1. HOME >
  2. ブログ

ブログ

朝鮮学校が敗訴

2017年07月23日
【朝鮮学校が敗訴】

国が高校授業料無償化の対象から朝鮮学校を除外したのは違法として、
広島朝鮮高級学校の運営法人と同校の卒業生らが、国に除外の取り消しや
総額約5600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が広島地裁であり、
小西洋裁判長は訴えを退けた。
同種訴訟は他に東京、大阪、名古屋、福岡の4地裁・支部でも起こされている

 
2010年に始まった高校無償化は、公立高校で授業料を徴収せず、
私立高校生には就学支援金が支給される制度。外国人学校などは文部科学相の
指定を受ける必要がある。訴状によると、運営法人は同年11月に指定を
申請したが、国は13年2月に不指定通知を出し、運営法人が指定を受ける
根拠となる規定を削除した。


原告側は「除外により民族教育を受ける権利が奪われた」として、憲法が
保障する教育を受ける権利などを侵害されたと主張。国が規定を削除したのは、
拉致問題や朝鮮総連との関係を理由にした朝鮮学校の排除が狙いだとして、
法の下の平等にも反すると訴えていた。

国側は、運営法人は朝鮮総連や北朝鮮との密接な関係が疑われ、支援金が
授業料以外に流用される恐れを否定できないとし、判断に違法性はないと
主張していた。


100%当然の当たり前の正当な判決である。
日本人の税金は日本人の教育に使用される、当然のことである。
しかも国交も無い国の民族になぜ支出する必要があるのか。
訴訟を起こした民族は「たかり」の韓国と同じ民族。
そんなに費用が必要ならば、北朝鮮の刈り上げ君に泣きついて核と
ミサイル開発費用を削って、送って貰えばいい。
だいたい「除外により民族教育を受ける権利が奪われた」というのが凄まじい。
日本の中で朝鮮の民族教育は必要ない。自己資金で勝手にすればいい。
どれだけ悪しき民族主義かわかっているのか。
それほど大事な民族主義ならば朝鮮に帰って勉強しなさい。

「憲法が保障する教育を受ける権利」は日本において日本人に対して
保障するものであって、朝鮮人には関係ないし、保障もされない。
ましてや裁判官の判断するとおり「運営法人は朝鮮総連や北朝鮮との密接な
関係が疑われ、支援金が授業料以外に流用される恐れを否定できない」と
いうのは納得できる事実である。
朝鮮総連と朝鮮系金融機関が過去に起こした問題を日本人は忘れない。
日本で生み出された資金が、どれほど朝鮮に流れていることか。
裏ルートまで含めれば、相当な額にのぼるはずだ。
北の漁業の違法操業、拉致事件、核開発、ミサイル開発、密輸、
南の漁業の違法操業、あらゆるものの違法コピー、竹島の不法占拠、
根拠なき慰安婦問題と強制労働問題、こんな民族に1円でも使うことは無い。
いっそ集団で南北に帰国したら。きっと日本より、いい学校がある。

朝鮮総連

 朝鮮総連

 朝鮮総連とパチンコ

朝鮮学校

 朝鮮学校

東日本大震災復興補助金詐欺

2017年07月22日
【東日本大震災復興補助金詐欺】

東日本大震災からの産業復興を支援する補助金をだまし取ったとして、
東京地検特捜部は20日、精密機器開発製造会社「CKU」(本店・
大阪府岸和田市)の社長、谷川章太容疑者(35)=同市=と、兄で
同社役員、谷川茂利容疑者(38)=東京都台東区=を詐欺容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2012年12月~14年10月、同県白河市に建設予定の
工場に備える機械設備の購入費などを偽った請求書を県に提出し、
「ふくしま産業復興企業立地補助金」約2億5000万円をだまし取ったと
している。


