1. HOME >
  2. ブログ

ブログ

【「福井豪雪」除雪費100億円超に 今後も膨らむ見通し】



福井県は16日、記録的な豪雪の影響で、県内全自治体の除雪と排雪の
経費が108億7000万円(13日現在)に達したと明らかにした。
雪が山積みになっている道路がまだ多いうえ、今後も降雪が予想されるため、
金額は更に膨らむ見通しだ。


それほど雪が積もらない九州の人間にとっては信じられない数字だ。
九州と言えば台風の被害が有名だが、雪は多かれ少なかれ毎年の事で
大変だと思う。
九州も近年は地震や豪雨もあったが、いずれも毎年必ずというものではない。

そんな中で、雪に対しては無知な小生が思うのだが、もっと抜本的な対策が
取れないのだろうか。初期費用は多く掛かるとしても、毎年の事であれば
そちらの方が最終的に費用は少なくて済み、住民の方々も便利になるのでは
ないだろうか。判らないから無謀な意見かも知れない。
幹線道路だけでも改修して自動的に雪が溶けるようにするとか。
今の行政のやり方は事が起こってそれに対応する(対応もできていないが)
という後手後手の手法だ。毎年、毎年それではいくら費用があっても
足りなくなるし、住民は便利が悪いだろうと思う。
ここは国と地公体が話し合い、費用も含めて抜本的対策を考え、実行する
必要があるのでは無いだろうか。
すべての道路というわけにはいかないだろうが、少なくとも生活物資が
不足しないように幹線道路だけでも早急に対応できないものか。

家屋に対して対応は無理だと思う。もうこれは個人的問題になってくる。
これも無知で判らないが、九州では家屋は台風被害や地震被害に対する
保険が一般的に普及してきた。雪に対する家屋の保険はあるのだろうか。

竹島の日

2018年02月23日

【竹島の日】



22日午後、松江市で13回目となる記念式典が開かれたが、
政府からの出席者は、内閣府の山下雄平政務官で、韓国への配慮からか、
今回も地元が求める閣僚の出席は実現しなかった。
そして、竹島の日に反対する韓国の市民団体が会場近くに姿を現すと、
それに反対する日本のグループともみ合いになり、周囲は一時騒然となった。

竹島は完全に日本の領土である。数々の証拠があるが決定的なのは
戦前の写真で竹島に日本人の漁師の小屋が確認されたことだ。
元々は李承晩という不埒な韓国大統領が勝手に日本海に線引きをして、
この内側は俺の国のものだとほざいたことからこの問題が始まった。
その線を李承晩ラインというが、このせいで多くの漁民が韓国に拿捕され
ひどい虐待を受けた。

リンク:李承晩 李承晩

リンク:李承晩ライン 李承晩ライン 

だいたい日本は本当に甘すぎる。
なんでこんな韓国の市民団体など入国させたのか。
もみ合いを起こした連中をすぐに逮捕して強制送還(北朝鮮のような
木造船で十分だし、エンジンの代わりにオールでいい)したらいい。
宿泊しているホテルは宿泊拒否し、交通機関も乗車拒否、買い物も拒否。
1週間分のパンと水だけくれてやろう。

今後、そいつらの一族郎党は永久に来日不可。
ちなみに普通は一族とは一般的に血族7親等、姻戚3親等だが、今回は特別に
その3倍までとする。
また今後、韓国からの入国者は政府保障を必要とし、ひとり30万円の補償金を
前納し、なにかあった場合はこれを没収する。
こういう風にならないものだろうか。
韓国人の観光客による観光収入は当てにするべきでは無い。
日本人ならば誇りを持って、断固、行うべし。
最後は断交だ!

   断交、断交、断交!

【JR九州ダイヤ改正 取りやめ・区間見直し過去最多】



JR九州が発足していらい列車の本数は1.8倍に増えたが、利用客の
増加は1.3倍に留まっている。
経営効率を考えれば仕方の無いことである。
バス路線もそうだが鉄道も公共性が強く住民の利便性も考慮しないと
ならないが、どこかで自ずと線引きもしなくてはならない。
実際にローカル線では1両に2,3人しか乗っていないという現状だ。
今回の改正による本数減は22路線に渡り、以前、JR北海道が
実施した規模を大きく上回る。

しかし日中の本数は間引きしても朝と最終便は確保して欲しい。
それが無くなると生活にまともに直撃する方が出てくる。

鉄道は生活の足だけでなく、観光資源としての役割も大きい。
吉松-鹿児島中央を1日2往復する観光列車「はやとの風」は平日の
定期運行を取りやめる計画だ。
これは列車を観光の目玉にしている停車駅周辺の各種業者にとっては
死活問題だろう。
人吉からえびのの間の車窓の素晴らしさは小生も大好きである。
しかし平日は利用する観光客はチラホラというのが現実。
難しい問題である。

