1. HOME >
  2. ブログ

ブログ

HP作成の御紹介

2018年06月21日
【HP作成の御紹介】

かんたんホームページGrupo

画像リンク

かんたんホームページGrupo

今までいろいろなHPを作成してきましたが、
ここのHPが一番使いやすくて便利です。

【TOKIO 山口さんの問題?】



まず芸能界ってのにうといので、それをご了承の上でお読みください。
また、なれぬスマホでチマチマとカキコしているので、誤字脱字も
ご勘弁ください。

で、この問題ですが、中条きよしさんが「行かなければよかったじゃん」と
おっしゃっていますが、それが正解だと思います。
普通、自宅に誘われて、のこのこついていきますか?
これを問題にした両親というのも。いい加減な親だと思います。
だって娘はノコノコついていったんですもの。
小生の娘だったら「しかたないよね、お前も悪い」と言うでしょう。
ただ芸能人は人気商売だから、山口さんの行為自体はは駄目ですね。
でも、忙しい毎日を送っているのに離婚して、その捌け口がなかったのかと
気持ちはわかります。
ただ今回の事で2人のお子さんに影響がなければと思います。

【う~ん、難しい問題だ!】



クールビズの影響で需要激減したネクタイ販売業者(株)&・BLUE(大阪)
が破産した。
大きな原因はクールビズ。

クールビズ自体は悪いことではない。

小生はクールビズの夏でもネクタイをしていた。
これは金融マンのポリシーと思っていた。
夏でもスーツ、長袖ワイシャツ、ネクタイが金融マンの制服。
半袖シャツなんて30年以上買ったこともなかった。
上司からやめろと言われてもしていた。
自分自身は暑いとは思わなかったが、周りの見た目が
暑苦しいからやめろと言われて泣く泣くネクタイを外した。

なんか首まわりがスースーして落ち着かなかった。

こういうのを行えば、どこかで泣く人がいる。
それが判らないのが行政!

【19歳の交番勤務の警察官が同僚を拳銃で射殺】



滋賀県彦根市の交番で滋賀県警の警察官が一緒に勤務していた同僚を射殺し
た事件で、県警は12日未明、現場から逃走していた彦根署地域課勤務の
男性巡査(19)=同市=の身柄を愛荘町内で確保し、同日朝、殺人容疑で
逮捕した。


この事件で一番思ったことは選挙権は18歳に引き下げられたが、現行の
法律では成人は20歳であり、未成年に銃を持たせる警察のやり方だ。
そりゃ交番勤務なら犯人逮捕上、銃が必要な事もあるだろう。
だから。そういう勤務に配置した警察が問題だ。
少なくとも20歳を超えるまでは(本当は25歳以上が妥当と思うが)
他のもっと知識を蓄えるような部門に配置すべきではないだろうか。
銃を持たなくてもすむような仕事は腐るほどあるし、この年齢であれば
(詳しくは知らないが)警察学校で教育する方が重要ではないか。
交番勤務で下積みの経験を積ますということなのだろうが、現実に
こういう事件が起きれば今後変わって行くかも知れない。

カレーパンサンド

2018年04月06日

【カレーパンサンド】



カレーパンは美味しい。サンドイッチも美味しい。だからといって、
まさかカレーパンをサンドイッチで挟んだ商品が店頭に並ぶなんて。
フジパンの新商品「カレーパンサンド」。


これは食べてみたい。

同社の「金城軒カリーパン」を食パンで挟んだ。
食パンとカレーパンの間には、辛子入りマヨネーズが塗られている。
オープン価格だが、参考価格は税込108円。
コンビニでは売っていなく、スーパーなどの量販店で販売。


どこで売っていようが美味しい物は美味しい。

青森、岩手、秋田、福島、宮城、山形の東北6県で4月1日から販売。

えっ、東北限定。何故? 
製造会社は名古屋なのに。
九州でも売ってよ~。
108円ならマックよりいいかも。

【これから就活をする高齢者の方々へ】



もうすぐ定年になるとか、何かの事情で転職するとかという高齢者の
方々に小生の経験を踏まえてカキコします。
若い方々は先々社会がどう変化するか判らないので参考にはならないと
思います。

1.一般企業での経験はほとんど無視される。
 
  どんなに経験があって優れていても役に立ちません。
  役に立つのはその企業に有利な資格や免許だけです。
  そういう意味では元公務員というのはそれだけで
  資格を持っているのと同じ価値があります。

2.企業は当然、若い方を選びます。

  当たり前ですよね。小生がその企業の採用者ならばジジイより
  多少は能力も経験も劣っていても将来性を見込んで若い方を
  選びます。(その若い方がよっぽどの暗愚でなければ)

3.男女、年齢に関係なく採用をしなければならないという法律は
  まったくの表面上だけです。

  経理担当の社員を募集していて、まずは電話して下さいと
  あったので、電話をしたら男というだけで断られました。
  資格も年齢も問いませんというのも嘘です。

4.介護と清掃以外は最低賃金に近い。
 
  まず賃金や手当は最低だと思った方が無難です。

5.一次試験があって、それが作文の場合はほとんどがコネのある方を
  対象にして募集していると思ってください。

  一般的に企業も地公体も試験の全体的な結果は発表しません。
  試験があった場合、自分が何点取って何番で不合格だったのか
  判りません。ただ単に合格者の番号が発表されるだけです。
  まあ入試も同様であり、採用側のミスがあった場合を考えれば
  当然でしょう。

6.ひとつの企業を受けて合否を待っている必要はありません。

  合格の発表まで10日から20日かかります。
  受けたいところがあったら、どんどん受けるべきです。

7.PCでエクセル、ワードができる方というのが採用の条件と
  なっていますが、単に入力ができればいいのです。

  エクセルで関数を使って新しい表計算の何かを作るとか、
  ワードで複雑なものを作るとかは、まずありません。
  エクセルは数字が入力できればよく、ワードは文字が入力
  できればよいのです。

まだまだ、ありますが、また次回にでも。

【また年金に問題発生】



日本年金機構からデータ入力業務を委託された東京都内の情報処理会社が
契約に違反し、最大で約500万人分の個人情報を中国の業者に渡して
入力業務を再委託していたことが厚生労働省への取材でわかった。
この会社は、約130万人の年金が過少支給となった問題でも、データを
入力せずに放置していたことが判明したばかり。同機構は中国の業者に
再委託された経緯を調べている。


なぜ年金機構に関わる問題だけが度々発生するのか。
どこかにおかしい所があるのでは無いのか。
業者の選定に問題は無かったのか。
わからない事ばかりだ。

機構と同社が交わした契約では、個人情報保護のため、別の業者への再委託を
禁止していた。同省は、「中国の業者から個人情報が外部に流出した事実は
今のところ確認されていない」としている。

何をのんびりとした言い訳をしているのだろうか。
「個人情報が外部に流出した事実はない」って、悪用されてからでは
遅いだろう。
日本の企業が懸命に仕事を取っているときに、わざわざ中国の業者を選び、
データを渡すこと自体がおかしい。
しかも再委託が禁止されているにも関わらずだ。
よくこんな業者を選定したなと思う。
誰かが甘い汁を吸っているのじゃないだろうか。

MT車

2018年03月14日

【MT車】



こんな記事が出ていた。

おそらく、もう何年もしないうちに、足元にペダルが3つもあって、
センターコンソールに棒(=スティック)まで生えたクルマに乗せられて
「なにこれ? いったいどうやって動かせばいいの?」と、パニックになる
人ばかりという時代になるかもしれない。
MT(シングルクラッチシステムやデュアルクラッチシステム)に
取って換わられた、その理由はシンプルで、操作が簡単なうえに、
だんぜん速いし、しかも安全だからだ。

つまり、3ペダルをあえて残さなければならない「合理的」な理由など
もはやない。残されたのは、「クルマってもんは、マニュアルで乗らなきゃ
ツマラナイ」などという、もうほとんど感傷ともいうべき感情論だけ、である。
99%が2ペダル=AT限定免許で運転できるクルマ、などという自動車
先進国は、実は日本だけ。それだけ「先を行っている」とも言える。


昔はATは燃費が悪いとか言われたけど、そんなのはとっくに文字通り
昔のことだ。
我が家でもAT車を乗り出してもう何十年になるのだろうか。
今はおかんがAT限定免許だから、購入するのはAT車に決まっているが。
たぶん最後のMTは30代後半に乗っていた日産のブルーバードのターボ。
この車以来ずっとターボ車に乗っている。
そういえばこの車が最後のFWでもあった。

記事にあるように、「運転ってもんは、マニュアルで乗らなきゃツマラナイ」
などという、もうほとんど感傷ともいうべき感情論であるにしても、
小生は確かにMT車の方が運転自体は面白いと思う。
ローやセコでぐいぐい引っ張るように加速するのはAT車では無理。
またエンジンブレーキをかけるのもAT車では無理なような気がする。
もっとも無理なエンジンブレーキをかけて1台潰した過去もあるが。
だが、99%がAT車というのには驚いた。
確かにかなりの中古車でも売られているのはAT車だけだ。
国産の車でMT車を探すのはもう困難だろう。もっとも車種が何でも
いいと言うのであればあるだろうが。
しかし渋滞や坂道発進でAT車が便利なのも事実である。
運転自体を楽しむか、便利さを求めるかが選択の分かれ目だろうが、
選択する余地が無いほどMT車は残っていない。

【やっぱり人それぞれで】



札幌・真駒内に決まれば日本ハム「食べません」 周辺住民の一部が
ファイターズ新球場に反対。

北海道日本ハムファイターズのボールパーク構想の候補地となっている札幌市
南区の真駒内公園周辺の一部住民が、親会社の日本ハム製品の不買の看板を
掲げ反対の意思を示している。

「不買」の看板を立てた 人:「夜の9時~10時に終わって、お酒を飲んで
いる人もいる。何万人単位が歩くことに」。


やっぱり人それぞれに、いろいろと考え方は違うなと思う。
詳しいことは知らないが、近隣に、もし飲食店などがあれば、そちらは
大歓迎だと思う。
住んでいる方の不安もわかるが、来て欲しいと思っている方も居ると思う。
正直言って、難しいな、これは。

最後は球団の対応だろう。
普段から地域住民に対してどれだけの貢献ができるかが大きいと思う。
ただ野球場としての施設では無くて地域住民に役立つ施設であれば
みんな納得するのでは。すでに球団側はそういう発言をしている。
今からの球場は野球観戦の収益だけでは無く、総合的な収益を考慮
しなければならない。それがまた別の収益に跳ね返る。
長期的な経営戦略を図って住民と十分に話し合って理解して貰うのが
ベストだ。
住民も不安だけを訴えるのでは無く、いい面と悪い面を考えて、
球団と話し合い、地区の活性化や発展に繋げるべきだと思う。
逆に言えば、こんなチャンスはそうそう無いのだ。

婚活に?

2018年03月12日

【婚活に?】



東京都議会は2日、定例会本会議の一般質問が行われ、小池百合子知事が声で
出演した「結婚に向けた気運醸成のための動画」をめぐる答弁に、議場には
「おかしいだろ!」などの怒号が響いた。
自民党の都議は「3000万円の税金を使い、まさに思いつきのような動画を
作った」と批判。都には行政の押し付けだとする抗議の電話が「かなりある」
とし、「都民ニーズがあって作った動画か甚だ疑問だ」と訴えた。


動画を作るためだけに3000万円もかけるのか。
東京都はお金持ちで、税金が有り余っているようだ。

結婚という事に活動という言葉が果たして合っているのかすら疑問に
思っていたが、行政まで関与するとは思わなかった。
そりゃ人口が減少している過疎の町村ではそれも考えられるが、なんで
東京都がそんな事をしなければならないのか。

どう考えても税金の使用方法と行政の関与と2重におかしい。
都知事が自弁でやったなら拍手ものだろうが。

税金の使用に関しては優先順位があるだろうに、まず貧困な学童を持つ
家庭に使うとか、貧困で苦しむ高齢者に使うとか、ホームレス対策に
使うとか、いろいろあるだろう。
都知事にとっては3000万円など、たいした金額では無いのだろうが、
それだけあれば恵まれない方々の何回分の食費に該当するだろうか。

小生の娘は今は東京都民で、娘が支払った税金をこういう事に使用して
欲しくは無い。娘はアルバイトを2つしてやっと暮らしている状態で、
住んでいるのも友人との同居で、どうにか暮らしている。
もちろん預貯金も無く、正社員として採用されるのもほとんど無理だ。
こういう人間やそれ以上に厳しい生活をしている人間が多数居るという
現実を本当のところで全然理解していない。
都知事は東京五輪で逆上せ上がっているのではないだろうか。

切れる高齢者

2018年03月11日

【切れる高齢者】



三重県四日市市で前を走る車の運転が遅いことに腹を立てて交通トラブルと
なり、男性に暴行を加えたなどとして、77歳の男が逮捕された。


最近、こういうニュースが多い。
また事件ではないが店とトラブルを起こす高齢者、クレーマーのような
高齢者が確実に増加している。
高齢者自体が増加しているので、その分、こういう人間も増加するのも
仕方が無いが、被害者や店はたまったものではない。

ファミレスでぶつかった子供を叱り、親が謝っても許さず、仲裁に入った
店員に罵声を浴びせ、店長を呼び出して、店員教育をなじり、あげくには
今の若い者はと言い出す。これは実際にあった出来事である。
その高齢者は安い単価の品で8人で2時間も大声で話して周りの顰蹙を
買っていたという。
また洋服を買いに来て、サイズが無いと店員に喚き散らす高齢者。
スーパーで5個入りの品物を、自分は1個しかいらないから1個だけ売れと
強要する高齢者。
お菓子を購入しその場で開封して中身が少ないと返品を要求し、長々とレジに
居座って周りの迷惑をかえりみない高齢者。

どこか高齢者がおかしくなっている。
すでにこの国ではお客様は神様ではない。
もはやそういう時代は終わっている。
それが高齢者には理解できない。自分の世界しか頭に無いのだ。
店の方もこういう高齢者が多くなると、それが原因で店員が長続きしないとか
無駄な時間をそういうクレームに費やして仕事がスムーズに流れないとか
いろいろと出てくる。
しかし現実はそういう客に対しても対応のしようが無いのが現状だ。
どうにかしなければならない。これはそういう事をしている本人は
迷惑とか周囲の目だとか、まったく判っていないので、尚更たちが悪い。
やはり法律で、まあ軽犯罪法だろうが、明文化しないとどんどん増加する。
飲食店のドタキャンと高齢者の不法なクレームは営業妨害だと思うが。

小生もやはり若いときより腹が立つ事が多くなったと思っている。
自分で判っているから、そういう時はもう一度よく考えるか、
2,3度、深呼吸でもして自分自身を落ち着かせるようにしている。
次はストレスを解消する方法を見つけなければ。

【児童扶養手当を違法に差し押さえ】



鹿児島県垂水市が、国民健康保険税の滞納対策として、母子家庭2世帯の
銀行口座に入金されたばかりの児童扶養手当を差し押さえていたことが
分かった。こうした措置は違法判決が確定している。市は「何度も督促したが
一度も連絡がなく、相談に来てもらうためだった」と釈明。児童関連手当の
差し押さえをしないようにする。
市は「2人が相談に来れば返すつもりだった」と話した。当時、1人は失業
していた。同様の差し押さえは滞納税の徴収強化を始めた2014年度から
数十件あるという。


垂水市の職員の対応はどうなっているのか。
相談に来れば返すつもり、ふざけるな!
お前らが出向いて事情を確認するべきだろうが。
何百人では無くてたった2人の事だ。
母子家庭にとって児童扶養手当は大事な生活費だ。
生活が厳しければ大事な大事な生活費である。
例え生活にゆとりがあっても国が定めた手当である。
生活にゆとりがあるならば、子供のために何かに使いたいと考えるのが
親心だろう。
こういう行政の不祥事が最近はとにかく多すぎる。
公務員が自分の仕事の内容を把握していないばかりか、
単なるサラリーマンと化している証拠だ。
公務員は公僕であるという言葉などとうの昔に死語になっている。
だいたい公務員自体が多すぎる。一般企業だったら今の人員の半分で
やっていけるだろう。
給与は高いは、人員は多いは、完全な税金の無駄だし、その分を
教員などの厳しい仕事をしている人達に回して彼らの生活を改善して
やるべきだ。

悲しい出来事

2018年03月09日
【悲しい出来事】

沖縄県内外の募金活動で支援を得て、2016年2月に米国で心臓移植手術を
受けた翁長希羽(のあ)ちゃんが2日午前3時13分、入院先の熊本市内の
病院で亡くなった。間質性肺炎で3歳9カ月だった。
「のあちゃんを救う会」によると、希羽ちゃんは帰国後も悪性リンパ腫など
合併症で入退院が続いていたという。


幼い子供の死亡記事は本当に悲しい。
ましてやご両親はつらいだろう。
3歳9ヶ月というのは子供が一番かわいい時だ。
小生の娘も小学生の時に急性紫斑病というのになって
入院したことがある。
幸い、大事には至らなかったが、そうとう心配した。
日本国内で不治の病や難病に苦しむ子供も多いと思うし、
ご家族の悲しみや苦労も多いと多う。
小生も煙草を吸うのを止めて、その分をそういう方々の寄付へと
思うのだが、今はそれだけが小生のストレスの解消法で、
いつかはと思っている。みんなごめんね。

【阿波おどり赤字4億、市観光協会の破産申し立て】



毎年8月に徳島市で行われる阿波おどりを主催する市観光協会が、約4億2400万円の累積赤字を抱えていることから、同市は2日、協会の
破産手続きの開始を1日付で徳島地裁に申し立てたことを明らかにした。


どうしてこうなったのか不思議である。
ここまで累積赤字が溜まるまで、なぜ手を打たなかったのか。
赤字の原因を調査して解消への努力をしなかったのか。
おそらく市民などは何も知らされていなかったと思う。
市観光協会ならば市の外郭団体で、その資本は市民の税金だろう。
いかに行政がのほほんと考え、何もしていないというのが判る。
税金は人の金だからという公務員の体質がはっきり出ている。
徳島市の阿波踊りであれば、やり方によっては黒字にできると思う。
損益勘定を何も考慮しない行政の手抜きである。

またこれには徳島新聞が大きくからんでいるという。
儲けが主体の新聞社と観光に力を入れる団体では考えが違う。
むしろそういう視点から見れば観光協会も被害者と言える。


市によると、雨天時のチケット払い戻しなどで赤字が長年にわたって積み
重なり、借り入れが約4億3600万円に上っていた。有識者らによる
調査団を設置して調べたところ、会計の裏付け書類がないなどの不適正な
処理が判明。協会側は「経営をスリム化すれば、借金を返済しながらの
阿波踊り運営は可能」と主張したが、調査団は「徳島新聞社との協力体制にも
懸念があり、赤字を解消しつつ、事業を継続していくのは困難」との結論を
出した。


こんな協会はいらないだろう。たとえ徳島新聞が主犯でも累積赤字が
これだけできてしまったのは事実である。
もっと市民サイドの協会を作ったらいい。
借金を返済しながらと言うが、それができなかったからこれだけの
負債が累積したということが判っていない。
雨天時のチケット払い戻しなどが原因と言うが杜撰な計画のせいだろう。
一般の企業だったらそういう理屈は通らない。
すでに2月16日からは14%の遅延損害金が発生している状態で、
協会や委員の言い分など聞く必要も無い。1ヶ月で4百万円以上の
損害金が増えていくのだ。市は金融機関から、借入額から預金などを
差し引いた約3億8000万円の代理弁済を求められている現状である。
経理も杜撰であれば何も言えないだろう。

【沖縄沿岸の漁獲量、ピークの1993年比で65%減】



取り過ぎのほか、漁業者の減少、埋め立てや開発などの影響が要因とされ、
長期にわたり減り続けている。水深100メートル以上での沖合漁業も
含めた全漁獲量は1万1842トンで、同年比で約28%の減少だった。


ちょっと古い2年前の記事にはこういうのもある。

沖縄本島北部のことしのウニ漁が禁漁となり、漁業者だけでなく、ウニを
売りにする食堂の店主や楽しみにしていた客の落胆も大きい。これまでの
今帰仁、羽地、本部、名護漁協にことしは国頭漁協も加わり、禁漁区域は
本島北部全域に拡大。ことしの夏も地元産の甘いウニにありつけず、店主も
客も「本当に残念」と肩を落とす。


これは沖縄だけの問題では無い。
そして漁業関係者だけでの問題でも無い。
言うならば国民的問題である。
この豊かな海に囲まれた日本で漁業が廃れ、海産物が激減し、輸入に
大きく頼らなければ(今も頼っているが)ならないとは情け無い。
日本は国土は狭いが海岸線は世界第6位である。オーストラリアや
アメリカよりも長い。中国の2倍、韓国の10倍以上の長さがある。
海岸線が長いということは、当然EEZの範囲も広いということだ。

リンク:EEZ EEZ

今回は沿岸漁業の話だが、日本の漁業が不振とか(天候や海流の影響も
あるが)決してあってはならないことだ。
昔から日本人はタンパク質の多くを魚から得ていた。
健康的にも魚は優れたタンパク源である。
肉に比べて骨があるというのが難点だが、幼いときから躾ければ
何と言うことは無い。
小生のお袋は大分県の国東市(昔は国東町だった)の産まれで、実家は
半農半漁だった。それで魚を食べるのが上手だった。
骨も身も一緒に口に入れ、モグモグすると、骨だけがきれいに出てきた。
今でも小生は、きれいに魚を食べることができる女性を見ると感激する。

みんな考え直そうや。
外国から牛や豚の肉を輸入して食べるより、日本で獲れた魚を食べて
海産物の消費を増やして、海産資源を保護して、日本人のタンパク源は
魚で十分と言われるほどになろうや。

これも2年前の話だが、中国の漁船がアルゼンチンで不法操業し、
アルゼンチンの警備艇が発砲し撃沈させた。
それが今年もアルゼンチンで再発した。
日本もこのくらいできるように法律を変えなければいけない。
中国や韓国の不法操業する漁船に対しては徹底的な取締と刑罰を
加える必要がある。
尖閣諸島だって安心して地元の漁師が操業に出られない事態が起きている。
これだって海上保安庁と海上自衛隊に関する憲法、法律を改正して
断固とした処置ができるようにしなければ日本の先行きは暗い。

【「日本一危険な滑り台」撤去へ】



愛媛県今治市は、「日本一危険な滑り台」としてテレビなどで紹介された
「朝倉緑のふるさと公園」(今治市朝倉下)の滑り台(長さ約60メートル)
を撤去する。
市によると、滑り台は1991年に設置。日本公園施設業協会の安全基準を
満たす。
市は使用を1カ月ほど禁止し、「寝そべって滑らないこと」など注意喚起の
看板を新設して再開したが、昨年4月に2歳児が柵に額をぶつけるけがを負い、
再び使用禁止に。その後も使われた形跡があり、市は安全を確保できないと
判断。今年中の撤去を決めた。
市の担当者は「滑り台は地域のシンボルだったので撤去は残念。
安全な利用方法を守ってほしかった」と話した。


日本公園施設業協会の安全基準を満たしていても撤去せざるをえないと
いうことは安全基準自体が甘いか時代はずれということか。
しかしそれは業者や行政や有識者が過去の事例や遊具の強度を考えて
設置したものだろう。
こういう公園に置いてある遊具の事を考える時、怪我等が発生する度に
思う事がある。
親は何をしていたのか。遊具があればそれで遊ぶから子供はほったらかしか。
「昨年4月に2歳児が柵に額をぶつけるけがを負い、再び使用禁止に」と
記事にあるが、2歳なら怪我をするのが当たり前だ。
親はしっかり子供の側について監視する必要がある。

遊具を管理する地公体なども看板を立てるべきだ。
「この遊具は日本公園施設業協会の安全基準を満たしていますが、
100%の安全を保障するものではありません。
怪我等が発生した場合、安全基準を満たしていない場合のみ
当方に責任があるとし、それ以外は一切の責任を負いません」

と書いておこう。

子供にも行政も責任は無い。ほおっておいた親や、遊び方を教えない親、
危険を回避する事を教えない親が100%悪い。
どんなに安全と言われる遊具でも危険性はある。100%の安全など無い。
こんな状態では公園などの遊具はすべて撤去しないといけないようになる。
そうなればなったで、こういう親は文句を言うのだろう。

同じように遊んでいたAという子は怪我をせず、Bという子は怪我をした。
どこまでが安全でどこからが危険などというのは、もはや神の領域である。
とにかく怪我をしたということは危険であると判断するしか無いが、
でもよく考えれば、それでは道も歩けない。
何でもかんでも裁判という、変な風潮が日本人の心を歪めている。

【ぐるなび会長が30億円、母校に国際交流施設】



東京工業大は22日、大岡山キャンパス(東京都目黒区)に、日本出身の
学生と留学生らが交流するための施設を建てると発表した。建設資金は
同大の卒業生で飲食店検索サイト「ぐるなび」創業者のが寄付した
30億円でまかない、建築家の隈研吾氏が設計する。


どうも歳を取ると疑い深くなってしまうらしい。
「ぐるなび」の創業者がポンと30億円を出すというのはいい話に
間違いは無い。他の企業の経営者も見習って欲しいものだ。
ただ記事ではこの30億円の出所が書いてない。
これは創業者個人のお金なのだろうか。
そこまで書かなければ記事にも、美談にもならない。
もし個人のお金なら美談だが、企業の儲けである留保金ならば違ってくる。
そりゃその企業に勤める方達は、そんなお金があるならボーナスにして
社員に配れよと言いたいだろう。
また寄付という形だが、見ようによっては収益を上げた企業がどうせ
税金に持って行かれるなら寄付して控除を受け、なおかつ世間の評判を
取ろうと考えたのかも知れない。

物事は表と裏がある。こういう記事ではどちらとも判断できない。
これが今の日本のメディアのレベルである。

【不発弾の撤去費用 「市や国に負担する義務なし」】



大阪・ミナミのマンションの工事現場で、戦時中にアメリカ軍が落としたと
みられる1トン爆弾が見つかった。
この不発弾を処理する際に積まれた土のうや警備員を配置するための費用
約580万円は土地の所有者が支払った。
土地の所有者はその後、「不発弾の撤去は戦後処理の一環で、行政が責任を
負うべき」として大阪市と国を相手に裁判を起こし、費用の負担を求めていた。

判決で大阪地方裁判所は「市が費用を負担すると定めた法令はなく、アメリカ軍
が投下した爆弾について国が撤去すべき義務を負っているとも言えない」との
判断を示し、原告の訴えを全面的に退けた。


これはちょっと酷なような気がする。
まあミナミに土地を持っているぐらいだからお金持ちなんだろうが、
一般の人で、お金がなかったら、そのままか。
それで暴発したら撤去しなかった土地の所有者の責任になるのだろうか。
元を正せばアメリカ軍に責任はあるのだろうか。
それも違うような気がする。

結局、誰の責任でも無く、言わば時代の責任である。
日本が戦争をしなければ、こういう事態にならなかったわけで、
そういう意味では国に責任があり、撤去は国が行うべきだと思う。
この裁判は悪しき前例を残した。
どうしてこういった判決がでたのか理解できない。
国にとったら580万円なんて雀の涙だろう。
どっかの不正に税金を使用している政治家や無駄な事ばかりに経費を
使っている公務員を1人馘にすればすぐに捻出できる金額だ。
韓国のように民意で判決を変えるような馬鹿な真似は慎むべきだが、
これはちょっとおかしいような気がする。

【またかよ、年金機構】



年金の2月支給分で、所得税の控除がされずに支給額が本来より少なかった人が
約130万人いることが、日本年金機構への取材で分かった。年金に所得税が
かかる人は毎年、様々な控除を受けるために申告書を出す必要がある。機構が
対象者に送る申告書の様式や記入方法が今回大幅に変更され、申告書と気づかず
手続きをしなかったり、記入をミスしたりするケースが続出した。


また問題発生かよ。
この機構は絶対に一度ぶっ潰して役員、職員全員解雇して、新たな機構を
立ち上げる必要がある。その上で優秀と思われる既職員のみ最低限の
人数だけ再度採用したらいい。
何度、問題を起こしたら済むのか。
実際、小生も4月から年金を受給するのだが、もしこういう事があれば
担当大臣に請願書を送ってもいいし、現年金機構の廃止運動を始めてもいい。
しかも130万人という多さは、今度の変更が改悪だったことを示し、
その上に報道発表もしていないので、この内にはまだ気がついていない人も
いるし、気がつかなければ、4月以降の年金もずっと少ないままなのだ。
年金機構の役員も職員も交代制で1人1人に誤りの全国行脚をしろ!

【続 韓国のイチゴはびっくりするぐらいおいしくてお気に入りでした】



昌五輪でカーリング女子日本代表の選手が食べて注目された韓国のイチゴに
ついて、農林水産相は2日の閣議後会見で、「日本から流出した品種をもとに
韓国で交配されたものが主だ」と指摘。日本の優良品種が無断栽培されるのを
防ぐために、海外での品種登録などを広げる必要性を訴えた。
日本と韓国は、アジア各国へのイチゴ輸出でも競合。農水省は日本の輸出機会の
損失は最大で年40億円以上と推計している。


今更という感じ。
行政は何をやっているのか。
イチゴ農家にとって40億円という数字がどれほど膨大なものか
判っているのだろうか。

絶対に韓国に強硬な態度で生産の中止を申し入れるべきである。
イチゴのDNA鑑定をすればすぐ判明することだ。
「韓国だから仕方が無い」というカキコをたくさんしたが、
これは許しておくべきでは無い。
経済制裁を視野に入れて強い対応で望んで欲い。

日本人はこういうのに甘い。
日本で開発、発明されたものが、いつのまにか海外で特許を取られたり
している。
ましてや国家の基本と言うべき農業分野では決して手を抜いたり、
甘さをみせてはならない。

【「諫早湾干拓」堤防閉め切りが影響 】



海水中の酸素濃度が極端に減り、二枚貝などが死滅する原因となる有明海奥部
での貧酸素化について、佐賀大と九州大の研究グループが、国営諫早湾干拓事業
の影響で貧酸素化が進んだとの研究成果を発表した。潮受け堤防閉め切りで
島原半島沿岸の潮流が弱まったため、外海からの水が入り込みやすくなり、
佐賀県西部の有明海奥部で貧酸素化していると指摘した。

諫早湾干拓事業を巡る訴訟で、国は堤防閉め切りと有明海奥部の漁業不振との
因果関係を否定しているなか、貧酸素化との関連を指摘した今回の研究結果に
注目が集まりそうだ。


これは農民と漁民の争いだった。
干拓で農地が増える農民、漁獲高が減少する漁民の対立である。
今回の結果をどうせ国は素直に評価せずに何のかんのと言い出すのだろう。
そもそもが事前調査が不足だったし、調査そのものが漁業に与える影響を
現代の科学では計測不可能だった。
計測不可能ということは実行してはならないということである。
それを強行してしまった。
これはどう見ても漁民の勝ちである。
今後、裁判で漁民が勝って堤防を開けることになるのは、いつの事だろう。
おそらく裁判に勝利しても何十年も先になるだろう。

しかし思うに知識不足であるが、干拓をしたような海辺の土地で何が
栽培できるのだろうか。米はまず美味しくない。美味しい米ができるのは
山つきで水がきれいな場所が1番のはずだ。どんよりと濁った水が
溜まって、しかも潮風が吹き付けるような所で美味しい米は採れない。

この裁判がどういう展開をして結果がどうなるのかわからないが、
少なくとも国は意地を張らず研究者の成果を真摯に受け止めるべきだと思う。

五輪PV禁止で波紋

2018年03月02日

【五輪PV禁止で波紋】



2週間以上にわたり熱戦が繰り広げられた平昌五輪で、国内は日本選手の
メダルラッシュに沸いた。その一方で、日本オリンピック委員会(JOC)の
公式スポンサー保護の指針により、選手の母校や所属企業主催の
パブリッビューイング(FV)が次々と公開中止に追い込まれる事態が生じた。
応援の機運に水を差された関係者は「なぜいまさら」と困惑し、識者は
「ここまで縛る必要があるのか」と疑問を呈する。
スポーツライターの玉木正之さんは「スポンサーに忖度(そんたく)した
世知辛い対応だ」とJOCなどを批判する。「五輪にはスポンサーの協賛も
必要だが、所属企業や学校だって選手を支援している」と強調。指針の再考を求めた。


どうもこのJOCってやつは役員を筆頭に問題が多い。
1回、役員からなにから全員見直した方がいいのではないか。

スポンサーを大事にするのは判るが、逆に今回の態度はスポンサーも
そんなつもりでスポンサーになったのではないと戸惑っているのでは
無いだろうか。
今回の事で逆にスポンサーに非常に悪いイメージが湧いている。
なぜ事前に協議なりして、どこまでが許されるのかの線引きをスポンサーに
対して確認を取らなかったのか。
JOCは、そこまで頭が回らない、アホ委員の集団か。
東京五輪に向けてスポンサーが集まらないとか、降りるとかいう事態に
発展しなければいいが。

パブリックビューイングは営利を目的としなければ、例え不特定多数でも
何ら問題は無いはずだ。関係者のみでコソコソ見るなければならない事態の
方がよっぽど可笑しい。
まったく後進的なものの考え方をするJOCに本当に東京五輪を
任せていいものだろうか。
場所や会場の問題もあるが、それ以上に問題なのがJOCの体質である。
何の為に、誰のためにオリンピックを開催するのか、原点に立ち返って
よ~く考えて欲しい。

【「安部首相」止まらぬ朝日「口撃」】



安倍晋三首相が先月末から国会の答弁で5回、学校法人「森友学園」問題に
絡んで朝日新聞批判を展開した。自民党参院議員のフェイスブックにも
朝日新聞を「哀れ」と書き込んだ。
国会会議録によると、2017年末までの5年間にも首相は計7回、朝日新聞を
批判している。NHK番組改変問題や慰安婦問題の記事などをやり玉に挙げた。
この間に読売新聞、産経新聞、日経新聞、毎日新聞への批判は見当たらない。


どれだけ新聞に信憑性があるかというと、おそらく50%ぐらいだと思う。
それは嘘の記事を書いているという事では無く、記事を操作して、自己の
都合のいい部分だけを切り取って出したり、ことさら大げさにして出したり
しているということだ。
もし金銭的に余裕があるならば2社以上の新聞をとって読むべきである。
ただ新聞自体の質の低下でそれも勿体ないと思うならNETで読むといい。

特に朝日新聞は偏見が激しい。捏造さえも過去に何回もあった。
赤旗新聞というのがあるが、これはもう共産党の妄想発表新聞であるが、
発行が共産党であり、共産党の資金源であり、読むのも党員か公務員ぐらいで、
いつものパターンなので、まあ笑ってすませることができる。
また沖縄の新聞もけっこう偏見に満ちている。
しかし朝日新聞は違う。沖縄の新聞のような地方版ではない全国紙であり、
国民への影響力は強い。

新聞に規制を掛けることは無理だが、嘘や捏造の記事を掲載した場合は
何らかの罰則は必要だと思う。該当する新聞が自社の新聞に「記事に
嘘、捏造があり、済みませんでした」と掲載するだけの安易は謝り方では
済まない。他社の新聞にも頭を下げて謝罪文を掲載してもらいたい。
会長、社長は引責辞任、該当部署の責任者は降格のうえ、同じ部署への
配置は永久に禁止、該当の記事を書いた記者は報道界から追放ぐらいでも
いいと思う。そのくらい真剣に真面目にメディアというものを考えて
取り組んで欲しい。

【乗務員への悪質行為にイエローカード 】



北九州市小倉北区のタクシー会社「勝山自動車」が23日、乗務員への
悪質行為に対して乗車拒否などの対応をとることを乗客に伝える文書の
車内掲示を始めた。
文書は乗客がすぐ目に付く助手席の後ろに掲げた。禁煙車で喫煙したり、
乗務員に性的な言動をしたりした乗客に対し、乗車拒否や損害賠償請求も
含めた対応に出る内容。


地元、北九州市のことであるが、タクシー会社や運転手の気持ちはわかる。
そういう事例があってタクシー運転手の募集に人が集まらないというのも
理解できる。
だが、あくまでも小生の個人的感想であるが、やり方に違和感があって、
少なくともスマートなやり方とは言えないと思う。
なんとなく押しつけがましい。それに客商売として、どこまでという
線引きの判断が困難だと思う。喫煙や不埒な発言はわかるが、例えば
ものすごく強い香水をつけた客が乗車したら、それがいい匂いか、嫌な
匂いかは個人でわかれるだろう。
そこまでするのであれば、当然、運転手の方も最高のサービスが代価となる。
それができているのだろうか。
ではどういったやり方があるのかと言われても困るが。
ひとつの対応策は車内にレコーダーを搭載して言葉を録音するといった
方法も考えられる。これはプライバシーの損害に該当するのだろうか。
しかし今では運転中に他車を録画する時代である。
乗車拒否はわかるが損害賠償請求はやり過ぎだろう。実質的な被害があった
場合は当然だが、精神的苦痛という段階ならば、どの商売でもありうる。

小生ならば、この会社のタクシーに乗車しない。
もし何かの不用意な発言で運転手の気分を害し、損害賠償請求されたら
たまったものではない。
そういう意味ではタクシー会社もよっぽど運転手の教育に力を入れ
聖人君子のような運転手を育てる必要がある。

少し違うが、客と店との関係は似ていると思う。
以前、旅行先でこんな事があった。
ちょっと1人で小料理屋に入った。店は日本料理が売り物のようだった。
板前さんが1人でしている小さな店だったが、その板前さんがまるで
相撲の力士のような体型だった。それでそういう意味の言葉を言うと
急に板前さんがものすごく怒り出した。注文したのはアラ炊きだったが
料理ができるまでいろいろ言われた。ひたすら謝ったが出された料理には
手を付けずお金だけ支払って早々に店を出た。
温泉のある観光地で、たしかに温泉は良かったが、後には不快感だけが
その街の印象として残った。
昔あった怒るラーメン屋の場合とは全然違う。
温泉のある有名な観光地「山鹿市」での出来事である。
言った小生も悪かったかが、客を罵る板前がいる店が続くような観光地では
発展はしないだろうと思った。たぶんその店で不快な思いをした客は
小生だけではないだろうと思う。

【北海道が「強制不妊」資料公開】



「障がいをもつ子どもの親の会」として活動する方の発言。

法律の下行われた、人権侵害。
今も障がい者への差別意識が根強く残っている。
根本には障がい者は生まれちゃいけないという考えがあるのはとんでもない
こと。今も全然変わってないし、障がいというものが全然受け入れられてない
社会だと思う。差別をなくすには、もっと障がいのある人と関わることが大事。


言っていることは正論だし、もちろんそういう社会を形成していかなくては
ならないだろう。
しかしこれは1960年代の資料。
この当時の資料をを持って何を言っても誰も相手にしないし無駄である。
当時の環境や社会状況では仕方が無いといっても言いすぎでは無い。
また実際に障害者が子供を持って苦労したという周囲の方からも、
いうなれば強制不妊に賛成論のような投稿が目立って多い。
産んだはいいが、当人は育てることもできないという現実に直面した
周囲の方々である。

人間の尊厳はもちろん命そのものである。
しかし、ただ生まれただけではその辺の虫と変わりない。
その命に親の愛情が与えられ、教育が施されて初めて命として輝くと思う。
逆に言えば、それが生まれながらにして与えられない子供は産まれない方が
良かったというのは極論かも知れないが事実だと思う。

また「もっと障害のある方に関わることが大事」と言うが、それは一般人に
とっては単なる建前である。誰が好きこのんで関わりを持ちたいと思うだろう。
それは障害者を持つ方の勝手な言い分。
もっと極端に言えば、障害者のせいで自分達の医療保険が高くなっている
部分があるのではないかとか、多額の税金が使われているのではないかと
邪推すれば障害者は産まれない方がいい、いない方がいいという結論に
なってしまう。

障害者の問題は非常に難しい。
みんなそれぞえ考え方も違うし、それを否定もできないと思う。
例えば「昔は障害者の多くは自然の摂理として妊娠中に自然と早産などで
排他されたが現在は医学の進歩により、そういう子供までが産まれて
くるようになった」と小生がカキコしたら、「障がいをもつ子どもの親の会」
の方達から非難囂々であろう。
しかし事実は事実だ。
実際問題として障害者は社会的にお荷物であると言う現実を理解しつつ、
問題を提起して社会を変革していくのでなければ、誰も耳を貸さない。
そしていつも思う。健全者が助けるのは構わないが障害者は健全者に頼っては
いけない。、

小生のおかん(家内)は学童保育で働いているが、発達障害の児童が
何人か居て、それだけでも大変苦労しているようだ。
発達障害でさえそうであるならば障害者はどれほど大変かが判る。

仮に障害者と年金受給者と生活保護世帯が全員死んだとしたら日本は非常に
財政的に豊かな国になるだろう。
しかし現実にはそういうことはありえないし、あってはならない。
ただそういった観点からも現実を直視して行かなければ前へは進まない。
60歳定年で60歳から生活に不自由しないだけの年金が受給できるようには
どうしたらいいのか。
生活保護世帯をなくすにはどうしたらいいのか。
障害者の出生率を減少させるには医学的にできないのか。
(これは障害の発生を母胎の内で阻止、治療するという意味)
この国にはまだまだ問題が山積みされているが、財政的にも、時間的にも
優先順位が発生するのは仕方が無いし、今を嘆くより将来を考えなければ
何も変わらない。

君が代

2018年02月27日

【君が代】



卒業・入学式での君が代の起立斉唱をめぐり再任用を拒まれたとして、
大阪府立高校の元教諭、が23日、府に計約550万円の損害賠償を
求める訴訟を大阪地裁に起こした。
訴状によると、定年退職を控えた昨年1月、勤務先の校長から「今後、
起立斉唱の職務命令に従うか」と尋ねられ、「答えることはできない」と返答。
府教委は同3月に「職務命令に従う意識が希薄」などとして再任用しなかった。


卒業式の季節にはよく出てくる問題である。
小生は「君が代」を聞いても、「日の丸」を見ても、涙が出てくる
古い人間だが。

訴状で「起立斉唱の意向確認は思想良心の自由を侵害するもの」と主張。
精神的苦痛への慰謝料や本来得られたはずの給与相当額の支払いを求めている。


君が代を国歌として認めないのか、君が代の歌詞が嫌いなのかだろうが、
小生は再任用しなかった方に賛成である。
まず悪法でも法である。もっとも悪法とは思っていないが、
法律で決められた事を守り、教えるのが教師である。
そういう意味で、まず教師の資格が無い。
更に君が代の歌詞がおかしいと思うのも、偏見だと思っている。
歌詞の中身は時代によってとらえ方も変遷するものであり、それを
柔軟に捉えることができない頭では生徒にものを教える資格は無い。
また「意向確認は思想良心の自由を侵害するもの」というのが
まったく世間知らずの頭の固い教師ならではの発言である。
思想良心の自由は当然誰にでもある。どんな思想を持っても自由である。
しかし教師という聖職についている立場をまってく理解していない。
個人の思想を公の場でみんなが主張したらどういう事態になるか
わかっていない。主張するのは、あくまでも個人的立場にたった時に
許されるのである。職場のそれが自分の意思に合わなければ辞めるしか無い。
また校長は上司である。上司の問いに答えられないという部下を使えるか。
上司の命令を無視する部下を雇っていられるか。
甘い公務員の体質がもろに出ている。

「精神的苦痛への慰謝料や本来得られたはずの給与相当額の支払いを
求めている」って、結局、金が欲しいだけ。
どこに精神的苦痛があるのか。あんたのような教師を使っていた学校の
方がよっぽど精神的苦痛があったんだよ。
よくこんな教師が定年まで無事に過ごせたものだ。
しこたま貰った退職金を返せと言いたい。

国民栄誉賞

2018年02月27日

【国民栄誉賞】



冬季オリンピックが終わったばかりではあるが、政府内ではもう
国民栄誉賞の話がでているそうな。
フィギュアスケート男子で66年ぶりに2連覇した羽生結弦や、
スピードスケートで個人と団体で二つの金メダルを獲得した高木菜那に
あげようと。

