1. HOME >
  2. ブログ

ブログ

覚えていますか、こんな事故があったことを

2017年06月19日
【覚えていますか、こんな事故があったことを】

〈シエスパ爆発事故〉 東京都渋谷区の温泉施設「シエスパ」で2007年
6月19日、従業員用施設の地下機械室にガスが充満し、制御盤の火花が
引火して爆発。地上の施設も大破した。従業員の千財明菜さん(当時23)と
藤川広美さん(同22)、日詰真里さん(同51)が死亡。別の従業員2人と
通行人1人も大けがをした。

東京には南関東ガス田などメタンガスの貯留している地層がたくさん
あります。普通の家庭や一般的な工事ではあまり関係がないものの、
1500メートル掘れば出てくるといわれており、また岩盤の隙間から
地表近くまで出ている箇所もあります。
ガス田は千葉県を中心に茨城県・埼玉県・東京都・神奈川県の一都四県に
及んでいます。九十九里浜いわし博物館の爆発事故も自然湧出したガスに
よるものでした。
ガスを採取するための地下水の汲み上げによる地盤沈下が公害問題と
なったため、現在はかなり地域的な規制が進んでいますが、ガス会社も
まだ現役で事業は続いています。
東京近郊で上記の一都四県のお住まいの方は頭の片隅に置いておいた方が
いいかもしれません。
それにしても若くして無くなった方々はご遺族共々無念だったでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。1人の温泉好きなじいさんとして。

シエスパ爆発事故
 シエスパ爆発事故

南関東ガス田
 南関東ガス田

愛知県豊田市の道の駅にある温泉施設「どんぐりの湯」問題

2017年06月17日
【愛知県豊田市の道の駅にある温泉施設「どんぐりの湯」問題】

愛知県豊田市の道の駅にある温泉施設「どんぐりの湯」で、事前の届け出や
利用者への表示をせずに、温泉に水道水を足していたことが分かった。
豊田市武節町の道の駅にある「稲武温泉どんぐりの湯」は、市の委託会社が
運営し、年間16万人以上が利用する温泉施設。
施設を監督する豊田市によると、源泉のくみ上げ水量が不足したことから、
委託会社の判断で水道水が足され、これを知った市が調べたところ去年
8月から今年5月までの107日間、最大で2割以上、およそ20トンの
水道水を加えていた。

温泉法では加水の際には事前の届け出が必要でだが、していなかった。
施設では、8日から「加水」を伝える表示をしていて、豊田市では今後、
施設への定期的な立ち入り調査を行う方針である。

まず市の答弁

「法の主旨を明確に理解していなかった。責任は免れない。
誠に申し訳ありません。」(豊田市稲武支所・林行宏支所長)

おいおい、以前、あれだけ温泉問題があって加水や加熱、入浴剤の投入などが
大きな問題になったのに担当者が理解していなかったでは済まされないだろう。
3年間、担当部署の職員全員のボーナスを充てて温泉の入浴料を割引に
しなさい。また市長や助役なども3年間給与の3割減でこれに充てなさい。
一般の企業、旅館・ホテルだったら悪評で倒産まで至る場合もある。
そうなったら従業員は当然解雇だろう。それに比べたら3年間のボーナス
返上や給与の3割減くらい軽いものだ。だいたいそういう人間をそんな
箇所に配置する行政がまずおかしい。いかにもお役所人事だ。
委託業者はもちろん変え、業者には法的に損害賠償を求めるべきだ。
賠償金は、お詫びとして温泉の無料開放の資金として使おう。
また温泉法では加水の際には事前の届け出が必要であるが、客に対しての
表示もたぶん「源泉100%の掛け流し」とかしていると思う。
これも温泉好きな人間には大きな問題である。
小生ら温泉好きは、やはり「源泉100%の掛け流し」を求める。
入湯するときは加水、加熱や塩素の投入も考慮する。
2割も水道水が混じればかなり塩素臭が目立つと思う。
しかし、表示が嘘だったら判断のしようがないし、信じるものが
無くなって困ってしまう。塩素臭はひどければわかるが、湧き水の
加水とか加熱はわからない。

