本人観光客の選好度がますます下落していることが分かった。
2014年韓国は日本人旅行訪問先の調査で5位となったが、2015年には
9位、2016年には10位にとどまった。韓国はアジア諸国のうち唯一
上位にランクされた国だったが、少しずつ順位が下がり、昨年には台湾にも
追い越された。

日本人観光客が韓国から目をそらす要因は、「韓流以外に興味深い対象が
必要だ」という指摘が31.4%(複数回答)と最も多かった。
「円安(29.7%)」
「良い印象がなくて再訪問の意思がない(25.8%)」
「経済・時間的余裕がない(11.1%)」
「悪化した韓日関係(9.8%)」なども韓国を訪れない理由に選ばれた。


そりゃ、これだけいろいろな問題で難癖つければ嫌になるだろう。
世界中で中国とともに嫌われている国で1,2位を争っている。
(もっとも北朝鮮やシリアなどは除いてだが)
見るべき観光名所も無く、色の悪い辛い料理が出て、ぼったくりが
当たり前で、コピー商品が蔓延して、民度が低い国にわざわざ行くものか。
しかも考えれば、こういう理由は、今更どうしようも無い。
観光名所など簡単には作れないし、歴史遺産は無いし、伝統料理が
変わるはずがないし、民度が急激に上がるわけが無い。
まあ民度が低いから、ぼったくりもコピー商品もなくならない。
逆に韓国人に来年に行きたい外国はというアンケートをとったら日本だった。
もうお笑いものである。
小生、中国は諸事情や政治体制が変われば黄山とかいろいろと行きたい所が
あるが、韓国は全く無い。そんなお金があれば湯治にでも行ったほうがまし。

次の5件 >>