ちょっと待った。
次の東京五輪へのムードを高めるにはいい方法かも知れないが、
国民栄誉賞の大安売りではないのだろうか。
最近はちょっと(いや大変な活躍ではあるが)活躍した選手などに
すぐ国民栄誉賞という安易な方向になっている。
選手の年齢とかも考えられよ。
これからもっとその選手が活躍したら、次は超国民栄誉賞か
続国民栄誉賞でも作ってやるのか。
やっぱり「長年に渡って」という部分も考慮しなければ。
こういう方達に与える別の賞を作ったらいい。
国民栄誉賞は早すぎる。

そりゃ2連覇した羽生結弦は立派なものだが、夏季五輪では柔道で
3連覇した野村忠宏氏は受賞していない。
こういう賞に基準を作るのは難しいかも知れないが、目星となるものは
必要だし、ある程度の線引きが必要だ。
だから以前、たった1回の金メダルで賞をやったのが間違いだった。
そんな事をしたらスポーツ選手は国民栄誉賞受賞者だらけになってしまう。
やっぱりオリンピックでは3連覇が最低のラインで,その後も活躍し、
国民的な人気、人望があり、スポーツの発展に貢献しているという方に
やるべきだと思う。

【宇佐神宮が課税漏れ 50年以上か】



大分県宇佐市は26日、法解釈を誤り、市内の宗教法人に対し、固定資産税
などを長期にわたり課税漏れを続けていたと発表した。宗教法人の名前は
非公表としたが、国宝の宇佐神宮とみられる。市は5年間分をさかのぼって
徴収するとしているが、課税漏れ期間は不明で、50年以上の可能性もあると
いう。市は「個別の課税情報だ」として、徴収額も公表していない。

宇佐神宮周辺には、表参道に宇佐八幡駐車場(乗用車など238台収容)、
呉橋側に呉橋駐車場(同126台収容)がある。市は、同駐車場に宗教法人の
土地が含まれているため宗教法人所有の「境内地」として非課税の扱いにして
いた。しかし、市などによると、宇佐神宮所有の土地などは第三セクターや
市に貸し出され、駐車場を運営。昨年度の宇佐八幡駐車場は約5395万円、
呉橋駐車場は約800万円の収益を上げており、市は宗教活動以外の土地
と判断した。


最後に宇佐神宮に参拝したのは2012年で、大分の「ツーリズムおおいた」と
いう季刊紙のモニターをおかんとしたときだ。(アルバム参照)
産まれてから何回行っただろう。けっこう行っている。

この件は悪意があってのものではないと思いたい。
それにしても宇佐神宮は問題がよく起こる。
以前は権宮司の解雇問題で栽培沙汰となった。

珍しい「到津(いとうづ)」という名字の宮司の件だったと思う。
昔、宇佐神宮に勢力があったとき北九州のこの辺まで所領にしていて、
その時の名残のような名字だ。小生宅の近くに「いとうづの森動物園」が
あるし、地名でも到津というのは残っている。

そして最近は大鳥居にあるトイレを有料化して物議を醸し出している。
境内にある他のトイレは無料なのだが、清掃費などに使うと答弁している。

それにしても宗教法人自体を見直す時期に来ているのではないかと感じる。
そもそも何故、宗教法人が非課税なのか判らない。
以下、宗教法人に対する課税制度である。

宗教法人本来の活動には、税金は課税されない。
非課税対象となっているものとして主に法人税、消費税、登録免許税が
挙げられる。
法人税は収益事業を行っていない宗教法人が該当しする。
消費税に関しては戒名料、お布施、おみくじ・お札・御守りの販売など
宗教法人として本来の活動の範囲であれば掛からない。
・不動産取得税
・事業税
・印紙税
・固定資産税
・都市計画税
・登録免許税
・所得税
・法人税など
これらが優遇されている。
例えば御布施、寄付金、賽銭、葬儀、法事、本堂修復などの際に受け取る
寄付金、その他季節ごとの法要なども非課税。
条件付き非課税として国の税金に関するルールで、地代を「固定資産税+
都市計画税」の3倍以内にすれば税金を支払わなくてもよい、という決まりが
ある、
物的非課税として、以下の「モノ」は固定資産税の非課税対象となっている。
地方税法でモノに対して直接的に非課税となることが定められている。
・宗教法人の境内用建物及び土地
・墓地・墓所・霊園

またお寺の継承者は非課税で、相続税は非課税だが、本堂は長男に、墓所は
次男にというように分割はできない。後継者一人が独り占めになる。
他の親族には宗教関連のものは相続できない。

宗教法人である寺の財産のうち、例えば仏像や仏画、儀式に使う道具などは
信仰の対象として公益性を帯びており非課税と認められている。
また、宗教法人名義の預貯金などの金融資産にも税金はかからない。
これらは、僧侶の資格をもった後継者だけが、非課税で承継できることに
なっている。

不動産取得税・固定資産税については、宗教法人の本来の事業に供する
不動産(境内地・境内建物)は、非課税となるが、それ以外の不動産は
課税される。
同じ駐車場であっても、「参拝者用の無料駐車場」であれば、非課税だが、
「月極駐車場」であれば、不動産取得税・固定資産税が課税されるとともに
その収益については、法人税・法人県民税・法人市民税が課税される。
駐車場の運営や物販販売など、宗教行為によらない収入に対しては所得税が
課税される。(ただしこれも、一般企業と比較すると税率などの面で優遇措置
がある。)

寺で使用する車も、「中級クラスの国産車」までは、非課税の範囲内。

また次のような個別判断を有するものもある。
・神前結婚、仏前結婚の挙式
 本来の宗教活動の一部と認められる挙式の行為ー非課税
 挙式後の披露宴における飲食物の提供ー課税
 衣装その他の物品の貸付けー課税
・幼稚園の経営
 幼稚園の経営(保育料・入園料・入園検定料・施設設備費等)ー非課税
 制服、制帽等の販売ー課税
 ノート、筆記具等文房具の販売ー課税

以上、こまごまとカキコしたが、要は「坊主丸儲け」である。
宗教活動か営利事業か判らないような活動をしている宗教団体は掃いて
捨てるほどある。
小生はもう宗教法人は一般企業と変わらないと思うのだが。
すべての宗教法人を非課税の対象にするのでは無く、逆に1回すべて
課税扱いにして、それから非課税団体としての認可を申請してもらい、
認可の基準も厳格にして、行政が厳しくチェックしたらどうだろうか。
おそらく相当多額の税金が徴収できると思う。

【「浪速のエリカ様”」して知られる前衆院議員、上西小百合】



「浪速のエリカ様」として知られる前衆院議員、上西小百合さん(34)が
自身の24日付のツイッターで、平昌冬季五輪カーリング女子の3位決定戦を
居酒屋で観戦した際、「藤沢(五月)選手が誰に似てるかという話になって、
東ちづるだ藤田朋子だといろんな意見が出たけれど、わたしが白鵬って
言ったら箸袋なげつけられた」と投稿した。


別にこいつのことなどどうでも良いのだが、思ったことはカキコしないと
ストレスが溜まるので、ちょっとカキコ。
まず「エリカ様」に失礼。
言っちゃなんだけど、ブスの見本みたいな顔をして、何が「エリカ様」だ。
次に、読んだことは無いがこんなやつのツイッターを読む奴の気が知れない。
炎上させるのが面白くて読んでいるのだろうか。
次に、こいつ何で飯食っているんだろう、34歳にもなって。
次に「小百合」という尊い名前は止めて、名を改めて欲しい。
「小百合」が一般人以外に使用できるのは、日本では吉永小百合様だけだ。
「鬼百合」か「侘助」あたりでいいのでは。

こんなのが議員だったかと思うと日本の政治も先行き暗いと思ってしまう。
投票は誰に入れろうと自由だが、こんなやつに貴重な1票を投じる
有権者の気が知れない、あくまでも個人的意見だが。

(参照)

ツイッターでは、「(投げ付けたのが)しかも知らないおじさん」と続け、
ネットユーザーからは「カラオケのリモコン投げられて欲しかったなぁ」
「妬み?」など抗議の返信が相次ぎ、炎上騒ぎになった。


超賛成、リモコンでもTV本体でも投げつけて欲しかった!

【日本、韓国にWTOに勝訴】



農林水産省によると、世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)
は、韓国による日本産水産物の輸入禁止措置について日本勝訴の判断を下した。


まあ当然の結果だが、これは裁判で言うと一審にすぎない。
どうせ韓国のことだから上訴してくるだろう。
そこで日本は裁判を放棄したらいい。
もう、お宅には付き合えませんと言って。
勝訴、敗訴に関係が無く農業・漁業関連者は韓国への輸出はもう止めた方が
これから先無難だと思う。
それよりも他のアジア諸国に目を向けた方が将来性がある。
たかだか6千万人弱の韓国の市場などたかが知れている。
あのキムチでさえ中国から輸入しないといけない状態の韓国はいずれ
軍事費と輸入超過による貿易赤字で経済が破綻する。
韓国の経済的破綻は失業率の高さ、それも大卒の若年層の異常な高さや、
世界一の自殺率や大企業に頼りっぱなしで、その大企業が低迷している
現実からそう遠くないと思う。

あまり知られていないが、現実はソウルの放射線量は東京の2倍もあり、
韓国全土で原発による放射能汚染は日本とは比較にならないほど蔓延して
被害を出している。韓国の国土は水力発電に向かず、火力発電はCO2の
増加が懸念され、他の発電は研究が進まず、原子力に頼るしかないからだ。
今も数多く原発による被害の裁判が行われている。
なにせ環境保護とか頭に無い民族なので当然の結果だろう。
そういう所は日本よりも30年は遅れている。
韓国国民はこういう事がわかっているのか。

韓国外務省報道官は、竹島などに関する資料を展示する「領土・主権展示館」の
開館に関して声明を発表し、「わが国固有の領土である独島(竹島の韓国名)に
対する不当な主張を目的としており、強く抗議する」と非難、即刻閉鎖する
よう要求した。


よその国のすることにいちいち文句を言うな!
黙って寒い中でまずいキムチを食べながらオリンピックを見てろ!

竹島は完全なる日本固有の領土であり、それなら国際司法裁判所で決着を
つけようではないか。それだと負けるのが判っているために韓国は出てこない。
日本には数多くの証拠があるが、韓国の出す証拠は捏造だらけ。
韓国が実効支配しているのなら、日本も実効支配すればいい。
まずは日本の領土と言うことで領海を改めて宣告し、近寄る船舶、航空機は
武力排除する。それで竹島は日干し状態になる。
韓国が日本と戦争ができるわけが無い。その前に経済が破綻する。

韓国は日本の教育指導書に遺憾の意を表明し、改正を求めている。

これはもう内政干渉だろう。
他国の事を言う前に自国の事を考えろ!
莫大な教育費がかかって、猛烈な試験地獄があって、それでもノーベル賞も
取れないお前らの国の教育はどうなっているのか。
やっぱり頭の中身にキムチが詰まっているのか。
無様な五輪を繰り返すだけの国は黙っていろ!

  断交、断交、断交!

【「福井豪雪」除雪費100億円超に 今後も膨らむ見通し】



福井県は16日、記録的な豪雪の影響で、県内全自治体の除雪と排雪の
経費が108億7000万円(13日現在)に達したと明らかにした。
雪が山積みになっている道路がまだ多いうえ、今後も降雪が予想されるため、
金額は更に膨らむ見通しだ。


それほど雪が積もらない九州の人間にとっては信じられない数字だ。
九州と言えば台風の被害が有名だが、雪は多かれ少なかれ毎年の事で
大変だと思う。
九州も近年は地震や豪雨もあったが、いずれも毎年必ずというものではない。

そんな中で、雪に対しては無知な小生が思うのだが、もっと抜本的な対策が
取れないのだろうか。初期費用は多く掛かるとしても、毎年の事であれば
そちらの方が最終的に費用は少なくて済み、住民の方々も便利になるのでは
ないだろうか。判らないから無謀な意見かも知れない。
幹線道路だけでも改修して自動的に雪が溶けるようにするとか。
今の行政のやり方は事が起こってそれに対応する(対応もできていないが)
という後手後手の手法だ。毎年、毎年それではいくら費用があっても
足りなくなるし、住民は便利が悪いだろうと思う。
ここは国と地公体が話し合い、費用も含めて抜本的対策を考え、実行する
必要があるのでは無いだろうか。
すべての道路というわけにはいかないだろうが、少なくとも生活物資が
不足しないように幹線道路だけでも早急に対応できないものか。

家屋に対して対応は無理だと思う。もうこれは個人的問題になってくる。
これも無知で判らないが、九州では家屋は台風被害や地震被害に対する
保険が一般的に普及してきた。雪に対する家屋の保険はあるのだろうか。

【JR九州ダイヤ改正 取りやめ・区間見直し過去最多】



JR九州が発足していらい列車の本数は1.8倍に増えたが、利用客の
増加は1.3倍に留まっている。
経営効率を考えれば仕方の無いことである。
バス路線もそうだが鉄道も公共性が強く住民の利便性も考慮しないと
ならないが、どこかで自ずと線引きもしなくてはならない。
実際にローカル線では1両に2,3人しか乗っていないという現状だ。
今回の改正による本数減は22路線に渡り、以前、JR北海道が
実施した規模を大きく上回る。

しかし日中の本数は間引きしても朝と最終便は確保して欲しい。
それが無くなると生活にまともに直撃する方が出てくる。

鉄道は生活の足だけでなく、観光資源としての役割も大きい。
吉松-鹿児島中央を1日2往復する観光列車「はやとの風」は平日の
定期運行を取りやめる計画だ。
これは列車を観光の目玉にしている停車駅周辺の各種業者にとっては
死活問題だろう。
人吉からえびのの間の車窓の素晴らしさは小生も大好きである。
しかし平日は利用する観光客はチラホラというのが現実。
難しい問題である。

奨学金破産

2018年02月22日

【奨学金破産】



国の奨学金を返せず自己破産するケースが、借りた本人だけでなく親族にも
広がっている。過去5年間の自己破産は延べ1万5千人で、半分近くが親や
親戚ら保証人だった。奨学金制度を担う日本学生支援機構などが初めて
明らかにした。無担保・無審査で借りた奨学金が重荷となり、破産の連鎖を
招いている。


奨学金は通常、簡単に借りることができる。
小生の娘も大学に進学したときに借りた。その時の小生の年収は
病気療養中で、ボーナスが無く,400万円弱だったと思う。
娘が大学を中退した理由のひとつはこの奨学金の返済が将来、負担に
なるのが恐かったのだろうと思う。
今では給付型の奨学金があるが、これを現在返済中で返済困難な方にも
拡大してもらいたい。
前途有望な方が自己破産するのは惜しいと思う。
自己破産しても問題が無い場合もあるが、やっぱり本人の心に傷は残る。

借りるときに親は連帯保証人、親戚は保証人になる。
連帯保証人と保証人は全く違う。
連帯保証人は本人が借りたのとほぼ同じ。
例えば連帯保証人Aと連帯保証人Bがいて、債務者はA、B同時に請求でき、
Aだけでも、Bだけでも請求できる。
AやBは同じ連帯保証人にも請求してくれと言うことができない。
連帯保証人Aと保証人Bと保証人Cがいる場合、債務者がBに請求すると、
BはまずAに請求しろと抗弁できる。
また同時にCにも請求しろと言うことができる。

日本全体の自己破産数も増加しているが、その中でも奨学金の場合は
また違った特殊なケースになっている。
これは国が介入してどうにかしなければならないと思う。
多い人で800万円というケースがあるが、利息を合わせると20年に
渡って毎月4万円を返済しなければならない。これは給与が安くても
少々高くなっても辛い金額だと思う。

【宮城県石巻市の表浜港の防潮堤整備】



東日本大震災で被災した宮城県石巻市の表浜港の防潮堤整備について、
県は10日、現地で開いた意見交換会で、当初予定していた住民への
意向調査を行わず、計画通り海抜6メートルの防潮堤建設に着手する方針を
示した。県は出席者10人余りの意見を基に「住民の総意が得られた」と
判断した。計画を強行する県の姿勢に住民から疑問の声が出ている。


いろいろと問題もあり、住民と県との思惑の違いもあると思う。
ちょっと不思議なのが、160世帯あるみたいなので、かなりの方が
住んでいると思うのだが、出席者がたった10人ということだ。
これは住民の代表ということだろうか。それとも他の住民は県の意向を
納得したのか。はたまた県に対してもう失望しているのだろうか。

意見交換会で住民からは「津波が来るたびに被害が出るのは困る」と建設に
賛成する声と、「海抜6メートルの防潮堤では海が見えない」「住民は高さの
変更を求めている。相談に応じられないなら協議の意味はない」などの
反対意見が出た。


まずは住民同士で意見の統一を図るのが先では無いだろうか。
それがなければ県と話し合っても無駄な時間が過ぎるだけだ。
ただし、「海抜6メートルの防潮堤では海が見えない」は理解できない。
これだけの被害を受けていて、今更、景観にこだわって海が見えないは
ないだろう。ここで最優先しなければならないのは津波の被害防止である。
それに「高さの変更を求めている」と言うが、その変更に根拠はあるのか。
おそらく県は調査や過去のデータなどから、その高さを割り出して提示
しているはずだ。住民側にはそういうのは皆無と思う。
どうも住民側も感情に走っているような気がするし、客観的にものが
判断できる方がいないような気がする。

県港湾課の技術補佐は報道陣の取材に対し「事業を進める方向で総意が
得られたと感じた。アンケートによる浜の分断は避けたい」と説明。
「現計画で整備を進め、景観などの課題は個別に相談を続けたい」と話した。
小渕浜の行政区長は「県に押し切られたように感じる。これまで何のために
意見交換会を開いてきたのか」と苦言を呈した。


県の住民の総意が得られたというのは発言として解せないし、少し違うと思う。
しかし形としては県に押し切られたのかも知れないが、この問題は
住民全員が納得した結果を出すのは無理である。
どうしても納得できない方は移住するしかない。

【「藤井五段最年少優勝」棋界に新時代 「強すぎる」驚く棋士】




現役最年少棋士が、また歴史を塗り替え、将棋界に名を刻んだ。
朝日杯将棋オープン戦の準決勝と決勝で、藤井聡太五段(15)が永世7冠を
持つ羽生善治竜王(47)と広瀬章人八段(31)を連破し、棋戦初優勝で
六段昇段の快挙を成し遂げた。トップ棋士を前に実力を遺憾なく発揮した
中学生棋士が将棋界に新時代をもたらそうとしている。


また、すごい記録が生まれた。
国民栄誉賞を受賞したばかりの羽生善治竜王に勝っての優勝は価値がある。
初優勝と六段昇進と両手に花。

中学生が全棋士参加棋戦で優勝したのは史上初。
藤井六段は、1955年に加藤一二三九段(78)が15歳10カ月で
達成した最年少棋戦優勝記録(六・五・四段戦=現在は棋王戦に統合)を
63年ぶりに塗り替え、15歳6カ月の新記録を打ち立てた。
朝日杯は八つのタイトル戦に次ぐ棋戦で、全棋士とアマチュア、女流棋士も
参加する。持ち時間は40分。藤井六段は1次、2次予選を経て16人が
出場する本戦トーナメントに進み、佐藤天彦名人(30)らトップ棋士を
次々と破って10連勝で栄冠に輝いた。

つまり実力的にはA級棋士に遜色ないということだ。
ますます将来が楽しみである。
小生ももう少し将棋に力を入れてみようかと思っている。
もっとも昇段なんて考えてもいないが。
なにせこれもお金が掛かる。
ところで朝日杯将棋オープン戦は優勝賞金はいくらなのだろう。
プロだから稼いで当たり前なのだが、去年や今年の所得はいくらなのだろうか。
稼いでいるのだから、やっぱり中学生とはいえ、確定申告をして税金を
払うのだろうか。
健康保険とか将棋連盟のがあるのだろうか。
年金なども加入して毎月支払っているのだろうか。
そういう棋士の私生活に関する話題は聞いた事が無いが興味津々である。
ちなみに小生のアマ2段はプロでいうと7,8級といったところで、
それほど将棋ではアマとプロの実力差がある。

10連休

2018年02月18日

【10連休】



ちょっとお知らせ程度のカキコ。
来年、5月1日が天皇陛下の御退任を記念して休日にする案が
出ているそうな。
そうすると4月27日から5月6日まで10連休になるという。
で、カレンダーで確認したら5月2日は普通の日で10連休には
ならないのだが、5月2は休日と休日の間の日は休みとするというような
法律があったような気もする。

それで、もう旅行業界はいろいろと考えているらしい。
この機会に長期の旅行なんぞ考えている人もいるらしい。
まだ先だから毎月積み立てをしてお金を計画的に貯めようとしている人も
いるらしい。
でも銀行等の金利は最低状態で0.01%程度。つまり1年間10万円
預けて利息は10円。しかもこれから税金を引かれる。
そんな中で、旅行会社が行っている積み立てがある。これはかなり
利率的には高い。ただし某旅行会社が倒産した事もあり、選ぶなら
大手が無難である。

まあ現在は1年365日休日のプーの小生には関係ない話ではある。
しかしそれまでに職が決まっていて働いているようだと嬉しい話だ。
なにせ就職試験、10連休どころか10連敗の小生である。

【「五輪の陰で暴虐的な慣習」韓国の犬肉食べる文化、欧米メディア批判 】



平昌五輪を取材する欧米メディアが犬肉を食す韓国文化を批判している。
メディアの中には、養犬場に関係者とともに突撃取材するケースも。
平昌五輪出場のカナダ選手は最近、韓国訪問に合わせて、ダックスフントを
保護するに至った。


こういうのが極端な白人至上主義の表れだ。
日本における捕鯨問題(日本は別に問題にしていないが、馬鹿な外国と
馬鹿な動物保護団体が騒いでいる)と同じである。
その国の歴史や文化を重要視せず、自分達のモラルと価値観を押しつける
欧米ならではのやり方である。
何故、犬を食べてはいけないのか。
欧米諸国の馬鹿なやつらは犬は人間にとって友達でり、可愛い動物で
あるからと言う。鯨も同じであるが個体数が少なくなっているというのが
若干、加味される。もっとも最近の調査では増加していると言われている。
じゃあ豚や牛や羊やウサギは可愛くないのか。犬とどう違うのか。
犬を食べてはいけないという国に行って、可愛いから豚や牛や羊やウサギは
食べるのを止めましょうという運動を誰か始めないかな。
まして本当に可愛い子羊まで好んで食べたり、フォアグラなんて
強制肥育したガチョウの肥大した肝臓で、ガチョウはいい迷惑だ。
それを世界3大美味とかいって、ありがたく食べている欧米人の方が
よっぽど恐ろしい。

【三浦瑠麗氏、ワイドナショーでの発言に批判殺到】



国際政治学者の三浦瑠麗氏が放送されたテレビ番組「ワイドナショー」に
出演し、北朝鮮のテロリスト分子が日韓に潜んでいると発言、とりわけ大阪が
危険だとの認識を示した
これに対し、ツイッターでは「根拠がない」といった指摘や、在日コリアンに
対する憎悪を煽りかねないと懸念する声が上がっている。


またツイッターか。
もうツイッターって悪口を言う代名詞みたいになってしまっている。
決して批判では無く、匿名をいいことにした単なる悪口である。

在日コリアンがテロリストなどと一言も発言していない。
そういう事を言い出すやつらこそ心の中で在日コリアンを差別している。
まあ差別されても仕方の無い部分も確かに多いのだが。

過去に大阪で拉致事件が起こったのは事実だ。
9.11テロを見てもわかるように首都を最初から狙えば即全面戦争に
なりかねない。それで狙うのは第2の都市である大阪という可能性は強い。
また在日コリアンがこれまで北朝鮮に協力してきたのも事実だし、
実際に現在でもその中に「草」と呼ばれ代々住み着いている北朝鮮スパイも
いるだろう。また北朝鮮スパイの隠れ家や逃走時の1時避難場所としても
十分に考えられるし、今の朝鮮学校の教育では協力者が出るかも知れない。
ただ証拠が無いだけだ。しかし証拠が無いと言って野放しにもできない。
あとは公安とかの力だろう。

【福岡県が「宿泊税」導入を検討へ 】



福岡県がホテルや旅館の宿泊者に課税する「宿泊税」の導入の検討を始める
ことが分かった。増加する外国人客の受け入れ態勢強化など観光施策の財源に
充てる。今春にも有識者などによる会議を発足させ、課税額や対象、税収の
使途などを議論する方針。今秋までにまとめる検討結果を踏まえ、制度設計の
詳細を詰める。

福岡県の計画では、大学教授や自治体関係者、旅行業や旅館業の関係者ら
約10人で有識者会議を構成。今秋まで5回程度の会議を重ね、県の観光政策の
問題点を洗い出し、新たな政策に必要な費用、財源などについて意見を交わす。

福岡県が東京都や大阪府並みの課税とした場合、税収は年間3億5千万円程度に
なる。


福岡県も馬鹿な事を真似するようになった。隣接する佐賀県、熊本県、大分県
はムフムフと笑っているだろう、観光客がこちらに流れて来いと。
1人100円程度の税になるようだが、ホテルや旅館がそれを現行の料金に
上乗せできるのか。結局はホテルや旅館にしわ寄せが来るのではないだろうか。
現行、税込み1泊2食1万円という旅館が1万100円にするはずが無い。
そういう区切りのいい料金設定をしている所が多いはず。
それに宿泊税を取られるというマイナスのイメージが3億5千万円では
すまないぐらいに大きいと思う。そういうことは考えていないのか。
観光政策の財源と言うが結局は行政が食い物にしているだけだ。
その税を徴収したからといって絶対にどこも何も変わらない。
ましてやそういう大事なことをたった5回の会議でうんぬんというのには
呆れ返ってしまう。またそういう場所で旅行業や旅館業の関係者が本音を
しゃべるはずが無い。監督官庁の前で何が話せるというのだ。
これは弱い者いじめ。
完全に行政の判断ミスであり、東京都や大阪府の猿まねだ。
福岡県は福岡県で独自の路線なり、独自の手腕で観光財源を見つけることが
できないのか。結局、行政の馬鹿丸出しな部分をさらけ出しただけである。
まあ北九州市の観光協会のことを考えると、行政の観光に対するお粗末さは
こんなものだろう。

福井の大雪被害

2018年02月15日

【福井の大雪被害】



降りやまない雪は、葉物野菜を栽培するビニールハウスを次々となぎ倒し
農家に大きな被害をおよぼしている。10棟以上が倒壊した福井市のある
農家は「死活問題。今後雪が水分を含んで重くなれば、被害はさらに拡大する」
と深刻な表情。積雪が多いため現場に向かえない農家も多く、福井県もJAも
県内全体の被害を正確に把握できていない状況だ。被害額は相当になると
みられ、別の農家は「支援がなければ破産や」と、諦め気味につぶやいた。


確かに今回の寒波は酷いかった。
この北九州市でも雪がうっすらと積もり、張った氷が溶けないというぐらいに
厳しい寒さだった。

ところで去年の福岡県南部の水害の時も厳しい事をカキコしたが、
農家は「支援がなければ破産や」とあるが、それはおかしい。
確かに農業は我が国の低い自給率を高める唯一の基本的産業であり、
みんなで守っていく必要があるが、それは全体像を通しての事であり、
個人個人が対象では無い。
困れば行政等に支援を求めるのは単なる甘えである。
言うならば農家は1軒1軒が独立した企業であり、企業で言う内部留保に
努め、災害時や不況等の対応も考慮しておく必要がある。
個人の商店で災害にあって倒産に追い込まれたなんてのはザラにある。
そういう意味で農家だけを特別扱いにするのはおかしい。
まして、そこに税金を投与するのは納税者は納得がいかないと思う。

【呆れた標準服(制服)】



この件は新聞紙上を相当賑わせている。
小学校などで標準服というのがあるそうな。それは制服とは違って
強制ではないらしい。しかし、やはりみんなが標準服を着ていれば
おのずと全員が着るようになるので制服に限りなく近い。
そんな中で東京都中央区の公立小学校がアルマーニの標準服を採用した。
現行の標準服と比較して前部揃えると3倍の値段の9万円というシロモノ。
小生だってアルマーニなんぞ着たことが無い!

そりゃ父兄は怒るわ。貧乏人はこの学校には来るなと言っているのと同じ。
しかもこの決定は校長の独断という。業者との癒着じゃね~かって
言いたくもなる。止められなかった教育委員会も同罪。

小生は制服なんぞ無い方がいいと思っている。
しかし、あれば、どの服を着ていくかと悩んだり、華美に走ったり、
一体感や愛校心が生まれたりするという部分ではそれなりの価値はあると思う。

参考として

文部科学省は「学校における補助教材の適切な取扱について」という
教育委員会向けの通知で、『補助教材の購入に関して保護者等に経済的負担が
生じる場合は、その負担が過剰なものとならないように留意すること』と求
めている。同様のことは「中央区立学校の管理運営に関する規則」第33条
第2項にも記されている。また、校長は教材の選定に当っては教育委員会に
承認または届け出を要すると記されている。


さらに

中央区には、就学援助費の支給対象となる「要保護、準要保護児童」は、
13.19%にあたる577人(2014年調査)いる。
この中で生活保護を受給している家庭には国から制服代が支給されるが、
当然、全体としての生活保護費は増加する。


これはもう税金の無駄遣いだろう。
この校長は選定の途中もPTAなどとほとんど協議もしていない。
教育委員会に報告したときも教育委員会から「標準服は、各校の教員やPTA、
保護者など、いろんな人が関わり、決めていくべきもの。卒業生などが幅広く
デザインや価格についてよく話し合って決めるようにと伝えた」というのに
一向に考慮しても無い。
なんでもアルマーニとの契約で違約金を請求される可能性もあるし、既存の
制服業者は今からではもう間に合わないようで、今更変更もできないようだ。
さ~どうなるか! と、興味本位ではいけないのである。

はっきり言って、こんな視野の狭い、独断でしか物を考えることができない
人間に校長というか教育者の資格は無い。


(参考)

和田校長は今回の導入を「服育」のためと説明しているが、尾木氏は「服育」
という用語を「造語ですね」と示し「公立は中身で勝負しなくてないけない
のに、服育ビジュアル教育だなんて貧しい精神構造だなと思いますね」と
批判していた。

服着りゃアイデンティティーが確立するなんて聞いたこともない。極めて
非常識だと思います」「公立は中身で勝負しなきゃいけないのに、『服育の
ビジュアル教育』だなんて、実に貧しい精神構造だと思いますね」と
バッサリと切り捨てた。

【すごいぞ、せこいぞ中国!】



中国で、熊本県の人気キャラクター「くまモン」の不正利用が横行している。
県が10月にくまモンの関連商品への海外企業の参入を全面的に解禁するのも、
「偽モン」による市場乗っ取りを防ぐための苦肉の策だ。

熊本県知事は1月8日、香港で開かれた人気キャラクターの国際見本市
「香港国際授権展(ライセンシング・ショー)」の会場で、くまモンの
「海外自由化」を宣言した。
そこで目にしたのは熊本県が出展した「くまモン」の正規ブースのすぐ近くに、
「偽モン」ブースがあった。慌てて会場を見て回ると、偽物のブースが4カ所も
あった。どれも中国企業のブースだった。


こりゃ駄目だわ。
こういう公的な所に堂々と偽物を出品する中国企業。
まあ無理だろうけど、中国の法律を変更してもらって、コピー商品を生産、
もしくは販売した場合は即銃殺刑にでもしなければ絶対になくならない。

上海では日本の温浴施設「大江戸温泉物語」を名乗る施設が、くまモン
そっくりのキャラクターを無断で使い、物議を醸している。
また南京の居酒屋で片方のほっぺを青色で塗ったり、しま模様にした偽モンが
店先でPR役を買っていたのが確認された。

もう言葉が出ない。知的財産権というのは中国では単なる辞書の上の言葉。
熊本県は今後もいろいろと対策を取るようだが、まあ完全撲滅は無理だろう。
これは熊本県だけでは無い。日本の農業分野でも独自品種が盗まれて
栽培され商品化されている。中国と韓国とは政府がなんらかの協定を締結し
強権を発動して厳罰にするようにしなければ後を絶たないだろう。

バス路線廃止

2018年02月14日

【バス路線廃止】



両備ホールディングス(HD、岡山市北区錦町)は8日、グループ2社が
運行する路線バス78路線のうち、赤字幅の大きい31路線について廃止届を
中国運輸局に提出したと発表した。
 
同社は廃止の背景として、同業他社の八晃運輸(岡山市中区倉益)が
計画している循環バス「めぐりん」の新路線開設を挙げ「バス事業は
30~40%の黒字路線で残りの赤字路線を維持している。黒字路線に
新規参入されれば赤字が膨らみ、全体を維持できなくなる」と述べた。


確かにいろいろな緩和政策が採られ規制が緩くなった。
しかし今回の件は完全に行政のミス。
赤字幅の大きい31路線の中の4路線については行政からの補助金も出ていた。
そういうことが判りながら同業他社に認可を出すというのは横の連絡とかが
全然取れていない行政の甘さと堕落だろう。
行政は地域住民とそれを取り巻く環境とそこに介入している企業を
総合的包括的に考えて最善の施政をする必要がある。
バス、電車といった交通機関は公的意味を持っている。
そんな事は行政も判りきったことである。
まったく企業の経営が判っていないお役所のすることである。
両備ホールディングスは行政の対応次第では廃止を取り消すと言っているが、
1回廃止すればいい。使用者には迷惑を掛けるが、どれだけ行政に非難が
くるか見てみるがいい。
1度出した認可を取り消せば今度は取り消された方が怒るだろう。
もしその準備にそれなりの費用を使っていれば損害賠償にもなりかねない。
認可して、収益が減っても両備ホールディングスが路線を廃止しないとなると
それに対しては行政は補助金を増加しなくてなならないだろう。
またここで税金の無駄遣いが始まる。

両備ホールディングスにしたって本音は廃止したいと思っているはずだ。
そりゃ赤字路線を切り捨てて、黒字の路線だけにしたいに決まっている。
それができないから黒字路線の収益でなんとか赤字路線をやってきたのに、
今回の行政のやり方は裏切りである。
行政の担当者責任を取れ!
と言っても、いつもの通り、また誰も責任を取るはずがない。

【「国民栄誉賞」羽生氏と井山氏に授与 将棋、囲碁で初】



将棋で初の永世7冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で初めて2度に
わたる7冠独占を果たした井山裕太氏(28)=本因坊文裕=に対する
国民栄誉賞の表彰式が13日、首相官邸で開かれた。安倍晋三首相は両氏に
表彰状と盾を授与し、「多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を
与えた」と功績をたたえた。囲碁、将棋の棋士が国民栄誉賞を受賞したのは
それぞれ初めて。


喜ばしくもあり、お目出度くもあるニュースでほっこりする。
ニュース性が囲碁の方が薄くなったような気がするが、囲碁、将棋ともに
7冠というのはすごい。ひとつのタイトルだけでもなかなか達成できない
のがプロの世界。

国民栄誉賞というのはスポーツ選手の受賞が多かったが、こういうふうに
広く目を向けるべきだろう。
比べることも可笑しいと思うが、たった1回、オリンピックで金メダルを
とったのと今回のように7冠を達成するのとはレベルが違うように感じる。
オリンピックの場合は3連覇ぐらいが基準ではないだろうか。
また国民栄誉賞とは別に、もっと庶民的な方で貰うことができる賞が
あってもいいと思う。
紫綬褒章とかいろいろあるが、特定の分野で長く活躍した人が対象で
とても庶民が貰える物では無い。
じゃあ具体的にどんな方が対象かと言われると思いつかない。

【「無免許講師」元私立高の67歳女性逮捕】



茨城県警日立署は7日、高校の教員免許を持たずに県内の高校で講師として
働いていたとして、元私立高講師、容疑者(67)を偽造有印公文書行使と
教育職員免許法違反の両容疑で逮捕した。県教育委員会が確認した範囲で、
容疑者は約30年にわたり無免許で県内の高校や中学校で英語などを教えて
いた。「知らない」などと容疑を否認しているという。


まあ気づかなかった方も責任は重大だ。
この容疑者67歳まで定年過ぎても働いている。
よっぽど講師としてできがよかったのだろうか。
こういう人がいるから若い人の就職が困難になるというのは考えすぎか。
それにしても教員免許というのはそんなに必要だろうか。

現在は教員免許を持っていなくても教師として教えることができる特例が
あるらしい。逆に現行の教師でも教師としての資質に欠ける人間も多く、
毎日、新聞の紙面を賑やかさせている。
教育ということに愛情を持って教師になったか、一就職口として教師を
選んだかの違いか。
そう考えるとよく採用試験の受験資格に教員免許が必須とあるが、
あまり関係が無いように思える。ただ採用の判断の手間を省くだけで
そういう風にしているのではないか。免許が無くともそれなりの実力が
あれば何も問題ない。まあ手抜きでんな。
我が地元の北九州市の嘱託職員の募集にも教員免許が必須というのが
見受けられるが、今やもうその考え方は古いのではないだろうか。

【生活保護受給世帯が過去最高】



厚生労働省は7日、昨年11月に生活保護を受給した世帯は前月より
63世帯多い164万2971世帯だったと発表した。
7カ月連続で過去最多を更新した。65歳以上の高齢者世帯の受給増が
要因とみている。
一時的な保護停止を除く受給世帯の内訳を見ると、「高齢者」が86万
5564世帯と全体の5割以上を占め、うち約9割が単身だった。
高齢者以外では「傷病者・障害者」が42万251世帯、「母子」が
9万2660世帯、失業者を含む「その他」が25万6012世帯だった。 


傷病者、障害者、母子、失業者は仕方が無い。
しかし高齢者が5割以上を占めるというのは、どこかに問題がある。
それは受給者側の問題か、国の制度上の問題かわからないが、
とにかく多いということに驚いている。
日本の人口を1億2千万人として、1世帯3人としたら4千万世帯。
164万世帯というと4%強になる。1世帯4人とすると5.4%を超える。
これは何か異常。
少子化で税収入は減る一方で生活保護には増加する。これでは国も
生活保護費を減らすしか方法がなくなる。

職の決まらない小生も近づきつつある。
退職して年金を受給できるまでブランクが5年ある。
まずこれがおかしい。
小生のように職が決まらなければ退職金と預貯金を食いつぶして
生活をしなければならない。いくら倹約しても限度があるし、
突然の大きな支出(自宅の修理や身内の冠婚葬祭等)もある。
年金を受給するようになっても果たして足りるのか心配。
小生もおかんも35年以上、年金を掛けてきた。
それで足りないのならば制度がおかしい。

退職して老後を旅行にでも行って気ままに過ごすどころではない。
いくつもいくつも探しては就職試験を受けて廻らなければならない。
それだって1社受けるのに2千円程度の費用がかかる。
雑誌で見たが老後をゆとりあるものにするには4千万円の預貯金が
必要だそうだ。子供を3人育ててそんなお金が貯まるわけが無い。
若い人が子供を作るのをセーブするのも当然で、少子化はこういう理由も
影響しているのかも知れない。
防衛費は仕方ないとしても、海外援助をする資金を国民に回して、
まずは自国に貧困家庭が無くなってから、そういう事はして欲しいと思う。

(追記)
1昨日、病院関連の就職試験(もちろん資格なんて無いので一般事務)を
受けに行ったが、行って驚いたのは受験者50人程度の中で男は小生のみ。
しかも周りは若いきれいなお嬢さんばかり。
その中に薄汚い爺さんの小生が間違って混じり込んだ状況。
恥ずかしいやら、情けないやら・・・。
これや駄目だ!

陸自ヘリ墜落

2018年02月12日

【陸自ヘリ墜落】



せっかく夢の操縦士になったのに」-。佐賀県神埼市の陸自ヘリ墜落事故で、
亡くなった操縦士の高山啓希1等陸曹(26)が高校時代に所属した九州学院高
(熊本市)サッカー部の顧問やチームメートは突然の死を悼んだ。


そう、いつも思うのだが、最初にニュースが出ると「墜落」が大きく
クローズアップされて、住民に迷惑を掛けたとか、なぜ墜落したとかが
取り上げられる。米軍のヘリなどでも同じだ。
でもそこには亡くなった方や負傷した方もいるのである。
誰でも好んでこんな事故を起こすわけが無い。
しかも亡くなられたのは夢も希望も将来もある26歳の青年である。
今のマスコミの報道のあり方はどのTV局も、新聞社も日本のために陸自に
入って防衛を背負っている方に失礼ではないかと思う。
もちろん墜落した地域住民に迷惑を掛けたとか墜落の原因の調査や再発防止、
引いては基地問題なども大切な事ではある。
しかしどうも、どこのTV局も新聞社も事故発生を中心とした偏った報道しか
していないように感じる。
日本のマスコミはこれでいいのだろうか。
少なくとも小生はマスコミを信用していない。

とりあえず、亡くなられた方に

   合 掌

(追記)
小生と同じように思っている方がいて、様々な批判を浴びている。
心と考えの狭い人間はどこにでも居る。
もっと多面的に多角的に物事を見ることができないのだろうか。

福岡県も大雪だす

2018年02月12日

【福岡県も大雪だす】



今(2時28分)外を見ると大雪が降って道路はすでに積雪状態。

resize0220      resize0219

今日は、おかんは研修で春日市まで行かなくてはならないのに。
NETで確認したら、九州縦貫道(高速)、北九州都市高速、福岡都市高速、
み~んな通行止め。
これでは車は無理だからJRしかない。今日は休日だからそれほど
混まないだろう。
昨日だったら、小生は就職試験に行っていないと思う。
あ~、そうなっていれば恥をかかなくて済んだかも。
今年の冬は例年になく雪も多いし寒さも厳しい。
猫の五郎はオシッコに庭に出て、用が済んだらあわてて部屋に戻ってくる。
一目散に炬燵へ入って、すぐに鼾をかいて寝ている。
お前、猫は夜行性といっても夜中の2時におとんを起こすのは勘弁してけれ。

だいたい九州の人間は雪に慣れていない。
北海道とかに行って雪の積もった高速を車が普通にバンバン走っているのを
見ると感激してしまう。
車の運転も、九州では、大概の方はノーマルタイヤしか持っていないし、
チェーンさえ持っていない人も多い。
まあ1年に2,3度のことだから、仕方が無いと言えば仕方が無い。
で、それでもそういう人が無理にチェーンもなしで、のろのろ運転する。
その結果は大渋滞。比較的大きな道路はチェーンをはめたバス等が
通るので早く溶けるが、溶ける途中の雪がまたよく滑って、事故が多発。

他の地方の方は九州は暖かいというイメージがあると思うが、それは
宮崎や鹿児島の話。北九州である福岡県はとっても寒いのである。
おまけに玄界灘から吹き寄せる北風も強い。無法松でも寒かったに違いない。
幸い今日は休日。こういう日は家で炬に入って蜜柑でも食べながら、
お茶でも啜ってTVを見て、暖を取るのが1番だす。

【16歳女子高生、南極点から「サンドイッチ」で反撃 ユーモアで差別に対抗、世界から賞賛】



以下、ニュースからだが、長いけど面白いので掲載した。

16歳の女子高生スキーヤー、ジェイド・ハマイスターは「ポーラー・ハット
トリック」という偉業を達成した。これは、南極点と北極点、グリーンランド
氷床の3カ所をスキーで踏破するもので、16歳は史上最年少だという。
その彼女が撮った一枚の写真が、ネットで大きな話題を呼んでいる。
37日間に及ぶ冒険の末、南極のアムンゼン・スコット基地にたどり着いた
ジェイド。セレモ二アル・ポールと呼ばれる南極点標識の隣で、誇らしげに
国旗を掲げている。注目のポイントは、彼女が手に持っているサンドイッチだ。

一体なぜサンドイッチなのだろうか。
彼女は写真のコメントで、その秘密を明かしている。
「ほら、あなたのためにサンドイッチを作りましたよ(ハム&チーズ入り)。
37日間、600キロの距離をスキーで旅して南極点まで来られるんだったら、
どうぞ召し上がってください」
この「あなた」とは、彼女に対して性差別的なコメントをした、あるネット
ユーザーのことだ。

北極点へとスキーで到達して最年少記録を打ち立てたジェイドは、その時の
体験をオンラインで世界配信されているビデオ講演会でスピーチした。
その動画に「俺のためにサンドイッチを作ってよ」「何人の男に手伝って
もらったの?」など嘲笑するコメントを残した人がいたのだ。

今回。彼女のユーモア溢れる「反撃」は、世界中の人たちの心を動かした。


拍手、拍手!