最近は貧乏で(もっとも以前からずっとだが)温泉に行けなくて温泉に関する
カキコはこんな悲しい話ばかりで、情けなくなる。

不老不死温泉の社長、書類送検

2017年04月16日
【不老不死温泉の社長、書類送検】

青森県警五所川原労基署は、労働基準法違反(時間外労働など)の疑いで、
青森県深浦町の黄金崎不老不死温泉と同社の男性社長を書類送検した。
容疑は同社の従業員男女23人と労使協定を結ばないまま時間外、休日労働を
させ、うち22人については時間外労働の割増賃金を支払わなかった疑い。

社長は「労働時間への認識が甘く、管理も行き届いていなかった。
新しくパート従業員も雇用し改善に努めている。」と話している。

(疑問1) 

社長は44歳。労働基準法を詳しく知らなくても、常識でわかる範囲。
要は経費節減のために従業員をこき使い賃金の支払いを渋ったということ。
認識が甘いという言い訳は通用しないし、社長の資質も資格もなし。
    
(疑問2)

2015年に労基署が立ち入り調査し、違法な時間外労働と割増賃金の
不払いが発覚している。是正勧告をしたが改善されてなかった。
これも社長の言い訳と重ねると、甘えというより、計画的に思える。

(疑問3)

23人の従業員は、こういう事態をどう思っていたのだろうか。
誰も労基法を知らなかったのか。たとえ知らなくても賃金の未払いは
おかしいと思わなかったのか。ここを辞めれば生活に困るとか、
他では就職が困難とか、長く勤めていて義理が優先したとか、
いろいろとあるかも知れない。しかし働くのは賃金を得るためであり、
それが守られなければ働く意味が無い。

(疑問4)

報道では旅館の経営状態までは述べてなかったが、かなり有名で
繁盛している旅館だ。
もし経営状態が悪いのなら、ますますこの人物に社長の資質、資格が無いと
思われる。
もし経営状態が良いのであれば、尚更、たちが悪い計画的犯罪だ。
「新しくパート従業員も雇用し改善に努めている」というのなら
従業員を雇用しても経営がやれるのであれば、どうも後者のようである。

この温泉は温泉マニアにとっては垂涎の的であり、悲しい出来事だ。
温泉ネタがこのような事件しか無い自分がもっと悲しい。

レジオネラ菌

2017年03月26日
【レジオネラ菌】

広島県三原市の温泉施設で、肺炎などを引き起こすレジオネラ菌に集団感染し
入浴客の1人が死亡した。
「みはらし温泉」では、立ち入り検査の結果、今月21日にレジオネラ菌が
検出された。集団感染した入浴客は25日午後4時現在で、当初の14人から
40人に増え、亡くなった男性のほかにも2人が重い症状だという。
「みはらし温泉」は、営業を自粛しているが、レジオネラ肺炎の潜伏期間は、
2日から10日でさらに患者が増える恐れもある。

久しぶりに出てきたレジオネラ菌。温泉施設はけっこう厳しく取り組んで
いるはずだが、一時すごく流行って温泉施設はどこも対応したのだが、
話題が下火になるとともに、どこかに弛みが出てきたのだろうか。
これは日本人の大きなマイナスの特徴。ブームになればどの新聞も
週刊誌もTVも大きく取り上げて騒ぎまくる。過ぎればもうそれは関係ない
ようになってしまう。健康等の問題でも話が下火になっても危ないものは
ずっと続いているのだが、忘れられてしまう。

レジオネラ菌

で、困るのが上のリンクにもあるけど塩素消毒。
小生は泡風呂はあまり好きではないので関係ないが、塩素消毒はまいる。
せっかくの温泉独自の匂いが台無しになり、まるでプ温水プールに入っている
ような感じになる。水道水しか使用していない方は慣れてしまって
わからないかも知れないが井戸水を使用している我が家では飲んでも、
風呂に入ってもかなり強烈に感じる。
水道水は蛇口で一定濃度の塩素が検出されなければ不可である。
まあ消毒のためにはしかたがないが、やっぱり温泉は嫌だ。

別府八湯温泉祭り

2017年03月11日
【別府八湯温泉祭り】

今年も3月31日から4月3日まで開催されます。
日頃は入湯できないジモ泉に浸かることができる貴重なお祭りです。
昔(娘が幼稚園、小学校低学年だったから13~17年前)は
この日が待ち遠しくて、温友に会うのが楽しみで、宴会が更に
楽しみでした。4月1日はどこの企業でもそうと思いますが、
新年度にあたりなかなか休むことができずカレンダー次第でした。
今は暇はあるけど諸事情で行けません。それになにせプーですから。