前にも書いたが日本は詐欺を含めて経済犯の量刑が軽すぎるので、
振り込め詐欺をはじめとする経済犯が後を絶たない。
軽い場合はたった4,5年で出てくるし、執行猶予がつく場合もある。
しかも、どうせ金は使っていて返せはしない。
その被害のために一家離散や自殺に追い込まれた方々もいるのだ。
言わば凶器なき殺人である。

こげなアホはすぐさま死刑にしたいところだ。
簡単明瞭に量刑を規定すればよい。
江戸時代は10両盗んだら馘が飛んだ。この方がわかりやすい。
現代だと100万円で懲役1年。全額を返済した場合は服役期間を半減。
執行猶予は一切無し。
今回の場合だと2億5千万円なので懲役250年。妥当な線だと思うが。
1千万円だと10年だが、再犯の場合は服役期間を倍とする。
それとも1億円以上は一律死刑の方がいいか。

キッズウイーク

2017年07月22日
【キッズウイーク】

2018年度からの「キッズウイーク」の実施に向け、意気込みを示した。
安倍首相は18日、学校の夏休みなどの長期休暇の一部を、地域ごとに別の
時期に分散させる「キッズウイーク」について、2018年度から実現する
方針を強調した。
一方で、「キッズウイーク」定着には、企業側の有給休暇取得の促進も
必要だとして、これを契機に、有給休暇を取りやすい機運も生み出して
いきたいと強調した。
政府は今後、地域ごとに協議会を設置し、検討を進めていくことにしている。


まず、これに対しての意識調査だが、60%強の人が反対している。
企業の反対はさらに多い。
地域ごとに別に休みを分散させると子供を中心とした地域の交流が難しくなる。
重なった一定の期日しか交流や行事はできなくなる。しかもその期間に
行事が集中すれば場所や日程を調整するのは大変だろう。
例えばホテル・旅館にしてみれば、夏休み中、収容能力の100%が
理想であるが、これがある一定期間に集中すれば、昨日は満員、
今日は「0」ということもありうる。特に大きな宿泊施設が該当するだろう。
企業にしてみれば、再度、夏の休暇のローテーションを組み直す必要が
出てくる。特に24時間稼働の製造業では難しくなる。約40日間の
夏休みに散らしていたものが、特定期間に集中すれば人の割り振りができない。
また夏休みの意味は、特に暑い期間を休みに充てて児童を保護するという
こともあるが、そういう観点から考えれば、キッズウイークはそれに
逆行することになる。

そもそも有給休暇の取得を促進させるのが一つの目的であれば、児童からの
観点では無く、大人目線、企業視線から見らなければならない。
仕事上、有給休暇を取りたくても取れない労働者、与えたくても与えられない
企業はどこに問題があるのか。結局は企業の人員不足なのだが、企業にしても
労働効率を考えれば、単に人を増やすわけにはいかない。
特に専門職はその傾向が著しい。
政府がいくら声を張り上げても、これが改善されなければ失敗に終わる。
現場の声を無視した、官僚が頭だけで考え出した無謀な政策となる。

有給休暇の取得促進の対策は難しい。有給休暇は取れるようになったが、
給与は減ったということに成りかねない。
親も大変だ。特に共働きの両親の家庭は休みの期間が変われば、子供の
面倒を見てくれる施設を新たに探すことになる。また例えば、小学生と
幼稚園の子供がいて、2人の休みがずれれば、対応はますます複雑になる。
かえって有給休暇を取得する日が狭めらることになりそうだ。

社員を増やすので、まず考えられるのは障害者の雇用を促進すること。
雇用にあたっては障害者が働きやすい環境の整備に政府がもっと補助を
行うこと。
それは建物の改造費用や生産性の低下が発生する場合は企業への補助などだ。