こういうウイットは日本人はなかなか真似ができない。
それにしても16歳、畏るべき。
もう世界はこういう若い人で作っていかなければならない。
どこかの国の79歳で馬鹿な発言をして老害をまき散らす議員よりも
ずっと賢いと思うし、将来は国や世界の為になるかも知れない。

現在の日本は暮らして行くには若い人には辛いと思う。
生徒の7人に1人が貧困層だという。
生活保護世帯も増加している。
何が悪いのか。政治か企業か。
まずは最低賃金の引き上げだろう。せめて時間900円。
そうすれば1日8時間働いて800円上がり月にしたら2万円ぐらい
所得が増える。それから非正社員に対する法律の整備が急務。
5年間雇用したらなんて法律ができたが、蓋を開ければ、5年になる前に
該当者を解雇して、かえって労働者が困る事態になっている。
発案者はそのくらい考えつかなかったのか。それを防止するために、
例えば、そういう理由で解雇したと見なされた企業には厳罰を施すとか
法律に盛り込めなかったのか。

投票可能年齢の引き下げということがあったが、上も見直したらいい。
各種議員も65歳定年制を取り入れよう。
それに60歳を過ぎたら大臣や閣僚など主な役席からは離脱。
世界中を見ても日本人の長寿のせいか、こんな高齢者政治家集団が政治を
している国は無いのでなかろうか。
確かに若い政治家も増えているが、65歳定年制を導入したら一気に若返る。
やっぱり未来は自分達が携わるであろう若い人達に託すべきだと思う。
年寄りはたまに意見を言うぐらいでちょうどいい。

男女差別という問題はそう簡単にはなくならない。
産まれ持った性(セックス)と社会的文化的性(ジェンダー)があるが、
今の日本ではジェンダーの方の差別が大きいと思う。
例えば金融機関の窓口に行ったら男性行員がいるなんてのは非常に少ない。
理由は男性行員は2,3年窓口で金融関連の知識を覚えたら、渉外として
外回りに出される。これが出世の第一歩。ところが女性行員はいつまでも
窓口のままである。役職にしたって女性の役席者は極端に少ないだろう。
たぶんこういったジェンダー差別は10年20年では解消されないと思う。

【大雪の福井、燃料不足=スタンド4割休業―除雪追い付かず】



県が10日午後4時現在で県北部11市町のガソリンスタンド230店舗に
電話で確認したところ、約4割が休業し、給油制限を行っている所も5割弱
あった。県は「何らかの形で5割以上が供給できている」と強気だ。

県などによると、ガソリンスタンドに燃料がなくても油槽所には十分な量が
確保されており、タンカーによる供給も続いているという。同組合の担当者は
「タンクローリーが走れるようになれば、すぐに解決する」と一刻も早い
除雪を求めている。
 

アホな行政。
実際に車の中に閉じ込められて死者が出ている現実がまだ判っていない。
どこからこういう強気の発言が出てくるのか。
「タンクローリーが走れるようになれば、すぐに解決する」というが、
それが解決していないから問題なんだろう。
お前ら、机の前に座っていないで、スコップ持って雪かきに行ってこい。
いくら油槽所に十分な量があって現実の状況とは、それは関係ないだろう。
ガソリンスタンドで売って住民の手に届かなければ、ただのお荷物。
もっと市民、県民の立場に立って物事を考えろ。
それにガソリンスタンドにとっては営業という観点から見てあげるべきだ。
「何らかの形で5割以上が供給できている」と、ふざけるな。
地公体が営業の減収分を補償してくれるのか。
ガソリンスタンドの9割が休業か制限販売しているのに。
制限販売すればお客は何回も何回も寒い中を並んで購入する必要があることが
判らないのか。
行政がこんなんじゃ福井の発展もないし、今後またこういうことが
再発すると思う。

猫を飼う

2018年02月10日

【猫を飼う】



resize0218 resize0217

我が家の猫は勝手に居着いた居候である。
別に飼っている訳では無いが、事実上はそうなっている。
で、本題だが、猫を飼いたいと思っている人も多いと思う。

「猫カフェ」が繁盛したり、猫の島が観光客で賑わったりする
理由もわかる。確かに猫はかわいい。
でも飼うっていうのは「猫カフェ」で遊ぶようなものでは無く大変
なんですよ。

まずトイレの躾だが、どうしても覚えてくれない我が家のような猫もいる。
絶対に外でしたがる。産まれて短い間だがノラだった習性か。
お漏らしは滅多にしないが、そのかわり、夜中でも
こちらが睡眠中でも外へ出してと起こしに来る。それもほぼ毎晩。
小生がプーだから今のところは対応できるが、職が決まればどうしようかと
悩んでいる。

爪を研ぐ。まあ決めた場所や物ですると思うが、それでも大切な家具で
するかも知れない。我が家の場合は古い椅子で始めたので助かった。
でも24時間365日見張っているわけにもいかず、家具でされても
仕方ないと思っている。

餌代。これもかなり掛かる。キャットフードだけではどうしても栄養が
偏るので、他の市販の餌や犬たちの為に、おかんが作った鶏のササミの
煮物や鶏のレバーや砂ずり(砂肝)の料理をお裾分けして貰っている。
人間よりよっぽど費用も手間も掛かるかも知れない。

蚤。まあ風呂場で洗ったり、蚤除けの首輪をしたりしているが、これも
費用も手間も掛かる。

毛玉。これは猫特有のものだが、場所を構わず吐き散らす。対応不能。

病気。動物病院は保険はきかない。かなり高額な治療代を覚悟する
必要がある。小生のとこの猫のウンチに白い虫が入っていた。
翌日、動物病院に連れて行ったら、蚤から移る蛔虫のようなもので、
注射1本で治るとのこと。でもこの注射が1本3000円。
その前の週は下痢で血便が出ていて動物病院で、とりあえず抗生物質の
注射を1本。それに飲み薬4日分。これで7000円。
2週間で1万円。

以上に加えて、移動用のゲージとか、猫用トイレ、トイレに敷く専用砂
(これは使い捨て)、首輪、遊び道具などかなりの初期費用も発生する。
それに去勢する場合はその費用が1万2千円程度。

まあ猫カフェで時々可愛がる方がお気軽でんな。

ちなみに写真はボーとじゃれる五郎。2人は仲良し。

【大学入試は非公開が6割 と 余談】



2017年春に実施した入試の後、全国立大学の4割を超える81校中36校が
正解や解答例を公表していなかったことが、読売新聞の調査でわかった。
17年の入試にミスがあり、今月1日に17人の追加合格を発表した京都大は、
正解や解答例を公表していなかった。文部科学省は今後、正解や解答例の開示
ルールを見直す方針だ。


公開して問題ミスが世間の目に触れるのが恐いのだろうか。
公開しても全然問題ないことであるし、むしろ公開すべきである。
公開すれば受験者はある程度の自己採点もできるし、後学の参考になる。
京都大の事例では不合格となった方はすでに別の大学に進学していて、
今更言ってもらってもという感じだろう。
これって人生を決めかねない問題だが、慰謝料等の請求はできるのだろうか。
また京都大と現行の私立大の入学金や授業料等の差額はどうなるのだろうか。
また現在の大学を辞めて京都大に入っても、取得した単位などは引き継ぐことは
できないのだろか。何かしらの特例をもって単位を引き継げるようにしなければ
ただ単に謝りましたで済んでしまうのではないか。
きっとこういうのも誰も責任は取らないのだろう。

入試試験の問題だが、高校の教科書に沿った問題を作るのがそんなに
難しいものだろうか。変にいじくり回したり、意地の悪い問題を作るから
こういうことになるのではないだろうか。
全員が100点では困るが、そこは何らかの解決方法があるのではないか。

今、小生は就職試験をいろいろと受けているが、どこもまず問題用紙の
持ち帰りもできない。地公体の試験でも同様である。
大学入試と同じような怖さがあるのだろうか。
しかも胡散臭いのが試験が作文というやつ。
作文なんて採点者の気持ち次第でどうでも採点できる。
北九州市の市民センター(公民館のこと)の館長を一度調査したらいい。
おそらく市の職員の退職者の割合が多いと思う。
どこかの新聞社、実施してみませんか!

試験結果さえ不合格の場合は何の連絡も無いという事例も在り、合格者の
受験番号が発表されるだけで、しかも受験者は1次試験は書類審査で、
自分の受験番号は知らないので、不合格の場合はいつまでもずっと合格の
郵便を待つという悲惨な状態になる。これは北九州市の観光協会。
こんなやり方をしている観光協会がどんなものか想像してほしい。
普通はこういう場合は申込書と一緒に葉書を同封させて合否を連絡する。
どうも観光協会はそういう簡単な事も思いつかなかったようだ。

公立大学入試にしろ地公体の就職試験にしろ完全な公開をするべきである。
私立大学や一般企業は募集する学生や社員の内容が違うので、非公開でも
仕方が無い。

いろいろカキコしているが市民センターの嘱託職員の1次試験には通った。
昨日、2次試験の面接があったばかりである。ただし給与はすこぶる安く、
通勤費も何も無いアルバイトのようなものである。
それに比べて市民センターの館長は通勤費はもちろん、月27万円の給与に
ボーナスも4ヶ月分あるという破格の待遇である。
こんな甘い仕事を退職した市職員が逃すはずが無い。

ほんの余談だがセンター試験で900点満点を取った人がいるらしい。
世の中にはすごい人がいるものだと感心してしまう。

【「訃報」作家の石牟礼道子さん死去 90歳 「苦海浄土」】



記事の全文を掲載したため長いです。
しかしどこも削ることができません。

人間の極限的惨苦を描破した「苦海浄土(くがいじょうど)」で水俣病を
告発し、豊穣(ほうじょう)な前近代に取って代わった近代社会の矛盾を
問い、自然と共生する人間のあり方を小説や詩歌の主題にすえた作家の
石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日死去した。90歳。
1927年、熊本県宮野河内村(現・天草市)に生まれた。家業は石工。
生後まもなく水俣町(現・水俣市)に移り、水俣実務学校(現・水俣高)卒。
代用教員を経て、58年、谷川雁らの「サークル村」に参加。詩歌中心に
文学活動を始めた。

59年には、当時まだ「奇病」と言われた水俣病患者の姿に衝撃を受け、
「これを直視し、記録しなければならぬ」と決心。69年、水俣病患者の姿を
伝える「苦海浄土」第1部を刊行。70年、第1回大宅壮一ノンフィクション賞
に選ばれたが、辞退した。同書は日本の公害告発運動の端緒となるなど戦後を
代表する名著として知られる。74年に第3部「天の魚」を出し、2004年の
第2部「神々の村」で「苦海浄土」(全3部)が完結した。

水俣病第1次訴訟を支援する「水俣病対策市民会議」の発足に尽力する一方で、
水俣病の原因企業チッソとの直接対話を求めた故・川本輝夫さんらの自主交渉の
運動を支えるなど、徹底的に患者に寄り添う姿勢とカリスマ性のあるリーダー
シップから「水俣のジャンヌ・ダルク」と呼ばれる。患者らの怒りを作品で
代弁して「巫女(みこ)」に例えられるなど、水俣病患者・支援者の精神的支柱
となった。

73年、「苦海浄土」など水俣病関連の作品で「アジアのノーベル賞」と
いわれるマグサイサイ賞を受賞。93年、「十六夜橋」で紫式部文学賞。
03年、詩集「はにかみの国」で芸術選奨文部科学大臣賞。02年に発表した
新作能「不知火」は04年に水俣湾埋め立て地で上演されるなど全国的な
話題になった。04~14年、「石牟礼道子全集・不知火」(全17巻・
別巻1)が刊行された。

水俣弁をベースにした「道子弁」と言うべき独特の言い回しや、竜などを
イメージした神話的スケールの死生観など、同時代の文芸・思想界に大きな
影響を及ぼした。詩人の伊藤比呂美さん、作家の町田康さん、韓国詩人の
高銀さんらに慕われ、対談など文学的交流を深めた。11年には作家の
池澤夏樹さんが個人編集する「世界文学全集」(全30巻)に「苦海浄土」
3部作が日本人作家の作品として唯一収録された。


いつだったか、たぶん大学生のころだったと思う。「苦海浄土」を買って
読んだ。水俣市にも3回行った。もちろん目当ては近くの湯の児温泉では
あったが、水俣市の海岸沿いを歩いてみた。
この下に今でも水銀が溜まっているのだろうかと思った。
水俣病の原因を作ったチッソは皇后陛下の御実家と関係する企業だと聞いた
覚えがある。
若い方々は知らないと思うが、この機会に水俣病という病気があり、現在でも
苦しんでいる方がいるというのを知って欲しい。
水銀が世界中で無くなったら日本に行けというブラックジョークができたほど
海外でも有名である。また日本は富山のイタイイタイ病と排ガスによる
四日市喘息と3大公害病をすべて経験した国である。

いずれにしろ偉大な方がまた1人亡くなられた。

リンク:水俣病 水俣病

リンク:チッソ チッソ 

リンク:イタイイタイ病 イタイイタイ病

リンク:四日市喘息 四日市喘息

【「あたしおかあさんだから」歌詞へ批判殺到】



歌詞では、女性が「お母さん」になる前は一人暮らしをしたり、おしゃれを
楽しんだり仕事をしたりしていたが、子育てを機に生活が変わったことが
母親の視点で描かれている。

歌詞の一部

一人暮らししてたの おかあさんになるまえ
ヒールはいて ネイルして
立派に働けるって 強がってた

今は爪きるわ 子供と遊ぶため
走れる服着るの パートいくから
あたし おかあさんだから

あたし おかあさんだから
眠いまま朝5時に起きるの
あたし おかあさんだから
大好きなおかずあげるの
あたし おかあさんだから
新幹線の名前覚えるの
あたし おかあさんだから
あたしよりあなたの事ばかり

こうした歌詞に対し、子育てを最優先にする「献身的な」お母さん像を「呪い」
のように押し付けているなどの意見がTwitter上で寄せられた。
また、母親が一人きりで子育てに取り組む「ワンオペ育児」を賛美している、
母親ではない女性たちも軽視しているなどの批判もあった。


これを批判する人は、よほど心の貧しい人生を送っているのだろうか。
また批判は構わないが、それは自分の心に留めるできではないか。
何でもそうだが、他人の意見や考えが自分と違うと許せない狭い心しか
持っていない人間が多数いる。狂的になって反論、批判する。
それを周りは冷ややかな目で黙って見ていた。ところがNETが発達して
匿名でものが言えるようになると、こういう輩がしゃしゃり出てき、
それに追従するお馬鹿が増えた。
物事を画一的な方向からしか見ることができない視野の狭いかわいそうな人だ。
100人いれば100人の思いと考えがあっていい。

自分の子供を愛することの、どこが悪いのかわからない。
しかも単なる歌で「呪い」を押しつけているというは、もう異常。
「ワンオペ育児」も勝手に妄想が暴走。
こういう批判をする奴らは自分の世界に浸って、自己満足で終わっている
のだろうと思う。
決して幸せな人生は送れないような気がするし、男は敬遠するのではない
だろうか。
小生なんか、おかんがこんな歌を唱っていたら、自分自身を反省して、
子育てを手伝う気になるし、もう一度、おかんに惚れ直す。

リンク:Twitter.com

Twitter.com

(追記)

絵本作家の「のぶみ」さん、自らが作詞を手掛けた楽曲「あたしおかあさん
だから」の歌詞に批判が集まっていることを受け、「本当に深くお詫び申し
上げます」とツイッターで謝罪した


小生は謝る必要は100%無いと思う。
ここまでツイッターで追い込む人間の方が恐ろしい。
何をどう書いてもとらえ方は人それぞれである。
それをいちいち気にしていてもしょうがない。
「のぶみ」さん、めげずに頑張って下さい。

【食べ物は大事にしよう】




恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも


福を呼ぶとされる、節分の恵方巻き。火付け役となったコンビニエンスストア
だけでなく、スーパーや百貨店にも並ぶなど、季節商品として定着している。
だが、その陰では売れ残った商品の大量廃棄や、販売の「ノルマ」などの問題が
起きている。

廃棄食品処理工場では恵方巻きや、そのためとみられる具材が大量に運び
込まれていた。普段のご飯ものと比べて2倍ほどの量。例年、節分の頃には
恵方巻き関連の食材が増えるという。ここで処理され、豚の飼料となる。

工場の社長によると、こうした廃棄食品は店頭に並ぶことすらなく、食品工場
から直送されていることが多い。コンビニなどは販売傾向などを考慮して
発注しているが、「不足しないよう、工場側は多めに作る必要があり、大量に
余ってしまうようだ」という。


現在、日本で廃棄される食品は日本が海外から輸入する食品、食材と
ほぼ同等の量である。
海外からの輸入が止まれば日本は自給率が低いので、あっと言う間に
飢餓列島になってしまう。
自給率を高めるために消費者は少々価格が高いでも、なるべく国産品を
購入するようにしなければならない。国産品が高いと言って買わなければ
ますます企業は外国産に頼り、日本の生産者を潰していく。
日本産のもので需要が満たされるようになれば価格は下がるのだ。
それに何と言っても国産品は安全性が高い。
中国や韓国のものなど何が入っているのかわからないし、製造過程の不潔さは
驚くようなものである。だから薬でバンバン消毒して日本に持って来る。

作る側も売る側も買う側もみんな悪い。
こういう無駄を無くすために以前からあった変な消費期限のルールが
改正されたばかりだが、これではそれも役に立たない。
こういった結果、その分の代金は商品の上乗せとなって消費者が損をしている。

もうひとつ。
もう、クリスマス、バレンタイン、ホワイトデー、恵方巻などの業者の
口車に騙されないようにしなければならない。
結局、商品を売りたいが為の手法である。
恵方巻なんていつ出てきたんだ。昔はそんなもの無かった。
そりゃある地方では昔からあったのだろうが、少なくとも九州には
そんな行事は無い。
B級グルメの一部もそうだ。
地元、八幡では「八幡餃子」と名乗って売り出しているが、産まれて
このかた62年間そんなの聞いた事が無かった。「戸畑ちゃんぽん」も
同様だ。門司の「焼きカレー」は発祥の地だから当然許せる。
新しい名物なりB級グルメを作るのはいいが、突然、地元の人間でさえ
聞いた事も無いような事を言い出すのは噴飯物である。

そしてついにこんなスーパーが出た。

兵庫県内で8店舗を運営するヤマダストアーが掲示したのは、「もうやめよう」
と大きく書かれたチラシ。「昨年あちこちで大量に廃棄された恵方巻きが
SNSで話題になりましたが、そりゃそうです。のばせのばせ、ふやせふやせの
店舗数と恵方巻きの大量生産で数は膨れ上がり続けています」と恵方巻きに
関する状況が切々とつづられています。

【台湾東部でM6.4の地震、2人死亡 100人超負傷】



台湾東部で6日深夜、マグニチュードM6.4の地震があり、ホテルを含む
複数の建物が倒壊・損壊し、頼清徳(William Lai)行政院長(首相)に
よると2人が死亡、114人が負傷した。


台湾は平成20年の東日本大震災のときもいち早く多額の義援金を
送ってくれた親日国である。
今回の地震の詳細な状況はまだ判らないが、死者2人という程度であれば
救援隊の必要は無いかも知れない、
しかし義援金は募って送らなければ日本の恥になる。
政府、各種団体は早急に対応するべきである。
平昌オリンピックよりも、こちらの方が重大であり、力を入れるべきだ。

【五輪マスコット触って選ぼう 盲学校、3案の人形で投票】
五輪マスコット



2020年東京五輪・パラリンピックの公式マスコットを決める小学生の
投票が各地で進んでいる。視覚障害や知的障害がある子どもたちの通う
学校でも、工夫しながらクラスでの1票を選んでいる。
組織委によると、小学生による投票を決めた際に「目の見えない子どもたち
への配慮を」という声があり、人形を作った。全国の都道府県の教育委員会に
1セットずつ送ったという。


なかなかいい話が少ない中で久しぶりに嬉しい話が記事に出た。
組織委、なかなかやるね~。上の方の役員は下らぬやつが多いが
きっと縁の下の力持ちあたりの職員から出た案だろう。

小生の住んでいる地区の近くに視覚障害者の学校がある。
昔は盲学校と言っていたが、ずいぶん昔からあった。
この学校の近くの交差点に最初に音が出る信号機がついたのを覚えている。
メロディーは「通りゃんせ」だった。
今でもその近くを車で通ると、白い杖をついた学生、児童を見るが
「頑張ってね」と声を掛けたくなる。

話は戻るが、「全国の都道府県の教育委員会に1セットずつ送った」と
あるが、ここはド~~ンと、生徒全員に1セット送ってプレゼントして
欲しかったな。予算の都合もあると思うが、ここはそのくらい太っ腹で
いいんじゃないでしょうか。
委員長である困った老害ばかりまき散らす政治家がそのくらい自費ですれば
少しは見直すのだが。

【ASKA紹介の突発性難聴「対処法」は危険】



歌手のASAKAさんがブログで、自己流の方法で突発性難聴が治ったという
エピソードを明かした。耳たぶの裏を指で何度も押すというもので、読者にも
「試してみてください」と勧めている。

専門医は「突発性難聴の治療で最も大切なのは、発症後1~2週間以内に
適切な治療を受けること。「逆にいえば、その期間を過ぎてしまうと、
難聴や耳鳴り、めまいなどの症状に一生悩まされる恐れが高まります」という。
そのため、今回のASAKAさんのブログについて専門医は、
「ご本人がやられる分には、個人の自由なので...。ですが、ブログで紹介
された方法を信じ、適切な治療を受けるのが遅くなる患者が出る恐れが
あります。そういう意味では問題があると言えるでしょう。繰り返しますが、
皆さんマネはしないでください」と。


その辺のおっちゃんが書いたのなら問題は無いのだろうが、知名人が書くと
影響力が大きいし、こと健康や病気の事となるとちょっと問題だろう。
日本人はこういうの好きだから、きっと真似るやつが出てくる。

要するに「民間療法」というやつの部類に入るのか。
もっとも昔からある民間療法でも有効なもの、無効なもの、害があるものと
いろいろある。
民間療法ではないが食い合わせなどもそうである。
食い合わせは正式には合禁食という。

リンク:民間療法 民間療法

リンク:合禁食 合禁食

まあ本人はそれで治ったと思って善意で書いたつもりだろうが、医学的な
ことや信仰などは書かない方が無難だろう。
まあ病気や怪我という分野は医者に任せた方がいいと思う。

それにしても突発性難聴というのはどういうものか。
もちろん突発的に聞こえが悪くなるのだろうが、
小生が難聴なのでちょっと気になる。
小生の場合ははっきりとした原因は不明だが、小学生のときに毎年、
内耳炎、中耳炎、外耳炎を繰り返していたので、それが原因だろうと
思っている。はっきりと症状が出てきたのは40代から。
悲しいことに、きれいな若い女性の高い声が聞き取りにくくなった。
おっちゃんの銅鑼声は聞こえるのに。
それで60歳を過ぎたら全体的に聴力が落ちて、会話も不自由になった。
就職試験の面接で担当官から質問されて聞き取れなく「あっ、あっ」と
繰り返していた。まあそれじゃ落ちるわな。
で、耳鼻科に行って検査したら、もう正常に戻るのは無理と言われた。
それで両耳計29万円の補聴器を購入した。

今の補聴器は小さくて、していても正面から見てもまったく見えない。
もちろん耳掛式ではなくて、耳の穴にすっぽり入れるタイプ。
眼鏡も掛けるので耳掛式は不便だったからである。
耳掛式のいいところは充電式のものがあること。
小生の使用しているものは、2つのチャンネルが選べて、ひとつは万能。
これは無駄な騒音とかをかなりカットしてくれる。もうひとつはTV対応。
これは万能のように無駄な音はあまりカットしないがボリュームが大きい。
それとこの補聴器は無線対応型で手元のリモコンで6段階のボリューム
調整が可能である。また別売の発信器を購入すれば、それをイヤホンジャックに
差し込めば補聴器に音が直接飛んでくる。ラジオやスマホでも使用できる。
電池は1日に8時間使用して1週間というところ。
これからまだまだ発展しそうであるが、なにせ高いので小生はこの補聴器で
人生が終わりそうである。

【大学食堂が突然休止】



学生たちのおなかを満たす、いわゆる「学食」が突然の閉鎖。まさかの事態。
東京・三鷹市にある杏林大学の学生食堂。

1月31日までに業務を停止したのは、学生食堂などを運営する東京・
豊島区の会社「SCプランニング」。
信用調査会社の「帝国データバンク」などによると、「SCプランニング」は、
私立大学や企業の食堂など、およそ50店舗を展開し、2016年の売上高は、
およそ4億円だった。
採算性が低い状況が続いていたため、事業継続を断念したとみられている。


たしかに困るだろう、特に苦学の学生にとっては。
学食は何と言っても値段の安さ。
もう40数年前の話だが、小生も西南学院大学に在学中は時々利用した。
(八幡高校は現校舎に移転したばかりで学食が無かった)
朝は毎日6時すぎに家を出ていたのでよく朝御飯を食べていた。
1時限目と2時限目の間にチャペルでのお祈りの時間があって、
それが小生には朝御飯を食べる時間だった。
(たまにはチャペルにも出た。出ると聖書をもらえ、これが必修科目である
 キリスト教学に必要だったというのもある)
朝御飯は御飯、味噌汁、漬け物、小鉢で80円だった。
これにいつも冷や奴20円をプラスして100円。
それか40円の素うどん。ネギしか入っていなかった。
昼の定食はA定食320円とB食280円があった。
煙草が1箱100円、バスの初乗りが30円の時代である。
もっぱら安い方のB定食にお世話になった。他の物を食べた記憶が無い。
小遣いを貰って裕福なときは西新の商店街にある食物屋に通った。
しかも行きつけの喫茶店で毎日珈琲を飲む贅沢。
当時は昼食代込みで月3万円貰っていたし、家庭教師のアルバイトも
していたから、そうそうお金に困ることはなかったが。
当然、煙草も毎日買うし、パチンコはするし、今考えれば少しそれらを
我慢していればもう少しマシな物を食べることができたと思う。

他の大学の学食にも行った。枝光で麻雀をするときは当時の八幡大学へ。
福岡でみんなと遊ぶときは九州大学や福岡大学などへ。
どこも安くて重宝だった。

「SCプランニングは、私立大学や企業の食堂など、およそ50店舗を展開し、
2016年の売上高は、およそ4億円だった」とあるが、どう見ても
50店舗で4億円の売り上げは厳しいだろう。単純に計算しても1店舗が
8百万円、月にすれば67万円、日にすれば2万円強。
これでは人件費、材料代、水道光熱費、施設費でギリギリか赤字だろう。

「採算性が低い状況が続いていたため、事業継続を断念したとみられている」
とあるが、これはもう採算性が低いというレベルでは無いと思う。
大学当局に相談するとか(大学側も学生の利便性を考慮すればある程度の
援助は仕方ないと思う)、事情を学生側に懇切に説明して値段を上げるとか、
何かもっと前向きの解決方法は無かったのだろうか。

こういう企業にポンと大枚をはたいて助ける政治家や企業家がいないものか。
まあ、辞めてしまったものは仕方ないが、苦学している学生達はこれに
めげずに頑張って勉学に励んでで欲しい。

【藤井聡太五段 プラス 追記】



将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段(15)が、東京都渋谷区の
将棋会館で行われた順位戦C級2組9回戦で梶浦宏孝四段(22)に勝ち、
9戦全勝としてC級1組への昇級を決めた。同時に、昇段規定を満たして
同日付で史上初の「中学生五段」となった。


嬉しいというか、すごいというか、将来が楽しみだ。
次回の朝日杯将棋オープン戦で優勝すれば一気に六段になる。
ただし羽生善治竜王との対戦が待っている。
まだ中学生、B級、A級と道は遠いので急がずに頑張って欲しい。

将棋はたぶん小学生低学年で覚えた。
1番指したのは高校1年と、大学時代。
大学では将棋部だった。
一応、今でも趣味の欄には将棋と書く。
最近、おかんが安物の将棋を買っていた。
何でも勤めている児童クラブでするようだが、おかんは将棋を知らない。
小生に教わるより小学生に教わった方がいい。
最近は物覚えの悪くなったおかんに、最近は短気になった小生が教えると、
教える前に怒ってしまうだろうから。
まあボケの対策の一つとしてはいいのではなかろうか。
頭と指先を使うとボケが進行しないと言うから。
小生はもっぱらPCを相手に指している。
これが強くて二段の小生もなかなか勝てない。

(追記)
藤井聡太五段が対局中にした行動が問題になっている。
それは対局中に立って相手の後ろから盤面を見るという行為。
これは加藤一二三氏がよく行っていたので「ひふみんアイ」と
呼ばれている。
この行動をある棋士がNETで書いて批判したようだ。
それに対して賛否が殺到した。
反対派の意見
「中学生をいじめるな」「ルールにはそういう事は書かれていない」
「なぜ加藤一二三氏の時には書かなかったのか」「単なるねたみ」
「NETで書くのではなく協会を通すか直接、本人に注意すればすむこと」
賛成派の意見
「目上の者がマナーを教えるのは当たり前」「棋士として当然のマナー」
などなどであった。

これが対局中の規則とするならば協会は成文化するべきだと小生は思うが、
マナーまで成文化しなければいけないのも情け無いような気もする。

【「猛毒紛失」北九州市が立ち入り調査 管理体制に問題なく】



北九州市は1日、猛毒のシアン化ナトリウム粉末1キロが倉庫からなくなった
化学品専門商社「コタベ「の小倉営業所に立ち入り調査した。
粉末は成人約5000人分の致死量に相当。市は調査後、管理体制については
毒物劇物取締法上の問題はなかったと明らかにした。


管理体制に問題が無かったということは現行の毒物劇物取締方の管理体制の
基準に問題があるのではないだろうか。
例えば保管する倉庫は2重の鍵で施錠し、2つの鍵は別々の所に保管するとか、
保管倉庫に立ち入るときは必ず複数の人間が立ち会わなければならないとか。
監視カメラの設置を義務づけるとか。

変な例だが銃砲類の管理はたしか2重の鍵で管理するようになっていると思う。
企業にとっては負担になるだろうが、品物が品物だからしょうがない。
そういう例は日本では他のことでもよくあると思う。
日本の法律は厳格なようでどっか甘い所が多々ある。
また現行のものを見直すと言うことが現実に事件、事故が起こった後にしか
話題にもならないが、常時再考する人員や部署が必要なのではないか。

刑事責任能力

2018年02月02日

【刑事責任能力】



前橋市で、自転車で通学中の女子高校生2人が乗用車にはねられた事故で
群馬県警は意識不明の重体となっていた市立高1年の太田さくらさんが
死亡したと発表した。

事故では、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で乗用車を運転していた
男(85)が逮捕され、前橋地検が鑑定留置して刑事責任能力を調べている。
男は逮捕当時、「気が付いたら事故を起こしていた」と話していた。


事件や事故があった場合によく出てくるこの「刑事責任能力」という言葉。
その当時に本人が心神喪失状態だったとかで刑事責任を問われないという。
犯罪や事故の被害者、近親者は悔しくてたまらないだろうと思う。

小生が思うのはそういう「刑事責任能力」も問われないような人間が
フラフラと出歩いて、もしくは車を運転していて問題が無いのか。
正常な状態に戻るまでは病院などで、ある程度の隔離が必要なのでないか。
そう言うとすぐに人権と言い出すやつがいるが、被害に遭った方の人権は
どうなるのかと言いたい。社会という枠組みの中で暮らしていく以上は
それは仕方の無いことだと思う。
日本の司法はおかしな所があって被害者よりも加害者の人権を重く見る。
これも不思議なことである。
100人殺しても心神喪失なら無実か?
加害者は「刑事責任能力」が例え無くとも、被害者のことを考慮して
禁固にするというような判決が出ないものかと思っている。

今回の場合は家族が車のキーを隠して運転させないようにしているにも
かかわらず、それを持ち出して起こした事故である。
これはもう過失では無く、未必の故意に限りなく近いと思う。

【青酸ソーダ1キロなくなる 5千人分致死量 北九州】



北九州市は31日、小倉北区の化学薬品卸業者からシアン化ナトリウム
(青酸ソーダ)約1キロがなくなったと発表した。5千人分の致死量に相当し、
紛失または盗難とみられるという。

市によると、紛失したのはコタベ(山口県下関市)の小倉営業所。
31日午前10時ごろ、営業所内で500グラム入り容器2本がなくなって
いるのに従業員が気づき、市保健所に報告した。シアン化ナトリウムは専用の
倉庫で保管しており、業者側の説明では30日朝の確認では異常がなかった。
倉庫は施錠されていたという。


地元だけに怖い話である。
農協に勤務している時、農薬でも劇毒物類は鍵付きのケースに入れて、
毎日、品数をチェックしていた。
今回のケースもそうだろうし、そして前日に異常が無かった。
しかも容器2本。当然、その担当者はそれが毒物であるということも
知っているはず。間違って廃棄という可能性も低い。
保管されていたのも専用の鍵付きの倉庫。
そう考えると小生のつたない推理では内部の犯行のような気がする。
もっともそんなに簡単に判るような事をするのかという疑問もあるし、
それを使った犯罪を行えばすぐに誰の犯行か判明してしまう。
何にせよ、早期の発見が望まれる。

【「うんてい」での死亡事故】



当時3歳の女の子が、遊具に首を挟まれ、意識不明となった事故で、
女の子が、その後、死亡した。
この事故は、香川・善通寺市の保育施設「カナン子育てプラザ21」で、
当時3歳の女の子が、屋外にあった「うんてい」に首を挟まれ、意識不明と
なったもの。
女の子は、容体が悪化し、低酸素脳症で死亡した。
警察は、業務上過失傷害の疑いで調べていたが、容疑を業務上過失致死に
切り替え、施設側の運営に問題がなかったか、引き続きくわしく調べることに
している。
女の子の両親は施設や保育士らに対し、およそ2億5千万円の損害賠償を
求めて、高松地方裁判所に提訴している。


別に保育施設や保育士を庇うつもりは無い。
しかしこういう事が多いのではないだろうか。
誰に、どこに責任があるのか。
「うんてい」を作った業者か、それを設置した業者か、それを導入した
施設か、目が届かなかった保育士か。
小生はどれも違うと思う。
作った業者は安全基準を満たしたものを作り、設置した業者は設計書に
基づいて設置し、保育士はできる範囲での監視はしていたと思う。
それでも事故は起きるのである。
万が一と言うが、その一になってしまう人が現実には存在する。
不幸な事だが、しょうがない。人間が考える物、作る物に100%の
完全というのはありえないのだ。
ご両親の悲しみもわかるが、それを裁判にするのはどうだろうか。
裁判にすることが悪いことではないと思うが、問題はその趣旨だ。
ちなみに「うんてい」は小生の頃は「猿渡り」と呼んでいた。
だが、女の子に罪は無いのも明白である。

  合掌

リンク:雲梯 雲梯

【「敵意あおる戦争への道」Jアラート訓練に抗議】



北朝鮮によるミサイル発射を想定し、県内33市町村で一斉にサイレン音を
鳴らすJアラート訓練に反対する市民グループが25日、訓練に抗議する
アピール行動を県庁周辺で行った。「危機感と敵愾心(てきがいしん)を
あおり、戦争やむなしとの感情を県民に抱かせる」と、悪影響に無自覚な
自治体の姿勢に非難の声を上げ、中止を求めた。

在日コリアン1世のハルモニ(おばあさん)たちが寄せた「戦争をあおるな」
「意味の無い戦争はやめましょう」などのメッセージも掲げられた。

川崎市川崎区から参加した男性(71)は「北朝鮮を敵とみなす訓練の実施が
人種差別主義者を勢いづかせている。戦争につながる差別を行政があおって
いる表れだ」と訓練反対の意を強くしていた。


なぜ訓練がいけないのか理由がわからない。
「危機感と敵愾心をあおる」からだと。
馬鹿じゃないか。危機感は当然持つべきだろう。煽っているわけでは無い。
備えあれば憂い無しだ。
訓練が嫌なら自分だけがしなければいいことだ。他人まで押しつけるな。
そして有事の際に最初に死ねばいい。
それを団体でアピール行動するということは必ずなんらかの政治的意図が
含まれているはずである。
正々堂々と表に出せない政治行動をこういう事にすり替えて行っているだけだ。

在日のババアがいらぬ事をするな。
戦争を煽っているのはお前らの祖国だろうが。
祖国に帰って説得してこい。そしてもう2度と戻ってくるな。
意味の無い戦争ではない。日本は防衛上の当然の権利を履行しているだけだ。
これは戦争ではなく自衛である。
さ~皆さん、在日がどんなものか、これでもよく判りますよね。

71歳にもなってこんな事もわからないのか。それとも誰かに洗脳されたか。
北朝鮮は敵である。みなすもなにも現実に敵である。
これが人種差別とどう繋がるのかわからない。どういう頭になっとんねん。
在日ということでの差別が嫌なら母国に帰ればいい。
少なくとも小生は在日ということで差別した事はない。
ただ嫌いなだけである。(もっとも個人個人では好きな人も大勢居る)

【東筑、甲子園出場、おめでとう!】



第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、
朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が26日、
大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、一般選考33、21世紀枠3の
出場36校が決まった。


福岡県では東筑が20年ぶり3回目の出場が決まった。

出場、おめでとう!

東筑は故高倉健さんや仰木監督の母校である。
福岡県内では県立高校の中でも上位の進学校。
福岡県では県立高校で偏差値が高いの修猷館、福岡、筑紫丘、春日、明善、
嘉穂、小倉、八幡などである。(順不同)
悔しいが小生の母校である八幡高校より上である。
どこも昔の旧制中学の流れを引いている。
娘が通った八幡中央高校は旧八幡女学校で、家内の出身校の折尾高校も
旧は女子校だった。
まあ、何にしろ、こういう公立の進学校が甲子園に出場するのは嬉しい。

改めて

  「出場、おめでとう!」

【生きた細菌兵器 プラス 余談】



北朝鮮の木造船の乗組員が、北海道松前町の松前小島に上陸し発電機などを
盗んだ事件で、船員が、結核に感染していたことが分かった。
二次感染の恐れもあることから、警察などでは近く、接触した職員の健康診断を
行うことにしている。
関係者によると、結核に感染していたのは、北朝鮮の木造船の乗組員の男性で、
現在、病院で隔離されているが、確認された時点で、口から結核菌を排出する
重い状態だったということだ。


言い方は悪いかも知れないが、これは「生きた細菌兵器」である。
結核以外にもどんな病原菌が入ってくるか判らない。
例えば全世界で撲滅したと言われている天然痘でさえ、北朝鮮のデータは
公表されていないので判っていない。
もしかしたら生存している可能性もある。
また日本では犬を飼う場合は狂犬病の注射が必ず行われていて、
まず日本で狂犬病が発生することは無いが、北朝鮮では判らない。
やはり海上保安庁、海上自衛隊の増員、船舶の増加が必要である。
なにせ日本は周りを海で囲われた島国である。国土面積は小さいが
その有する海岸線の長さと所有する海域面は世界的にも上位で広い方である。
これを海上保安庁や海上自衛隊の現有勢力でカバーしようとしても無理。
今は漁船が不運にも事故で流れ着いているかもしれないが、これを戦略として
用いられたらどうにも対応のしようが無い。
早急に改善すべき案件だと思う。

で、プラス余談の部分。
話は変わるが、1997年1月2日、C重油19000キロリットルを
積んだロシア船籍「ナホトカ号」が船体前部を折損し、推定6240
キロリットルのC重油が流出し、沿岸各地に多大な被害を及ぼした。
この時に浚渫兼油回収船は日本に「清龍丸」1隻しかなかった。
現在は新潟港の「白山」が日本海を24時間以内、北海道周辺海域でも
2日以内に回収作業が行える。さらに名古屋港の「清龍丸」や、北九州港の
「海翔丸」がいて3隻体制である。しかしこの広い日本の領海でたった
3隻である。上記の事故の場合は処理に48日間かかった。
こういう面でももっと艦船を増やすべきだと思う。それでなくても海洋資源の
減少が著しいのに、こういう人的被害が増えればどうしようもなくなる。

【オウム観察処分、6度目更新】



団体規制法に基づくオウム真理教への観察処分について、公安審査委員会は
22日、後継団体「Aleph(アレフ)」と分派した「ひかりの輪」、最近
独立した新組織の計3団体を対象として、処分を更新すると発表した。
今回から対象となった新組織は、「山田らの集団」。公安調査庁によると、
アレフ内部の意見対立の結果、女性信者らが15年に独立し、金沢市などで
約30人が活動しているという。


もう若い方々は知らないと思う。ぜひリンクを読んでほしいものだ。
決して忘れてはならない事件である。

リンク:オウム真理教 オウム真理教

6度も観察処分を更新しなければならない団体の元であるオームに何故
破防法を適用しなかったかわからない。
オームに破防法が適用されなかったこの法は価値が無かった。
それは破防法自体に欠陥があったのではないだろうか。

リンク:破防法 破防法

本当に知らない方は、こういう団体であっても勧誘等で気楽に入団する
可能性があり、怖いと思う。

本来、宗教は人の心の中の問題である。権力や財力を目指したり、信者の
獲得を進めたりすれば、もうそこで堕落が始まっている。
小生は無神論、無宗教ではあるが大学がキリスト教系の学校であったため、
キリスト教も少々勉強したし、宗教自体には興味を持って、いろいろな本を
読んだりしている。しかし勉強もだが、本を読めば読むほど、ますます心は
宗教から離れていく。
例えば現在のイスラムのある一派の戦闘行為やテロ活動、プロテスタントと
カトリックの争いなど、日本における神社と門徒、神社本庁との争い、
寺と檀家の争い、神社本庁自体の問題など本来の宗教とは決して言えない。

リンク:神社本庁 神社本庁 

決して宗教を認めないわけではないが、現在の宗教はおかしいと思っている。

【枝野氏の発言、ネットで拡散】



立憲民主党の枝野幸男代表が国会質問の冒頭で、草津白根山の噴火被害者を
「心からお祝い」したという情報がネット上で拡散した。
枝野氏が「被害に遭われた皆さんに心からお祝いを称します」と発言したと
するツイートがきっかけとなり、各種まとめサイトで紹介された。「すごい
言い間違いだ」などと、枝野氏を非難する声が相次いだ。


で、実際は「お祝い」ではなく「お見舞い」。
そりゃ民主党の落武者連中は嫌いだけど、いくら何でも国会で、
狂っていなければ「お祝い」なんて発言するはずが無い。
こういうツイートを書いた奴ってそうとうな大馬鹿。
それを拡散する奴は輪を掛けて大馬鹿。
嫌いだが公平に見る目は持っているつもりだ。
例え言い間違いにしても許せるのではないだろうか。
それは単なる言い間違いであって、決して悪意では無い。

このごろのツイートなど、どこかおかしい。
まともにやっている人に迷惑を掛けるな。
まともな意見、感想ならば誰が何を言っても、書いてもいい。
でも、変な奴はみんなで排除しなければならない。

【高杉晋作の斬首、長州藩が検討】



幕末の長州藩が1864年(元治元年)7月の禁門の変に敗れた後、奇兵隊の
創設者・高杉晋作(1839~67年)の切腹や斬首を検討していたことを
示す文書が、山口県岩国市の市立博物館「岩国徴古館(ちょうこかん)」が
所蔵する長州藩岩国支藩の藩政史料から見つかった


高杉晋作は大好きで本はいろいろと読んでいる。
で、不思議なのは、こういう博物館とかから新たな発見がけっこう
あること。なんで今更という感じ。
今まで何故わからなかったのか。
人手が足りなくて調査ができないのか。
調査する人間のレベルが低かったのか。
それともそういう研究員の教育が遅れているのか。
(ちなみに韓国では歴史的な文献などの研究が全然できない状態に
 なりつつある。それは漢字を捨てたからである)
個人所有のものなら、本人も気がつかなかったとか、所持人が故人になって
家族が知らなかったとかあると思うが。
藩政史料などはまず最初に徹底的に調査する対象ではないのか。
不思議?