別府八湯温泉祭り
 別府八湯温泉祭り

想い出の温泉(裏泉家にて)

2015年05月09日
【想い出の温泉(裏泉家)】

別府八湯温泉道「裏泉家」に参加したときの写真です。

画像  画像

「裏泉家」とは「表泉家」で名人になった方のみが参加できる
イベントで、人数に限りがあるため抽選で参加者を選んでいます。
(個人宅の温泉などを入湯させていただくため多人数は無理)
何種類かのコースがあり、また同じコースでも、入湯できる温泉が
変わっていたりします。この写真は「亀川コース」に参加したときの
写真で某お寺さんと某アパートの温泉です。
コモエスタ赤坂師匠、ばんさん、rakkuさん、Kitaさん。
なつかしい顔ぶれが並んでいます。
「日本秘湯に入る会」のオレンジタオルもありますね。
写真のデータを見ると2005年8月になっていました。
「亀川コース」は最後に某商店での昼食付きで、これが
美味しくてたまりません。(もちろんここにも自家泉がある)
都合により裏泉家にはもうずいぶん参加していませんが、
5,6年は続けて参加しました。
藍も一緒に参加したことが2回あります。
温泉道も3巡目で止まっているので諸事情が許せば復活し、
裏泉家にもまた参加したいと思っています。

いつも夜は「いなせ」で「遊牧」の親睦会でした。
懐かしい想い出ですが、遊牧のメンバーも、いろいろな道に進み
なかなかみんなで会う事もまれになりました。
小生が人生の中で出会った最高の仲間達です。
年齢も、しがらみもなく、こよなく温泉と別府・大分を愛し、
(ツーリング組やマラソン組などもいらっしゃいます)
無茶もするけど、翌朝は「昨晩、私、粗相しませんでした」と
小さくなって詫びる仲間達が大好きです。
遊牧は不滅です!

外部リンク
 別府八湯温泉道

2015温泉ソムリエ認定セミナー&ステップアップセミナーin別府

2015年04月26日
【2015温泉ソムリエ認定セミナー&ステップアップセミナーin別府】

主 催 別府八湯温泉道名人会
後 援 別府市旅館ホテル組合連合会・別府市観光協会(申請中)

2015温泉ソムリエ認定セミナー&ステップアップセミナーin別府開催概要

開催日時 6月20日(土)、21日(日)
受  付 12:30~12:50
講  座 13:00~17:00(講座後認定式/終了予定時間17時)
場  所 ホテルニューツルタ(大分県別府市北浜1-14-15)
参 加 料 ・20日温泉ソムリエ認定セミナー 
       一般24,840円(税込)、
       別府八湯温泉道名人会会員23,760円(税込)
     ・21日ステップアップセミナー(温泉分析書マスター)
        温泉ソムリエ認定者一般12,960円(税込)、
         別府八湯温泉道名人会会員12,420円(税込)

小生も参加したことがなく、現在参加も出来ない状態なので
羨望の眼差しで指をくわえて見ています。
温泉に興味がある方・好きな方、別府が好きな方、参加されては
どうですか。西鉄が福岡、北九州から別府へのバスも運行していますよ。
詳細はこちらから。

別府八湯温泉道名人会
別府八湯温泉道名人会

JRおおいたシティ開業

2015年04月22日
【JRおおいたシティ開業】

JRおおいたシティが開業しました。ようは大分駅ビル。
行ってみたいものですな。温泉もあるし、ホテルもあるし、
なかなか面白そうです。ただホテルの料金が朝食・温泉付きで
10,200円はちょっと高いですね。もっともベッドはWだけど。
そのうち温友の所に食事に行った際に温泉だけでも入りに行きます。

東九州自動車道が完全に(共用とかではなく)開通すれば
別府・大分なんて1時間30分弱なんですよね。現在は我が家から
3時間程度かかっています。そうすれば簡単に日帰りもでき、
宿泊しても帰りの運転の辛さから救われます。

外部リンク:JRおおいたシティ
JRおおいたシティ