【続 続 韓国だから仕方が無い】



攻撃にさらされたのがカナダのショートトラック女子のキム・ブタン選手だ。
13日の500メートル決勝で、ブタン選手を押したとして韓国の崔珉禎選手が
失格し、銅メダルを得ると、ブタン選手のSNSには「ブタンも崔選手を
押した」「反則でメダルを取った。恥を知れ」との韓国語や英語の非難が殺到、
コメントは1万件を超えた。
「殺してやる」との殺害予告もあり、韓国警察が捜査に着手。カナダ当局も
選手の保護に乗り出した。
過去の五輪でも韓国から特定選手へのネット攻撃は繰り返されてきた。


ソウル五輪の時も最低の開催国と思ったが、冬季五輪でも最低の開催国に
なるという予感が当たってしまった。まあ韓国だから仕方が無い。
元になっているのは「ひがみ根性」と「ねたみ根性」と「うらみ根性」。
そして、とにかく自国が一番で無ければ気が済まないという超高望み。
2流発展途上国にありがちな妄想である。
しかも個人攻撃。はたまた自国の選手まで攻撃するのだから凄まじい。
さらに警察まで関与しなければならない事態とは、これはもう完全な脅迫だ。
こんな国で競技を続けなければならない選手は悲惨だ。

今すぐに全員、大会をボイコットして帰国しよう。

選手に何事か起こってからでは遅い。
なにせ伊藤弘文を暗殺した人間を英雄と讃えるような国である。
完全にこんな国を開催国に選らんだIOCのミス。

諸外国でも

英BBCは「チームメートをいじめた韓国スピードスケート選手2人の国家
代表資格を剥奪してほしいという韓国国民の請願が35万人を超えた」
と報道した。
米紙USAトゥデイも「『いじめ説』が韓国女子団体追い抜きで浮上した」と
報じた。また「文在寅(ムン・ジェイン)大統領に2人の選手を処罰して
ほしいという請願が40万人を超えた」とし、請願の詳しい内容も伝えた


いや~普通、一緒に競技した仲間に負けた責任を押しつけたり、文句を
言ったり、またそれに便乗して処罰するような誓願をするかね。
スポーツ精神皆無の国、それが韓国。

中国選手の失格の腹いせに「韓国がどれほど卑劣か分かった」「韓国は中国の
属国だ」と韓国選手のSNSなどに中国語の中傷が相次いだケースもあった。



確かに、韓国が卑劣なのは正解である。
韓国が中国の属国であるというのも正解である。
しかしそういう中傷をするというのは中国も2流発展途上国なので仕方が無い。
いっそ韓国と中国で非難しあって、どちらが凄いか比べたらいい。

今度は有馬で

2018年02月22日

【今度は有馬で】


21日午後7時35分ごろ、神戸市北区有馬町の観光施設「太閤の湯殿館」で、
「男性が急に倒れた」と119番があった。神戸市消防局などによると、
男性は館内で動かなくなったネコを見に行き、突然倒れたという。
男性は40代とみられ、意識不明の重体。

現場周辺には、消防車10台が出動。館内に有毒ガスが発生した可能性も
あるとみて、防護服を身に着けた隊員らが空気などを調べたが、ガスは
検出されなかった。酸素濃度の低下が確認されたという。


太閤の湯殿館は入浴施設ではないのにどうしたのだろうか。
ガスは検出されなかったが近くの銀の湯は炭酸泉だから、
その可能性は若干はあるが、普通の観光施設ではちょっと考えにくい。
もっともこの男性が倒れた原因が本人に由来する病的なものだったのかも
しれない。記事ではよく判らないがネコが動かなくなったのか倒れて
いたのかで全然違ってくる。動かないだけなら、それはネコの勝手な
ひとつの行動であり、倒れていればガスが十分考えられる。

リンク:太閤の湯殿館 太閤の湯殿館
リンク:有馬温泉 有馬温泉

日本における入浴中の死亡事故は年間約2万件。
そのうち自宅が5千件で温泉施設や旅館などが1万5千件。
しかしこの1万5千件は推定の数字で確たるものではないらしい。
でもこの2万という数字は交通事故の死亡者よりも多い。
そして、その中でも9割が65歳以上である。

いろいろな所で出ているが防止としては

・お湯は41度以下で10分まで、長湯はしない。
・浴室、脱衣所も暖めておく。
・転倒防止にてすりを設置する。
・声をかけてからお風呂に入る。

などがある。

また空腹時やアルコールを摂取した後はNG。
といっても、食後すぐは血圧が下がりすぎる食後低血圧によって失神する
ことがあるので、食後すぐの入浴は避けた方がいい。

てすり以外は自宅でも簡単にできるのぜひ実行を。
ちなみに小生の自宅の風呂はてすりがついている。
親父がパーキンソン症で動きが不自由になったときに行政が
無料でつけてくれた。

次の5件 >>