平昌に北朝鮮参加

2018年01月21日

【平昌に北朝鮮参加】 



来月9日に開幕する平昌冬季五輪に向け、国際オリンピック委員会が20日、
特例で北朝鮮の参加を認めた。IOCのバッハ会長は「五輪が朝鮮半島の
平和的な対話に扉を開いた」と自負したが、南北間の政治決着を追認したに
過ぎない。ロシアの組織的なドーピングなどで価値が損なわれた五輪を
「平和の祭典」としてアピールするには渡りに船の南北合意だった。
IOCは「五輪成功」の体裁は整えたが、政治に関わったことで苦い教訓を
残した。


結局は玉虫色の裁定。
だいたいが紛争が懸念される国で開催を決定したのが間違いの元。
世界平和もスポーツの祭典もいいけど、選手達の安全がもっと大事だ。
IOCも腰砕けで、もう存在価値が低い。
以前から不正も発生していて、この団体も再構築する必要がある。
何のかんのと言っても、やはり政治が絡んでくる。
現代の組織で政治が絡んでいない団体を作ること自体が無理。
国連もユネスコもそうだ。
これを解決するには、まずは内部の徹底した改革から行わなければならない。
それか新たに別の機構を立ち上げるかだ。
日本はこういう面で世界をリードするべきだと思う。
しょうもない経済協力や拠出金を払うより、新たな展開を目指す方が
国民も納得すると思う。

【樹氷にスプレーで落書き 八 甲田山系】



十和田八幡平国立公園に指定されている八甲田山系で14日、複数の樹氷に
蛍光塗料スプレーで落書きされていたことが15日、八甲田ロープウェーへの
取材で分かった。同社は環境省に通報した上で、樹氷を削るなどして落書きを
消した。地元の観光関係者は「訪れた人が気分を害する行為で非常に残念」と
憤慨している。


社寺仏閣や公共施設、そして観光地の樹木などへの落書きやいたずら。
法律的には建造物損害か軽犯罪法違反になるのだろうか。
以前にもカキコしたが、日本は本当にこういう部分の法律が甘い。
単なるいたずらと言うが被害に遭った方はたまったものではない。
懲役10年以下、罰金3千万円以下ぐらいにしないと駄目だ。
特に重要な文化遺産や観光資源に対しては懲役20年、罰金1億円でも
可笑しくない。
外国人が犯した場合も同様の処罰とし、政治的な意図があった場合は
より厳しくする。
悲しいことだが、現状の法律では日本人の心も取り締まれないし、
文化遺産も守れない。
何百年、何千年と続いている文化遺産があっと言う間に駄目になる事も
ありうる。

例えば唐津の虹ノ松原は有名だが、あれは藩士が1本1本の木に責任を
負わされ、その木が駄目になると切腹ものであった。そうやってあの
みごとな松原ができたのである。

そもそもが日本人の寛容さと昔からそういうことは目上の方が幼いときから
教えて他人の迷惑にならないように、他人を不愉快にさせないようにという
伝統的な文化や、ご先祖様が創られたものを大切にし、後世に伝えなければ
ならないという心があったが、もう法律を適用しないと無理なぐらいに
その文化も心も壊れている。

【「熊本県産山村」村職員の通勤手当を大幅削減】



熊本県産山(うぶやま)村が昨年10月から村職員の通勤手当を最大8割
減らしている。2012年7月の九州北部豪雨や一昨年4月の熊本地震で、
村外に住む職員の登庁が遅れたことから、村内への転居を促す目的で実施した。
だが、3カ月が経過しても通勤手当削減を理由に引っ越しした職員はまだ
いない。総務省は「通勤手当の趣旨に沿わない」として村に改正を求めている。


これは権力による横暴なる「いじめ」。
だいたいが通勤費というのは手当となっているが費用弁償で、実質かかる
費用を支払うのが当然である。
しかも熊本地震の被害で職員は忙しいはずなのに、村内への転居を目的と
したこういう削減は村の評判を落とすし、職員はやる気を無くすし、
こういう考えを出した幹部の印象を悪くする。
少なくとも、ある部分は観光を売り物にした地公体では絶対に行っては
ならない。どういう経緯でこういう事が決定されたのかわからないが、
考え方が逆、まずは、なぜ村に職員が住まないのかを考えるべきであり、
住んでもらえるようにはどうすればいいのかを考えるべきである。
もちろん村の予算の関係もあり、完全というわけにはいかないだろう。
それでも村がそういう前向きの姿勢を示すことが大事なのではないだろうか。
それは職員だけではなく、一般の方の村外からの移住という事にも繋がる。
少なくとも小生だったら、こういう村に移住しようとは思わない。
たとえ設備や福祉が未整備でも村全体が前向きに真摯に取り組んでいる村を
選ぶと思う。

また、従来の通勤手当は距離に応じて13に分類され、男性は月2万
4500円が支給されていた。しかし昨年10月から「5キロ以上4200円」
「2キロ以上5キロ未満2000円」の2分類となり支給額は約2万円減の
4200円に。「新しい通勤手当は隣の熊本県阿蘇市中心部からのガソリン代に
も足りない。年間で給与1カ月分が消える計算になる」と嘆く。


そりゃ嘆くわ。
13段階が2段階というのも無茶苦茶。
村議会は何をしているのか。大馬鹿野郎の集まりか。
何の為に議会があるのか。
村議会議員の手当を削減して通勤費に当てたらいい。

村の職員45人のうち村外居住は18人で3分の1強。人口1524人
(昨年10月末)の村には、賃貸物件や教育・医療・福祉施設が少なく、
介護や子育て中の職員らはより便利のいい阿蘇市などに住んでいる。


誰でも住みやすい所を選んで住むわ。
当然の権利であって、それに通勤費が絡むのがおかしい。
通勤費を削るのであれば、せいぜい上限を設ける程度である。
賃貸物件が無いのにどうやって住めというのだろう。
この村の行政は狂っている。

【アリババのAI、成績が人間上回る-スタンフォード大の読解力試験で】



中国のアリババ・グループ・ホールディングが開発した人工知能(AI)
モデルは、スタンフォード大学の読解力テストで人間よりも優れた成績を
残した。同社によると、機械による成績が生身の人間を上回ったのは初めて。


こういう記事を見たり将棋やチェスなどで人工知能を持ったソフトが人間に
勝ったりすると、いずれ人工知能が人間を上回るのではないかと思う人も
いるだろう。
確かに、特定の分野では上回るだろう。
しかし人工知能にできない事がある。
それは「曖昧さ」である。
経験や思考は人工知能の方がはるかに人間を上回ることができる。
しかし「曖昧」という事に関しては人間を抜くことが決してできない。
この「曖昧」はもちろん、いい意味での曖昧である。
例えば「ドーナッツ、和菓子、味、砂糖、チョコレート、イチゴ、
シロップ」などと甘い物を連想する単語を並べて、30秒ほど人間に
見させた後、「甘い、砂糖、味」のうち、どの単語があったかを問うと、
人間はかなり高い確率で「甘い」を選ぶが、人工知能は間違いなく
「味」を選ぶ。これは人間の間違いではあるが、決して悪い間違いではない。
連想とは少し違うのであるが、こういう人間の本能が活かされれば
まだまだ人工知能は人間に勝つことはできない。

【愛知・蒲郡のスーパーでフグ肝臓販売「絶対食べないで」】



愛知県は15日、同県蒲郡市のスーパーが、肝臓を含んだフグの切り身
パックを販売した、と発表した。県は「絶対に食べずに返品して」と
呼びかけている。

県の調査に対し、スーパーの担当者は、販売したのはヨリトフグの肝臓だと
説明。「毒性が低く、有毒との認識がなかった」と話しているという。
厚生労働省によると、フグの肝臓は種類を問わず、販売が禁止されている。


フグの毒は怖いが、もっと怖いのはフグをさばいた人間と、それを売りに
出した担当者である。
フグの肝臓は種類を問わず、販売が禁止されているということも知らなかったのか。
そんな人間がさばいたり、売り出したりしているのか。そういう人間に
スーパーはそういう仕事を任せているのか。その方がもっと怖い。
フグの調理免許が何のためにあるか、また調理後のフグのアラを捨てる場合は
鍵のついた容器を使用するようにしているのは何のためか。
これでは意味が無い。そういう以前の問題である。
いくら呼びかけても食べた後では遅い。完全な伝達手段など無いのであって、
あとは運だけだろう。

【香川の鳥インフルは「陽性」殺処分へ】



家畜としては今シーズン全国で初めての感染。香川県さぬき市の養鶏場で
高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われていたが、香川県が11日に行った
遺伝子検査の結果「陽性」反応が出た。
香川県では今後、この養鶏場と、系列の養鶏場で飼育されているニワトリ、
あわせて約9万1000羽の殺処分を行うとともに、移動禁止制限区域の
設定などを行う方針。


突然発生する鳥インフルエンザだが、渡り鳥からの感染が強いと思う。
韓国など日本に比べて防疫体制が未熟で対応も遅いし、対策も貧弱。
以前、小生の親父の郷の近くでも発生した。実家は別に養鶏場では無いが、
道路など、殺菌剤で真っ白になったという話だった。
発生した養鶏場と鶏さん達には気の毒。
もっとも養鶏場はたぶん保険に加入していると思うけど。
(そういう保険がある。稲にもある。水稲共済っていうのだけど)
それにしても日本の技術で何とかワクチンの開発ができないのだろうか。
もっとも数が膨大だから安価でなければ実用できないし、インフルは
当然変異が頻繁だから難しいのかも。
人間のインフルだって完全な対策はできないのだから、そちらが先か。

リンク:鳥インフルエンザ 鳥インフルエンザ

【特養「ベッド買い」が横行】



特別養護老人ホーム(特養)の優先入所枠を補助金を支払って確保する事例が、
複数の自治体で行われていることが、朝日新聞の取材でわかった。
「ベッド買い」と呼ばれ、住んでいる地域や所得などに関わらず、平等に
福祉サービスを受けられる介護保険制度の趣旨に反している可能性が高い。
厚生労働省は実態を把握するための検討を始めた。


これがなんとも生温い行政のやり方である。
「ベッド買い」自体はもう20年以上前から行われているのに、行政は
気づかなかったのか、黙認していたのかわからないが、間の抜けたことだ。
例えば北九州市が福岡市にある特別養護老人ホームと締結していれば、
地元の福岡市の住民はその分だけ枠がなくなり、入所しにくくなる。
特別養護老人ホームなどの建設は住民の数で決まってくる。
それは決して現実に入る必要がある人数でなく、大きくずれている。
どこの市町村も現実とはかけ離れた小さな数字しかベッド数を持っていない。

現実の話をご紹介する。
それこそ20年ぐらい前だったが、親父がパーキンソン症で動けなくなり、
特別養護老人ホームを探したが、入るのは順番待ちで10年はかかると
言われた。それほど特別養護老人ホームに入るのは困難なのだ。
しかし病人は待ってくれない。入る所がなければ自宅介護しか方法は無い。
親父の場合は幸いに掛かっていた病院が老健を建てていたので、そこに
すんなりと入れた。もっとも老健は半年しか預かってくれない。
それで半年過ぎると、またその病院に入院する。これを半年ごとに
繰り返していた。とても自宅介護できる状態では無かったので非常に
助かった。当時、お袋も半分寝たきり状態で手がかかっていたので、
老健に入れなければどうなっていたかと思うと冷や汗が出る。
逆に言うと小生は幸いだったが、自宅で介護するしか方法が無い困難な方も
大勢いるというのが現実である。そのために勤めを辞めるしかないと
いう方もいて、今度は貧困が襲ってくる。
小生の場合は親父の年金と軍人恩給でぎりぎりだった。それほど費用が
かかるのだ。年金だけだったら足が出ていただろう。
お金を持っている人は高い有料老人ホームでも入れるが、
貧乏人はどうすることもできない。しかも高い有料老人ホームでさえ、
品薄状態である。老健もどこも満杯状態で、しかも介護にあたる方は
全然足りなくて、いつも募集している。
いくら介護保険料を掛けていても何の役にも立たない。
これが現実の状態である。

「はれのひ」被害

2018年01月13日

【「はれのひ」被害】



横浜市の貸衣装会社「はれのひ」が突然、業務を停止し、振り袖を着られない
新成人が相次いだ問題で、各地の警察への相談は、これまでにおよそ740件に
上った。また、横浜市や八王子市などの消費生活センターにも430件以上の
相談が寄せられていて、被害総額は1億3000万円を超えた。


被害に遭って晴れ着も無く、成人式に出られなかった方々は本当に
かわいそうで気の毒だった。晴れ着が無いから出られないと言うのは
おかしいという方もいるが、それもそうだが、やはり周りが晴れ着で
自分だけが普段着じゃ出る気にはならないだろう。
ある地域では、もう一度成人式を行おうという運動が出ているらしいが、
なるほどいいアイデアである。なにしろ一生に一度のことだ。
お金のことは抜きにしても、いい思い出は作って欲しいものである。

それにしてもこれは黒に限りなく近い灰色の詐欺だ。
社長は海外に逃げたという噂もある。
会社は従業員の給与も支払っていなかったという。
おそらく債権も多大にあって、従業員の未払い分の給与を考えれば、
この被害額が帰ってくることは無いだろう。
そういう会社が営業を続けていたのが第1の問題だ。
1億3000万円の被害額は関連団体、業界で補填すべきだと思う。
そうしなければ結局、信用を無くして自分達の馘を絞めることになる。
第2にそもそもが高額な取引なのだから、保険を完備するとかの対策が
必要ではなかったのか。
例えば旅行業は保険がある。(もっとも微々たるものではあるが)
現在の保険は某旅行会社の倒産で少しは改善されたがまだまだだ。
1社が毎年定額の保険掛け金を支払うというのではなく、純利益の何%を
負担するといった方がいいと思うのだが。
第3に、あまり詳しくは知らないが、こういう会社には監査というのは
無いのだろうか。例えば行政や業界団体がそういう監査機関を持っていて、
抜き打ち的に監査を実施するような体制が必要なのではないか。
株式会社だから監査役もいるはずだし、定期的に内部で監査は行って
いるのだろうが、内部の監査では駄目だ。
外部からの峻烈な監査が行われていれば被害は少なくて済んだのではないか。

またこれに絡んでいい話も出ている。
このクズ会社(もっとも一部の上層部の責任だろうが)はどうしようもないが、
まだまだ日本人も捨てたものじゃないと思われた。

北九州市の人口

2018年01月12日

【北九州市の人口】



北九州市は10日、今月1日の推計人口が94万9911人となり、
1963年に旧5市合併で北九州市が誕生して以来、初めて95万人を
割ったと発表した。
北九州市の人口が最も多かったのは79年12月の106万9117人。
製鉄など基幹産業の生産縮小や少子化などの影響で、2004年4月に
初めて90万人台になった。いったん回復したが、05年1月以降は
100万人割れが続いている。


スペースワールドの閉園に続き、悲しい記事が続く。
やっぱり製鐵が大分、君津などに分割移転した影響が大きい。
小生の住んでいる地域にも大きな製鐵の社宅があったが、
今ではほとんどが売りに出されて高級住宅地になっている。
かって社宅があった桃園地区、鞘ヶ谷地区、鉄竜地区なども同様だ。
それだけ製鐵の社員が減っているということである。
これはその下請企業の人間も減っているということに繋がる。
学校もそうだ。小学校なんて1学年1クラスで、それも人数は
40人程度。学校の統廃合も進んでいる。
市はいろいろと模索しているようだが、非常に厳しいだろう。

余談だが、スペースワールドは閉園したが、北九州市は決して観光資源が
無いわけではない。
カルスト台地の平尾台、夜景の素晴らしい皿倉山など政令指定都市にしては
自然にも恵まれている。他にも門司港レトロ、松本清張記念館など
いろいろと楽しめる。
ただし大型ホテルも少ないし、どうしても通過して宿泊は博多になる。
観光もこれからの大きな課題である。

高齢化と介護

2018年01月07日

【高齢化と介護】



日本における介護分野の人手不足は深刻だ。誰がこの仕事を担うのか――
同じ東アジアで、この問題でひとつの解を見出そうとしている国がある。
それが台湾だ。インドネシアやフィリピンなどから家庭滞在型の介護人材を
積極的に受け入れ、いまやその数は20万人を大きく超える。社会全体が
「外国人と共に生きる」ことを選択した台湾は、日本の未来を考える教材だ。


こういう記事があった。
確かにひとつの選択肢ではある。
しかし本当にそれでいいのだろうか。
より重要で緊急なのは介護に従事している方々の待遇改善ではないのか。
外国人を当てにするより、まずはそちらに目を向けるべきだと思う。
時間的にもゆとりがある体制がとれる人員を確保し、給与が高ければ、
なり手は増加すると思う。
逆に言うと、時間的にも給与的にも恵まれていないから、人材の確保が
難しく、なり手も少ないのである。
小生、就職活動中だが、なんと介護職員の募集の多い事か。
しかもパート、アルバイトの時給を見れば、それほど恵まれていない。
これでは人は集まらないし、長続きもしないだろう。
行政が本気で取り組むのであれば、まず介護の資格に最低基準の資格手当を
決めるべきである。また他の職種より高い最低賃金も織り込むべきだ。
これから一段と増加する高年齢者に対して今からすぐにでも取り組まなければ
どんどん人員は足りなくなっていく。外国人に頼ると言ってもまず言葉の
問題がある。3年、4年ではどうしようもないだろう。
それも一つの方法ではあるが、現実に相当な数の人員が不足している現在は
多面的に取り組まなければ、いつまで経っても問題は解決しない。

【西郷家の血を受け継ぐ女優「西郷どん」出演】

7日にスタートする俳優鈴木亮平(34)主演のNHK大河ドラマ
「西郷どん」(日曜後8・00)に、西郷家の血を受け継ぐ女優・西郷真悠子
(22)が出演することが分かった。演じるのは主人公・西郷隆盛の弟、
西郷従道の娘・桜子役。
家系図をたどると、従道は「祖父の祖父」にあたる先祖。


何となくいい話。
西郷従道のことは詳しくは知らないが、「坂の上の雲」やいろいろな小説で
少しずつ出てくるので、少しは知識がある。
先祖が有名人だという人はかなりたくさんいると思うが、子孫が先祖に
関係する役をするというのは、何となく頬笑ましい。
本人はまだ女子大生というが役者を目指しているという。
頑張って夢を叶えて欲しいものだ。
もっとも小生、TVは見ないと思うけど。

リンク:西郷従道 西郷従道

ご挨拶

2018年01月01日

【ご挨拶】



あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

本年こそ就職して、少しは稼いで
温泉に行って、温泉ネタを増やしたいと思っています。

去年挿した沈丁花の上の方に新芽がもう出てきています。
春になったらどういう風になるのか楽しみです。
2つの桜の鉢植えにも順調に赤い芽がついています。
心配なのはたくさんある銀杏の鉢で、葉が落ちると
枯れて見えます。さてどうなることやら。
今年も5月になったら採取します。

去年は銀杏の実は大量に採れて、ご近所にも配りました。
12月の下旬まで風が強かった翌朝にたくさん拾うことが
できました。感謝。
小ミカンの木は昨年はあまり実がなりませんでした。
今年は少し肥料を多めにやってみろうかと思っています。

去年は胡瓜が豊作で重宝したので、今年も植える予定です。
ゴーヤはまだ冷凍物がたくさんあるので、今年は茄子に
変更しようと思っています。
3月ぐらいに土を起こして腐葉土と鶏糞を入れて、
新しい土も継ぎ足して植える準備をしたいと考えています。

雀は相変わらず50~60羽、毎日元気に餌をもらいに
来ています。冬の間は餌が採れにくいだろうと
少し多めに与えています。餌は最近は食パンと残った御飯を
水でふやかしたものをやっています。

犬のカミコは今年は14歳、犬のボーは8歳、
猫の五郎は1歳になります。みんな元気です。

スペースワールド

2017年12月31日
【スペースワールド】

いよいよ閉園となった。
小生は地元民でありながら仕事上で1回15分立ち寄っただけ。
しかし新年の花火はいつも近くまで行って何回か見させてもらった。
長男と次男の成人式はここだった。
孫もここのプールが好きだった。

   ありがとう、スペースワールド!

大みそかに閉園し、27年間の歴史に幕を閉じる北九州市の総合レジャー
パーク「スペースワールド」が、ずっと忘れないでもらいたいという思いから、
地球から417光年離れた小さな星の命名権を取得し「SPACE WORL
D」と名付けたことが27日、分かった。PR事務局が発表した。

オーストラリア・クイーンズランド州で唯一、一般公開されている「スプリング
ブルック天文台」の星命名サービスにより獲得。地球から417光年、おうし座
星群のGSC653:1366の星(白く見える5等星)が「SPACE WO
RLD」と名付けられた。これにより同天文台において「SPACE WORL
D」という名は永久に登録・保存されることになった。

同事務局は「閉園」ではなく、宇宙への「まさかの移転」と打ち出し「時々、
思い出した時は空を見上げてください。スペースワールドは、遠く離れた星と
なり、いつまでもいつまでも空の上で輝き続けます」としている。

最後のポスターも公開され、コピーは「またいつか、別の星で、会いましょ
う」。星の命名により「私たちスペースワールドのスタッフは、地球を飛び立
ち、この『SPACE WORLD』という星で、そこに住む子供たちを楽しま
せます」というストーリーで完結するとした。

三島由紀夫

2017年12月31日

【三島由紀夫】



TBSは26日、作家の三島由紀夫(1925~70年)を1958年頃から
自決前年の69年まで約12年間にわたって撮影した映像をすべて公開すると
発表した。
結婚直前にバーでカクテルを片手に談笑する姿や歌手活動、映画出演、東大
全共闘との討論集会など、30代から40代半ばにかけての三島のさまざまな
顔をとらえたもので、一部はこれまでニュースなどで放送されているが、
未公開部分も多いという。


不思議と今でも覚えている。
三島由紀夫が自決したのは昭和45年、ちょうど小生は中学3年で、
期末試験の最中だった。
その前から氏の本はかなり読んでいたが、改めて読み返した記憶がある。
今回、その勇姿が放映されるならば、ぜひ録画して保存しておきたいものだ。
「金閣寺」や「午後の曳航」などにはかなり影響された。
もっとも氏の考え方に共感できない部分も多かったが、最後の古武士という
感じはいつまでたっても残っている。
今、憲法改正や自衛隊の問題が改めて出てきているが、氏がもし生きていたら
どう思い、どんな発言をするのだろうか。
政治家も含めて氏に大して恥ずかしくないような日本を創って欲しいと
つくづく思う。

リンク:三島由紀夫 三島由紀夫

(追伸)
こんなしょうもないHPに来ていただいた皆様に感謝。
来年も良いお年でありますように!

【2つの大震災鎮魂願う六甲山頂の木柱、ペンキで黒く塗りつぶされる】



兵庫県と東北3県の各県勤労者山岳連盟が合同で六甲山頂付近(神戸市東灘区)
に設置した阪神・淡路大震災、東日本大震災の鎮魂を願う木柱が、ペンキの
ようなもので黒く塗りつぶされていたことが24日、関係者への取材で
分かった。柱に記された「鎮魂」「復興祈願」などの文字は判読不能になった。
兵庫県の連盟は6月、東灘署に被害届を出しており、同署が器物損壊容疑で
捜査している。


毎年、暮れになると匿名の方が恵まれない子供達にプレゼントをしたりする
ニュースなどが出て、まだ日本人も捨てたものじゃないなどと思ったりする。
一方で文化財や神社仏閣でいたずら書きが見つかったとかなどの碌でもない
ような事件も年々増加している。
何が原因なのだろうか。教育か親の躾か政治か?
こういう事を起こさないような人間を育てなければ日本の国自体の民度は
どんどん下がっていく。
親も甘くなったが、学校も甘い。もう一度両方を見直す必要がある。
(もっとも小生も甘い親馬鹿ではあるが)

どこの馬鹿がした行為かわからないが、どうしようもない人間が多数いるのも
事実である。案外、外国人かも。

だいたい日本はこの手の犯罪や経済犯に対する刑罰が軽すぎる。
普通の器物損害とは別個にこういう物や文化遺産や歴史遺産に対する損壊に
対しては故意の場合はもっと厳罰に処するべきである。
懲役10年か罰金1000万円ぐらいが相当と思われる。
また特に思想的な犯罪に対しては懲役5年で、禁固5年で、禁固中は
「もう絶対いたしません」という文字を1日千回書くという付録を付けるべき。
1日達成できなければ2日禁固が伸びるというのもいい。

こういう犯罪犯は普通の窃盗犯などとは別けて収容すべきである。
経済犯で「おれおれ詐欺」の主犯などは、どこかの無人島に刑務所を建てて
世間から隔絶し、TV、ラジオ、新聞も禁止して20年間ばかり閉じ込めて
おくといい。主犯で無い場合は15年。
そのぐらい厳しくすれば多少は減るかも知れない。
刑罰が軽いから増加するし、繰り返し起こる。こんな人間が5,6年で
出てきたら被害者はたまらない。
詐欺の被害者が自殺したり生活が困窮するようになった場合は
罪科を後にでも付加できるというのもいい。被害者が自殺した場合は
殺人未遂、困窮した場合は補償の上乗せ。これは他の詐欺罪にも適用がいい。
もっとも補償はできないだろうから刑務所の中で働いた賃金で支払う
ことになるが、その場合はその囚人に対しては特別に世間並みに最低賃金を
支払って1日8時間労働をさせる。まあ時間800円として1日6400円。
1年300日働いて192万円。被害者に対しては少ない額かもしれないが
少しでも返ってくれば有り難いのではないだろうか。

【小笠原で小規模飛行場の建設検討】



東京都が、小笠原諸島で滑走路数百メートルの小規模飛行場の建設を検討して
いることが分かった。従来、約1200メートルの滑走路を検討してきたが
世界自然遺産に指定された環境にも配慮し、縮小に転換を図る。
2018年度予算案に、利用機選定などの調査費1億2千万円を計上する方針。


こういう計画が発表されると、すぐに環境問題とか自然を壊すと曰う輩が
うじゃうじゃ出てくる。
そりゃ世界自然遺産になったのだから自然は大事である。
しかしそこに住んでいる住民の方がもっと大切である。
少なくとも環境をなるべく破壊しない方法で緊急時に使用できる小さな
空港ぐらいは必要だ。
とにかくまず住民の意見を聞き、それを最優先にすべきである。
訳のわからない外部からの意見なぞ聞く必要はない。
小笠原諸島に行くには現在は船舶で24時間かかる。
これじゃ緊急時には間に合わない。
ヘリで小笠原諸島の子供達を東京などに修学旅行でご招待というのも
面白い。
飛行場でなくてもヘリポートでもいいのではないか。
それも常時2機ぐらい待機しているというのが望ましい。
海を埋め立ててという意見もあるらしいが、それは反対。
今後どうなるのか興味深いニュースである。

【イオンの葬式に措置命令】



新聞広告に「追加料金不要」と掲載しながら実際には別料金が掛かるケースが
あったとして、消費者庁は22日、イオングループの葬儀会社「イオンライフ」
に対し、景品表示法違反(有利誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。

消費者庁によると、同社は3~5月、全国紙3紙計400万部に「イオンのお葬式」
との名称で広告を掲載。税込みで19万8000円、34万8000円、
49万8000円の三つの料金プランを提示し、「追加料金不要」と記載した。
しかし、全体の4割ほどで追加料金が発生し、苦情が寄せられていた


これはもう、ぼったくりか詐欺の状態。
大手の企業であるイオンがこれじゃあ日本の企業の先行きは暗い。
それで無くても自動車製造業などで不正が多発したばかり。
日本の企業はどうしたのだろう。どこで路線を間違えたのだろうか。

こんなジョークがある。

アメリカがロシアと中国と日本に部品を頼んだ。 
歩留まりをよくするために不良品は千分の一以下にすることを告げた。

ロシア:それは無理です。そこまですると納入期限に間に合いません。
中 国:ちょっと待って下さい。今、作成書のコピーを盗んでいるところです。
日 本:順調に進んでいますが、足りない物があります。不良品の
    製造作成書を送って下さい。そうでないと不良品を製造できません。
 
こういうジョークが真剣に世界で通用するのが日本だった。
それが今や夢の中の出来事のようになりつつある。

ところで葬儀だが、これほど料金が曖昧でわからないものは無い。
つまり基準がないのだ。例えば初めて葬儀を行う方は、提示された値段が
高いか安いかもわからず、過去の他人の葬儀を思い出して、それなりの
格好をつけようとする。そうすると葬儀社の言いなりで、とんでもない
高いものになってしまう。
小生の場合だと親父の葬儀は250万円かかった。それで同じ葬儀社で
お袋の時は180万円。少々削っただけで、これぐらい差が出てくる。

で、小生が実際に経験した葬儀の実態は以下のとおりである。
なお小生の勤務していたJAは葬儀社と提携していて割り引きもあり、
葬儀社の幹部の方に見知っている方もいるが、それでもこれである。

葬儀の式場で来られた方に葬儀社の人間が、親切ごかしにに珈琲や
ジュースを勧める。ところがこれも1杯いくらですべて料金に含まれる。
控えの間にお手伝いに葬儀社の人間が来て、湯飲みなどを洗ったり、
テーブルを拭いたりしてくれる。これもすべて料金が掛かるし、その料金が
1人1日1万5000円だったりして超高い。
そんなの親戚のオバさんがするからいらないと言っても、何のかんのと
言って押しつけてくる。

葬儀場の祭壇も使い回しのはずで、言うならば中古品。
それでも何年経っても料金は変わらない。しかも、これ位になると
格好が付きますよと言って上から2番目あたりを勧めてくる。
何百回も使用したものが新品と同じ値段で出されるのは葬儀社の備品
ぐらいのものだろう。(結婚式の場合もこれは多々ある)

今は病院が遺体を拭いてある程度は清めてくれるところも多い。
それを葬具場に運んだら、また湯灌を勧められる。まるで葬儀のセットに
なっているように感じるが、これも別料金で、しかも10万円程度もかかる。
棺桶にしたってどうせ焼くのに高い物を勧められる。

料理は普通は「おとき」と言って葬儀前は精進物が出てくる。
葬儀の後は「精進あげ」といって普通に宴会で出てくるような料理になる。
これがどこかの店と提携しているのだろうが、居酒屋の忘年会の
セットメニューの方がよっぽどましと思うほどで、しかも料金が高い。

親父の時は七曜でいう友引と重なって葬儀場で2泊したが、小生の親族は
アルコールを好む人間が多いが、冷蔵庫からビールをどんどん持ち出して
飲んでいた。その料金表を見て驚いた。高い、高いのである。
あわてて息子とお酒のディスカウントショップに行って同じ銘柄のビールを
買って冷蔵庫に返しておいた。

葬儀を行う場合、絶対に経験者と一緒に内容を決めた方がいい。
無駄と思われる部分は強行にいらないと主張し、ある程度、見栄は
捨てた方がいい。どうせ死んだ人間には何もわからないのだ。
ただ儀式として、また生前の恩を思って、それなりにすればいい。
掛ける費用はなるべく安い方がいいに決まっている。
ちなみに小生も家内も葬式はするなと子供達に言っている。
それでも火葬や役所の手続きなどは不慣れだろうから、それだけを
してくれる葬儀社があって、それなら12万円で済む。
あとは遺骨は小生は納骨堂があるし、家内は実家の納骨堂に入りたいと
言っているので、お墓の費用はかからないはずだ。
勝手に遺骨を持っていって置いてくればいい。お経も何もいらない。
なにしろ小生も家内も無神論、無宗教なのだから。

元号

2017年12月27日

【元号】



大きな出来事はその瞬間を鮮明に覚えている。
平成に変わったときは勤務先(農協の本店)の食堂のTVで見た。
阪神淡路大震災の時は当時の勤務先の支店のTVで見た。

政府は天皇陛下の退位を2019年4月30日とすることを閣議決定した。
天皇の退位は約200年ぶりで、憲政史上初めてのこと。
「GW」の休みが10日になる」などと話題になっているが、
もう一つ忘れてはいけないのが「元号」の問題だ。
既にネット上では次の元号が何になるのかと大盛り上がりを見せている一方、
元号自体の廃止を主張する人もいる。


もちろん反対の先頭に立つ有名人は田嶋のババさん。
いつも訳のわからない事を曰って顰蹙をかっている。
で、小生はというと残すべきだと思っている。
便利、不便などという根拠だけで廃止すれば世の中無味乾燥になってしまう。
それに古くから使用されてきた伝統あるものであり、日本独特では無いが、
ほとんどそれに近いもので貴重な気がする。
だいたいが西暦なんぞキリストが生まれた年が起源になっているわけで
多くの日本人には関係ない。ただ世界的に使用されているから合わせている
だけである。本来は紀元でもいいと思っている。
しかし平成が短すぎたような気がする。
だいたい元号が変わっても2000年問題のような事は起きないという
ある意味で変に重宝なものである。

我が家では親父もお袋も大正の産まれで大正、昭和、平成と生きた。
家内の父親は大正の産まれで同様。家内の母親は昭和の産まれ。
小生も家内も昭和の産まれなので。この分で行くと昭和、平成、〇〇と
3つの元号を生きることになる。
長男も次男も昭和の産まれなので同様。ひょっとすると4つの元号に
またがるかも知れない。娘は平成の産まれなのでどうなるかわからない。
ただ皇太子様よりはずっと若いので3つの元号にまたがる可能性が大。
30年先、40年先、50年先もう小生は生きていないだろうが、
どうなっているのだろうか。そしてどんな世の中になって子供達や
孫達はどんな暮らしをしているのだろうか。別にこの世に未練は無いが、
そういう先の事は見てみたいと思う。あの世というのがあれば、そこから
見ることができるのだろうか。

リンク:紀元(神武天皇即位紀元) 神武天皇即位紀元

冤罪

2017年12月26日

【冤罪】



冤罪については免田事件の免田栄氏が父の故郷の近くだったために
昔から興味を持っていた。
そういうノンフィクションの本も多数持っている。
何故、冤罪は無くならないのか。どうして起こるのか。
男性諸君は特に注意が必要である。電車やバスのなかでいつ痴漢の冤罪を
被せられるかわからない。

リンク:免田事件 免田事件

で、今回の事件だが、

殺人事件の加害者として12年間の服役を終えた女性に、「無罪」の可能性が
出てきた。
大阪高等裁判所は20日、滋賀県の病院で入院患者を殺害した罪で服役していた
元看護助手の申し立てを認め、裁判のやり直し・再審を認める決定をした。

滋賀県の湖東記念病院の看護助手だった西山美香さん(37)。
2003年、男性患者(当時72)の人工呼吸器を外し殺害したとして懲役
12年の刑が確定し、ことし8月まで服役していた。

犯行を目撃した人も人工呼吸器の異常を知らせるアラームを聞いた人もいな中、
裁判所が「有罪」と認定した根拠、それは。

<捜査段階の自白>

警察の任意の取り調べで、西山さんが「人工呼吸器のチューブを外した」と
殺害について自白したことを重視した。
しかし。

【西山美香さん】
「厳しい取り調べを受けたから『否認しても無理や』と思って、
刑事の言うことを聞いておかないと痛い目にあうと思って自白した」。

西山さんは厳しい取り調べの中で自白せざるを得ない状況に追い込まれたと主張。

【西山美香さん】
「取調中は密室なので、そういう極限状態になってしまう。
それでいいという。それでどんどんストーリーが作られていく」。

そして、もう一つ争点となっていたのが。

<男性患者の死因>

男性患者の死因は人工呼吸器のチューブが外れて酸素の供給が途絶えたため、
窒息状態になったこととされていた。
しかし、西山さんの弁護団が司法解剖の際の血液データを分析した結果、
男性の死因は「致死性の不整脈」、つまり「病死」だった可能性が浮上。
これを新証拠として提出したのである。


今更ながら警察、検察、裁判所の無能と権力の横暴を思う。
状況証拠がない自白だけで12年の実刑判決。
これがいつ自分の身に掛かるかも知れないと思うと非常に怖い。
自分は意志の強い人間だと思っていても、ベテランの刑事や検事にかかれば
軽くいなされる。
この事件はすでに服役を終えている。
再審で無罪になったらどいう事になるのだろうか。
当然、金額的補償はあるだろうが、事件を担当した刑事や検察官の責任は
どうなるのだろうか。まず馘にはならない気がする。一人の人生を
無茶苦茶にしてもだ。
裁判官の責任はどうなるのだろうか。これも何にも無いような気がする。
しかし自白だけでよく12年もの実刑判決が出たというのが不思議。

イルミネーション

2017年12月25日

【イルミネーション】



昨日はクリスマスイブだったが、この季節になると毎年いろいろな所で、
華やかで、きれいなイルミネーションが飾られる。
木々に何千、何万もの電球を付けて、まあ見る方には楽しいものである。
しかし、飾られる木にとってはいい迷惑。
木だって夜は寝るのだ。
木が寝るのがおかしいと思う人もいるかも知れないが、花だって陽が
落ちれば萎むし、夜しか咲かない花もある。
電照菊といって夜間も照明を当てて育てるやり方もある。
まあ人間でいうと、ひ弱なお坊ちゃんができあがる。
植物だってちゃんと昼夜の区別は知っていて、普通の植物は夜は寝るのである。
そこを電球で照らされては植物もたまらない。当然、そういう植物は弱って
寿命が短くなる。
人間にとってはきれいかもしれないが、罪作りなことである。
街路樹に付けている電球の事で文句を言ってもしょうがないが、
まあクリスマス1日だけだったらいいが、常時、木に電球を付けて飾るような
ことは自宅の木にはしない方がいい。木が可愛ければの話だが。

【33種類の支給ミス判明した年金機構】



日本年金機構は20日、元公務員の妻らに対する基礎年金の加算漏れが9月に
発覚したのを受けて実施した総点検の結果を公表した。
加算漏れのように事務処理手順などに構造的な欠陥を抱える問題はなかったが、
年金受給者らの配偶者情報の登録誤りなど、33種類の人為ミスによる支給漏れ
や過払いが判明。機構は年金管理システムの改修などを行い、2018年度中に
対象者を特定する。


やっぱり駄目だ、この機構は。
33種類のミスとは、かえって起こす方が難しい。
どうやったら33種類のミスが発生するのか不思議である。
要は機構の職員が知識も無く、能力も無く、責任感も無いということ。
小生も来年からは、ちびっと年金を受給するが、この機構は絶対に信用しない。
この機構を潰して新た機構を立ち上げるしかミスを無くす方法は無い。
再雇用するのは最低の少数の職員だけでいい。それも完全な第三者が
選定するべきである。

おそらく今回のミスについても誰も責任を取らないのだろう。
今までのミスを鑑みて、それらをすべて統一的、継続的に考えると、
とりあえず役員は全員解雇、職員は当事者(担当者)は1年間減給3割、
その上司は半年間減給2割、当事者(担当者)も上司も賞与は無しぐらい
厳しい処置をすれば少しは良くなるかも。
一般の企業でこれだけミスをすれば信用を無くして倒産している。
しかも他人のお金に直接響くことである。
もし自分の年金だったら絶対に間違わないだろう。
所轄の大臣も少しは責任を感じているのだろうか。
例えばこれが宇宙開発機構であったならばロケットの打ち上げは1回も
成功していないだろう。
日本人というのは勤勉で、仕事が正確であるというのが売りなのだが、
年金機構にだけ日本人のクズが集まってしまったのか?
やっぱり前向きの辣腕な政治家が出てこないと解決しないのか?

  現機構の解散と新構築を訴えよう!

【貴乃花親方への処分持ち越し 相撲協会理事会、結論出ず】



大相撲の元横綱日馬富士による貴ノ岩への暴行問題で、日本相撲協会は20日、
東京・国技館で臨時理事会を開き、巡業部長として暴行があった事実を
知りながら協会に報告を怠っていた貴ノ岩の師匠、貴乃花親方(元横綱)への
処分については、結論が出なかった。関係者が明らかにした。28日に改めて
臨時理事会を開き、話し合われる予定。


クリスマスイブには似合わない話題だが、小生は一応、仏教徒なので
クリスマスは関係ないということでご勘弁願おう。
もっとも仏教徒になるのは葬儀の時だけで無神論、無宗教である。
また仏教で都合が悪いときは神道になって逃げるが。

今回の事件では日馬富士が引退、鶴竜と白鵬が厳重注意という処分になった。
貴乃花親方が報告義務違反なら、同席していた全員が処分だと思うが。
相撲協会は理事会も危機管理委員会も審議会もすべて機能していない。
理事長以下役員は全員辞職が当然だろう。
貴乃花親方の行動も不可解であるが心情的には一部納得できる部分もある。
処分の問題で結論が出ないぐらいだから、再発防止など無理。
絶対にまたこういう事件が起こる。
第一、処分より再発防止対策の方が先だろう。
それにこういう事件を起こした場合の処分を明文化する必要もある。
自分達の都合でなあなあでいつも決めている甘い世界だ。
名前だけの危機管理委員会など必要ないし、継続するなら、純然たる
第三者の専門家を全委員にするべきである。相撲を知らないならば
何名かの親方が発言権無し、議決権無しのオブザーバーになればいい。
自分達の甘い世界に浸っているからこういうことになる。
暴力事件を起こして引退しても何億もの金が手に入る住みよい世界である。
一般企業も公務員も暴力事件を起こして馘になれば退職金など無い。
心・技・体と言うけれど、これじゃ沈・偽・退が似合っている。
阿保らしくてニュースをまともに読む気にもなれない。

(追記)
元日馬富士が暴行を働いた酒席に同席した両横綱に報酬減額の懲戒処分を
下した。八角理事長(元横綱北勝海)は「理事会の特別決議。全会一致で
決議された」と語気を強めて説明した。
危機管理委員会の調査結果報告書によると、白鵬を差し置いて元日馬富士の
暴力を止めることをためらった力士がいた。八角理事長は「白鵬は第一人者で
ありながら、暴力を防げず、大相撲の信用の失墜を招いた」と厳しく非難した。


また役員も両横綱も給与返上で逃げている。
両横綱を非難する前に自分達の事をよ~~く考えろ!
まあ現役横綱はそれでいいとして、役員は全員辞任がまっとうな責任の
取り方ではないのだろうか。

【米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像】

非常にリンクの多いブログ記事で申し訳ない。
なにせいちいち書いていたら切りが無いので。

米国防総省に、未確認飛行物体(UFO)と地球外生命を調査する極秘の
プログラムが存在したことがわかった。米軍兵士の目撃情報も明らかになった。
国防総省が調査したUFOの一つは、オーラを放ちながら回転し、高速で
飛んでいた。海軍機F/A18スーパーホーネットが捉えた映像があるが、
国防当局は目撃された日時や場所などの情報を一切渡そうとしない。
2004年のビデオには、カリフォルニア州サンディエゴ沖を飛ぶ明るい卵型の
物体が映っている。物体を追跡した戦闘機のパイロットによれば、旅客機ほどの
大きさだったという。


小生はこういうのが好きで本もいろいろ買って読んでいる。
そういうのを特集で書いた物やデニケンのような眉唾ものも読んでいる。
また「神々の遺産」(今野敏著)のような小説等も読んでいる。
UFOや地球外生命体というのは夢がある。
また不思議な古代遺産も興味深い。例えばクフ王のピラミッドは
現在の技術をもっていても作れないと言われている。
(石自体の重みで壊れてしまうらしい)
そしてそのピラミッドに含まれるいろいろな数値がすごい。
マヤやインカの文明、遺跡も面白い。
コスタリカの石球や水晶ドクロ、マヤの暦、インカ道など興味津々である。
古代遺産のオーパーツには興奮してしまう。

リンク:クフ王ピラミッド クフ王ピラミッド

リンク:ギザのピラミッド ギザのピラミッド

リンク:マヤ暦 マヤ暦

ちなみにマヤ暦が途中で途切れているために世界の滅亡の日というのが
一時話題になった。

リンク:インカ道 インカ道

リンク:インカ帝国 インカ帝国

リンク:マヤ文明 マヤ文明

リンク:マヤ文明 マヤ文明

また、これは現代のことだがインカのマチュピチュにあるホテルが凄い!

リンク:スカイロッジ アドベンチャー スイート スカイロッジ アドベンチャー スイート

もっともだんだんと科学的な解明は進んでいる。
しかし世の中には現在の科学ではまだ解明できないものが多数ある。
(詳細はリンクで)

しかし、今回のこれは違う。違うというより以前から問題になっている
すでに知られざる存在になっている物体だろうと思う。
通称「ブッラクナイト」。

リンク:ブラックナイト衛星 ブラックナイト衛星

リンク:ブラックナイト ブッラクナイト

リンク:オーパーツ オーパーツ

リンク:日本のオーパーツ 日本のオーパーツ

リンク:世界のオーパーツ 世界のオーパーツ

以上、まだまだカキコしたいことはたくさんあるが後が尽きない。
好きな人はいろいろとNETで検索してみれば。

【北朝鮮籍とみられる木造船の漂着問題】



政府は木造船の解体費用を国で全額持つことにした。
地公体の費用軽減としては当然の措置である。
が、それよりももっと問題がありのではないか?

