1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 政治 >
  4. 民進・蓮舫代表、離党届の長島昭久元防衛副大臣に「最低」

ブログ

民進・蓮舫代表、離党届の長島昭久元防衛副大臣に「最低」

【民進・蓮舫代表、離党届の長島昭久元防衛副大臣に「最低」】

蓮舫氏は今月14日、熊本市で党熊本県連のセミナーに出席。
会合で、長島氏と代表代行を辞任した細野豪志元環境相について、
出席者から「党が苦しい時にこうした無責任な動きをすることこそ、
政党支持率低迷の一因だ」などと厳しい批判があがった。
蓮舫氏はこれに対し、離党した長島氏に特化して「最低だと思う」と同調した。

ちょっと違うだろう。
こんな党にいたって次期選挙は危ないと誰もが思っている。
沈む船からはネズミは逃げる。
地方や都の議員も離れていく現状で「無責任」はないだろう。
長島氏や細野氏の行動は当然の事であり、なんら非難されるものではなく、
その決断は、むしろ賞賛に値する。
党名の変更ではなく、解散が妥当な線だった。
党を苦しくしたのは自分達だろうが。
それも蓮舫氏に責任の50%以上はあるのではないか。
ろくな政策も出せず、反対、反対ばかりを唱えてきた結末がこれだ。
しかも共産党のように一貫したものも無い。、共産党もおかしいが
おかしいながらに一貫したものを持つのに対して民進党はそれすら無い。
細野氏、そして前原氏、よ~く考えて。あなた達ならどこの党に行っても
選挙は当選する。もっと前向きな政策を推し進める党に行きなさい。
その方が、あなた達の手腕を振るうことができる。
日本にとっても、宝の持ち腐れでもったいない。

この発言に対して民進党の内部でも、政党支持率が1桁台で低迷し、
蓮舫氏にも党運営の批判が集まる中、
「代表なら責任の一端を感じるべきだ。被害者のように振る舞うべきでない」
といった考えが広がっている。
野田佳彦幹事長も「発言の真意は『残念だ』ということだったのだろうと
思うが、表現の仕方はよく練って、きちっと伝えなければならない」と
苦言を呈した。

だから何回も言うように、一党の代表の資質も資格も無いし、こんな人物が
政治家というのが無理。代表にした党自体にも責任があるし、選んだ党が
お粗末な限り。他にも有能な方はたくさんいるだろう。だいたいこの党は
ろくでもない党首ばかり選んできた。少々まともなのが野田氏ぐらい。
これでは、ますます民進党離れが議員も有権者も進むだろう。
民進党の議員さん達、今が離党のチャンスですよ。このままいてもお先は
真っ暗ですよ。そして党は

解散、解散


関連記事
金正恩の善意を信じる韓国の楽観的太陽政策論者 (04月28日)
民進党、離脱相次ぐ (05月02日)
台湾に招待状届かず (05月12日)
民進・蓮舫代表、離党届の長島昭久元防衛副大臣に「最低」 (05月19日)
眞子さまの御婚約 (05月20日)
受動喫煙対策、厚労省が例外に「居酒屋」含める修正案 (05月22日)
民進党に呆れるわ! (05月23日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):