またハローワークのような個別対応ではなく、定期的、総合的な
企業説明会、就職説明会の実施である。1企業と1個人のやりとりではなく、
新卒者に対して行っている企業説明会を分野ごとに定例で開催する。
実際、小生は現在就職活動をしてるが、ハローワークに行って、希望の
企業を見つけ、企業に連絡し、面接等を受ける。この繰り返しである。
就職を望む者も企業側も、ものすごい費用と時間のロスである。
ハローワークに行って、いつも思うのは、これだけの大人数の人がいれば、
ここに企業側の採用担当者がいて、説明をし、即面接まで行い、有望者に
対しては後日、再度、試験なり面接なりすればかなり高い割合で採用が
できるのではないかと。

旭日旗問題

2017年07月21日
【旭日旗問題】

アジア・サッカー連盟は20日、韓国でのアジア・チャンピオンズリーグの
試合で、サポーターが旭日旗を掲げたために科された処分を不服として
J1川崎が行った上訴を棄却したと発表した。

アジア・サッカー連盟から執行猶予付きの無観客試合などの処分を受けた
川崎は、旭日旗を一部の地域や国で差別的なものと断定されたことに異議を
申し立てていた。だが、アジア・サッカー連盟は改めて旭日旗の掲出は
差別的で、韓国国民の尊厳を傷つける行為との見解を示した。


ことはサッカーの試合のことだが、この問題はそれで収まる事では無い。
例えば、今後、海上自衛艦が韓国に寄港する場合に旭日旗は揚げられない
ということにまで発展する。
まあ、わざわざ行く必要もないし、行っても何のメリットもないし、
重要機密を奪われて、お家芸のコピーでもされるデメリットがあるかも。

アジア・サッカー連盟も馬鹿な判断を下したものだが、おそらく連盟委員の
無知から生じたものだと思われる。それとも韓国がお得意の賄賂戦術でも
使ったか。あの国だったら、そこまでやりかねない。

ここは政府まで乗り出して対応する必要がある。
日本の伝統のある海軍旗の存在を海外に知らしめ、理解を求めるべきだ。
考えようによっては慰安婦像より重要である。
慰安婦像など好きに作らさせて、放っておいたらいい。
しかし旭日旗はそうはいかない。
あまり詳しく知らないのだが、次はFIFAに訴えることができるのだろうか。
返ってアジア・サッカー連盟というのが問題であり、FIFAでは認められる
ような気がする。

日本で行われる、国内戦も含めてすべてのサッカーの試合に旭日旗を大量に
使ったらどうなるだろうか。一度試してもらいたいものだ。

今朝の庭

2017年07月21日
【今朝の庭】

涼しいうちに少し紅葉を剪定していたら、蝉の抜け殻を2つ発見。
手前の抜け殻は、まだ柔らかいので、抜け出してすぐのようだ。
今年はこれで3匹。
しかし例年ならば真ん丸の穴があるはずだが、今年は無い。不思議。

ついでにゴーヤチャンプルが食べたくなったので、少々小さめだが、
今年のゴーヤの初物を収穫。夫婦2人分にちょうどよい大きさだ。

画像


婆さん犬の「カミコ」は猫の「ごろう」が大のお気に入り。
外の「ごろう」の所に出してくれと、朝4時に小生の部屋にやってくる。
あとは朝の散歩に行くまで、じっと座って「ごろう」を見ている。
とにかく1日中、頭には「ごろう」しかないようだ。
「ごろう」にしてみれば、いい迷惑で、カミコがちょっかいを出すと怒る。
なめてもらう分にはかまわないようだ。おかげで「ごろう」はカミコの
涎でベトベト。毎日、ノミ取りも兼ねてお風呂で洗っている。
日中も暑い中、じっと座って見ている。婆さんだから、熱中症にでも
なると困るので、無理矢理2時間ほどはエアコンの効いた部屋に閉じ込める。
それでも出してくれとガラス戸を引っかき回して小生に怒られている。
家内と散歩に行っても、「ごろう」が気になるのか、途中で休憩することも
無く、慌てふためいて帰って来る。困ったものだ。

画像

次の5件 >>