(警備体制)
今の状況を考えると簡単に北朝鮮から来ることができ、簡単に密入国できる。
それを取り締まることもできない。拉致事件が発生して当然だ。
防衛予算も必要だが海上保安庁の予算の増加も至急に必要ではないのか。

(法の整備)
北朝鮮、中国、ロシアの巡視船であれば、すぐに撃沈するだろう。
それに対して日本の巡視船は警告しかできない。
せいぜい巡視船を寄せて邪魔をする程度。
領海侵犯、不法操業に対しては警告の次には武力行使ができるように
しなければ、これからも増加の一方だろう。
専守防衛と言うが領海侵犯はすでに宣戦布告されたのと同じだと思う。

(防疫体制)
北朝鮮における防疫がどの程度かわからないが、今の日本では絶滅したと
されている病原菌が入ってくる可能性がある。
例えば世界中で絶滅されたと言われている天然痘であるが、北朝鮮には
そのデータは当てはまらない。事実が公表されていないからだ。
また狂犬病。小生の飼っている犬も予防注射を高いお金を出してしているが、
現実には日本ではまず狂犬病は発生しない。しかし北朝鮮では可能性大。

(スパイ組織)
行政は今のところ、簡単に乗組員を漁業関係者としているが、本当に
全員が全員そうなのだろうか。当然、北朝鮮のスパイも考えられる。
現在、日本に北朝鮮のスパイが何千人、何万人いるかわからないが、
この状況では増えはしても減りはしない。また拉致事件が繰り返されるのか。
日本はそれでなくても国交の無い北朝鮮の組織や学校が堂々と存在する不思議な
国なのだ。
これではハッカーによって防衛上の極秘事項も簡単に漏れてしまう。

(不法操業)
貧弱な木造船で遠くまで魚を捕りに来ているが、専門家は、この種の漁船では
通常は沿岸でしか操業はできないと言っている。
経済的に追い詰められた北朝鮮が無理をするのもわかるが、それは不法操業に
繋がっているのではないか。これも海上保安庁の組織の脆弱の一部である。
至急、もっと巡視船を増やし強化する必要がある。

(費用)
政府が木造船の解体費用を持つというのは当然のことであるが、その費用も
税金である。北朝鮮に請求しろ。
朝鮮学校が授業料の無償化で裁判をおこしているが、とんでもない。
学校の経費をこの解体費用に回せと言いたい。
また在日で北朝鮮国籍の者から、この費用を徴求するというのもいい。
自国のためだから、喜んで出すだろう。

日本はアメリカと協力して経済制裁等を強化しているが、根本的にアメリカとは
違うということを重く考えなければならない。北朝鮮がアメリカまでとどく
ミサイルを開発したといっても脅威はそれほどのものではない。
しかし日本はすぐ隣に存在し、日本海では接しているのである。
自ずとその思考も行動もアメリカ以上のことを想定しなければならない。
まずアメリカに頼ること無く自国を防衛できる軍事力の増加と強化。
そして専守防衛の意義を見直した法の整備が早急に必要である。

【NHK、受信料の負担軽減へ】



NHKは12日の経営委員会で、受信料の負担軽減策を検討する方針を固めた。
一律値下げではなく、経済的に支払いが困難な視聴者が対象になるもようだ。
現在、生活保護受給者や社会福祉施設入所者、重度の障害者らを対象に受信料の
全額または半額を免除している。負担軽減策では減免の対象拡大が議論される
見込みだ。


ほとんどTVは見ないけど(しかも帰ってきた長男にTVをやった)、
まずNHKが必要かどうかを検討する方が先じゃないのか。
見たいような番組は衛星放送とかばっかりで、まず見ることができない。
受信料を徴収していながら、金持ちだけが見ることができるようなシステム
自体がおかしい。
しかも通常放送の番組の下らなさは近年ますます増加しているような気がする。
番組のレベルに比較して受信料も高すぎる。
自由と民主主義の国家で強制的な徴収が許されるのだろうか。
NHKだけは受信できないTVを作って受信料を支払わないというのが
何故いけないのか。
おかしいという人がみんなで集まって団体を作り、そこで裁判の仕方を学び、
1人1人が個別に訴訟を起こしたら、司法はパンクしてしまうだろう。
NHKの役員、職員の高額な給与も問題だ。
以前出た、建物の建て替えも問題だ。
すべては黒い霧の中。
こんな放送局はいらない。
民間で現在のNHKに準じるような品格の高い放送局ができないものか。
いや準じては駄目で、もっと高レベルのものが欲しい。

【自転車スマホで女性死なす】



川崎市麻生区で7日、電動自転車と歩行者がぶつかり、その後に歩行者が
死亡する事故があり、麻生署が重過失致死の疑いで、電動自転車の女子大学生
(20)=同区=を書類送検する方針を固めたことが13日、捜査関係者への
取材で分かった。運転中にスマートフォンを操作していたとみられ、同署は
この行為が重大な過失に当たると判断した。


小生、古い人間でスマホは持っているが、よく使い方がわからない。
歩いていても、犬の散歩をしていても、車を運転していても、
よく前も見ずにスマホに熱中している人を見かける。
危ないと思うし、実際、ぶつかりそうになった事もある。
なんで歩きながら、自転車や車を運転しながらスマホをいじっているのだろう。
それほど緊急な事態が起こったとは思えない。
みんな何をスマホでしているのだろうか?
ゲーム?、メール?、・・・?

今回の事件は完全にOUTだろう。
スマホで一生を棒に振ることになる。

小生、不器用でスマホのような小さなキーボードで入力するのは非常に
苦手で、メールはもっぱらPC、PCから携帯にメールを送る無料の
ソフトがある。むしろスマホというより携帯電話の無い日常生活を送りたい。
固定電話も家にあるし、それで別に不自由しない。
小生は携帯電話を持つこと自体はけっこう古い部類だ。
最初に持ったのは平成2年ぐらいだったと思う。
当時、大きなシステム変更の担当者で結構必要というか便利だった。
それに親父がもう危なくて、いつ死んでも可笑しくない状態だった。
結構、出張が多くて、持つことによって、幾ばくかの安心感が得られた。
当時の携帯電話は馬鹿でかくて、とてもポケットに入るようなものでは
無かったし、通話できる地域も限定されていた。

娘も家に居るときは常時、スマホを持って何かしていた。
これはもうスマホ依存症ではないかと思ったぐらいだ。
個人が何をしようが構わないが事故に繋がるようでは法的な規制も
強化する必要がある。車の運転中のスマホは禁止されているが、
それでも結構見かける。歩きながらのスマホも規制の対象にしても
可笑しくないと思う。

仏塔が火柱に

2017年12月14日

【仏塔が火柱に】



中国・南西部四川省の寺で10日に発生した火事の映像で、中国メディアに
よると、16層の仏塔を含む、およそ800平方メートルが焼けた。
隣接する仏殿から出火し、強風にあおられ、塔に燃え広がったとみられる。
寺は、16世紀に建立され、9年前の四川大地震で壊れたため、再建中だったと
いうことで、地元メディアは、「アジアで最も高い木造の仏塔」と伝えている。


これを読んで思い出すのは金閣寺の炎上である。

リンク:金閣寺放火事件 金閣寺放火事件

昔、聞いた話だが消化の際に壁に穴を開けたら、その穴が壁面に描かれていた
仏像画の顔の真ん中に当たってしまったという。
この事件依頼、日本では文化財に対する火災予防が急速に広まった。
文化程度の低い中国ではまだまだだろう。
世界中にある文化財の保護には莫大な資金が必要である。
その為にも日本はユネスコに多額の資金を拠出してきた。
しかし、そのユネスコ自体が、もう腐り始めている。
こういう世界的機関の見直しを始めるべき時が来たような気がする。

【観光パスポート、9割売れ残り 北九州市が試験販売】



北九州市が7~10月、試験的に発行した文化・観光施設を割安で見学できる
周遊パスポートが、発行数の9割超に当たる5千冊以上も売れ残っていたことが
分かった。販売数は1割にも満たない376冊にとどまった。
2020年の東京五輪を見据え、「文化都市」をアピールしようと17年度
目玉事業として取り組んだが、今後の本格導入に暗雲が垂れこめた格好だ。

パスポートは、市が運営する漫画ミュージアムや小倉城、松本清張記念館など
6施設で提示すれば、それぞれ200~500円(一般)の入館料や常設展の
観覧料が無料になる。

市は本年度予算に事業費300万円を計上。有効期間1日の1日パスポート
(800円)5千冊と、3日間有効な3日パスポート(1300円)
500冊を発行した。日本語と英語を併記し、外国人観光客の取り込みも
狙ったが、売れたのは1日券352冊、3日券24冊だった。


北九州市に住んでいる人間として情けない。
売れなかったのが情けないのではなく、売れないような企画をした行政が
情けないのである。
まさにお役所仕事の見本。
300万円の事業費は何人分の税金だろうか。
どうせ誰も責任を取らないのだろう。

決して悪い企画では無い。しかし行政には人集めのノウハウが無いし、
費用対効果の考えも薄く、責任はまったく取らなくて済むという、
どこな安穏とした考えがある。

しかし、まずはPR不足。小生もちらっと聞いたような気がするという
程度で市民にも全然浸透していない。

次に誰に焦点を当てているのかが不鮮明。
1日とか3日とかの有効期間では購入するのを躊躇ってしまう。
なぜ1週間とか1ヶ月とか1年とかにしなかったのだろうか。
できるだけ多くの販売を目指すならば、まず有効期間を考慮するべきだろう。
何回、訪れても施設が極端に痛んだり減ったりするわけでも無い。
値段を下げても多数売れたほうが勝ちである。
1週間が500円、1ヶ月が1000円、1年が2000円ぐらいが
妥当と思う。

観光施設は、とにかく人が来なければ話にならない。
来れば施設への交通機関や駐車場の利用も増え、施設の売店の売り上げも伸び、
近辺の商業施設や飲食店等も活性化する。
1日や3日では小生も購入しない。

【平昌冬季五輪、ロシアに参加禁止処分】



国際オリンピック委員会は5日、国家ぐるみでのドーピングが指摘されている
ロシアについて、来年2月に開催される平昌冬季五輪への参加を禁止すると
発表した。ただしロシア選手については、「厳格な条件下」での出場を
認めるとしている。


選手には気の毒だが、まあ妥当な線でしょうがないだろう。
ロシアの副首相は永久にオリンピックへの関与を禁止された。
本人は無実だと曰っているし、ロシアはオリンピックの放送を止めると
言っているが、国家ぐるみのドーピングがあったのではどうしようもない。
もともとが決して信じてはいけないお国柄である。国家ぐるみの嘘だって
ありうる。

それにしても個人の出場は可能というのは、どういう事だろう。
例えば優勝して金メダルを獲得しても表彰式でロシア国旗を揚げず、
国歌演奏も無いということなのだろうか。わからない。

とにかく、これでますます平昌オリンピックはつまらないものになった。
もともと個人的には小生は少しも興味がわかなかったが。
他国でもそうではないだろうか。選手の危険性もある場所での開催が
まず間違いだった。もし何か起こればIOCは厳しく非難されるだろう。
そりゃ日本人選手が活躍すれば、それなりに嬉しいだろうと思うけど。
これほど興味が薄いオリンピックが過去にあっただろうか。
また北朝鮮のミサイル問題の緊張の中で何事も無く開催、進行できるのか、
とにかく出場選手等の無事だけは祈りたいものだ。

【羽生善治 永世7冠達成】



将棋を知らない人にはわからないと思うが、すごい記録が生まれたと思う。
例えば1回名人になるだけでも大変なのに、それを永世を獲得し、
なおかつ7冠である。
ちなみに将棋のタイトルは
名人、王将、竜王、王位、王座、棋王、棋聖である。
もっとも最近、叡王というのができた。
で、永世を持つ現役の棋士は

永世名人 通算5期         谷川浩司、森内俊之、羽生善治

永世王将 通算10期        羽生善治

永世竜王 連続5期または通算7期  羽生善治、渡辺明

永世王位 連続5期または通算10期 羽生善治

名誉王座 同            羽生善治

永世棋王 連続5期         羽生善治、渡辺明

永世棋聖 通算5期         羽生善治、佐藤康光

となった。
各永世があるが、連続5期が難しい。
最近は最高のタイトルは竜王と言われているが、
小生は個人的には、やっぱり名人だと思う。
昔は十段というのもタイトルのひとつだったが、何故かなくなった。
いずれにしろ、たいしたものだ。
拍手、拍手!

【自賠責の運用益返還を検討】



交通事故の被害者対策の財源として国の特別会計に計上されていた
自動車損害賠償責任(自賠責)保険の運用益約6100億円が一般会計に
繰り入れられたままになっている問題で、麻生太郎財務相は29日の
参院予算委員会で特別会計への返還を検討する考えを示した。民進党の
大塚耕平代表の質問に答えた。


これは何回も問題になっているが、過去は財政難を理由に実現しなかった。
で、小生が思うのには現在も余剰金はリハビリ病院の運営などに利用されて
いるが、交通遺児に対してもっと手厚くしたらいい。

特別会計に返還といっても、その後が何に使われるかが問題であり、
自動車の保険という名目で集めた資金であるからには、そういう範囲のなかで
使用するのが順当だろうと思う。

自賠責自体が充実していないという事もある。足りないから、ほとんど
全員が民間の任意保険に加入する。とても自賠責の額では足りない。
それを引き上げるというのも有効な活用方法だと思う。

自賠責自体の掛金の引き下げという意見もあるだろうが、どうせ引き下げに
なっても数百円だろうし、それならいっそ6100億円で交通遺児の基金を
充実した方がいい。実際に知り合いにそういう方がいるが恵まれているとは
言えない。6100億円あれば、多くの遺児が進学できる。
それを基金にして運用すれば、それだけの運用益だけでも、かなりの人数に
上ると思う。進学だけで無く、該当家庭に対する生活援助金もいい。
とにかく、ある意味で強制的に集めた資金なので有効に活用して欲しい。

【アウン・サン・スー・チー】



英国のオックスフォード市議会は27日、イスラム教徒ロヒンギャが迫害を
受け多数が難民になっている問題に「対応していない」として、ミャンマーの
アウンサンスーチー国家顧問に1997年に贈った同市最高の栄誉
「オックスフォードの自由」の表彰を剝奪したと発表した。


ロヒンギャ問題で、国際社会から批判を受けるミャンマーが、中国に
接近している。ミャンマー民主化の象徴でもあるアウン・サン・スー・チー
国家顧問兼外相は、かつて対立した軍政に協力的だった中国とは、一定の
距離を置いてきた。だが、支援を受けてきた欧米から同問題で圧力が強まる中、
「人権」に目をつぶり「経済協力」を掲げる中国へ、すり寄りつつある。


わからない。
かってノーベル平和賞まで受賞した方がどうして、こんなになったのだろう。
ミャンマーを思っての発言、行動なのだろうが、世界から非難をあびるのは
わかっているはずである。
それでも現在のミャンマーの為には、こうしなければならなかったのか。
ミャンマーの偉大なアウン・サン将軍の娘でもあるこの方に何が起こったのか。
わからない。

リンク:アウン・サン・スー・チー アウン・サン・スー・チー

リンク:アウンサン将軍 アウンサン将軍

【あかし農協、残業申告に「上限」 労基署が不払い指摘】



兵庫県明石市の「あかし農業協同組合」(あかし農協)が、職員の申告する
残業時間に「上限」を設けるなどして実際の労働時間に応じた残業代を
払っていない疑いがあるとして、10月に、加古川労働基準監督署から
改善指導を受けていたことがわかった。過去2年分の未払い残業代を
支払うよう求められている。


ここの農協、札付きのようだ。以前も指摘されている。
職員が80人という極小農協である。
まあ今の段階で店舗が5つで職員が80人の農協といえば、相当、経営は
苦しいだろう。例えばATM1台設置しても3千万円程度は必要だ。
しかも時代はどんどん進み、新たな機器や施設が必要な状況である。
経営母体が大きければ体力もあってこなせるが、こういう小さな農協では
苦しいに決まっている。冗費、経費を削減して対応できなければ、
次に来るのは人件費の削減である。
ちなみに小生が勤務していた農協は職員が500人を超え、パートなどを
加えれば800人ぐらいだったと思う。合併し店舗も統廃合する前は最高で、
30店舗以上あった。それでも県下で1番目ではない。
それを考えると極小農協でよく成り立っていると思う。

またこの農協では職員の申告する時間外労働について、職場によって
「月5~10時間以内」の「上限」を設けている。
勤務簿や時間外労働の申請・報告書に記された労働時間と、防犯カメラの
記録に残った職員の出入り時刻が食い違うなどの事情が判明している。
職員が実際の残業時間を申告しようとした場合、上司が上限内に書き直し
させるなどしていたとみられる。


もちろん組織ぐるみの不当な行為であるが、他の一般企業でも普通にある
事例だ。ただ表に出ないだけのことである。表に出ないのはサービス残業に
なっているからである。
今回は相当悪質であるが、残業の申告がしにくい雰囲気が蔓延している
会社の方が普通ではないだろうか。たぶん、それでもゴリ押しして残業を
申告すれば昇級などで低く評価される。出世の為に涙をのんでサービス残業
している人も多いと思う。出世して給与や手当が上がれば元が取れると
思っているのだろう。
小生は給与は上がって欲しかったが、出世などはまったく興味が無く、
マイペースで仕事をしていたので、サービス残業などはほぼしたことが無い。
その代わり勤務評定の評価は低かっただろう。家内も出世など全然関心が
無く、給与だけが上がればいいと思っていた。
おかげで現役中でも私生活は十分に楽しむことができた。
出世はできなかったが全然後悔していない。
ノルマが厳しい時もあったが、仕事は真面目に取り組んだと思っているし、
それなりの熱意も持っていた。
しかし努力とか根性とか一生懸命とかが大嫌いなので、それも程度ものである。

【日馬富士が引退決意】



素人には謎の部分が多い相撲の世界である。
まだ事件の内容ははっきりしていないが、本人が引退を表明するぐらい
だから事件があったことだけは間違いないだろう。
過去にもいろいろと問題はあったが、今ひとつ不鮮明な部分が多い。

引退というのは現役を辞めるということだろうが、相撲界には残ると
いうことである。
そう考えると国技と言いながら、何と甘い世界だろうか。
芸能界だったら、おそらく再起不能状態に追い込まれているだろう。
一般社会だったら馘である。
結局、自分達の閉ざされた社会の中でいろいろ決めたりしているのが
相撲界であり、横綱審議会はあっても全体的な監査的な外部団体が無く、
いいかげんな甘い世界である。

もし刑が確定したら馘にするのが当然だろう。
廃業という相撲界を追放する仕方もあるが、それも手ぬるい。
一般企業ならば不祥事で馘になれば退職金も出ない。
相撲界は積立金があって、おそらくそれは出るだろう。
稽古は厳しいかも知れないが甘い甘い世界である。

経団連の言い訳

2017年12月01日

【経団連の言い訳】



経団連は政府の労働に対する指針に対し、こういう発言をしている。

「政府は残業を減らせと言うが、残業が減ればその分の賃金が下がり
景気が落ち込む」
と。

こういう発言をする人物が日本を代表する企業のトップでいるということ、
しかも財界の連合の役員であるというのが、本当に信じられない。

残業をしてまでしなければいけない仕事は結局誰かがしなければならない。
人を雇用してやらせれば問題ない。もちろん経験、知識が無い人にはできない
仕事もあるだろうが、いずれ現在その仕事をしている人は定年なりで辞めて
いくのだから人材育成という意味で、それは企業のためになる事である。
誰かがその仕事を引き継がなければ、その仕事はできなくなる。
また残業代の方が費用的には高くつく。
おそらく、こういうトップがいる企業は人材育成を疎かにし、発展性のない
企業だろう。こういう企業がブラック企業になる。

賃金が下がっても、その分は誰かがするので、その人がその賃金を受け取り、
相対的な賃金の額は同じ筈で、それを理由に景気に結びつけるのは、
どう考えてもおかしい。
また政府は残業代の代わりに手当を充実させろと言っているが、こういう
トップがいる企業は内部留保ばかりに重点を置き、従業員の福利厚生や
手当などはないがしろにしているのではないだろうか。そして役員手当だけは
べらぼうに高いのである。

日本の労働者の平均所得は年間300万円ぐらいと言われているが、
考えてみれば経済事情の割には他国に比べて格段に安い。
所得の平均の引き上げが日本の過去、現在、未来にわたる大きな問題である。
所得が上がれば税収も増え、税収が増えれば企業に対する課税を押さえ、
年金や少子化、教育資金、生活保護などの問題も前に進むし、課税を押さえた
企業はますます発展するといういい循環が生まれる。
今の日本の問題は内部留保の額が大きすぎるということである。
その分を従業員の給与に上積みすれば、かなり違ってくると思う。

【どうして 規格が違うのか?】



今度、北九州市の2つの外郭団体の嘱託職員採用試験を受ける。
それで申込用紙を貰いに行ったが、それに貼る写真。
普通の履歴書の写真と規格が違う。5センチ、4センチのサイズで、
かなり大きめの写真が必要。
就職活動中なので写真はあるが、大きさが違うので使えない。
何故、大きさが違うのか? 一般履歴書用の写真のサイズでは何が不都合
なのだろう。
公共団体の受験用の写真も、一般の履歴書の写真の大きさに合わせろよ。
街の無人の写真機で撮影しているが、普通のサイズだと800円で6枚できる。
でも今回の大きさだと800円で2枚しかできない。
しかも1つの外郭団体の申込みは履歴書用と受験票用で2枚必要。
何故、2枚必要なのか? もう1つの外郭団体は1枚なのに。
2枚で済めば800円、3枚いるので1600円。
1枚は大きくて、一般の履歴書には使えないので、無駄になる。

試験場は2つとも同じ市立大学。
駐車場が無いという理由で車での来場はお断り。
駐車場ぐらいあるだろう。それに試験日は日曜日。空いているだろう。
バスとモノレールだと交通費だけで1回に1500円かかる。
試験を受ける者にとっては何か無駄な事ばかり強いられているような気がする。
別に市立大学で無くても、各区の会議室でできるだろう。
小生宅は市の真ん中ぐらいにあるから、それほどでも無いが、市の端っこの
方に住んでいる人は交通費も時間ももっとかかる。
どうせ試験の当日の担当者は市の職員か外郭団体の職員だろう。
日曜日に勤務させて代休を与えれば人数は揃うはず。
もっと市民の為に利便性を考えてくれないかなと思う。
大学入試のような1日かかる試験では無く、作文と計算問題とか、
一般常識と一般知能の試験で、午前中に終わる試験なのだから、
そのくらいの人員と場所の確保や試験準備は簡単にできると思う。

試験にはHB以上の鉛筆とプラスチック消しゴム、鉛筆削りを準備と
書いてある。また携帯で時間の確認は禁止など細々した事まで書いてある。
ではシャープペンシルは駄目なのか? 
こんな事、事務局に聞くのも恥ずかしい。
今の時代、鉛筆を使っている人とシャープペンシルを使っている人の割合は
どうなのだろうか。
少なくとも小生は中学以来鉛筆を使っていないので持っていない。
当然、鉛筆削りも無い。買うのはもったいないので探した。
娘のちびた鉛筆が2本と古い鉛筆削りがあった。5年以上前のものだ。
まあ、ちびているけど何とかなるだろう。
補聴器は大丈夫だろうか? 無線レシーバーと疑われるような事は
ないだろうか。

で、一つは給与が14万円、1つは27万円。これに各種手当てや
交通費もついて、賞与もある。ひぇ~~~超高給! 北九州市は太っ腹!
27万円なんて仕事、滅多にあるものじゃない。しかも65歳までOK。
仕事は市民センターの館長で30人も募集。まあどうせ退職した校長とか
市職員が採用されるのだろうが。
14万円の方は動物園の事務。しかし館長と事務でほぼ倍の格差。
これもちょっとおかしいと思う。
まあ世の中いろいろとあるからと変に納得している。

【「PCは人から借りられる」生活保護費の返還命じる判決】



生活保護受給者のパソコン購入費は「自立更生の出費」と言えるのか――。
自治体による生活保護費の返還請求をめぐる訴訟で、東京地裁は
「パソコンは知人に借りることができる」として、自立更生の費用とは
認めない判決を出した。


いろいろな場合や環境によって違うだろうが、パソコンは知人に借りることは
できない。
第一、貸した知人も困るだろう。通常、パソコンは一人一台で、中には
ディスクトップとノートやタブレットと2台持っている人もいるが、
それもTPOによる使い分けの為に持っているのが普通である。
また借りたパソコンにデータを保存もできず、自分の使いやすいように
変えることもできない。

この裁判で思う事は裁判官が相も変わらず世間の事情に疎い、非常識な
考えしか持っていないという思いだ。
もう一つは、事前の慣例を後生大事に守る官僚主義の現れが見えるということ。

生活保護を受けている世帯から大学や専門学校に行くことはできない。
しかし方法はある。世帯から分離すればいい。
しかし当然、その世帯は保護費は減額される。
また進学した本人はアルバイトなどで授業料や生活費を稼がなくてはならない。
奨学金をもらっても多額の借金であり、卒業後は返済に追われる。
有能な人材は国の予算で完全に補助して育てる必要がある。
最近は少しはこの面も改善されつつあるが、まだまだ遠い。
教育の無償化などと言っているが、まずはこういう人達から援助するべき
ではないだろうか。

【シュリンクフレーション】



ふだん食べているお菓子やチーズ、缶詰などの大きさが、いつの間にか
小さくなっていた――。こんな経験をした人は最近多いのではないだろうか。
一見、これまでと同じ大きさでも、気持ち小さくなった気がし、調べてみると
確かに容量が減っている。でも値段は前と同じ。ネット上では「だまされた
気分」「実質的な値上げでは」との声も相次ぐ。こうした現象は、英語の
シュリンク(縮む)にちなんで「シュリンクフレーション」とも呼ばれる。


こういう記事が出ていた。
小生はあまり気づかなかったのだが、現実には買っている商品のなかにも
あるのだろう。以前は5本入っていた竹輪が4本になっているのだけは
気づいていたが。
理由は製造コストの増加ということだが、仕方が無いだろう。
製造企業にしたって儲けが必要だ。企業も努力はしていると思う。
ネット上では「だまされた気分」「実質的な値上げでは」との声も相次ぐと
あるが、どこの企業もHPなどに掲載しているそうだ。この記事のように
消費者はいちいち企業のHPなんて見ないし、商品にそんな不利になるような
事を掲載する訳も無い。それはそれで仕方の無いことだと思う。
これに対して騙されたとか実質的な値上げといった批判はどうかと思う。

それよりも何故、製造コストが高くなったのかが問題である。
給料が上がらないのに人件費が上がっている。不思議なことだ。
原材料の高騰はもうどうしようも無い。
日本の企業の一番大きな問題点は内部留保がやたらと多い事である。
内部留保自体は企業の将来への投資とか、何かあった場合の資金対策として
必要であるが、これが適正金額であるかどうかは判断のしようが無い。
また企業毎にいろいろな考えがあるので一応という基準が無い。
こういう事を研究している経済学者や経済研究所もあるのだろが、日本中の
企業を対象にしてできる訳が無い。
これからの日本は税金も上がるし物の価格も上がるだろう。
それに伴う福祉行政がついて行けるかが不安である。

もっとも以前から鰹節や肉などを買うときはグラム数と値段を比較して
買ってはいた。猫や犬にやるチー鱈などもそうだ。
今度、買い物に行った時に内容量をよく見てみよう。
しかしお菓子などは好みの味が一番でありグラム数や個数を考えることは
無いだろう。

上限を超えたから

2017年11月21日

【上限を超えたから】



時間外労働に関する労使協定(36協定)で定めた月100時間の上限を
超えて医師に残業させたとして岐阜労働基準監督署から是正勧告を受け、
岐阜市民病院(同市鹿島町)が、上限を150時間とする協定を結び直して
いたことが18日分かった。「労働基準法の趣旨に反し、ナンセンスだ」と
批判の声が上がっている。


労使協定が守られず、上限を超える勤務が常態化したので、上限を
上げたという、何と短絡的な思考方法か。
そもそも医師が不足なのが原因であろうが、その対策は取らなかったのか。
行政に相談しなかったのか。相談があったならば行政はきちんと対応したのか。
疑問だらけの事件である。是正勧告を受けて改悪したのだから、これは
完全に法律を無理した事件である。
まして同じ行政の中の市民病院の事である。
こんな事をしていたら、いずれ医師はみんな辞めていく。
こんな事をして市民病院が無くなれば、そちらの方が大きな問題だろう。
どうも行政が何をどう考えているのかわからない。

どこの地方も都市も医者不足なのが現実である。
高齢化社会が本格化してきた現代において、これは国が抜本的対策を
考えない限り解消は難しい。
国の財政難もあるだろうが、高齢者に負担を増やす以外の政策を
とっていない現実を見ると、こと医療関係の未来は日本は厳しい。

幸い小生の住んでいる地域は病院が多い。幸せな事だ。
(ちなみに学校も多いのだが、特に老人向けの整骨院やマッサージ関連が
 多く、八幡製鉄所全盛時代の名残なのだろう)
歩いて10分以内に眼科2軒、小児科2軒、内科3軒、外科3軒、
泌尿器科1軒、耳鼻咽喉科1軒、皮膚科2軒、歯科3軒、精神科1軒、
整骨院やマッサージ関連はもう無数と言っていいほど。
車で10分以内だと数えられないほどあるし、大きな病院も2つある。
それでも、やっていけるというのが不思議なくらいだ。
医療過疎の地域の人が移り住んだら驚くに違いない。

話は飛ぶが、学校も統廃合されたと言いつつ、まだまだ多い。
小生の母校の小学校なんて各学年1クラスで、それも1クラスが
30人がやっと。それでも給食施設(米飯もOK)はあるし、
若い人が住むにはスーパー、学校、病院等すべて揃っていて、
私立美術館、私立体育館も近く、公園もたくさんあり、本当に住みやすい。
しかも北九州市は子育て応援は全国1である。
町内には空き家が目立つが、若い人が越してこないかと、いつも思っている。
町内で61歳になって、若手と言われても困るのである。

【私有地通行妨害トラブル】


「私有地」と主張する平野容疑者ですが、登記簿上は周辺住民との「共有地」。
2年前の事件で執行猶予付きの有罪判決を受けた平野容疑者。8日の事件は
執行猶予中に起きていた。
夫の逮捕に妻は・・・・

「これ(私有地問題)が解決しない限り続くと思う」(平野容疑者の妻)

Q.ずっと続く?

「続くんじゃないですか?主人はやるでしょうね、命のある限り」

Q.それは止められない?

「九州の男はそうですよ」

本当のところがどうかわからないが、2年前の裁判もこの件で判決が出ており、
警察、検察も調べているだろうから、裁判所も、そう無茶苦茶な判決は
出さないだろう。

少なくとも妻の「九州の男」は無いだろう。
九州の男はこういうことはしないし、言わない。
まったく、それが九州の男のすることかと言いたい。
これだけは腹が立つ。
切腹でもして謝罪しろと言いたい。

我が家の近所にも道路に植木鉢や工事用コーンを置く馬鹿がいるが、
こういうのは本当に困る。別につきあいも無いが、もめるのも嫌だし、
注意などはしていない。でも、あれが原因で事故でも起こればいっそう
もめるかもしれない。
いよいよひどくなれば警察に訴えようとは思っている。

【オーム・アレフ・ひかりの輪】

アレフの施設が捜査を受けた。

オウム真理教から改称した教団主流派「アレフ」の信者の30代の男が、
アレフの名前を伏せた宗教勉強会の申し込み手続きで、契約書を結ばずに
札幌の20代女性を入会させたとして、道警公安1課は13日午前、
特定商取引法違反(書面不交付)容疑で、アレフ札幌白石施設(同市白石区)
などの家宅捜索を始めた。


一方、ひかりの輪は

オウム真理教の元幹部上祐史浩氏(54)が設立した「ひかりの輪」が、
松本智津夫死刑囚(62)=教祖名麻原彰晃=の影響下にはないとして、
団体規制法に基づく観察処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁
(林俊之裁判長)は25日、請求を認めて処分を取り消した。松本死刑囚への
帰依を深めるアレフ(オウムから改称)とは別団体だと判断した。


多くの犠牲者を出したオウム真理教事件だが、麻原彰晃はまだ死刑に
なっていない。そしてその団体は名前を変えて生きている。
犠牲者の家族や関係者はどう思っているだろうか。
また、ひかりの輪の信者の関係者はどう思っているだろうか。
日本は確かに信教の自由がある。しかし、この問題はそれ以前のことだ。
またオーム真理教に適用されなかった破防法は何の意味があるのだろうか。

小生は無神論、無宗教だが、神や宗教を否定するものでは無い。
それは個人の自由である。
しかし宗教の名前の元に犯罪が犯されるのは許せない。
古くは十字軍から今はオーム真理教まで。
キリストもマホメットも釈迦もそう思っているだろう。

小生は無神論者であり無宗教者だが、宗教を否定もしないし、
伝統的ないい意味での風習は好きである。
ただし金儲けや権力獲得のための宗教は毛嫌いする。
一部の思い違った信者のためにイスラム教は世界で非難を浴びている。
しかし本来のイスラム教は違うはずだ。
各宗教とも原点に返らなければならない時期に来ていると思う。
日本でも仏教で葬式をすると多額の費用がかかる。
釈迦はそんな事は何も言っていない。釈迦は生きている人を救うために
仏教を開いた。死んだ人の事は他の宗教に任せろと言っている。
宗教は生きている人が幸せを掴むための希望の光である。
日本の仏教界も考え直す必要がある。

話は変わるが我が家は納骨堂があるので小生が死んだら遺骨をそこに
収めてくれれば葬式も、後の法要も必要ないと思っている。
親父、お袋の葬式、仏壇、納骨堂、初盆、一周忌などで1千万円以上使った。
今、思えば本当に無駄な費用だった。
形では無く心の問題である。
我が家では御飯を炊いたら、まず仏壇と神棚にあげ、一緒にお茶もあげる。
井戸があるので水神様にもあげる。
線香は毎日4本供える。親父とお袋と家内の父親とサンタ(元飼い犬)の
分である。
小生は本来、土葬でも構わないが、それは法律上無理であるが、家内や
子供には葬式もしなくていいし、無駄な金を使うなと言っている。
また病気に伴う、いかなる延命治療もいらないと言っている。
管を何本も繋いだり、高価な薬など必要ない。
ただ自然に死んで行きたいと思っている。


リンク:オーム真理教 オーム真理教

リンク:アレフ アレフ 
ここ何度リンクを貼ってもうまくいかない。

リンク:ひかりの輪 ひかりの輪

リンク:破防法 破防法

【東京新聞記者、また意味不明な質問】


菅義偉官房長官は9日の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者が、
政府がトランプ米大統領の長女、イバンカ補佐官が関わる基金に資金を提供する
ことにより、幼児教育無償化の予算が削られるのではないかと質問したことに
ついて、「事実に基づいて質問してほしい」と苦言を呈した。


もし小生が東京新聞をとっていたら、すぐに他の新聞に変えると思う。
新聞記者にもいろいろいるだろうが、こういうのは問題外。
ひいてはその属する新聞社の品格に影響する。
そもそも新聞とは事実を報道するのが原点ではないのだろうか。
それが事実に反する質問を当の記者からするというのは最低の報道人である。
どういう理由でこの記者が担当するのかわからないが、新聞社の恥を外に
晒すよなものだ。まず勉強不足。そして常識不足。
こういう記者しか官房長官の記者会見に当てることができない新聞社の新聞を
読みたいとは思わない。
例えその記者が以前にどんな大スクープを為していたとしても。
記者は1人の社員ではあるが、同時に新聞社の顔でもある。そういうことが
東京新聞はわかっているのだろうか。どうもこの記者は以前から官房長官の
談話に対してずれたことを言い続けているが、何か怨念でもあるのだろうか。
それともこれが東京新聞の姿勢か。各新聞社は今までに素晴らしい人材を
輩出してきたが、もうそれも夢幻の世界になってしまったのか。
レベルの低い記者は社内で再教育してから出して欲しいものだ。

集落で村八分

2017年11月11日
【集落で村八分】

大分県弁護士会は6日、就農のため県北部の出身地の集落(14世帯)に
Uターンした男性の世帯に対し、集落全体で「村八分」をしているとして
村八分をやめるよう是正勧告したと発表した。


この記事からはわからないが、小さな年寄りしかいない小さな集落で、
地区のボスみたいのがいるような気がする。しょせん消滅する集落だろう。
大分県では3件目だそうだ。大分県民を非難するつもりは無いが、
大分県出身の母親を顧みれば、確かにそういう県民性はある。

男性は母親の介護のため、2009年に関西からUターンしたが、11年ごろ、
農地開拓の補助金の支払われ方に疑問を呈し住民とトラブルになった。
母の死後の13年、集落は会議を開き男性を自治会の構成員に入れないと決定。
その後、男性は豊作祈願などの行事の通達をしてもらえなかったり、市報が
配布されなかったりしている


一般のサラリーマンにはわからないだろうが、農家は周辺住民の協力が
なければ難しいところがある。豊作祈願などはどうでもいいが、市報を
配布されないというのは、ちょっと行き過ぎだろう。市民である以上は
受け取る権利があり、市は地域住民に委託しているのだから、事情は
どうであれ、委託された人(集落)は配布する義務があると思う。
村八分と言うが、江戸時代の村八分でも冠婚葬祭や最低限の共同作業は
別だった。それはそれで意味のある習慣として存在した。
これは村八分では無く差別である。その集落は何をこの人に求めているのか。
この人も思いきってこの集落は捨てた方がいい。このような集落はどうせ
将来は消滅する。土地、建物は売れば安く買いたたかれるだろうから、
しばらくは放っておいたらいい。

集落がある市は取材に「まだ事情を聞いておらず、コメントできない」と
話した。


これが行政の態度である。その集落にも行政から何らかの支援があっている
はずで、あとは任せっきりで、金さえ出していれば、あとは知らぬ存ぜぬで
変な集落のボスみたなのが出てきてしまう。
市報が届いていないというのは行政にとっては完全な落ち度。
しかもそれが村八分が原因というお粗末なもの。
14世帯の全員がこの人に対して悪い感情を持っているとは思えず、ボスに
逆らえないのではないだろうか。逆らえば今度は自分が村八分になるという
恐怖心。

まあ以上は小生が勝手に考えたことだが、たまには、この人の方が異常で
集落に溶け込めず、集落も手に負えずといったこともありうる。
どうもお互いの言い分が錯綜して真実がわからない。
事態や真相がもっと判れば行政の対応の是非も判明するだろう。
このニュースは続報を見てみたい。

【「糖質0グラムの麺」に「レタス約4個分の食物繊維含有」】

この表題は以下の記事から。

先日、コンビニエンスストアで販売されていた「糖質0グラムの麺」を
カレーうどん風にして食べてみました。一個人としての意見ですが、
「こんなものなら、もう麺を食べなくてもいいかも」というくらい、期待を
裏切られました。このような麺が販売されているということは、世の中に
ニーズが少なからずあるのでしょうか。糖質を控えたいのなら、
「本物の麺」を半玉に減らすとか、夕食の「肉じゃが」の予定を「肉豆腐」に
変えるなど、「一日に摂取する糖質量」を調整すればいいのですが、
わかりにくいし面倒くさい。
そしてパッケージには、「レタス約4個分の食物繊維含有」と表記されています。
「ああ、またこの手のアピールか……」とさらにゲンナリしました。


この記事でコンビニ名は掲載されていないが、コンビニに行けばわかるだろう。
そもそも比較対象を繊維質の少ないレタスにしているのがほとんど詐欺。
例えばゴボウ50グラム(1回に食べるキンピラ程度)とレタス1個で
同じぐらいの繊維質である。しかも繊維質を多く摂るのがものすごく
いいような風潮があるが、それも程度もので、鉄分やカルシウムなどは
繊維質を過剰に摂取すると十分に摂れなくなるという悪影響となる。
売れりゃあいいというような安易なキャッチコピーを出す会社のポリシーは
最低だと思う。こういうのがあると、その会社のいい商品もすべて悪く
思えてくる。この会社、信用していいのかとつい思ってしまう。
日本には謙虚という美徳があったが、どうも最近薄れてきたようだ。
まあコンビニに謙虚さを求めてもしょうがないが、誇大妄想させるような
宣伝文句はいかがなものか。それを作成した人物、それの使用を決めた人物、
こういうのが居る会社は怖い。

消費者といのは騙されやすい。騙すというまでは無いが、通販などで購入した
商品は思ったほどはいいということが無い。安い値段に見合ったという程度。
深夜から早朝にかけてTVの通販番組の多さには呆れてしまう。
これだけCMに金を使っても儲かるのだから、仕入値がどれほど安いか
想像がつく。コールセンターのアルバイト料だってかなりのものだろう。
平和ボケの日本ならではだが、金をくれるスポンサーとしてTV局としては
美味しい存在だとしても、局のポリシーとしてはいかがなものか。
深夜や早朝にももっといい番組があればとつくづく思う。

【配膳ミスでパン食べ重体】

山梨・南アルプス市の老人ホームで10月、職員が、入居する77歳の女性に、
誤ってパンを配膳し、パンを喉に詰まらせた女性は、現在も意識不明の重体と
なっている。
10月18日、南アルプス市の老人ホーム「白根聖明園」で、柔らかい食事
しか食べられない認知症の77歳の女性に、職員が誤って、朝食にパンを
提供した。
女性は、食べたパンを喉に詰まらせて病院に運ばれ、現在も意識不明の
重体となっている。
この施設では、3月にも同じ女性に、別の職員が、誤ってパンを提供していた。
施設長は、「利用者さま、ご家族の方には、大変申し訳なく思っている。
今後、再発防止に努めたい」とコメントしている。


このニュース記事を読んでどう思うかは人それぞれだと思う。
誰でも、まず「けしからん」と思うのは当然である。
小生はまず、この施設の態度を遺憾に思う。
1度さえ、あってはならぬ事が2度繰り返されている。
施設長の「大変申し訳なく思っている」というコメントだが、
これは本心だろうか。
もちろん申し訳なくは思っているだろうが、相手は77歳。
裁判になって慰謝料を支払うことになっても額は低い。
それに「今後、再発防止に努めたい」というコメントだが、
以前にも発生している事故が再び起こるということは、前回の事故後、
何も対策を考えもせず、実施もしなかったということ。
おそらく今後もこの施設に改善の期待はできないだろう。

2番目に思う事は、これが人員にゆとりがあったならば、また違って
いたかも知れないということ。1人が準備し、もう1人が必ず確認する
ような体制であれば発生しなかったかもしれない。まあ、それでも人間は
間違うことがあるが、事故の発生する確率はぐんと低くなるだろう。
つまり介護士不足、ヘルパー不足が原因のひとつであると思う。
綺麗な仕事でも楽な仕事でも無い介護の仕事に進んで携わる人は少なく、
賃金面や労働時間も考慮されていない現状では当たり前だ。
小生は求職中だが、NETで見ても、求人チラシを見ても、半分近くは
介護職員の募集で埋まっている。
人的資源に溢れて労働時間にゆとりができ、しかも高給になれば、かなり
こういう事故の発生は低下するのではないだろうか。
これは行政が関与しなければ絶対に解決しない問題である。

3番目に思うのは、最初の事故に際にどういう事が実施されたのだろうか
ということである。何かを改善し再発防止に取り組んだのか。
それともただみんなで今後注意しましょうと言うだけで終わったのか。
知識不足でわからないが、こういうのは行政に届け出する義務は無いのか。
もし義務があれば、行政はそれを確認したのだろうか。

死んだ親父もお袋も病院と老健の往復だった。両方とも最後まで頭は
しっかりとしていたが、親父はパーキンソンで身体の自由が効かず、
最後は肺炎だったが、これも今思えば少し怪しい。
お袋はかなり黒に近い灰色の手術失敗と思っている。
胃瘻といってお腹に穴を開けて直接そこから食物を取ることができる
ようにする手術だったが、午前中に手術をして夕方には死んだ。
小生は医療関係の本もかなり読んでしたので、手術の失敗と思ったが、
それまで本当に施設の方々がよくしてくれたので、訴訟などは考えなかった。
現在の介護施設などの人員不足では、こういった人間的な繋がりまでは
無理である。こういう施設に勤める方は本来は病人を見れば涙が流れるほどの
人間性を求められるのだが、現状ではとうてい実現できない。
これから高齢化がいっそう進む日本の大きな問題である。

【福岡ソフトバンク 優勝!】

福岡ソフトバンク 優勝!
選手、コーチ、監督、他球団関係者、ファンのみなさん、
優勝おめでとうございます。
にわかファンですが、一応地元ですので嬉しいです。

これだけです。

引越事故賠償金

2017年11月03日
【引越事故賠償金】 

「アート引越センター」で知られるアートコーポレーションの元従業員が
Twitterに投稿した給与明細が物議を醸してる。この給与明細では
「引越事故賠償金」とする欄で11万3550円が天引きされ、差引支給額は
マイナス1000円となっており、投稿者は「アート引越センターは給料を
勝手に引く超絶ブラック企業」「辞めてからも毎月支払い催促の手紙が
来ます」と自身の現状を訴えている。


この件はすでに別の方が訴訟を起こしている。
この天引きされた従業員はアルバイトでは無く、正社員である。
もっとも天引きの金額にはいろいろと事情もあるようだ。
法律的には会社への賠償金は通常の常識の範囲内では違法では無い。

小生が思うには、会社の言い分も理解はできるが、こういう会社に
未来は無いように思われる。やっぱり従業員を大切にし、家族的な思いで
育てる企業でなければ成長は難しい。まるで自分の首を絞めているようだ。
よっぽどの悪質なミス等でなければ会社または上司が庇って、社員を
育てなければ有能ないい人材はできないと思う。
それをせこく給料天引きで賠償させる会社に誰が愛着を持つだろうか。
この人だけで無く、現在いる従業員も以前からの制度とはいえ、
会社にいい印象は持っていないのではないだろうか。
そりゃ会社に何百万円の損失を与えたとか、しょっちゅう何十回も
同じミスを繰り返すといった場合は別だろうが。
誰しも好きでミスしたり間違ったりしているのではない。
もっと長い目で見て従業員を育てることはできないのだろうか。
これを読んだ人はこの会社に就職は考えないようになるかも知れないし、
引越も頼まないようになるかも知れない。
それを考えると天引き額は非常に大きな代償を支払ったように感じる。

企業祭

2017年11月02日
【企業祭】

今年は11月3、4、5日。昔は16、17、18日と固定していて
平日の時もあった。もっとも学校も1日は休みになった。考えてみれば
1企業の創業に学校が休みになるというのはすごいものだ。
で、今は祭日や土、日を含めるように開催日が設定されている。
企業祭というぐらいだから、昔の八幡製鐵の企業を祝って開催されたものだ。
八幡は(戸畑もそうだが)八幡製鐵で発展してきた街である。
現在はそれほどでも無いが、それでも関連企業や下請け企業は多い。

いろいろと思い出はあるが、高校3年生のときは18日に雪が降って、
寒くてたまらず、みんなで雀荘に掛け込んで、麻雀をしたとか、
まだ親父が勤務していて、工場見学に行ったら、親父が得意げな顔を
していたとか、毎年、梅が枝餅の値段が上がったとかを思い出す。
今は行くことも無いが子供が幼いときは毎年連れて行った。

開催地近辺は駐車場も少なく交通規制も行われるので、公共の交通機関を
使った方がいい。露店も数百軒ならび、いろいろな催しも開催される。

詳しくはリンクで

リンク:企業祭 企業祭

【シカ駆除数水増し、補助金不正受給多発】

情けない話だが、問題は深い。
まず猟銃による駆除は、ほとんど地元の猟友会が行うが、最近は
会員が減っているし、高齢化がここでも深刻な問題になっている。
また、駆除に伴う手間、費用に比べて、得られる金額が低い。
小生の叔父も猟友会に入って鹿や猪の駆除を行っていたが、
鹿は肉も安く、玉代にもならないので主に罠で獲ると言っていた。
こういう所にも原因がある。

宅地の増加による森林伐採などで住宅地に出てくる鹿が増加しているが、
鹿が極端に増加すると森は死んでしまう。鹿は冬季は餌が無いために、
樹木の樹皮まで剥いで、すべて食べてしまう。そうなると木は枯れ死する。
見た目は可愛い鹿だが、とてつもない厄介者である。
また猪肉は鹿肉より高額で取引されるし、一頭から採れる肉に量も多い。
駆除する側から言えば猪の方が分がいい。
叔父は熊本県と宮崎県の境ぐらいに住んでいたが、遠くは山口県まで
呼ばれて行くこともあった。それほど現在は人員が不足している。
駆除を本格的に考えるならば人員の育成や助成金の見直しをしなければ
いつまで経っても、まっとうな駆除はできない。
農作物や森林の被害額に比べれば、助成金をもっと上げても割に合うはずだ。
また電気柵での対策は進入を防止するだけで本当の駆除とはならないし、
その費用も馬鹿にならない。

ちなみに小生は猪肉も鹿肉も大好物である。
その中でも猪肉は塩焼き、鹿肉は刺身が一番好きだ。
ジビエ料理などの普及に努めるのも一つの方法である。

リンク:ジビエ ジビエ

【同姓同名87人 ギネスには届かず


同姓同名の人が集まってギネス世界記録に挑戦しようと、全国の「〇〇〇〇」
さんが28日、東京都内で一堂に会した。世界最多記録には届かなかったが、
87人が足を運んだ。


日本人の姓は世界的にも結構多い方だそうだ。
しかも今はキラキラネームとかで名の方も無理矢理付けた当て字にも
ならないような名が多くなって、同姓同名はなかなか難しくなったと思う。
以前、NET上で調べたら、小生も1人、佐賀県に同姓同名がいるようだ。
同姓同名が居るというのは、嬉しいような、嬉しくないような。
やっぱり日本で1人の方がいいかなと思う。我が一族の姓は平家の落人の
姓で比較的珍しいのだが、それでも子供3人も同姓同名が若干いるようだ。
子供の名前は流行とかで無く、付けたのだが、それでも重なるというのは
確率ではどのくらいになるのだろうか。それでも同じ名前の村もあるし、
日本中で1万人以上はいると思う。昔、四国を旅したときに会った、
「小鳥遊」さんなんて、100人もいるのだろうか。ちなみに「小鳥遊」は
「たかなし」と読む。名では親父の友人に「、」「唱」という人がいた。
「、」で「しめす」、「唱」は「かのう」と読む。
こういう名だったら、なかなか居ないのでは。
娘は「藍」だが、これも姓が〇〇だから同姓同名がなかなか居ないが、
嫁に行って姓が変われば、ごく普通の姓名になって同姓同名が増えるかも。

有機農業

2017年10月29日
【有機農業】

千葉県いすみ市は27日、全13市立小中学校の給食で使用するご飯
について、全量を無農薬無化学肥料の有機米に改めた。
今後、継続して実施する。市は環境保全型農業を推進し、給食のご飯は
有機米で賄うとの目標を掲げていた。こうした試みは全国初という。


確かに目指すところは素晴らしいと思う。有機米は手間がかかる分、
価格も高いと思うが、それでも始めた事は有意義だと思う。
ただし、全国の市町村がこれを実施できるかというと100%不可能。
まず有機米の絶対量が足りない。13しか小中学校がないからでるのだ。
しかし小さな市町村から、ぜひ初めてもらいたいものだ。

ところで小生は元JA職員だったので、米作の事は少々は知っている。
田植え前には育苗センター、刈り取り後にはライスセンターへ毎年
手伝いに行かされたものだ。
なんと言っても手間がかかる。最近は農薬の散布も厳しい制限ができて
非常に農家は苦労している。場所によっては近年増えた猪や鹿の被害も
大きい。なんと言っても自然が相手なので干魃、日照不足、大雨、
台風等々、どうにもならない事が多い。
しかし外米に比べ食べ慣れた日本のお米は、やはり美味しいと思う。
有機農業は農薬、化学肥料代は掛からないが、その分、虫害もあるし、
育てる難しさがある。それでも昔に比べれば農薬など使用する量が
かなり減っているのではないかと思う。
これからの新しい農業の形だろうと思うし、改善や発見の分野でもあると
思う。企業の研究機関、公的機関の研究に期待したい。
(例えば米が葡萄のような大きさになる稲とか・・・)

ドラフト会議

2017年10月28日
【ドラフト会議】

一昨日、今年のドラフト会議が行われた。
ご承知のように、指名が重なった場合は抽選になり、2位以下は
ペントレースの順位の下から指名するというもの。(と思う)
確かにプロ野球球団のレベルを均一化するには一つの方法であり、
無茶苦茶な高額の契約金を抑えるという効果もあるだろう。
(無ければ裕福な球団が断然有利になってしまう)

しかし1人の人生が球団のレベルの均一化のために決められて
いいのかと思う。契約金の高騰化も、あくまでも球団側の事情であって
最高額を決めていればいい問題であり、選手側の意思がまったくない
現在のドラフト会議は、まるで奴隷の人身売買のように思えてならない。
普通の会社に入るのだって、入る方も取る方も選択の余地がある。
現在のプロ野球のドラフト会議では、選手側には拒否か逆指名
(これもすべてうまくいくとは限らない)という、ささやかな抵抗しかない。

またプロ野球の球団均一化と言うが、首位と何十ゲーム差の球団が
存在しているのも事実であり、決して均一化は実現されていない。
均一化というような事は球団の選手の育て方なども大きく影響し、
ドラフト会議でいい選手を取ったからといって、結果はさほどないような
気がする。ましてドラフト会議で上位指名した選手が必ず活躍するとは
限らない。下位指名の選手が大活躍する方が多い場合もある。
日本のプロ野球は12球団しか無いので淘汰は難しいが、本来は
そういう球団は淘汰されて消えていくべきだと思う。

今のドラフト会議はベターであるにしてもベストでは無い。
再度、プロ野球全体で、ドラフト会議を考え直していく必要があるのでは
ないだろうか。

【日産自動車不正問題】

神戸製鋼に続きまた大手企業による不正事件が発生した。
内容は周知の事実だが、小生が思うのは一部の上部役員、社員のせいで
苦しむのは一般の従業員ということだ。
また関連企業、販売店、その社員と被害はユーザーだけでなく、
無限に拡がっていく。
日産幹部の言い訳も見苦しい。釈明の後も不正が続くなど完全に
ユーザーを舐めている。
これは謝罪の段階では無い。日産役員は総辞任で退職金は社員や
関連企業の被害救済に当てるべきだろう。
完全な組織ぐるみの犯罪であるが、末端の従業員は、まったく知らないし
関係の無い事である。こういう時に労組がしっかりして欲しい。
ただボーナスが無くなるとかとかではなく、内部留保を取り崩しても
今までの年間所得の維持はして欲しいものだ。

日本の企業の膿がどんどん出てくる。海外での日本企業に対する評価も
相当下がるだろう。
怠慢が原因か、自信過剰が原因か、単なる手抜きか、人員不足が原因か、
それにしても、自己監査体制がまったく機能していない。
小生も関わったが金融機関ではコンプライアンスの研修が非常に多く、
厳格にチェックされている。年間、何回か頭が痛くなるほど複雑な
チェックシートを作成し、提出させられる。
製造業でも行われていると思うが、神戸製鋼にしろ日産にしろ、
まったくこれも機能していなかった。
チェックするべき行政も機能していなかった。
行政の責任も大きい。
これでは国内でも国外でも今後も信用は落ちる。

囲碁と将棋

2017年10月23日
【囲碁と将棋】

囲碁の世界に7冠が出た。将棋では随分前に羽生善治棋士が
7冠を達成している。
小生はどちらもするが、将棋の方がやや得意であるし、手軽である。
盤も駒も紙でさえ作れる。高校1年のときにクラスになぜか
将棋好きのやつが多くて、いつも指していた記憶がある。
大学でも将棋部に所属していた。
もう亡くなったが母方の2人の伯父が将棋が好きで、何時間も
付き合わされたものだ。(もっとも両方とも小生にはかなわなかったが)
今でも日曜日に放送される将棋と囲碁の時間は毎週見ている。

囲碁はどちらかというと武士や貴族のイメージで、
将棋は何となく庶民という感じである。
おそらく囲碁の世界に坂田三吉のような棋士は出てこないだろう。
将棋はの指し手は10の220乗、囲碁は10の360乗あるが、
将棋は取った相手の駒を使えることで、それ以上の奥の深さを
編み出している。世界中のゲームの中でこの得意なルールは他に無い。
で、ニュース性はやっぱり将棋の方が圧倒的に大きいと思われる。
囲碁の棋士と将棋の棋士のネームバリューを考えるとそうなる。
将棋を指すと数学の図形に強くなるという。
ただし小生は図形に強くなる前の段階で数学を見放したのでよく
わからない。(逆に数学に見放されたのかも)
何にせよ、この2つの世界が発展するのは平和的で好ましい。

リンク:坂田三吉 坂田三吉

リンク:将棋 将棋

リンク:囲碁 囲碁

【ホークス、日本シリーズ出場決定!】

2連敗したときはどうなるのかと思った。
さすがホークス!
後は日本一を獲得するだけ。
やっぱり選手層の厚さの違いだと思う。
柳田くんが出なくても頑張った。
そして出てくれば圧勝!
日本シリーズもこの勢いで制覇して欲しい。

1にわかファンも嬉しいです。

【神戸製鋼データ改竄問題】

神戸製鋼所の検査データ改ざん問題は、アルミ・銅製品から主力の鉄鋼製品にも
広がり、納入先は国内外の約500社に拡大した。今後の焦点は不正があった
金属素材が安全かどうかだ。神戸製鋼は改ざん前の正しいデータを納入先に
示し、強度などの安全性を再確認するとしている。問題となった金属素材が
最終的に安全かどうかを判断するのは各メーカーだが、その判断によっては、
神戸製鋼の経営に深刻な打撃を与える可能性もある。


この事件は今後大きな影響をもたらす。
以前発生した構造計算書偽造問題と同様に多数の会社や人間に関わってくる。
構造計算書偽造問題では建設会社、設計事務所、該当物件の購入者、
該当物件に住む住民、地公体など、そうとうな企業と人間に大きな被害を
もたらした。該当した会社、人物だけでなく、その会社の他の社員、その家族、
同業者などを考えると何十万人という規模になるだろう。また経済的な被害は
とても計算できないほど莫大なものである。被害物件の補償やとばっちりを
受けた関係者のことを考えれば天文学的数字になるだろう。しかも裁判で
勝訴しても補償を受けることは加害者の経済力を考えれば、とうてい無理で
泣き寝入りという状態である。しかも公的建築物がこれに該当すれば
住民の税金で建て替えなければならず、直接関係の無い、一般住民も
知らない間に被害者となっている可能性もある。

リンク:構造計算書偽造問題 構造計算書偽造問題

ちなみに小生の知り合いで設計関係の仕事をしていたが、仕事が激減しので
転職したり、木村建設の本社は小生の故郷に近く、そこに勤めていて倒産の
ために職を失った親戚もいる。

また製品の品質を最終確認し、場合によっては出荷を差し止める権限を持つ
品質保証担当者が自ら、検査データを改ざんしていた例があることがわかった。
製造部門から独立し、品質の維持を厳しく監視することが求められている立場の
従業員が積極的に関わっていたことで、改ざんが組織ぐるみだった構図が
さらに強まった。

もう、こうなると終わりだな。
アルミなんて飛行機や新幹線などだけではなく、リチウム電池にも
使われているし、自動車会社はすべて、何かの部品に使用、ダイキンと
三菱電機はエアコンに使用、これでは何が安全か全然不明。
神戸製鋼の社員が「今年の冬のボーナスは無しだな」とつぶやいたと
言うが、ボーナスどころか倒産や社員の馘切りだってありうる。
外国にもかなり輸出していて、外国はこういうのには非常に厳しく、
相当な額の補償を言い出すだろう。

今回の問題は、そうとうな範囲で被害が広まり、場合によっては
構造計算書偽造問題どころではなくなる。
大きな問題として、まず考えられるのは自動車会社に納入された資材があり、
それが自動車の部品として使われているということである。
もしかしたら自分が乗っている自動車が強度不足の鉄板でできているかも
しれないのだ。
いつも乗っている電車や飛行機の部品が強度不足であったなら。
今、使っているバイクや自転車のフレームが強度不足であったなら。
また使用している家電などの部品が強度不足であったなら。
そう考えると、この事件の与える影響は非常に恐ろしい。
構造計算書偽造問題はことが建物だけに限定されていたが、今回はすべての
ものが対象になる可能性がある。

とにかくデータが渡された会社は強度不足の資材が何に使われたか、
強度は大丈夫かを至急調査して発表して欲しい。
資材を購入した会社も、いらぬ手間と費用がかかる。これも補償も今後
裁判等の対象になるかもしれない。
リコールがどのくらいの規模になるか想像もつかないが、額によっては
購入者は泣き寝入りになるかもしれない。
構造計算書偽造問題では多くの会社が倒産したが、神戸製鋼も多額の補償が
必要となり、また今後の収益は著しく低減するだろうと思われ、倒産の
可能性もある。もっとも、これだけ大きな会社になれば国がなんらかの
対策に出てくることも考えられる。

いらぬ世話だが、神戸製鋼のラグビー部はどうなるのだろうか。
ラグビーW杯がせっかく日本で開催されようとしている時に。
またデータの改竄とは違うが小生の車のエアーバックはいつ
修理されるのだろうか。エアーバックが修理されていない車は
車検に通らないと聞いたが。

子供の発達障害

2017年10月21日
【子供の発達障害】

すこし前の記事で掲載されていたが、記憶に残っていた。
何故かというと、家内は学童保育にパートで行っているのだが、
その小学校は発達障害の児童を受け入れる指定校のような感じで、
学童保育にも数人の発達障害の子がいて、いつも大変だと
言っているからである。
みんなの輪の中に入っていけない子、いきなり暴れ出す子、
仲が悪いのに、いつも2人でいてケンカばかりしている子など
いろいろといるらしい。

その記事では発達障害は幼児の時からすでに始まっていて、
矯正しなければ成人しても続くらしい。
しかし行動が異常であってもそれは正常の反対の異常ではなく、
通常の反対の異常だという。例えば、左利きの人は少ないが、
それは正常の反対ではなく、通常(ここでは右利き)に対する異常である。
主立った兆候としては、何かやらない異常、周りとは異なった行動をする。
例えば授業で周りは声を出して本を読んでいるのに、1人だけしない。
逆に何かをやる異常、授業中に教室で1人だけ歩き回るなど。
そして一番わかりにくいのが目に見えない異常。
例えば、リンゴ3個とミカン2個を足したら、いくつになるかという
問題で普通の人は5個と答えるが、リンゴとミカンは足せない、
または何故リンゴとミカンを足す必要があるのかと考える。
これは、そう言われれば、そうなのである。
大人でもビルとチョコを足せと言われれば、おかしいと思う。

小生、この足し算の例を読んだ時、理由はわからないが、こういう人間の
思考方法が、成長した後に思わぬ発明などに繋がるのではないかと思った。
発達障害といえ、そういう思考方法をねじ曲げるようなことはせずに、
むしろ良い方向に伸ばしてやるのがベストではないだろうか。
とは言え、やはり発達障害の子供持つ親は大変である。
小生の孫の1人も発達障害と言われている。まあ、落ち着きが無く、
逆に夢中になると周りが極端に見えなく無くなってしまう。
接していて、まったくわからないのだが。

【続 日本の司法業界】

「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が景品表示法違反(有利誤認表示)の
広告をしたとして2カ月の業務停止処分を受けた問題で、東京弁護士会が
設けた臨時電話相談窓口への相談が、受け付けを始めた12日から13日までの
2日間で、約2千件に上ったことがわかった。
同弁護士会によると、電話相談窓口(03・6257・1007)は、平日の
午前9時~午後5時に受け付けている。同事務所の依頼者が対象で、弁護士
10人態勢で対応しているが、電話が鳴り続けている状態。「アディーレ法律
事務所と連絡がとれない」「既に支払った弁護士費用や着手金、預かり金は
どうなるのか」など、不安を訴える内容が多いという。


弁護士というのは特異な団体で、すべての弁護士は弁護士団体に必ず
属さなければならない。そして懲罰は司法や行政では無く、この団体が
権利を持っている。一番軽いのは戒告、いわゆる口頭注意である。
次が今回のような営業停止。1日から2年まであるが、2ヶ月間は
かなり重い部類だろう。次は退会命令でこれは仕事ができなくなる。
もっとも他の弁護士会に入ることができれば仕事はできるが、そのような
人物は100%引き受けない。
一番重いのは除名処分でこれは弁護士資格の停止となる。

まず問題になるのは法律事務所の財政状態だろう。
これだけ広告を打ち出していれば多額の経費がかかるし、事務所の経費や
専属であれば給与も業務停止でも支払わなければならない。
この弁護士事務所は日本で6番目の大きさで、属する弁護士は180人以上、
経験5年未満の若手弁護士が多くを占める。他の弁護士事務所と違うのは
他は企業との関係が多いが、ここはこのCMのように過払い金請求が
主で、それで大きくなった弁護士事務所である。
今後どうなることやら。
しかもこれが法律事務所というのが問題だろう。
まさか倒産はしないと思うが。
旅行業界で倒産事件があったが、今後は司法業界でも預託金制度を
取り入れる必要があるかもしれない。旅行業界の預託金は結構高額だったが、
それでも追いつかないので増額という結果。一業者の乱脈経営が
全業者の首を絞める。
しかし結局は、どれだけ増額しても追いつかないのが現実であり、
第三者機関による財政状態の定期的監査が必要であり、それでも
監査法人と結託して偽報告を出したりする悪徳業者が現れたりする。
何をするにも、やはり実績や信用のある会社を選ぶのが最低の防備である。

監査というのは嫌な仕事である。小生も現役最後は監査室にいて、
監査業務をしていたが、ある意味では粗探し。ミスや不正を発見するのが
本道だが、まあ好かれる仕事では無い。嫌われるぐらい厳格にしなければ
仕事はできないのである。

ちょっと事例は逸れるかも知れないが、もう随分前のことだが、
小生宅が台風の被害にあった。屋根瓦が風ですべて歪んでしまった。
まあ雨漏りもしないので、そのままに放っておいたら、ある建築業者の
営業マンが勝手に写真を撮って、「こんなに曲がっていますよ、これは
修繕しないと先々雨漏りが起きます」と売り込みに来た。
見積もりは無料ということで、算出してもらうと55万円だった。
念のため、家を建てた大工さん(個人営業)に、その当時の瓦屋さん
(こちらも個人営業)を尋ねて教えてもらい、見積もりを出してもらったら、
なんと27万円。先の業者の半額以下。
修理は建物保険で出るので、27万円の見積もりで保険を請求したら、
出た保険金は45万円(修理代の他にもろもろの費用が入るらしい)。
でも瓦屋さんに支払ったのは最初の27万円のみ。焼け太りというのが
あるが、瓦太りという結果になった。
あまり参考事例にならないが、やっぱり業者は選ぶべきである。

【お弁当に冷凍食品禁止の保育園】

冷凍食品全般と加工食品(ウインナー、練り物など)をお弁当に
入れることを「控えるように強くお願いしている」という福島県内の
ある保育園に話を聞いた。
同園では、1988年の開園時から「子どもの健康のため、食品添加物を
できるだけ避けた食事を与える」との方針を続けているという。
そのため、冷凍の加工食品や市販の菓子類を一切使用しない給食を
提供している。
取材に応じた保育士の女性は、そうした方針は、月に1回ほど設けられた
「お弁当の日「でも同様です。保護者の方にも、食品添加物を多く含む
冷凍食品や加工食品の使用を控えるように説明・指導を行っています」


この記事を読んだ時に中学生のころを思い浮かべた。
北九州市は中学の給食が非常に遅れ、やっと最近になって実施された。
(今、23歳になる娘も毎日、弁当だった)
当然、小生の頃は弁当だった。弁当の代わりに朝にパンを注文することもでき、
牛乳だけは何故か毎日ついていた。
その頃はまだ貧しい家庭の同級生の弁当は麦飯だった。
そんな中で、ある同級生の弁当のおかずは全品が必ず何かをほどこしてあり、
例えば、切っただけの蒲鉾なんぞは決して入っていなかった。
食に関する知識や情報が貧弱だった当時でも、すごいなと思ったものだ。

上記の保育園では入園前に保護者にちゃんと説明がしてあり、特段の問題も
無いようである。まあ月に1度の弁当では、それくらいはできるだろう。
これを読んで「そんなに主婦は暇では無い」と書き込んだ大馬鹿主婦がいる。
きっと冷凍食品ばかりを使って弁当はおろか、日常の食事も手を抜いて
いるのだろう。小生も冷凍食品がすべて悪いとは思わない。
実際、我が家は冷蔵庫が2台あり、冷凍室は3つあって、いつも満杯である。
でも、その中身は家で採れた三つ葉やゴーヤや御飯のあまりをを冷凍に
したものとかもある。また添加物がすべて悪い訳でも無く、添加物が無い
食品だけで暮らしていけば費用もそうとう多くなるし、まず無理である。
ただし、やはり減らすに越したことは無いが、添加物や農薬、化学肥料を
極端に避けるならば、自分で有機農業を始めるしかない。
そういう事も理解していない大馬鹿主婦が訳のわからぬ事を言い出すのだ。
そういう奴に限って中国産や韓国産の危ない物を食べている。
特に手抜き主婦は外食なども多いだろうが、これがかなり危険な事とは
わかっていないだろう。小生は外食は3ヶ月に1度のペースである。
もっとも貧乏というのが大きな原因だか。

(余談)
娘は小学校、中学校は小生と同じ学校。息子2人は中学校は本来の校区外の
学校。近くの親戚の住所を借りて家内と3人で住民票を移して進学した。
圧倒的にこちらの中学校の方が近いのである。校区の線引きは町とか
道路で別けられるが、小生の自宅の前は家は別の校区で、並びの2軒先も
別の校区。何とか距離でできないものかと思ったものである。
しかし娘の時は、もうそういう熱意は無くなったのか、家内はそのまま
遠くの正規の中学校に通わせた。ちなみに正規の中学までは歩いて15分で、
しかも小高い丘の上。息子達の中学校は歩いて5分、行きは下坂で3分。
しかし、息子の学校は通学路の途中は鄙びた駄菓子屋が1軒あるのみで、
小生や娘が通った通学路は、ちょっと寄れば、本屋やお好み焼き屋や
ちょっとした商店街があって、そういう意味では面白かった。
中学の生徒会活動(小生は図書委員長だった)の帰りに、週に2,3回は
お好み焼き屋やラーメン屋に寄ったものだ。

【三宅裕司、デトックスで体重12キロ減 鼻炎も治癒】

こういう記事を読むとダイエットで悩む人はすぐに飛びつくかもしれない。
健康商品やダイエット商品が過去にもいろいろと売り出されている。
しかし科学的に証明されていないものも多い。
最近では水素水というのがあったが、これも何も科学的根拠が無かった。
で、デトックスだが、要は食物等によって悪い物を対外に排出しようと
いうものである。要は解毒である。

リンク:デトックス デトックス

個人的に本人がいいと思えばそれでいいが、こういうのを公に記事にして
いいのだろうか。記事にするにしても科学的根拠は無いとかと注釈を
付けるべきではないだろうか。きっとすぐに飛びつく人が出るし、
悪徳商人が出てきて販売を開始する。
ちなみにNETでデトックスを検索すると、すでにそのような商品を
販売しているHPが出てくる。こういうのに規制はないのだろうか。
ダイエットの分野というのは、もちろん見た目というのが多いのだが、
中には病気治療の為というのもある。そう考えるとダイエットも医療の
分野であり、そこには、ある程度の規制が必要ではないだろうか。
どうも日本はその辺が甘いような気がする。それで効果も無い、根拠も
無い商品が次々と販売され、苦情も出てくる。
飽きやすい日本人の特性を狙った悪質な商売ではないのだろうか。
疑似科学という分野がある。興味のある人は読んでみると面白いだろう。

リンク:疑似科学 疑似科学

【遺族年金、18億円過払い 検査院指摘】

1万人抽出調査 資格喪失1000人に 。
厚生年金などに加入していた夫を亡くした妻らを対象に日本年金機構が
支給する遺族年金について、会計検査院がサンプル調査したところ、
再婚などで受給資格を失った1000人弱に支払いを続けていたことが
分かった。今春までの過払い額は計約18億円に上るが、そのうち約8億円は
5年の消滅時効を迎えており、返還請求手続きを取ることができない状態に
ある。

受給者約536万人を数える遺族年金について、検査院が大規模な過払いを
指摘するのは初めて。サンプル調査のため、実際の過払いの人数や金額は
もっと多いとみられる。年金機構を巡っては約590億円に上る振り替え
加算の支給漏れが発覚したばかりで、ずさんな運営に批判や不信が強まり
そうだ。

年金事務所の点検作業は、失権届の記載内容に不備がないかを外形的に
確かめるにとどまり、記載内容を戸籍などと照合する仕組みになって
いなかったことが主な原因という。検査院は近く、厚生労働省に対し
(1)過払いの防止策をとる
(2)年金機構に回収可能な過払い分の返還手続きを進めるよう指導する
などを求める方針。


支給漏れの次は過払い。
5年の消滅時効の8億円は結局泣き寝入りで年金を納めた人の丸損。
年金機構の役員、職員に払わせれよ。
年金事務所の点検作業は、失権届の記載内容に不備がないかを外形的に
確かめるにとどまるというが、そんなもの誰にでもできる簡単な作業。
高所得の職員の仕事がこの程度のレベルか。
他の行政のデータと摺り合わせれば、すぐに解決できる問題が、何故
今までそのままなのか。何のために多額の費用と手間を掛けて国民
に番号まで背負わせたのか。
摺り合わせのシステムなど簡単に作ることができる。
年金を貰う人は生活が豊かな人ばかりでは無い。貰った年金がすぐに
回収できるはずが無い。これも丸損の可能性が大。
しかも検査院が入るまでそれに気づきもしなかったのが怖い。
1万人で千件というから凄まじい。全部調査したら、どれだけ出てくるか。
「ずさんな運営に批判や不信が強まりそうだ。」とあるが、
もう誰も年金機構を信用していない。組織を再構築しても無駄。
新たな人材をもって新たな機構を創るしかない。
どこかの党が選挙公約にあげたら票が伸びたかも。

古物営業法

2017年10月15日
【古物営業法】

憲法もそうだが、発布して数十年が経ち、それでも改正もされなく
まったく時代に合わない法律が多い。憲法は発布されて70年以上
経つのだが、1回も改正されたことがない。例えば韓国、ドイツ、
フランスなどは数十回も改正されているのを見れば、こちらの方が
異常に見えてくる。
古物営業法もその一つだと思う。

リンク:古物営業法 古物営業法

なぜこの法律を持ち出したのかというとメルカリの問題である。
確かに誰でも、いつでも、どこでも不要品を売却することができて
便利なシステムである。
しかし便利であるがゆえに犯罪性も高い。
メルカリは古物営業法の対象外なのである。
しかし実態は明らかに古物の売買である。
例えば古物営業法では盗品の売買を防止するために本人確認が義務づけられて
いるが、メルカリでは非常に曖昧である。
また盗品の売買に関しては、そのものが盗品であることが判明した場合には
古物営業法では被害者に対する補償が明記されているが、メルカリには無い。
おそらくメルカリに出ている商品の中には、そうとう多くの盗品や詐欺商品が
含まれていると思われる。しかし実施者はそこまで完全には管理できていない。
いや現行のやり方や体制では管理しろと言う方が無理なのである。
便利ではあるが、被害者が発生するような商売を許していいのか。
そのためには古物営業法の改正が必要である。
メルカリでは本人確認のため氏名、住所、生年月日の登録義務や、
決済口座の確認、盗難被害者に対する補償対策などを打ち出しているが、
それでも犯罪の温床を払拭するのは無理だろう。
そもそも現物を見ることがなく売買するというのは、よほどの信頼関係の
上で成立するもので、メルカリでは無理なのである。
もうそのこと自体が犯罪性を含めている。

小生も通信販売では品物を購入したことがあるが、一般の価格より
安いものが多いが、やはり納得するものは少ない。まあ価格が安いからと
半ばあきらめ、半ば納得している。ちゃんとした業者でもこういう状態で、
それが不特定多数の人が売りに出している物であれば、小生はまず
疑いから入る。代金前払いの商品などは、まさに眉唾物だ。
必ず代金引換程度の自衛措置は採るべきである。

最近は、いろいろと新しい物が出てきて便利になったけど、それに
行政も法律も追いつかない。自分の身は自分で守るしかない。

日本の司法業界

2017年10月12日
【日本の司法業界】

過払い金の返還請求を手がける「〇〇法律事務所」が不適切な宣伝をした
として消費者庁から措置命令を受けたことについて、東京弁護士会は、
法人を2か月の業務停止処分にすると発表した。
「〇〇法律事務所」は、ホームページで着手金を全額返還する
キャンペーンを「1か月の期間限定」などと宣伝していたのに、実際は
5年近く続けていたとして、去年2月、消費者庁が景品表示法違反で
措置命令を出していた。


この法律事務所のCMをTVで毎日、何回も見る。
よっぽど、おいしい仕事なのだろうと思っている。
芸能人を使ったCMをこれだけ流すには、相当の費用がかかるはずだ。
それでもCMが続いているというのは、よほど儲かっているのだろう。
それでお金が返ってきた人もいるのだろうが、何か本末転倒のような
気がしてならない。

行政も少し考えなければならないのでないだろうか。
確かにグレーゾーンと言われた金融業者の利息はおかしいが、
これにその金利を支払った人は全国で相当な人数になると思う。
それならば行政が動いて制度化、法制化して、すべての人に対して
過払い金を返還するようにするのが、まっとうな道ではないか。
わざわざ経費を使って司法業者に頼まなくてもいいようにするべきでは
ないのだろうか。不当利益を返還させるのだから、その費用は
その業者が持つのが当然である。
もっとも一度に支払うと困る業者は分割(当然、その間は金利を付けて)を
してでも利用者に返還すべきであると思う。

行政は、おかしいと感じていても動かない。確かな証拠があっても
自らは決して動かない。だからこういう業者が出てくる。
何かおかしい。

学生数を削減

2017年10月09日
【学生数を削減】

まず東京23区はこれ以上大学の学部、学生を増やさないという。
まあ、これは少子化でもあるし、しかたが無い。
しかし学生が23区に集中するからという理由はちょっとおかしいと思う。
やはり有名な大学が東京に集中しているし、そういう大学を卒業すれば
就職も有利だろう。定員減でなければ少子化は門が広くなるということに
なり、まあまあである。
だが私立でまだまだ学生を増やしたいと思っていた大学は経営面で
大きな誤算だっただろう。
行政がこういうことを制限するのはどうかと思うが。

それにしても地元の福岡県では公立学校の定員を減らすという。
これは受験を控えた中学生にとっては厳しいだろう。
減らすということは教師も減らすのだろうか。
しかし英語の教師が数学を教えることはできないだろうから
そのままかな。
減らせないなら、そのままの定員数で行く方が、受験生にとっては
助かるだろう。それが即、学校のレベルの低下に繋がるとは思われない。
かえって少人数のクラスで授業を受けることができるメリットがある。
希望する者があれば、なるべく多く、費用が少なくて済む公立に受け入れる
のも教育費を抑える要因となる。つまり家計の負担が少なくなり、
ある意味での少子化対策になっている。

我が家のボンクラ長男、次男は私立の3流高校に通ったが、
入学してすぐのオリエンテーションが温泉地の一流ホテルで行われ、
その費用に魂消てしまった。なぜわざわざ他県の温泉地の一流ホテルで
行う必要があるのかわからない。教師の息抜きでも兼ねているのか。
それに制服や決められた鞄などもやけに高い。
そういう事を考えると公立へ進むのは一種の親孝行かもしれない。

2017年10月07日
【熊】

今年も各地で熊の被害が出ている。
やっかいな問題である。保護もしなければならないし、
出没する地域の住民の危険も排除しなければならない。
しかし熊にとってもいい迷惑だろう。勝手に人間が居住する地域を
広めて熊の住む領域に進出して来たわけだし、餌がある森林も
人間が勝手に開発して減少させたのだから。

熊に関する小説(ノンフィクション)も何冊か呼んだりしたが、
実際に小生の住む地域では関係が無いので、それほどピンとこないが、
45年ほど前に北海道を旅したときに駅の待合室で泊まろうとしたら、
熊が出る可能性があるという理由で断られた記憶がある。
また35年前に旅行で北海道に行ったときに札幌のすぐ近くの道路に
「熊出没注意」の看板を見たときは驚いた。

九州にも阿蘇に熊牧場などあるが、共存は難しい存在である。
熊の被害としては地元の福岡大学の事件が記憶に強い。


リンク:福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件

県民栄誉賞

2017年10月05日
【県民栄誉賞】

以下、あくまでも個人の考え。ファンの方、すみません。
県民栄誉賞というのがある。
当然、その県や地域の発展や文化などに貢献した人に与えるのだろう。
先日のニュースで歌手の引退が発表され、その歌手に某県で
県民栄誉賞を与えようと検討しているらしい。
ちょっとおかしくないか。
歌手は金を稼ぐ手段で県に貢献したわけでは無いだろう。
たとえ結果として県に貢献したとしても、そんな事をしたら
何千人という歌手や芸能人に県民栄誉賞を与えなければ不公平になる。
県民栄誉賞の価値も地に落ちる。
こういう賞は目立たなくても地道に地域の発展に貢献した人を
取り上げて感謝の意を含めて与えるのが本道だろう。

こういう賞のあり方についておかしいと以前から思っていた。
何もしていない人が受賞するのをよく見るが、なんでと思う。
例えば何十年と同じ仕事をしてきたとか、県の名前を広めたとかである。
そんなの日本中に腐るほどいる。たまたまその仕事が医師や
政治家であるという理由で与えるのはおかしい。
それでは場末の食堂の調理をしているじいさんでも、潰れかけたラーメン屋の
おやじが受賞してもおかしくない。
仕事上で行われたことに対して賞を与えるのは、新しい技術を開発したとか、
何かを発見したとか、無償で長期間に渡り何かに貢献したとか、
そういう人を優先すべきではないだろうか。

また県の名前を広めることが、それほど重要だろうか。
例えば観光地も少なく特産物も無いような県が、名前を広めても
誰が振り向くか。それ以前の問題である。
観光で収入を増加させるとか、農産物の出荷を広めて増加させるとか
いろいろと考えているのだろうが、名前が広まっても、何の役にも立たない。
行政の場当たり的な行動としか思えないのである。

【外国人観光客が増えるのはいいが】

東京オリンピックへ向けて外国人観光客が増えるのはいいが、
最近はそれ以上に外国人の犯罪が目立つ。
マナーの悪い観光客(主に中国人・韓国人)も困るがそれ以上の問題だ。
最近では中国人による他人の楽天のポイントで龍角散を不正に購入し
中国で販売していた奴とか、ベトナム人留学生の窃盗団とか。
日本は外国人の受け入れに甘い。(おかしな事に難民に対しては非常に
厳しいし、日本で産まれ育った不法入国者の子供などには厳しい)
観光客を伸ばすのがいいが、それと犯罪とは別問題であり、入国審査を
厳しくするとともに、入国条件ももっと厳しくするべきだ。
特に中国人、韓国人に対しては厳しくするべきだ。これは人種差別ではない。
この2国は生活水準が日本より低く、覚醒剤やコピー商品の持ち込みも多く、
犯罪率が以上に高い。
観光に来るのであれば、一定の資産(現金、預貯金、不動産)を持っている
はずであり、その額を各国に厳重に証明させる必要がある。
金も持っていなくて日本に来る観光客なんて、何のメリットも持っていない。
同時にテロを未然に防ぐ効果もあると思う。

留学生の犯罪だが、これは一般の観光客以上の問題である。
一部の留学生のせいで、その国の品位が疑われ、今後のその国の
留学生の受け入れに影響を及ぼす。日本人の資質として、そういうことが
あると、ずっと、ベトナム人留学生に対して、いい感情を持たず、
ベトナム人留学生と聞いただけで疑いの目を向ける。
留学生で来るぐらいなので学力はあるのだろうが、これも資産を
調査する必要がある。確かに日本での暮らしは物価も自国より高く
大変だろうが、学費・生活費かせぎにアルバイトに精を出しているのも
本末転倒のような気がする。小生の自宅近くのコンビニは8割が
留学生の店員だが、いつもせっかく日本まで来て勉強する時間を
アルバイトに費やすことは無いだろうと思っている。それならば
自国でより多くの時間を勉強に費やす方がいいような気がする。
もっともアルバイトをしながら、それはそれで日本から学ぶものも
あるのかも知れないが。

【天気予報を改革せよ】

豪雨や台風が続き、天気予報を見たり聞いたりすることが多かった。
それにしても新たに取り入れた「50年に一度」という表現は
これだけ頻発に出されると陳腐な気がする。同じ地域で、
「50年に一度」が何度も出る始末。次は「100年に一度」か。
注意を喚起するという思いで決めたのだろうが、もうこの表現では
その効力は無いような気がする。
いっそ10段階制にでもしたらどうだろうか。
1時間の降水量で10ミリ以上は2とか100ミリ以上は7とか。
それとも豪雨、超豪雨、超々豪雨などとするか。
ますますわかりにくい気がするが。

結局、お役所仕事でしか無く、見る方、聞く方の理解は放っている。
100歳のお年寄りでも、5歳の幼児でも理解でき、なおかつ
的確に把握できるように改善するべきである。自分達の貧弱な頭でしか
考えないからこういうことになる。もっと多くに人にアンケートや
意見を求めて100%とは言わないが、より多くの人がわかりやすい
表現方法を求めていくべきである。
「50年に一度」はそれにしても陳腐すぎた。

見ていて、相変わらず東日本、西日本という表現が多い。
北日本も出てくるし、曖昧なこと甚だしい。
晴れの予報の場合などはどうでもいいが、豪雨や台風の場合は
もっと具体的な表現の方が好ましい。
気象庁もHPにどこが東日本でどこが西日本かという詳細な説明を
掲載して欲しい。県名以外の表現はすべて掲載して欲しい。
例えば北陸、東北、関東甲信越、近畿などである。
四国、九州、北海道はすぐにわかるが、中国地方もどこまでか定かで無い。

【降水確率 0%の謎】

降水確率0%というと今日は100%雨が降らないと思っている人が
多いと思うが、実際は違う。
まず「0」と「零」の違いがある。
漢字の零は読みは「れい」である。
これは、まったく無いということでは無い。零細、零落などの用語を
見ても、その意味は「あるにはあるが極微小」という意味で、
その中に「0」も含まれているという、日本語らしい曖昧な言葉である。
元々あった「零」に「0」が入って来て、それも含めて「零」としたので
ややこしくなった。
一方、「0」は「ぜろ」と読むと、これは本当にまったく無いことを意味する。
天気予報では「れいパーセント」というはずである。
これは5%未満または1ミリ以下の降水を含んでいる。
これを「ぜろパーセント」と言って雨が降れば大問題となる。
予報はあくまでも確率の問題なので、0(れい)%といえば、まあ降らないと
考えてもいいが、降っても文句は言えないのである。
しかしTVのどこかに別枠でそういう説明を出すべきだと思う。
また試験で「0(れい)点」と言っても、点は「0(ぜろ)」でも
そこには努力賞が含まれるという意味があるのかも。

ついでに同じ日本語の問題で、「日本」の読み方。
これはあくまでも個人的な嗜好の問題だが、小生は「にほん」と読む。
以前、正式に日本は「にっぽん」に決まったが、どうもおかしい。
「日本画」を「にっぽんが」と読むだろうか。
「日本地図」を「にっぽんちず」と読むだろうか。
日本を「にほん」と呼んで差し障りのあるものは無いが、
「にっぽん」と読むとおかしな物が多々ある。
だいたい「にっぽん」に決まったのは、あるものに印刷されていたのが
「にっぽん」だったというお粗末な些細な理由である。

O-157

2017年09月21日
【O-157】

O-157が関東で食中毒を起こし、死亡者まで出た。
まずはO-157とは

リンク:O-157 O-157

経路が判明しないし、最初はポテトサラダが疑われたが、製造業者からは
菌が出てこなく、ポテトサラダ以外の物を食べた人が感染していることも
わかった。共通しているのは販売している総菜店チェーンであるということ。
現時点では総菜店が限りなく黒に近い灰色のような気がする。
少し涼しくなったが、まだまだ日中は暑い日があるので注意が必要だ。
手、包丁、まな板はいつも清潔にし、食材は新鮮なものを食べ、
できる限り火を通すことだ。と言う小生宅は消費期限切れのものを
平気で食べている。もっとも生で食べるような物は食べないが。

小生も昔、ロタウイルスによる食中毒にかかったことがある。
ま~悲惨なものだ。水溶性の下痢はともかく吐き気がひどい。
寝ていて吐き気を催してもトイレや洗面に行く間もなく、枕元に
洗面器を置いて対応した。食事はもちろんできず、とりあえず水分の
補給だけは無理でも行った。1週間ほどで治ったが、激痩せした。
この菌も非常に感染力が強い。

リンク:ロタウイルス ロタウイルス 

話は変わるが神奈川県大磯町で「まずい給食」が問題になっている。
ひどい時には生徒の55%が残すという事態である。
味が薄いとか、おかずが冷たいとかが理由であった。
ところがその後、この給食に異物が半年間に100回以上も混入している
ことがわかった。
これでは残すのは当たり前で、生徒の自主防衛本能が働いたとしか思えない。
そもそも、どうして100回以上も異物混入する業者が続いているのかが
不思議である。普通の店であれば完全に営業停止の段階で在り、何故、
町、教育委員会、学校は業者を代えなかったのか怪しいものだ。
それこそ、よく食中毒が起きなかったと変に感心している。
これでは親は大変だろうが弁当のほうがいいだろう。もっとも日本では
まだまだ給食になっていない学校も多いのだから文句は言えない。
選定した者と業者の癒着か贈収賄と考える人も多いだろう。
この件は選定から洗い直す必要がある。癒着等が無くても安易に入札で
一番安い業者を選んだとも考えられる。
例えこの業者が改善しても、この問題は解決しない。改善では無理である。
業者頼りのデリバリー方式では無く自主方式(学校で給食を作る)であれば
冷たい食事も無くなり、食中毒も確率はかなり低くなる。
で、なぜそうしないかというと、最初の設備投資と後の維持に費用が
すごくかかるからである。
しかし未来を背負う子供のことを考えれば費用の問題では無いだろう。
食べ盛りの子供が残すという事態は大きな事件だ。
神奈川県大磯町という町は決して貧乏な町では無い。そのくらいの
予算の捻出は、どこかを削ればできるはずである。この部分も行政の
怠慢としかいいようが無い。

リンク:食中毒 食中毒

【やる気があるのか、年金機構】

振替加算の支給漏れが明らかになった日本年金機構で、年金の未払いなど
様々な事務ミスに対応した件数が、2010年1月の発足以降、
2万5426件に上ることが、同機構への取材でわかった。
現在も月に平均100件程度のミスが発生している。


年金機構のことは以前に何度もカキコした。結論は現在の年金機構が
続く限りミスはなくならないということである。
いろいろな企業があるが、もし金融機関で月に100件のミスがあれば
倒産するかもしれない。一般企業でも、おそらくそれだけミスが出れば
根本的な対策を採るし、ミスした社員と上司は処罰ものだろう。
しかもそれが金銭に関わることで、受給者の生活に関係するのだから
事は重大である。

ミスは受給者本人からの問い合わせや機構内の点検などで発覚。
今年7月までに、未払いの年金を支給するなどの対応を終えた件数を集計した。
13日に公表された振替加算の支給漏れ約10万件は含まれていない。


こんな機関が必要だろうか。国民からアンケートを採ってみたらいい。
おそらく潰して新たな機関を発足させる方がいいという回答が多いと思う。
今のままでは絶対に改善できない。どんな事をしても改善できない。
なぜなら、それが機構、役員、職員の体質だからである。

ミスの多くは、職員の確認不足によるもの。年金制度の誤認や届け出の
放置もあった。最近も、「障害年金の届け出の添付書類が所在不明に
なってしまった」(約50万円の未払い)、「金融機関からの問い合わせで、
委託業者が口座番号の入力を誤ったことが判明」(約23万円の未払い)
などの事案が発生している。


機構を潰して新たなものを作るというと、経験が無いという反論が出るが、
職員の確認不足や制度の誤認がある機構では同じ事である。
またチェック体制もまったく機能していない。
どこの企業でもダブルチェックが当たり前の時代に上司や管理職は何を
しているのか。答えは簡単だ。何もしていないで高給を貰っているのだ。
こんな機構は信用できないし、いらない。

【消えた「ホタルの里」】

少し時期が違ってしまったが。

群馬県みどり市にあるホタルの飛び交うスポットとして知られた
公園だったが、今は草が伸び放題になってしまっている。
豪雨の影響で横倒しになった柵。さらにトイレの前にある目隠しは
朽ち果てている。20年前に設置された長尾根ほたるの里公園。
以前は毎年、ホタルの観察会が行われ、たくさんの家族連れなどでにぎわった。
地元住民らの提案で始まったホタルの観察会。ホタルを飼育するなどしていた。
ホタルの観察会を主催し、管理・運営をしていた住民らが高齢化を理由に市と
相談し、撤退。それから今の状態になってしまった。


小生の自宅のある北九州市はホタルを見ることができる河川が多い。
全国的に、そう有名ではないが、どこそこでホタル祭りが開催されている。
小生宅の近くでも歩いて見に行ける場所(川)が3カ所もある。
わざわざ見に行かなくても買い物の行き帰りに見ることができる。
もちろん川は地域住民や小学生が定期的に清掃している。
それに農薬の川に流れる量が減ったのも影響が大きいだろう。
ホタルは餌が限られているため、どこでも育つという訳にはいかない。
それほど田舎でもない場所(北九州市のど真ん中に位置する)で
ホタルを気軽に見ることができるのは幸せだろうと思う。
もっとも、いつもそう気にして見ることもないが。あ~ホタルが飛んでる
ぐらいの感覚しか無い。

地域の高齢化がいろいろな現象を引き起こす。この記事の公園もその
一部だろう。北九州市は平地が少なく、山の上まで家が建っている。
若い頃にそういう所に家を建てた人が高齢になって苦労している。
病院や買い物が不便だ。近くのタクシー会社が高齢者向けに循環バスを
運営している。小さなバスが朝晩何回か運行している。昔はあった
店やスーパーも大型店に集約されて数が減り、遠くへ移っている。
若いうちは車を運転して少々遠くても関係なかったが、高齢になると
大変である。車の運転ができるうちはいいが、子供が独立して高齢の
夫婦2人で運転もできなくなると生活が成り立たなくなる。
少子化でもらう年金は減り、給付年齢はどんどん先送りになっていく
時代に根本的な対策も採られていない。

国民医療費は9年連続で過去最高となっている。今後、これが逆転する
見込みも無い。少子化対策より、高齢者対策の方が費用は安くて済む。
たしかに高齢者は増え続けるが、ある割合で死亡もしていく。
子供は成人するまで月日がかかる。

小生は子供を3人育てたが、少しはお国のために役立ったのかもしれない。

【ピタゴラス(アロゴン)】

ピタゴラスは誰でも知っている。
アロゴンを知っているだろうか。
ピタゴラスというとそのイメージは古代ギリシャ風の衣装を
まとった数学者のイメージがあり、もちろんピタゴラスの定理が浮かぶ。

リンク:定理 定理

リンク:ピタゴラスの定理 ピタゴラスの定理

もちろんピタゴラスは優秀な数学者であることは間違いないが、
大きな有力な教団の教祖であった。今から約2千6百年前のことである。
この教団は強大な勢力を持ち、その教義は「万物は数でできている」と
いうもので、分数を元にして物事を理解しようとした。
しかし時代が進むと分数では表現できない「無理数」が出現した。
この出現は教団を無力化する重大な問題だった。
そこで出てきたのが無理数を「アロゴン」(口に出してはいけないもの)と
名付けてその存在を隠蔽したのである。

リンク:無理数 無理数 

数学が苦手という人も多い。小生もその1人である。
しかし数学をこういう面から見ると面白い。
特に数学者の人生は興味津々である。他に面白い数学者としては
ガロア、アーベル、フェルマーなどがいる。
特にフェルマーの最終定理は面白い。

リンク:ガロア ガロア

リンク:アーベル アーベル

リンク:フェルマー フェルマー

リンク:フェルマーの最終定理 フェルマーの最終定理

【東京新聞、官房長官にトンデモ質問】

「金正恩委員長の要求に応えろ」…!? 東京新聞、官房長官にトンデモ質問

菅義偉官房長官の31日の記者会見で、米韓合同演習を批判し、
弾道ミサイルを相次いで発射する北朝鮮を擁護するような質問が飛びだした。

質問したのは、学校法人「加計学園」獣医学部新設計画をめぐって菅氏を
質問攻めにした東京新聞の社会部記者。「米韓合同演習が金正恩朝鮮労働党
委員長の弾道ミサイル発射を促しているともいえる。米韓との対話の中で、
金委員長側の要求に応えるよう冷静に対応するように働きかけることを
やっているか」と質問した。

菅氏は「北朝鮮の委員長に聞かれたらどうか」と返答。東京記者は
「北朝鮮側の要望に応えて、冷静かつ慎重な対応をするよう米韓に
求めていく理解でいいか」と改めて迫った。


これが本当にメディアの発言かと疑いたくなる。
まあ新聞記者も人間だし、新聞社も一流の記者ばかり揃えることが
できる訳ではないが、これは酷すぎる。
北朝鮮の要求に何故日本が応える必要があるのか。
拉致事件をはじめ、すべて日本側が完全な被害者の立場である。
また、もう対話の段階は終わっている。例え日本が対話を行う体制に
あるとしても北朝鮮が応じる可能性があるとは思えない。
現段階では経済的制裁があるのみだが、このまま北朝鮮が態度を変えなければ、
最終的には武力的解決しか残されていないのが現状である。

過去にもメディアの記者という部類にはいろいろと問題のある人物が
登場し、また事件性のあるような事も起こった。
しかしこの段階で、この発言はまったく事実、事態、世論もわかっていない。
さて東京新聞はどのような処理をするのか。
記者を懲戒処分にするにか、釈明文を掲載するのか、それとも記者を
庇うような行動をするのか、はたまたまったく無視して知らぬ顔か。
とにかくTVを含めてメディアのレベルが低すぎる。
TVはくだらぬ番組が増え、新聞は本当の事実を書かない。
朝日新聞なんて偏重の塊だ。週刊誌はゴシップ重視で超低俗。
本当にこれで日本はいいのだろうか。経済的に発展しても大事な物が
失われつつあるのでは無いだろうか。

【不合理だと思うこと】

世の中には不合理だと思われる事がたくさんある。
法律でもちょっとおかしいと思われるものがある。
なにせ明治時代に創られた法律を未だにそのまま引き摺っているのだ。

その中で。こういう事があった。

障害年金の制度で不合理だと指摘されていた認定基準を、国が改定した。

国は、体の同じ場所に別々の原因で障害を負った場合、新たに負った障害の
程度から元々の障害を引き算して適用する「差し引き認定」という仕組みを
設けているが、法律の根拠は無い。ある男性は、この「差し引き認定」で、
年金支給の基準が以前より軽い「3級」と判定されたため、「不合理な制度」
だと主張して、国を相手に裁判を起こした。国は当初、争う姿勢を示して
いたが、その後、一転して「判定ミス」を認めた。
このため国は「差し引き認定」の基準をおよそ60年ぶりに見直し、
現在の障害等級と年金の等級とが一致するよう、改定した。


この事例もだが氷山の一角である。
同じ年金がからむ問題だが、本人が元気で年金を受け取りながら仕事を
続けて、ある一定の金額を超えると年金が減額される。
これもおかしな制度である。受け取る権利があるのに受け取れない。
それで職場も考慮して、これを超えないような労働時間と給与にする。
本人は能力も体力もあるが、働いても手にするお金が同じならば、
人間誰しも働かない。そして企業は人手不足に陥る。
本当に馬鹿な制度である。年金を減額せずに支給したらいい。
その代わりに超えた給与分に対しては若干高めの税率を適用すればいい。
そうすれば本人も企業も国も助かるし、儲かる。
それくらいの考えが浮かばない馬鹿な官僚と政治家が日本を動かしている。

前にもカキコしたが我が家の前の道は小学校の通学路になっている。
朝と夕方の2時間ほどは許可証を持っていない車は進入できない。
通学路になる前から住んでいるのに警察に3回も足を運んで許可証を
貰う必要がある。それも1年更新である。
ふざけるな。調査して以前から住んでいる住民には
どうぞこれをお使い下さいと警察の方が許可証を持ってこい。

我が家の近くの交差点(信号機あり)に歩行者を守るためにポールが
建てられた。これが左折する車の運転の邪魔になる。左折する車が
これを避けるために中央の方に寄って大回りしてくるので、
直進する対向車は冷や冷やものだ。もう一カ所は同じくポールが
建てられて以前はスムーズにハンドルが切れていたのが、S字のカーブに
なってしまっている。これもいい迷惑。警察は運転する人間のことは
考えていないのかと思ってしまう。

最近、元の電車道と呼ばれている県道に右折信号が増えた。
これ自体はいいことだ。しかし片側3車線で左は右折レーン、
右は右折レーン、中央だけが直進。交差点の先の道路はまた3車線。
こんなんでスムーズに車が流れるはずが無い。
それに右折信号が出ているときは交わる方の道路は左折信号があれば
もっとスムーズになると思うが。そういう知恵も警察には無いのか。
どうせ歩道は赤信号なのだから。

事故

2017年09月06日
【事故】

2日午前7時半すぎ、伊勢市宇治館町の通称、伊勢道路で伊勢市小俣町の
Sさん(59)が乗っていたバイクが対向車線を走っていた乗用車に接触後、
後続の軽自動車と正面衝突した。この事故でSさんが胸などを強く打ち、
搬送先の病院で死亡した。現場は急カーブで警察はバイクが対向車線に
はみ出した可能性があるとみて、事故の原因を調べている。


どこにでもある、いつでも起こりうる事故であるが、小生が運転していて
感じることが2つある。

小生の家は大通りから駐車場に帰るには家から10メートルほど手前のT字型の
道路をTの下から登ってきて左折する。その時にTの左から来るバイクが
ショートカットして右折してくる。それほど広い道路では無いので、あわや
正面衝突という事を何度も経験している。車の場合は割とそういう事は無く、
みんな慎重に右折してくる。しかもこの道路のTの縦棒部分に違法駐車している
車が頻繁にあるので2重に危険である。
一般の道路で運転していてもバイクのはみ出し運転には度々出会う。
本人がわざとしているのでは無く、無意識でそうなっているのではないの
だろうか。また思ったより遠心力が働いて膨らんだということもありうる。
車と違ってバイクは生身の身体が外に出ているから恐ろしい。
ついでに言えば、弱者救済というおかしなルールが交通事故には適用され、
車同士では10対0の事故でも相手がバイク、自転車では7対3とかに
なってしまい、まったく過失が無いにも関わらず負い目を背負う。
もし小生が、そういう事故に遭ったら裁判する。負けてもいいから裁判を
起こして世の中に理不尽なルールがあることを喚起する。
いくら弱者救済と言っても過失が無いのに7対3とかにされてたまるものか。

もう一つは、以前にもカキコした高齢者の運転。
小生も61歳だから高齢者の部類に入るのだろうが、その小生が見ても、
「あんた免許証返上した方がいいんじゃないの」という運転に度々出会う。
特に小生の住んでいる北九州市八幡東区という地域は高齢者の割合が多いので
特別そのように感じるのかも知れない。どうしても車が必要ならば
しょうがないが、そういう高齢者はできるだけ運転するのをご遠慮願いたい。
もっとも高齢者だけでなく、よくこれで免許が取れたなと思う若者も増えたが、
少子化で自動車学校も生徒の募集に苦労しているというが、どこか
甘くなっているのでは無いかと疑ってしまう。

【どちらを優先するか、どちらが大事か】

宮古島の警察官が「中国人、韓国人にレンタカーを貸すな」という
発言をし、その後、レンタカー会社に謝罪し、警察官は処分を受けた。

宮古島の島民に言わせると中国人、韓国人の運転マナーは最低だそうだ。
その上に、左右のハンドルの違い、右側通行の違いがある。
島民の生活が大事か、観光客が大事か。
観光も宮古島の大きな産業ではあるが、観光だけに目を向けるのは
本末転倒では無いか。
警察官の発言は軽率ではあるが、島民の本音の代弁だろう。
現在、宮古島には英語3人、中国語2人の通訳しかいない。
それでは今後、事故が増えれば対応できないだろう。
宮古島は1年で外人観光客が13倍も増加し、事故も4倍に増えている。
これでは島民の暮らしも脅かされる。
京都でも観光客を閉め出す動きがあり、海外でもそういった動きが見られる。

中国や韓国の運転免許の取得の実態を知っていれば、「貸すな」と言いたい。
日本とはレベルがまったく違って、簡単に取得できる。
また何事にも慎重な日本人とは運転が基本的に違う。
(もっとも最近は日本人離れした運転をする馬鹿もいるが)
見たことがある人もいるかも知れないが、交差点の真ん中で事故を起こした
韓国人が、その場に車を止めて口論している動画がよく出てくる。
他の車の迷惑などまったく考えていない。
国民性だろうが、中国人、韓国人は自分が100%正しいという感覚で
物事を考えており、運転でも同様である。

一警察官の軽率な発言というだけの問題では無い。
行政は警察とともに根本的な対策を至急行う必要があると思う。
それとNETの匿名性を利用して、今回もかなり痛烈な批判が多かったが、
非難する前にもっと考えてもらいたいものだ。上っ面の記事だけ読んで、
感情的な非難をする輩が多いと思われる。

甘い、行政

2017年09月04日
【甘い、行政】

原産地を偽って食品を販売する事件が後を絶たない。
9月1日から食品加工物の原材料の表示が原産国を記入するように
義務づけられた。これはこれでいい事である。
だが、これはあくまでも国内で生産、加工されたものだけである。

そして3カ国以上の輸入国がある場合は大枠で「輸入」と表示すれば
OKである。これでは意味が無い。
A国で生産された原材料が遺伝子を組換えた物だった、B国では原材料の
病気が流行った(人に影響するもの)、そういうものが「輸入」だけでは
わからない。
そういう大枠でくくるものは少ないと行政は言っているが、
それは現時点の事であり、将来はわからない。
また逆にこれを悪用する馬鹿な業者が必ず現れる。

非常に品質管理の厳しいC国、D国と杜撰な中国、韓国の4カ国の
原材料の表記は「輸入」になるのである。
これでは国産のものしか信用できない。
もっとの小生は普段から国産をなるべく購入するようにしているが、
それでも国産品が輸入品の3倍もするキクラゲなどは、涙をのんで
輸入品を購入する時もある。まあ大量に食べることもなく、ラーメンの具に
するぐらいだから、たいした事は無いと思うが。

今回の措置は輸入品に対して厳格に臨むというものだが、裏に国産品の
消費を促すという意図があれば、行政もたいしたものだが、おそらく
そこまでは役人の貧弱な頭では無理だろう。

やはり日本は自給率の向上を目指さなければならない。
外国がいつまでも普遍的に安定して日本に食糧を輸出してくれるなどとは
思わないことだ。今や食糧は戦略兵器である。
とりあえず中国、韓国、ロシアの3カ国から輸入している物の自給率を高め、
あるいは代用品の開発、養殖の増加、または探し、不足分は他のアジア諸国や
アフリカ諸国からの輸入に切り替え、その分の運賃分の値上げは輸入業者と
消費者が負担すべきである。幸いに主食である米は自給率が高いので、
他の食料品は1度ですべては無理にしても、農家、酪農家、漁業関係者等と
行政が一体となって中長期計画のもとに取り組んで欲しい。
また販売会社や輸入業者も自社の利益の追求だけで無く、将来に向けた
展望をして欲しいものだ。

どちらが?

2017年09月02日
【どちらが?】

こういうのがNETで話題になっている。
ある女性が登山して下山途中に遭難し、救助された。
救助された後の警察の態度が悪いと公にして批判した。

それに対して「2度と山に登るな」という人もいれば、
警察の態度を非難することに賛成の人もいた。

この女性は登山するにあたって、下山ルートを決めてなく、
当然、届出書にも記載していなかった。
また地図さえ持っておらす、緊急の用具の装備もなく1人での登山だった。

小生は警察の態度がどうであれ、やはり「2度と山に登るな」と
言いたくなる。近くにあるケーブルカーの職員に発見、救助された
ようであるが、多大な迷惑と心配を掛けたことは事実である。
下山ルートを決めていないとか装備不足とか、山に登る資格は無い。
例え、その後の警察の取り調べ態度に不満があったとしても
公表するような事では無い。まったく反省不足。
そもそも、こんな奴が山に登らなければ、警察のお世話になることも無く、
準備をきちんとしていれば遭難もしなかっただろう。
こういう自分勝手なモンスターが増えてきた。

バスや電車で席を譲ったら逆に席を譲った老人に文句を言われると
いった事が度々掲載される。
もっとも数少ないモンスター老人が起こした事だとは思うが。
今はお年寄りでも若者より元気な方が多い。
これも難しい問題ではあるが、譲ったのが小学生という件もある。
この場合は100%OUTだろう。
そもそもバスや電車でシルバーシートができたときに、ちょっと
おかしいのではないかと思った。
そういうのは人の情けの問題であって、優先とは意味が違う。
例えば妊婦さんの優先席は理解できるが、老人の場合は違うだろう。
だいたい、何歳から老人なのか。65歳か、それとも70歳か、
70歳として69歳11ヶ月は老人ではないのか。それとも見た目か。
見た目で老人呼ばわりすれば怒る人もいるだろう。

こういう問題は解決の方法が無い。あるとしたら人間性の問題である。
いかに弱者や老人をいたわる社会や人間をどうやって育てるかである。

リンク:山岳救助 山岳救助

【ソフトバンクユーザーは御注意を】 

ソフトバンクユーザーが「(ソフトバンクから)覚えのない募金の請求が
来た」とTwitterで明かし、波紋を呼んでいる。

「携帯電話の利用料が高すぎること」に気づき、明細を確認したユーザーが
「かざして募金」というサービスを利用して日本ユニセフへ1万円の募金を
していたことがわかった。しかしユーザーはそのような募金をした覚えはなく、
ソフトバンクに連絡。一度は「利用されたのだから」という理由で返金を
拒否されますが、その後サポートに連絡し、最終的に翌月の料金から寄付分の
料金が差し引かれることとなった。

ユーザーがその後、確かめたところ、本人認証などの必要がなく、メールから
数タップするだけで募金ができ、恐らく誤タップが原因だったらしい。


小生はスマホも含めて携帯ってやつが苦手なので、逆にこういうことは
起こらないだろうと思う。そもそも扱うことが無いからである。
しかし、この募金、最短3回タップするだけで募金が完了してしまう。
しかも金額選択画面ではデフォルトで「毎月継続寄付」にチェックが入って
おり、手動でチェックを外さないと自動で毎月継続寄付になってしまう仕組み。
またパスワード入力などの本人認証も求められない。
これだけ本人確認などが重要視され、やかましくなっている時代に
これは許されない。例えば幼児が携帯をいじって募金を完了させる場合だって
ありうる。落とし物の携帯をいじられて、戻ってきても本人が気づかず、
ずっと寄付を続けるといった事態も考えられる。
「毎月継続寄付」は完全に詐欺行為だ。
しかもこれがデフォルトというのが恐ろしい。いったい誰がこういう
設定を考えて実行しようとしたのか。
行政もここまで目が行き届かないだろうが、これがわかった時点で、
何らかの対応が必要だろう。

これでは詐欺と言われても仕方が無いし、もっと別の方法があるだろう。
安易な考えとやり方で募金を集めること自体が疑問だ。
しかもユニセフという国際的な機関への募金である。

リンク:ユニセフ ユニセフ

リンク:日本ユニセフ協会 日本ユニセフ協会

上記の2つの団体は微妙に違うので注意が必要。
詳細はリンクの日本ユニセフ協会に掲載されている。

毒キノコ

2017年08月30日
【毒キノコ】

名古屋市は22日、同市港区の公園で毒キノコ「オオシロカラカサタケ」を
採って食べた30代の男性3人が、嘔吐(おうと)や下痢などの食中毒症状を
訴えたと発表した。いずれも入院中で、快方に向かっているという。
市によると、3人は20日午後3時ごろ、荒子川公園のデイキャンプ場で
バーベキュー中、近くに生えていたキノコを採り、焼いて食べた。
1~2時間後に嘔吐などの症状を訴え、2人は救急搬送されたという。


この記事を読んだとき、マジかと思った。
幼稚園児じゃあるまいし、普通、その辺に生えているキノコを食べるか。
こんなやつに救急車はもったいない。自分でタクシーを呼んで病院へ行け。
一般常識として「キノコ=危ない」という発想があると思う。
他にも毒を持った植物はたくさんあるが、特にキノコはそのイメージが強い。
うちの裏庭にだってキノコは何種類か生えるが、採ろうとも思わない。
これほどの馬鹿は久しぶりである。

それはそうと小学校の低学年あたりで、食べてはいけない物を教えても
いいと思う。小さいときからサバイバルの知識を身につけていた方がいい。
逆に食べることができる野草などの知識も教えたらいい。
それは食べ物だけでは無い。例えば災害に襲われた時にどうやって
生き延びるかというような事を、地震や津波や山崩れが発生しない地域でも
一般知識として教えるべきだ。将来、そういう場所へ移り住む可能性もある。
そういうことが発生しにくい場所でも避難訓練なども必要である。
それから災害時に役に立つ防災用品が自宅にどのくらい準備されているか、
何故、準備する必要があるのか、高いお金を出さなくても作れる代用品の
作り方とかもなども教えた方がいい。

小生の自宅は災害が起こりにくい場所ではあるが、水や食糧の備蓄を
しているし、一カ所にまとめて、テント、キャンプ用コンロ、そのボンベ、
ガムテープ、ビニール袋、救急医薬品、懐中電灯、携帯電話用バッテリー、
ビニールシート、マッチ、ローソク、タオル、ラジオ(電池不要のもの)等は
準備している。
食糧は3人で1週間分、水は1人1日2リットルとして3人分を5日分、
(水は1週間経過したら庭に撒いて詰め替える)
なにせ自宅が古いので台風被害も想定している。
自分の身は自分で守らなければ。

リンク 毒キノコ:毒キノコ

リンク 有毒植物:有毒植物

【続 ひさしぶりにプロ野球】

やっぱり還暦を過ぎると記憶力が低下する。
ちょっと前にカキコしたタイトル名を思い出せない。
結局、一覧を見てカキコしているのだが、たった今見た一覧が
「ひさし」が漢字かカナだったかもうわからない。
何か訓練して記憶力を回復しなければ。

で、プロ野球の話だが、17日のカキコの段階では3ゲーム差だった。
それが、あれよあれよと言う間に9.5ゲーム差。
SBも強いが楽天の連敗が影響している。楽天はここ10試合で1勝9敗。
これでは差がつくのも当然だ。

SB
117試合 78勝 39敗 勝率0.667

楽天
109試合 64勝 44敗 勝率0.593

これはほとんどSBの優勝で決まり。
今日、SBが勝てばマジック17が点灯する。
こうなると、またTVを見る気がしなくなる。
高校野球も終わったし、またTVから離れていく。

【悲惨な交通事故が続いて起きた】

悲惨な交通事故が続いて起きた。
亡くなられた方や負傷した方は本当にお気の毒だと思う。
今回の一連の事故は運転手の過失という部分が大きいが、
マスコミはまたまた悪人のように書き立てている。
もちろん運転手の過失であるからには責任はある。
しかし今回の事故はどれも暴走族の馬鹿げた事故とは違い、
当人にとっても起こしたくて起こした事故ではない。
誰が好きこのんで事故など起こすものか。

今回事故もその背景が重要だと思う。
何故、事故が起こったのか。前方を見ていなかったという運転手は
何故、前方を見ていなかったのか。
日本はそういうヒューマンエラーに対して徹底的に追求するといった
体制が取られない。マスコミも運転手を非難して終わらせてしまう。
これでは、いつまでたっても同じような事故が起こってもしかたがない。
何故、事故が起こったのか、回避するには何が必要だったのか。
どうすれば事故が防げたのかが議論、追求されなければ、マスコミの
存在は何の意味も無い。
マスコミがフェイルセイフティ(多重の安全対策)を書いてあるのを
見たことがない。どのメディアも玉葱を剥いたように同じである。
警察の鑑識や保険会社の査定員の言うことをもっと書くべきである。
それを詳細に述べて事故の防止を図るのがマスコミの役目では無いだろうか。

【踏切で撮影する馬鹿が増加】

松本伊代と早見優が写真を撮って、ブログに掲載した場所。
2人は2月には書類送検される騒動になった。
この踏切は元々外国人観光客に人気のスポットで、2人の騒動以降は、
線路に入って写真を撮る日本人の「模倣犯」も増えている。

鉄道地内へみだりに立ち入ると、法律(鉄道営業法)違反により科料
(注:千円~一万円未満)に処せられる場合がある。
注意は日本語だけでなく、英語、中国語、韓国語訳も併記。
また、線路の中にも、立ち入り禁止を示す小さな標識が置かれている。
だが線路に立ち踏切の途中で撮影することは禁止されていない。
しかし、日中は数分間隔で列車が行き来する危険な場所だ。

鉄道会社が監視員を時々おいたり、周囲の地域住民が注意をしたり
しているが効果は無い。
轢かれたい馬鹿は轢かれたらいい。
当然、事故に対する補償は何も無い。
補償があるどころか。列車が遅延や運休すれば、数千万円から数億円の
補償を鉄道会社から請求される。
馬鹿は死んでも治らない。

【ホクレンよ、お前もか】

道は22日、ホクレンに対し、道産原料を使っていない加工食品について、
スーパーの商品棚につけるPOP広告で「道産」と表示したことが
景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、再発防止を求める措置命令を
出した。

措置命令の対象となったのはホクレンがメーカーから仕入れた加工食品を
農協系スーパーのAコープチェーン北海道の90店に卸すのに合わせて、
作成・提供していたPOP広告。

道やホクレンによると、ホクレンの担当者が作った商品と連動したPOP広告の
リストに誤りがあり、2013年10月から今年2月まで、各店で道産原料を
使っていない米粉や餅、そば、ふりかけなど道内外の食品メーカー8社の
10品目に、道産であるとしたPOP広告がつけられていた。

今年2月に消費者から問い合わせを受けたメーカーからの指摘で発覚し、
広告を撤去したという


これの結果がわからない。結局、4年間にわたって偽物商品を販売して
いたということか。
また道産品として、それ以外のものより価格は高くなかったのか。
蕎麦などは通常は国産品使用の物は非常に高い価格になっている。
だいたいホクレンは「消費者へ安全、安心な食べ物を」というのを
謳い文句にしている。ふざけるなと言いたい。
たかがPOPの間違いで済まされる問題では無い。
チェック機能も甘すぎる。きっと何かの問題が再発するだろう。
4年間も消費者から指摘されるまで、わからなかったというのは、
内部の監査する体制が腐っている。
ホクレンのHPでお詫びを掲載しているが、上っ面の薄い文言を
並べているだけで、本気でこの問題に取り組んでいるようには見えない。

リンク ホクレンHP:ホクレンHP

ホクレンは一般企業とは違う。そこがこの問題の大きなところである。
一般企業を食の安全、安心ということにおいて、指導、牽引する立場である。
一般企業よりも、もっと厳しいモラルが必要とされるのは当然だ。
もっとも基本中の基本であるべき所でミスを犯しているのだ。
理由がどうであれ、許される問題では無い。

体質の甘さが覗われる。
行政もけっこう組合関係には甘い所がある。
再発防止の措置命令だけでいいのか。
商品を購入した人は騙されっぱなしか。
一般企業だったら、倒産してもおかしくない。

リンク ホクレン:ホクレン

高校野球について

2017年08月23日
【高校野球について】

今日は決勝戦。
本大会はホームランの記録が個人的にも大会的にも更新された。
何故、ホームランが多くなったのか。

あくまでも小生の個人的見解だが、

(1)体格が良くなった。最新の筋トレの導入によって体格や筋力が強化した。
(2)昔はバットに当てて転がすというのがセオリーだったが、現在は
   フルスイングが中心になっている。
(3)今大会はピッチャーのレベルが低く感じられた。得点の多さが
   それを証明していると思うが。
見ている方は点の取り合いは面白いが、それにしても決勝戦で
   両ピッチャーの投球数が3回で60球以上とは。
   
TVを見ることは滅多にないが、いつもこの季節は高校野球だけは見ている。
この暑い中でご苦労さんと言いたい。(真面目にである)
そういう中で疑問もいくつかある。

(1)NHKがTVで応援する生徒を映すときに、必ず、可愛い女生徒を映す。
   ブスを映せとは言わないが、なにかしっくりしない。
   公共性の高いNHKが、そういう選択でいいのか。
   あまりUPにしないで、全体を映すだけでいいのでは。
(2)高校野球に監督は必要だろうか。必要としても甲子園の大会で
   ベンチ入りするのはどうだろうか。あくまでも高校生の大会である。
   監督がいてもいいが、試合自体には高校生の監督で良いのでは無いか。
   これは他のスポーツでも言えると思う。
   監督、コーチで商売的な人間を採用している高校もある。
   しかもTVで映るふんぞり返っている監督や、大声で怒鳴っている
   監督などは見苦しい。
   甲子園で名前を売ろうとしている私立高校に多いような気がする。
(3)タオル周しに対する意見がNETで出ていたが、何故、禁止しないのか。
   不快に思った選手、観客も多いと聞いている。

まあ、それにしても、他のくだらぬ番組よりは見る価値はある。
NHKの中で大相撲とともに、見ることに耐えることができる番組だ。
それと今大会は守備のまずさが非常に目立ったと思う。
ど素人の判断だが、Hと判定されたプレーでも、あれはEじゃないのか
というのが、かなりあったし、実際のEも多いような気がした。
決勝戦でも雑なプレーが目立った。まあ選手達は一生懸命にプレーして
いるのだろうが、過去の大会に比べてということで。

【文武両道などあり得ない】

「野球と勉強の両立は無理」「文武両道などあり得ない」。
創部52年で初の甲子園出場を果たした下関国際高校(山口県)の
監督の発言である。
納得できる部分もあるが、視野が狭い。
世間の一部しか見ていない気がする。
要は自分の学校の事を言っているにすぎない。
公的な場所での発言にしては高校野球の監督としての品格を疑う。
そりゃ偏差値36の高校で文武両道は難しいだろう。
だが世間には実行できている学校もある。
お隣の福岡県代表の東筑高校、ここは県下でも有名な進学校。
つまり入学してきた時点で文の方は素養があるということ。
その素養を伸ばしつつ武を育てればいい。

この発言に竹井壮が噛みついた。
で、NET上では竹井さんの発言に反対が多いそうだ。
しかし小生は小さい賛成派。
天は二物を与えずというが嘘だ。
二物どころか三物も四物も与えられている人がいる。
それがスポーツと勉強という人など腐るほどいる。
小生を筆頭にして、一物も無い人も多い。
この監督の発言は「ねたみ」でしかない。
こういう監督にスパルタ方式で練習をさせられた生徒は
どう考え、将来どうなって行くのだろう。

【PAC3配備「どう対応すれば」地元から不安や疑問の声】

PAC3が配備された住民の声だが、不安はまだ理解できるが、
疑問や要望は理解できないほど矛盾している。

航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が
配備された中四国4県。地元の住民からは「どう対応すればいいのか」
という不安や配備を疑問視する声が聞かれた。


配備先に住む広島県原爆被害者団体協議会の理事長は「軍事的な挑発に対し、
日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかも
しれない」と危惧。「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。
話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と訴えた。


日本が軍事的挑発をしたことは一度も無い。
日本を煽っているのは逆に北朝鮮である。
政府は国民の心配も煽っていなく、むしろ緊急事態に対応するための準備を
冷静に最大限に行っている。
核戦争もあり得なく、あれば核で消えるのは北朝鮮である。
核の被害を防ぐためにPAC3が配備されるのだ。
北朝鮮にいくら伝えても無駄である。
以上、この発言はまったく無知な発言で意味が無い。

出雲駐屯地の地元の郷土史家は「北朝鮮は本当に撃ってくるだろう。
島根にミサイルが落ちてくることはないと思うが、もし迎撃ミサイルを
撃てば破片が落ちてくるのではないか」と心配そうに話した。


破片が落ちてくる可能性は「0」とは言わないが限りなく低い。
まず海上でのイージス艦による迎撃がある。
破片が落ちてくるのは心配だろうが、迎撃しなくて制御不能や故障した
ミサイルが落ちてくる方がよっぽど心配であり危険である。

高知駐屯地への配備について高知市の会社員は「PAC3を配備すれば、
逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、
戦争になってほしくない」と話す。ミサイルが高知上空を通過する可能性が
あることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを
防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」。


日本のどの都市でも狙われる可能性はあるし、制御不能や故障、技術不足に
よる失敗で落ちてくる可能性もある。PAC3を配備して狙われる方が、
配備しないで狙われるよりいいと思うが。
また北朝鮮もPAC3を標的にするような馬鹿な事はしないだろう。
戦争になって欲しくないのは日本人みんなの共通の思いであるが、
このままの北朝鮮でいいのか。操業している漁船の近くにどんどん
ミサイルを落下させたままでいいのか。拉致事件は解決しなくていいのか。
ミサイルを防ぐのがどうして戦争へと繋がるのかが理解できない。
日本は自国領土を防衛しているだけである。

以上、心配はわかるが、まったく無知な発言ばかりで、
何故、メディアはこういう発言ばかりを取り上げるのか。
心配を煽っているのはメディアの方である。
配備された地域住民の中には逆に配備されて安心したという声も
あるはずだ、これが日本のメディアの情報操作だ。
まるでPAVC3を配備した地域住民が全員不安をかかえていると
勘違いするような文章ばかり流している。
この段階では政府の対応は間違っていないと思うし、その内容を
拡散して住民に理解させるのがメディアの仕事だと思うのだが。
その上で疑問があれば取り上げて、政府に質問するのがメディアの仕事だ。
もうひとつ思うのは政府が情報を開示して住民の不安や誤解を
解消するのが徹底していないのでは無いかということ。
それとも政府は十分に説明はしているが住民側に問題があるのか。

小生の住んでいる北九州市も北朝鮮からは至近距離で在り、
小倉には自衛隊の駐屯地があり、近くの芦屋には航空自衛隊の基地もあり、
築城の航空自衛隊も近いし、目標になりやすい工業地帯であり、人口も
密集している政令都市であり、芦屋、築城にはPAC3も配備されているが、
これに加えて、北九州市市内にPAC3が追加配備されるとこになれば
心配よりもむしろ歓迎する。
企業誘致のために開発された若松区の企業団地はまだスカスカに空いており
できればここにイージス艦を持つ海上自衛隊が来てくれないかと思っている。

【殺虫剤汚染の卵、香港でも発見 欧州から影響拡大】

欧州の養鶏所から出荷された卵が殺虫剤に汚染されていた問題で
欧州委員会(European Commission)は11日、汚染された卵が
欧州連合(EU)に加盟する15か国の他、香港(Hong Kong)と
スイスでも見つかったことを明らかにした。


こういう食の安全に興味を持ったのは、かなり昔のことだが、最初に
影響を受けたのは有吉佐和子著の「複合汚染」だった。

リンク:複合汚染 複合汚染

リンク:有吉佐和子 有吉佐和子

今ではその中身に間違った箇所も指摘されているが、当時は繰り返し
何度も読み返した。
もう数十年前のことだが、それからは若干、人より食に対して注意深く
なったような気がする。今でも、できるだけ海外産の食品は避けるし、
調味料は塩は某社の岩塩、砂糖は三温糖等、選んで使用している。
我が家は貧乏なので、高価な食材を購入するよりも調味料だったら
安上がりで料理が安全で美味しくなると思っている。

日本は先進国の中で極端に自給率が低いが、米と卵はほぼ100%
自給している。中でも卵は食品の中では価格も栄養価も安全性も王様だ。
卵を安心して生で食べることができるのは日本ぐらいのものである。
海外でそんなことをすれば食中毒になる確率が高い。
それほど品質と安全性には気を使って徹底的に管理されている。
むしろスーパーで特売品で安く売り出されているのを見ると、こんな
価格では生産養鶏家はたまらないだろうと思ってしまう。
卵ほど数十年も価格が変わらない食材も珍しいのではないだろうか。

卵は小生にとっては思いで深い食材である。
小生の母方の田舎は大分県国東市だが、小生が小学生ごろまで、
養鶏をしていた。漁業が稼ぎ頭で、農業も行い、庭の片隅に養鶏場があった。
田舎に帰ると、すぐに爺ちゃんが1羽絞めて食べさせてくれた。
もっとも絞められ、首を切られて血を抜かれる鶏を見るのは嫌だったが。
当時は衛生観念などはまったくなくて産みたての卵を、マチ針で穴を
開けて吸い出して、おやつにしていた。
縁側で婆ちゃんが座って卵を布で磨いていて、近所の方が買いに来ていた。
それが婆ちゃんの小遣い稼ぎだった。

なんにしろ安く安全な卵を食べることができる日本に生まれて良かったと
思うし、それを供給してくれる養鶏家に感謝している。

(余談)
相変わらず、アメリカからのアクセスが多い。今月は今のところ37%超。
Amazon Web Services (AWS)のやつはいつも直帰。
で、reliablesite.net というにはいつも、新規 | 〇ページ と
いった具合だ。
しかし37%というと、このHPを見ている三分の一は米国人か?

【狂犬病のワクチン接種】

世の中には小生の貧弱な頭ではわからない事が多い。
これもそのひとつだ。
しかしどう考えてもおかしく思える。

飼い犬への年1回の接種が義務づけられている狂犬病ワクチンをめぐって、
獣医師がもめている。自治体からの委託で集団接種をしている獣医師会の
設定料金に対して、獣医師会に所属しない獣医師が格安で実施。
愛犬家にはうれしいことだが、獣医師会は「国民の健康を守るワクチンなのに、
このままでは接種率が下がってしまう」と反発する。


単純に考えて料金が下がれば接種率は上がるのではないかと思うのだが。

ある獣医科医院は今年、ホームセンターなど21都府県の305カ所で
狂犬病のワクチン接種を行った。料金は1回2千円(税抜き)。
獣医師会の設定料金より3割ほど安い。「消費者サイドに立って、
安全なワクチン接種を適正な値段でやっている」。


これのどこが接種率が下がるのだろう。
獣医に行くよりも場所と時間がわかっていれば、買い物のついでに
行けるので重宝すると思うのだが。

こうした動きの広がりに対して、獣医師会からは「国民の健康のための
事業で、ビジネス感覚でディスカウント(値下げ)が広く行われている」と
いった批判が出ている。


と曰っているが、結局、しょせん金儲けではないか。
他所が安売りされると困りますと言っているだけで、見苦しい。
ビジネス感覚のどこが悪いのだろう。無駄を省き、消費者(飼い主)の
利便性を高める行為のどこが悪いのだろうか。

接種の料金設定は、自治体の了解のもとで決められる。獣医師会にとっては
重要な収入源で、その一部は獣医師向けの狂犬病の講習会など公益事業にも
使われる。収入が減ると獣医師会が弱体化し、自治体による集団接種の実施に
悪影響が出る、というのが獣医師会側の主張だ。


これは無理なこじつけ。獣医師会がそんなに簡単に弱体化するわけがない。
どこをどう考えても集団接種に悪影響など出てこない。
保険もきかない獣医院で収入が簡単に減るわけがない。
減るのはヤブの獣医という証明に他ならない。

一方で、獣医師会に所属していない獣医師らは、「集団接種ではなく、
ホームセンターなど身近な場所で行えば、利便性が高く、飼い主は
接種しやすくなる」と主張する。こんなデータがある。
神戸市で11年に接種を受けた約5万9千匹のうち、約1万9千匹は
獣医師会に所属していない獣医師が実施したという。


これ%になおすと32%超。利便性は立派に証明されている。
きっと、ヨボヨボで、もうそういう場所への参加は無理で、
しかも、あまり儲けてもいない年寄り獣医が言い出したのだろう。
だいたい、この手の団体の役員とか理事とかは、もうとっくの昔に
引退していいようなジジイばっかりで、新しいものを極端に嫌い、
自分の立場を守ることだけを考えるやつばかりだ。
まさしく老害である。

リンク:狂犬病 狂犬病

【長崎平和式典、祈りの場で非常識デモ】

馬鹿はどこでもいる。

長崎平和式典、祈りの場で非常識デモ。
「こんな時も静かにできないか」

原爆投下から72年。長崎市は9日、犠牲者への鎮魂の祈りに包まれた。
だが、平和祈念式典の会場近くでは、「政権打倒」など無関係な主張を
大声で繰り返す集団がいた。慰霊の静けさを打ち破る非常識な行動に、
多くの被爆者や遺族は、冷ややかな目を向けた。

長崎市主催の式典は、平和公園(同市松山町)で営まれた。雨模様の中、
午前9時ごろから、多くの市民が集まった。公園入り口で、一人の中年男性が、
笛を吹き鳴らして歩いていた。安倍政権をナチス・ドイツになぞらえて
批判するプラカードを掲げる。参列者が眉をひそめても、意に介さない。

たまりかねた警察官や市職員が、立ち去るように促す。男性は、道を挟んだ
爆心地公園に移った。「原爆落下中心碑」があり、そこにも慰霊で多くの人が
訪れていた。だが、男性の行動は変わらなかった。埼玉県から小学生を
引率して訪れたという団体職員、は「私も今の政権には疑問を持っています。
それでも、あんな姿は子供に見せられない」とあきれ顔で語った。
爆心地公園には他にも、目を覆いたくなるような光景が広がっていた。

静けさを乱す行動は、午前10時35分に平和祈念式典が始まると、一層
エスカレートした。安倍晋三首相ら関係者による献花が始まった同50分過ぎ、
式典会場にデモ行進の声がかすかに響いた。

集団は「安倍は出ていけ!」と、シュプレヒコールを繰り返した。会場外の
モニターで、式典の様子を見つめていた方は「親族が原爆で亡くなりました。
こんな時にさえ静かにできない連中が、何を訴えても信用する気にならない。
自己満足で、人の心に土足で踏み込んでいるようなものだ」と憤った。


誰もが憤りを感じるだろう。
平和式典には安部首相であろうと誰であろうと参加する権利はある。
こういう連中は自分達の考えが絶対に正しいと信じている、頭の狂った
集団か、もうひとつは日本の安定を脅かす外国人。
こういう連中を内閣官房調査室や公安は詳細に調査して公表するべきだ。
事実であれば新聞にリークしてもいい。
こういう行動を取るのは、一般市民ではなく、思想的にもお粗末な、
どうしようもない連中であり、在日でつまはじきされている左派や、
韓国から潜入している専門的、職業的扇動家が多い。

日本にはデモや集会に関する規制が無い。それを法的に制限することは
憲法で保障されている自由という権利を脅かすことになる。
しかし規制は必要だ。小生の貧弱な頭では思いつかないが、何か
いい方法は無いものだろうか。
今までの日本人は法で縛られるのでは無く、個人の良識で縛られていた。
こんな事をするのは恥ずかしいとか悪いとかは、法よりも個人の意識が
常に優先して働いた。今だに、ほとんどの日本人がそういう良識を
持ってはいるのだが、持ってない人間が増えているのも事実である。

対抗手段としては、法律では無く、個々の市民の非暴力的な行動である。

馬鹿は死んでも治らない。

【オバマ氏ツイートに最高の「いいね」】

米バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者らが反対派と衝突し
死傷者が出た事件を受け、バラク・オバマ前大統領が行ったツイッター投稿が、
史上最も多くの「いいね」を集めたツイートになった。

米国初の黒人大統領であるオバマ氏が行った投稿で、南アフリカの元大統領で
同国の反アパルトヘイト運動を象徴する故ネルソン・マンデラ氏の言葉を
引用し、「生まれたときから肌の色や出自、信仰の違いを理由に他人を
憎む人などいない」と書き込んだ。

また別のツイートでは「人は憎しみを習得する。憎むことを身に付けられる
ならば、愛することを学ぶこともできる。愛は憎しみに比べ、人の心に自然に
生まれるものなのだから。─ネルソン・マンデラ」と書き込まれている。


なかなか含蓄のあるいい言葉だ。
小生も肌の色では差別をしない。
しかし好き嫌いはある。韓国人、中国人は大嫌いである。
何が嫌いかと言うと、その民族主義。
民族主義自体が悪いとは思わない。愛国精神の裏返しであり、
小生だって、そういう意味においては少なからず民族主義である。
また愛県主義や愛九州主義もあるかもしれない。
しかし他民族を排除したり蔑視したりする韓国、中国の民族主義は
噴飯物と思っている。真の愛国主義では無い。
もっとも両国とも、これだけ反日を繰り返せば日本人の中に嫌いな人は
多数いるだろう。
次に両国の現在の文化が嫌いだ。
韓国の知的財産を理解しない民度の低さとコピー主義、食べ物、歴史観、
どこでも喚き、泣き、すぐ炎上する国民性、形骸化した腐れた儒教への信奉、
狂ったような日本に対する競争心と敵愾心。
好きな事をあげることができないくらい嫌いである。

中国の独裁的共産党による腐敗した政治体制、良き時代の風習も慣習も
忘れて、ひたすら儲け主義に走る人民、環境破壊の親玉のような行為、
韓国さえ嫌う旅行客の民度の低さ、世界常識を無視した軍事支配。
こちらも好きなところが無いが、ただひとつ何千年前の中国の書物だけは
好きである。これがあるだけで、韓国より1%ぐらいましか。

いずれにせよ、韓国人も中国人も嫌いである。
ただし、それは一般論であり、個人的な韓国人や中国人の知人は別。
もっとも非常に人数が少ないが。
それと娘が韓国人や中国人の彼氏を連れてきたりしたら、家に入れない。
結婚すると言えば、反対はしないが、やはり家には入れない。
縁を切るとまでは言わないが、付き合いはしない。

【朝倉市の住民説明会で】

かなりきつい文章です。あくまでも個人の意見です。

今回の災害で被害のあった朝倉市の杷木地区で市長が出席して
住民説明会が開催された。

その中で住民が「もっと早く避難勧告が出せなかったのか」という
質問があった。
小生は無理だと思う。
行政が完全に間違った指示を出したというのなら大きな問題だが。
例えば、避難勧告を早く出して、何事もなければ、それはそれで文句が出る。
それを出すタイミングは難しく、誰もそれを判断することはできない。
避難勧告というのは行政の強制を伴う指示では無く、あくまでも
注意を促す情報のひとつにすぎない。
例え早めに避難勧告を出しても携帯電話、有線放送、TV、ラジオ等で
知らせても、完全に全員に届く訳でも無い。
完全な予報などすることもできず、最終的には個人の判断、個人の責任になる。
住民の意見を聞いていると市がすべて悪いような言い方である。
行政のすることは、人的にも経済的にも限度がある。
しかも川の氾濫などは、いくら護岸工事を施しても無駄な部分がある。
自然の驚異を人間は完全には克服できない。
例えば、今回の豪雨に耐えうる処置を施しても、いつかそれ異常の
豪雨があって、やはり氾濫する。

ある農民から「畑も田も全滅した。家は柱も腐れ・・・。
誰が補償してくれる」という怒号が出た。
小生はこれもおかしいと思う。
畑も田も守るのは持ち主個人であり、行政は関係ない。
家も同様だ。自分が勝手にその場所に住んでいるだけである。
勝手にそこで農業をしているのである。誰が強制した訳でも無い。
何もかも行政に頼りすぎる。考えが甘すぎる。
家に1%でも危険性があれば保険を掛けておけばいい。
5年前にも、同様の被害が起きた場所である。
個人のために、また少数が住む地域のためだけに行政は、そこが
100%安全という対応ができるわけが無い。
あくまでも個人で守らなくてはならず、行政はほんの少し手伝って
くれるだけと考えたらいい。
前にもカキコしたが、自分の家も無く、畑も田も持っていない人から
見れば、持てる者の贅沢で、個人のエゴに見える。

小生は持ち家だが、もし災害にあって、家が無くなったとしても
行政に文句は言わないだろう。保険も家の評価最大まで掛けている。
例え避難勧告が遅れて何かあったとしても、自分の判断を悔やむだけだ。
実際に昭和28年の西日本水害の時には裏の崖が崩れて、井戸が
埋まったそうだ。今はコンクリートで覆われているが、それでも
完全に危険が無くなった訳では無い。
災害にあった方々は本当に気の毒だと思うが、それとこれは違うと思う。

【久しぶりにプロ野球】

久しぶりにプロ野球のこと。
昨日は久しぶりにTVでプロ野球を見た。
世界陸上も終わり、たまたまTVをつけたら、
偶然にホークスの試合があっていた。
9回2アウトであと少しというところで番組が終了。
熱烈なTV観戦ファンは激怒したことだろう。
まあ小生はそこまでは無くて、あとで結果を見ればいいと。

で、ホークスが勝って楽天が負け、一挙に3ゲーム差。
一時は勝率の関係でゲーム差にマイナスがつくという変な事態だった。
優勝はあくまでも勝率1位のチームになるのだが、勝ち数の方が
わかりやすいような気がする。

数字の上では3ゲーム差だが、数字を見るとちょっと違う。
昨日の段階で、
ホークスは108試合、71勝37敗0分。
楽天は99試合、63勝35敗1分。
現時点で9試合の差があるが、このままであれば、
楽天は9試合を7勝2敗ではホークスに追いつかない。
8勝1敗で追いつくが、この数字は無理に近い。
ゲーム差はたった3だが、こうしてみるとホークスの有利が
歴然としてわかる。
もっとも隠れホークスファンの贔屓目かも知れないが。

【エキノコックスの感染の恐れもあるキツネの出没に、住民も困惑】

札幌市内の住宅地に近い公園にエキノコックスの感染の恐れもあるキツネが
出没に、住民も困惑しる。

キツネはうなり声を上げて人を威嚇。
住民が追い払おうとしても逃げようとはせず、公園には、キツネのフンが、
あちらこちらにある。
公園には、キツネやフンに触れるななど、手洗いの徹底、そして「エサを
やるな」という看板が建てられてる。

公園を管理する札幌市は、遊んだあとの手洗いを呼び掛けたり、清掃の回数を
増やすなどしていますが、問題の解決には至っていない。
札幌市土木部では「法律的に駆除できないので、駆除は考えていない」と。


おかしな話である。鳥獣保護もいいが、病原菌を持つ可能性があるキツネを
駆除するのに法律が邪魔をしている。本末転倒ではないだろうか。
時限立法で速やかに駆除できる法体制を完備して実行できるようにするのが、
札幌市議会議員の努めだろう。高い議員報酬を受け取りながら何をして
いるのか。
誰かが感染し、症状が重体化したり、拡散された後では遅い。
道や国と連携して、特別法を至急制定し、住民の不安を取り除くことぐらい
可能なはずである。人の命とキツネの命と比べることはできないが、
捕獲という選択肢もあるし、札幌市が何を考えているのか理解できない。

こういう時にすぐに保護団体がグチャグチャと訳のわからない事を言い出すが、
平和ボケしたこういう連中のことなど放っておいてかまわない。
もちろん共存が理想であるが、優先するのは人間である。
なにも捕獲して殺処分にと言っているわけではない。捕獲後、動物園で
飼うか、適当な場所に移して解放することもできる。
公園ならば子供の遊び場だろうから至急の対策が必要である。
降りかかった火の粉は払わなければならない。

【資源、そして自動車産業は】

自動車が発明されたのは1769年で、最初は蒸気自動車だった。
その後、250年近い間に様々な開発が行われたが、最も大きな
開発は燃料をガソリンにしたことだろう。
しかし資源としての原油は、あと数十年で枯渇すると言われている。
また地球温暖化に対するCO2削減にも大きな影響を及ぼしている。
もし人口10億人の中国が日本なみの自動車社会を迎えたら、世界の自動車は
現在の2倍になり、CO2は今の2.5倍になると試算されている。
今、世界ではガソリン車に代わる車として電気自動車が主流になっている。
英、仏では近い将来、ガソリン車の販売を打ち切る政策が出た。
世界では電気自動車が主流になっているが、日本は水素自動車を目指している。
こんな小さな島国で世界の自動車の20%以上を生産していること事態が
異常であり、またそれが日本の経済をひっぱているのだが、これからは
苦難の道が続く。

しかし資源として考えると、電気自動車は、その電気を生み出すために
石油、石炭、原子力といったものに頼らなければならない。
風力、太陽光、潮波、地熱等の発電も進んではいるが、まだまだ需要を
満たすにはほど遠い。水力(ダム)は地理的条件もあるし、環境破壊と
いうこともあって、どこでもという訳にはいかない。
石油、石炭に頼ってはCO2削減に反するばかりで、何の意味も無い。
原子力は安全性や使用済核燃料処理の問題があって、一部の国を除いては
後身している。

しかし日本の目指す水素は海水から無尽蔵に作ることができる。
海洋国である日本ならではの方向性である。
今までのネックはその安全性であった。御存知のように水素というには
とてつもないエネルギーを持っていて、それが爆発すればすさまじい
事になる。これをどのようにして管理して燃料として安定して供給できるかが
問題であった。しかし鉄とチタンの合金によって克服することができた。
この合金は水素を海綿のように吸収し、元の千分の一に圧縮し、使用時は
加熱することで、安全に取り出せるようになった。
その水素のパワーはガソリンに劣らず、排出するのは「H2O」、つまり
限りなく純粋に近い水である。これほど環境に優しい燃料は他に無い。

米国は馬車の時代から次は鉄道の時代になった。
それから自動車が開発され、徐々に普及していった。
それとともに燃料となる石油産業が芽生える。その中で有力な企業が
生き残り、俗に言う「セブンシスターズ(7人の魔女)」という7社の
石油メジャーが確立した。世界中の原油を支配し、価格を統制し、
現在では穀物等にまで手を伸ばして支配している。
電気自動車や水素自動車の開発が遅れたのは、このメジャーの影響が大きい。
これらの開発はすでに数十年前にある程度終わっていたが、これらが
普及すればメジャーは困ってしまう。しかし地球温暖化という事象が
世界を変えた。
これからの日本の水素自動車に対する取り組みを期待するし、
興味を持って見守っていきたい。小生は今61歳、生きてもあと20年
ぐらいだろうが、世界の自動車社会はどうなっていくのだろうか。

遊泳禁止の場所で

2017年08月15日
【遊泳禁止の場所で】

北海道余市町の海水浴場で、友人と海水浴に来ていた29歳の男性が死亡した。

目撃した人たちは「ピンクの浮いているやつより奥で泳いでいた。
放送で2.3回注意されていた。」。
発見された場所は、遊泳エリア外だった。


痛ましい事故ではあるが、この場合はしょうがないだろう。
目撃では遊泳禁止場所で泳いでいたのが事実か確定はできない。
発見された場所が遊泳禁止場所といっても潮に流された可能性も
あるので、これも確定できない。しかし、ほぼクロだろう。

遊泳禁止場所で泳いで溺れて事故を起こせば誰の責任でも無く、
本人の責任であり、今回は飲酒していたというからどうしようもない。
しかも注意も無視している。
例え遊泳可能な場所でも飲酒して泳げば本人の重過失である。
生命保険も出ない可能性もある。

小生も若い頃は家族で海でキャンプして泳いだが、ビール等は
遊泳後しか飲まなかった。やはり危険だ。
それと最近は離岸流の解明が進み、発生する可能性がある海水浴場には
注意書きの看板が出ている所もある。
離岸流は馬鹿にできない。その流れの強さはオリンピックの水泳選手でも
流れに逆らっては泳げないほどである。
幅は10~30メートルで長さは数百メートルになる。
巻き込まれたら、どうするか。まず横に泳いでみること。泳げなければ
無理をして泳ぐより、浮いていることを心懸けることだ。

【東大寺法華堂に落書き ハングルのような文字】

奈良県警は8日、奈良市の東大寺で国宝の法華堂(三月堂)に落書きが
見つかったと発表した。とがった硬いもので刻まれたとみられ、県警は
文化財保護法違反の疑いで捜査を始めた。
奈良署によると、西側の高欄(欄干)の西面に縦約10センチ、
横約40センチの範囲で、ハングルのような3~4文字と、
目のような絵が書かれていた。


まだ犯人が特定されていないのでカテゴリーは「中国・韓国」ではなく
「その他」にした。
もしこれが日本人が犯人で、わざとハングルを使用したとすれば、
まあ終身刑が相当。本当に韓国人であれば死刑。

どうでもいいが、自国に歴史的文化財が少ないというヒガミだろう。
いや、歴史的文化財がたくさんある日本へのネタミか。
儒教を広めるために徹底して仏教を弾圧した祖先を恨めよ。
日本でも廃仏毀釈ということがあったが、日本人の中には敬虔な
仏教徒や常識のある政治家などが多数いたため、セーブがかかった。
日本で歴史的文化財が少ないのは比叡山ぐらいだろう。
なにせ信長が全山焼き討ちにしてしまったから。

どこの田舎でも韓国に持っていけば国宝級のお宝が鎮座している。
それで韓国人が盗む。韓国では盗んで持ち帰った仏像が韓国の
所有物という判決が出た。これを返還させるのは大変なことだ。
韓国は盗難による美術品は返すという国際協定に入っているにも
関わらず、民意優先の異常な判決を出すような不埒な国である。
これを防ぐには韓国人の渡航禁止しかない。要は断交である。
断交して韓国人が来なければ、こういう事件も発生しない。
少なくとも来日する韓国人の査定を厳しくするぐらいしてもらいたい。
変な奴を来させるなよ。麻薬、金塊の密輸も大幅に減少する。
断交は日本にとって大きなメリットがある。

 断交、断交、断交!

【ミニストップ店員の無断駐車対策に批判】

東京都府中市のミニストップの店舗で、店側が駐車場の車のタイヤを
ロックし「はずしてほしかったら4万ください」などと貼り紙をしたところ、
ツイッター上などで批判の声が上がった。無断駐車への注意喚起のために
店側が用意した車だったが、批判を受けて撤去した。


上記だけではわからないが、この車は店側の「やらせ」。
どこにでもある問題で店の方はさぞ迷惑していると思う。
やりすぎかどうかわからないが、店に対して「やりすぎだ」と思っても
店の立場を考えれば批判は無いだろう。店の行動が気に入らなければ、
そういうことをする店を利用しなければいいことであって、NETで
批判する方がやりすぎだ。
店のことを考えるならば、そっと、やりすぎだから止めた方がいいと
促すぐらいの心の広さがないのだろうか。また、それに同調する馬鹿が
いるのも困ったものだ。最近はこういう事例が多くて嘆かわしい。
NETの匿名という隠れ蓑が及ぼした最大の悪行のひとつである。
相手の立場も考えず、ひたすら批判する輩とはどういう人間だろうか。
自分がその立場に立たされたら、これ以上の事をするように思えてならない。

しかし、このような無断駐車は実際に困ったもので、小学校の運動会の日に、
近くの窓口が営業していない郵便局の駐車場がいつも満杯になっている。
しかしATMがあって利用する人はいるのだ。ここも隣はコンビニ。
またスーパーの駐車場が高校の運動会の日に満杯になって、学校に
苦情が殺到し、学校側が看板を立てたが、全然効果が無く、スーパーが
困惑している。そのスーパーから高校までは、かなりの距離があるのだが。
高校の周辺は住宅地で有料駐車場などが無いので、車で来るのが
はじめから無理だとわかっているはず。
自分1人ぐらいはいいだろう、他の人もしているから、という日本人の
悪い面での性格がよく出ている。

ある大きな駐車場があり、そこは書店、ファミレス、ラーメンのチェーン店、
DVDのレンタル屋、スポーツ用品店の共同駐車場なのだが、当初は
自由に駐車できた。やはり無断駐車に困ったのだろう、ある日、そこには
ゲートができて、30分は無料で、買い物をしたり、飲食をした場合は
2時間まで無料となった。駐車券を取るために公道に車が列をなし、
迷惑だと思っていたが、いつか、客足が減って、書店を筆頭に数軒が
潰れてしまった。ここの駐車場も、近所にいろいろと学校があり、
学校行事の日には、いつも満杯になっていた。自由に駐車させるか、
ゲートまで費用をかけて設置するか、難しいところだが、客が来なければ
本末転倒だろう。永遠の問題かもしれない。

ちなみのTVでもこの事が取り上げられていて、アンケートでは、
この行動に賛成が95%だった。当たり前だ。

駐車する馬鹿が悪い!

【「シカの殺処分やめて」 保護団体が中止要望】

奈良県が今週から、食害対策としてシカの捕獲・殺処分に乗り出したことに
対し、自然保護団体が中止を求める要望書を県に提出した。

奈良市一円に生息する「奈良のシカ」は、これまで天然記念物として
保護されてきたが、市の郊外では田畑を荒らすシカが深刻な問題となっている。
そこで奈良県は、特定の区域に限りシカを捕獲・殺処分することを決め、
7月31日から罠を設置していた。これに対し、兵庫県に本部を置く
自然保護団体が「捕獲して殺処分するのは残酷だ」として県に中止を
求める要望書を提出した。

無用な殺生は犯罪だと思います。柵を強化することによって(食害の)被害を
減らす、こっちに進むべきだと思います」(日本熊森協会・森山まり子会長)


こういう事があると、必ずこういう事を言い出す奴が出てくる。
お前ら、お金を集めて鹿の被害に会っている方達全員に全額の補償をしろ。
そして将来に渡ってそれを約束しろ。そうすれば即中止になる。
被害が深刻だから最後の対策として出てきた方法だ。これより良い案で
費用のかからない案があれば出したらいい。猟銃の弾代を知っているのか。
鹿では元も取れない。だから小生の田舎では鹿は罠に頼っている。
しかし罠の効率は悪く、鹿は増える一方で被害は増すばかりである。
現役のハンターの不足も深刻だ。まだ奈良市はそれができるだけマシだ。

すぐに「残酷」という言葉を出す。お前ら霞でも食べて生きているのか。
動物だけでは無く、植物だって命はある。ベジタリアンだって命を食べている。
何が「無益な殺生」だ。必要があるから、仕方なしに行うのである。
誰が好きこのんで動物を殺すものか。
「柵の強化」って簡単に言うな。どれだけの費用がかかると思っているのか。
また効率も悪く、よくするには電気柵に頼るしかないが、こちらの方が
よっほど残酷で危険だ。
こんな事を言い出す団体の方が百害あって一利無しだ。
こんな奴らの戯言に返答する必要は無いし、特定地域に限っているのだから
駆除を続行するのが当たり前だ。日本の鹿は絶滅しない。
ちなみに小生は鹿の肉は大好物であり、非常に美味しいと思う。

【馬鹿は好きにさせたらいい】

本格的な夏の行楽シーズンを迎え、埼玉県飯能市の山間部で道路を
管理する行政、警察が頭を悩ませている。通行止めを突破し、林道を
走るオフロードバイクが後を絶たず、有効な手立てが打てないためだ。
市内の国道299号の峠道を猛スピードで走る「ローリング族」とともに、
もう一つの交通課題への対応に苦慮している。
今年5月、都内の50代男性が同市下名栗の森林管理道(林道)大名栗線を
バイクで走行中、誤って約100メートルの崖下に転落、死亡した。
全長約21.7キロの大名栗線は落石の危険があるため、全線通行止めと
なっていた。男性は整地されていない土や砂の上でも走行できる
オフロードバイクに乗っていた。

通行禁止の林道を完全封鎖しないのは、規制の対象が一般車両に限定している
ため。そもそも林道は森林を管理、整備するための道路で、森林管理に
当たる車や地主の車などは規制の対象外。市内の通行禁止林道では、
山歩きなどハイカーの進入も禁止していない。

「通行止め」となった林道は公道とみなされず、危険な運転をしても
道路交通法の適用外。一方で「立ち入り禁止」にすれば、バイカーは
軽犯罪法(立ち入り禁止場所への侵入)に抵触するが、地主の無償提供を
受けて整備した林道を、県の判断で立ち入り禁止にするのも、その権限は
発動しにくい。


不法投棄は困るが、それ以外は好きにさせたらいい。
怪我をしようが死のうが本人の責任でしているのだから。
また、そんな奴に救急車も無駄だから看板に「ここで怪我をしても
救急車は来ることができません」と書いておいたらいい。
本来、林道というのは林業を営む方や地域住民の利便性の向上のために
作られたもので、馬鹿なライダーのためではない。
こんな一部の馬鹿な奴のために行政や警察が、いろいろな対策をとる
手間や費用がもったいない。
行政と警察が話し合い「立ち入り禁止」にするのが手っ取り早い。
無視する奴は、どんどん検挙すればいい。軽犯罪法だと穏便な処置を
しがちだが、最高の罰則を与えればいい。
こういうところが日本は甘い。安全は只と未だに思っている馬鹿がいる。
看板ひとつ立てるのにも、いろいろな手続きに時間がかかるし、
当然、人も動かなければならなく、費用も必要だ。
こんな一部の奴のために税金を使う必要は無い。
まっとうなライダーは決してこういう行為はしない。そういう人達は
ちゃんとした場所で、それなりの費用と時間をかけて楽しんでいる。
馬鹿でケチなライダーが怪我をしようが死のうがかまわない。

【バンジ-ジャンプのロープが】

1日午後5時半ごろ、長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」
(HTB)のバンジージャンプでワイヤロープが切れる事故があり、
福岡県古賀市の公務員男性(37)が右肩打撲の軽傷を負った。事故を受け、
HTBはバンジージャンプの営業を中止した。長崎県警が原因を調べている。


事故は起きる。
今回も営業前に点検は行われていた。どのような点検だったかは
わからないが、たとえ点検し、何の異常が見つからなくても事故は起きる。
例えばロープの耐用が100回として100回使用し、点検すれば
異常は見つからない。101回目に使用限度がきてロープは切れることもある。
もっとも使用限度には幅を持たせてあるので、このような事は通常は
ありえない。しかし、逆に、生産される過程で何万本に1本かは100回の
使用に耐えられない製品も発生する可能性もある。すべての製品に対して
耐用テストを行うことは無理であり、不良品を見つけることは困難だ。
100回の使用対数の製品に100回のテストを行えば製品として
出荷できなくなる。
安全対策としては2重にロープを使用するのが簡単だが、ものすごく低い
確率で2番目のロープも不良品という事も「0」では無い。
パラシュートでも開かず、サブのパラシュートも開かなかったという事故は
現実に起きている。
だから確率は低くても事故は起こる。
ただ起こりにくくすることはできる。ロープを2重にし、耐用回数の
90%で替えるとか、方法はいろいろある。しかし企業側の採算性もあり、
耐用回数になっていない物を交換することは通常しないだろう。
製品管理を徹底し、耐用テストも行い、事前点検を十分に実施し、使用回数も
守れば、これは生産した会社や使用した会社の責任では無い。
こういった事故は人為的ミス(例えば見ればわかるような摩耗を見逃す)で
無い限り、使用した人の運である。
これは娯楽施設でも家電でも、すべてに当てはまることだ。

【やっぱり出てきた民泊問題】

大阪で一般のマンションの5部屋で無許可の民泊が行われ、
住民が提訴に踏み切った。
マンションの規則で民泊は禁止、罰金は1日5万円。
しかし、実態は。
マンションの共同部分は大荷物を持った宿泊客で溢れ、
エレベーター内で喫煙、煙草は壁に押しつけて消す。
24時間、騒音が絶えない。
もちろん宿泊客は中国人。
で、この5部屋の持ち主は中国の個人と法人。
言い訳は研修に来ている者を泊めていると。
ふざけるな!
これは他の住民が訴訟を起こしたから表面化したのであって、
実際には日本中で相当多数の同様なケースがあると思われる。
東京五輪や増加する観光客のための利便を図る為とは言え、
厳しい制限を設けなくては、どんどん悪質化する。
前にもカキコしたが、外国人への不動産売買を制限する必要があるし、
このように違反した場合は厳しい罰則が必要だ。不動産没収のうえ、
多額の罰金、当然、強制送還、永遠に渡航禁止。
一番手っ取り早いのは断交だ。

【建設現場で法令違反】

大阪府内の建設現場で死亡事故が相次いでいることを受け、大阪労働局が、
府内の建設現場へ一斉立入調査に入った結果、100ヵ所を超える現場で、
安全面での法令違反が確認されたと発表した。

大阪府内では、今年に入って、労災事故による死者が13人と急増。
これを受け、大阪労働局が先月、府内232ヵ所の高速道路やビルなどの
建設現場に、一斉立入調査に入った結果、半数近くにあたる107ヵ所で、
労働安全衛生法違反が見つかったと発表した。転落防止のための手すりの
設置を怠っていたり、作業計画が不十分だったりするなどし、大阪労働局は、
ただちに是正するよう指導している。


なんと生温い処置!
これじゃあ、減るわけが無い。
「是正するように指導」って、その場限りの繕いで済んでしまう。
何故、もっと厳しくできないのか。人の命が安すぎる。
法律が甘いなら改正するべきである。
例えば飲食店が食中毒事件を起こしたら即営業停止だ。
建設業界も即営業停止にすべきだ。特に建設業界では下請け、孫請けが
多いので、元請けからすべて処罰すべきである。
またメディアも該当企業の名前を公表すべきである。
下請け、孫請けは元請けとは比較にならない安い契約で仕事を引き受け、
工期を守るために、そういう部分で手を抜かざるを得ない。
例えば元請けが下請け等に仕事を委託する場合は契約の上限利率を
決めて、それ以上の搾取をしてはならないというような法律が必要だ。
1億円の仕事を仮に上限5%として、下請けに委託する場合は下請けの
契約は9千5百万円以上となり、孫請けは9千25万円となる。
こういう観点から見なければ指導しても減るわけが無い。
つまり行政が甘いと言うこと。行政は「指導しています」という
言い訳ができればそれでいいと思っている。
これでは根本的解決にはほど遠い。

当世小学生気質

2017年08月03日
【当世小学生気質】

毎朝、5時には犬の散歩に行くが、ときどき6時を過ぎるときがある。
夏休みの定番のラジオ体操をしているが、参加している子供が少ない。
小生がガキの頃はもっと多くて、体操が終わったら、そのまま
遊んで帰ったものだ。どうかしたら、ジジババのほうが多いときもある。
まあ小生の近所はたしかに小学生が少なくてジジババのほうが圧倒的に
多い。なにせ町内は15軒で5軒は空き家で小学生は「0」。
それでも何故か子供会があって廃品回収などをしている。
近隣の町内も同じように子供が少なくて合同で行っているようだ。

ラジオ体操は楽しみではなかったが、嫌でもなかった。
犬の散歩の途中、もう体操が始まっているにも関わらず、友達と
話しながら、ゆっくりと歩いていく子供達を見た。
今時の小学生気質はこんなものかと思った。
孫を見ていても思うが、物事に熱中するということが希薄で、
熱中しても時間が短い。言わば根気が無い。
小生も根性、努力、一生懸命などは好きでは無いが、それは外部からの
ことであり、自分自身が思ったときは、それなりにやる。
どうも、その辺が足りないのが当世小学生気質のようだ。

【米国、北朝鮮について国連安保理緊急会合の「価値なし」】

北朝鮮が7月28日深夜にミサイル発射実験を実施したことについて、
米国は国連安全保障理事会の緊急会合では「何の結果も出ない」として
開催を求めない考えを示した。
米国は「追加の安保理決議は北朝鮮への国際的な圧力を目立って強められず
価値がない。むしろ、何もしないよりも悪い。北朝鮮の独裁者に対し
国際社会が真剣な対応を求めていないというメッセージを送ることに
なるからだ」と述べている。
また「中国は最終的に重大な措置を取りたいのかどうか、決めなければ
ならない。話し合いの時間は終わった」と述べた。

中国は韓国のTHAAD配備に対して激しい反対をし、団体旅行の禁止まで
実行している。その裏で北朝鮮に対して裏ルートで援助している。
今回の発射実験を受け、ドナルド・トランプ米大統領は中国を批判。
北朝鮮との貿易で「何十億ドル」もの利益を挙げているにもかかわらず、
北朝鮮のミサイル開発を抑制する努力を怠っていると述べた。


元々は北朝鮮が問題なのだが、中国も同様に大きな問題である。
このような国が常任理事国では北朝鮮への制裁が進むわけがない。
国連安全保障理事会も、その決議も意味が無い。
やはり国連改革が行わなければ、こういう問題は永遠に解決しない。
国連という世界的な公的な機関にあっても自国の利益のみを考える
中国という国。世界平和を目指すはすが、自らが武力侵略を繰り返し、
他民族を抑圧する国、発言も報道の自由も無い独裁政治の国。
こんな国が国連に加わっていること自体がおかしい。
日本を始め、非常任理事国の国は連合して、この非を訴え、
国連改革を行わなければならない。改革ができなければ脱退あるのみ。
脱退して新たな国際機関を創設する方が世界のためになる。
まず日本は莫大な国連への拠出金の支出を止めて圧力をかけるべきだ。
日本の拠出金が無ければ国連は潤滑に活動できなくなるだろう。

【モンゴル国籍の白鳳】

自身の記録を更新する史上最多39回目の優勝を決めた横綱・白鵬。
今回の名古屋場所では、魁皇の記録を抜き、通算勝利数でも歴代トップに
踊り出た。しかし、そんな偉大な横綱がこのままでは引退後、相撲協会の
運営には携われない可能性があるという。

白鵬はモンゴル出身で、現在もモンゴル国籍。しかし、引退後、親方に
なるのに必要な「年寄名跡」の襲名継承には、日本国籍を有することが
条件となっている(日本相撲協会寄附行為施行細則)


これが労基法に反しているという弁護士がいる。
いらぬ事をペラペラとしゃべっている。
白鳳自身は帰化の意思をもっているようだが、こういうことで
裁判沙汰にはなって欲しくないものだ。

問題は「相撲」が国技だということだ。
他のスポーツとは違う。高見山が外国人力士として登場してから
もう数十年という月日が経っていて、現在の大相撲は外国人力士に
負うところも多い。しかし「年寄名跡」となると話は別だ。
もし、これが労基法にふれて駄目だということになれば、
いっそ、外国人力士は駄目だというほうがスッキリする。

蓮舫の二重国籍問題と同じなのだが、もし相撲がオリンピック種目になって
プロも参加OKになったら外国籍の親方はどちらの国を応援するかという
問題になる。単なる応援では無く、育成、強化といった問題も出てくる。
相撲が「国技」である以上、これは法律上の解釈ではなく、やっぱり
部屋を持つのは日本国籍を有するという条件は必要だろう。
なまじ知識のある専門家より日本人の心情のほうが大事だろうと思う。

神戸の毒蛇

2017年08月01日
【神戸の毒蛇】

神戸の公園で子供が毒蛇に噛まれ、一時意識不明になった。
この事はどの新聞社もNETでも大きく報道された。
どこかおかしい。
これが蛇がヤマカガシでは無くハブだったら大きなニュースだろう。
しかしヤマカガシなんて、どこにでもいる蛇だ。
マムシだって毒を持っていて、どこにでもいる。
例えば、その報道が公園周辺に行かないように注意を促すものであれば
納得するが、まるでヤマカガシが珍奇な動物のような報道である。
噛まれた子供は不運だったが、そんな事故は日本全国至る所で発生している。
ヤマカガシの方がいい迷惑だ。そりゃ東京の銀座で出れば驚くが、
日本中のどこにもいるポピュラーな蛇である。
環境の変化によってヤマカガシが少なくなり、知っている人が
少なくなったということだろう。
学校で日本に生息する危険な生物、植物は可能性が低い物でも
教えた方がいいと思う。今の子供はほとんど知らないのではないだろうか。
また、毒蛇に噛まれたとか、毒クラゲに刺されたなどの事故に対する
応急処置なども知っていて損は無い。もっと身近で言えば蜂に刺されたとか、
ヒルが吸い付いたとか、いろいろある。
今の学校の教育では生きるための知識を教えていないような気がする。

追加の記事で

男児はこの日、川沿いにある山道に友人とヘビを捕まえに行き、
午前10時半ごろに左手の人さし指をかまれた。
また、男児は午後1時ごろにも友人宅で、宝塚で捕まえたヘビを
リュックサックから取り出そうとした際に右手首をかまれていたという。


こりゃ、噛まれてもしかたがないわ。

朝鮮学校が勝訴

2017年07月28日
【朝鮮学校が勝訴】

今日、大阪地裁で朝鮮学校が勝訴した。
この判決は、あきらかにおかしい。
政治的理由で朝鮮学校を排除するのは駄目だという。
また拉致被害者の早期解放に悪い影響を与えると。
政治的理由で排除するのは現在の朝鮮民族を考えれば当たり前だ。
北朝鮮、韓国、どちらも反日を公言している。
そんな国の教育に何故補助をする必要がある。
しかもその教育が民族教育なのだ。どう考えてもおかしい。
そんな判決ならば、自分の払った税金はそんな事に使われたくないから
税金を払わないぞという人が出てきてもおかしくない。
また、こんな判決が拉致に何の影響もしないのも明らかだ。
そんな単純で簡単な問題なら、とっくの昔に解決している。
もうひとつの懸念は在日が多い大阪という場所を裁判所が
考慮したのではということである。違う地裁で逆の判決も出ている。
これでは国民が司法に不審を抱く。
とにかくも政府は即時、控訴すべきである。

【認知症なら、即免停】

75歳以上の高齢者が運転免許の更新時か違反時に「認知症のおそれあり」と
判定されたら、例外なく医師の診断が必要になり、「クロ診断」なら運転免許は
打ち切りになる。この新ルールが3月から始まっている。認知症のドライバーを
早期に見つけ、事故を減らす狙いだが、当事者団体や学会などからは「認知症、
即免許停止は乱暴」「危険運転との因果関係は証明できていない」といった
批判が消えない。運転能力のある認知症の人もいるうえ、高齢者にも豊かな
生活を営む権利があるからだ、という。車がないと生活できない高齢者も
存在する。


まず小生の単純な意見。認知症なら即免停に賛成。
75歳以上で免許更新時に認知症が発見できなくても、認知症の人はいる。
また更新時以降に発病する人もいる。
しかし、はっきりと認知症と判断された場合は、これだけ多くの車が
存在する現代においては、未来予想における危険の回避の方法として
仕方が無いだろう。運転能力のある認知症の人がいても、それは現時点に
おいてのことであり、明日はわからない。車がないと生活できない高齢者も
存在すると言うが、それは行政の問題であって自動車事故とは別問題だ。
高齢者にも豊かな生活を営む権利はもちろんあるが、自動車を運転する人にも
事前に危険を回避する権利がある。ここで権利うんぬんの話は見当違いだ。
学会というのはどうも世間からずれた思考の持ち主が多いようだ。

実際に運転していて、見ていて「もう免許証を返上したら」と思う運転を
する高齢者が多い。小生も61歳で若いとは言えないが、そういう運転しか
できなくなったら免許証を返上する。認知症への差別ではないが、認知症と
診断された人が運転していたら、やっぱり怖いと思う。
もし認知症でも運転は正常にできる人が、運転中に認知症が原因の事故を
起こしたら誰が責任を取るのか。運転者本人は認知症ということで、
刑事責任を取ることができないだろう。被害者が泣き寝入りか。
認知症の家族にアンケートを採ったら、たとえ運転が正常にできても
運転して欲しくない、運転させないという回答が圧倒的に多かったようだ。
事故で家族まで影響を受けてはたまらない。自動車保険は重大な過失が
あった場合は出ないのだが、この場合はどうなるのだろう。

【杉浦&辻夫妻 ブログ写真で苦情】

お似合いの馬鹿夫婦だと思っていたけど、やっぱり馬鹿だった。

「ブログ夫婦」として知られる俳優・杉浦太陽と妻で元モーニング娘の
辻希美が、同級生の子供の母親から「ブログに子供の写真を載せないで」と
クレームを入れられていたことが分かった


常識がないね。たとえ顔を隠してもブログに載せるのはNGだろう。
それでも、載せるとしたら、事前に相手に承諾を得るのが常識。
こういう常識の無い使用者はブログ側で排除すべきだ。
ブログの閲覧回数は増加して収益は上がるかもしれないが、それ以前の
問題だ。
ましてや芸能人であればブログの閲覧回数も多いだろうから、
変な犯罪とかに巻き込まれる可能性も高い。
だいたい能力も知恵も芸もない「芸能人」って奴が多すぎる。
いつも思っているが歌が下手な歌手、演技力の無い役者などがTVを
賑わす現在が嘆かわしい。もちろん自然淘汰されていくであろうが、
小生がTVを見ない理由のひとつだ。
こんな奴を出す影で実力があるのに売れない芸能人が山ほどいるのだろうなと、
思ってしまう。
スポーツ界では絶対にありえないだろう。政界ではありうる。
子供の教育方法だけは間違えるなよ。

【2億円かけ耐震工事の宿泊施設、震度5強で休業】

ベストシーズンなのに長期休業―。
長野県王滝村で6月にあった震度5強の地震で、村内にある名古屋市の
宿泊施設が被害を受け、いまも営業再開のめどが立っていない。2年前、
2億円をかけて「震度6弱に耐えられる工事」を行ったが、地震で柱や壁が
破損。今月は予約のあった約980人分をキャンセルし、8月も予約を
すべて断る事態となっている。

施設は「おんたけ休暇村」で、1973年に開業。宿泊棟は鉄筋コンクリート
3階建て52室で、最大192人が滞在できる。2015年、3か月かけて
耐震工事を実施した。現在は、どの程度の揺れに耐えられるかわからない
状態という。

王滝村によると、村内の宿泊施設のうち、6月の地震の影響で現在も
休業しているのはおんたけ休暇村だけ。市は「宿泊棟が倒壊しなかったのは
耐震工事のおかげ」と釈明し、調査機関に委託して被災後の耐震強度を
確認するとしている。結果次第では再度、耐震工事を行うという。


何かおかしい。何かずれている。
2億円の耐震工事は何のためだったのか。
「宿泊棟が倒壊しなかったのは耐震工事のおかげ」と釈明する市が
信じられない。市民はどう思っているのだろうか。
市に聞きたい。これが自分でお金を出して建てた自宅でも、
こんな発言をするのか。
再度の耐震工事は誰が費用を支払うのか。ここでも行政の、税金は自分の
金では無いから、どんどん使えという、役所根性が露わに出ている。
何故、耐震工事をした業者を追求しないのか。なんか胡散臭い。
業者と市で裏取引か贈収賄でもあったのか。
しかも壊れて営業できない施設が、この休暇村だけというのが笑ってしまう。
この業者を公表すれば、まず仕事を依頼する個人も企業も無くなるだろう。
これは市議会で深く追及しなければ、市議会議員の存在価値はなくなる。

【出張理美容車から転落、車いすの男性死亡】

愛知県東郷町の特別養護老人ホームで6月、入所者の60代男性が
「出張理美容」の専用トラックに乗り込む際、自動昇降リフトから
車椅子ごと転落し、その後、死亡する事故が起きていたことが県警への
取材でわかった。県警は、出張理美容業者の安全対策が不十分だった
可能性もあるとみて、業務上過失致死の疑いで慎重に捜査している。

県警によると、男性は6月19日午後3時ごろ、30代の男性理容師の
付き添いで、女性入所者と一緒にリフトに乗った。上昇中に車内に
乗り移ろうとした女性を止めようと、理容師が車椅子から手を離したところ、
男性は後ろ向きに転落して後頭部を強打。7月6日未明に病院で亡くなった。
リフトの床の高さは路面から約70センチで、車椅子の車輪のストッパーは
かかっていなかった疑いがあるという。

業者によると、車輪が回らないようにストッパーをかける決まりだった。
一方、リフトと車椅子をつないで固定する器具はなかったという。
また、車椅子を乗せる場合、リフトの定員は付き添いの理美容師とあわせて
2人だった。当時3人が乗っていたことについて、業者の幹部は取材に
「上昇が始まる際に突然女性が乗ってきた」と説明した。


これは事件として捉えられているが、事故防止という観点から捉えなければ
再発することもありうる。こういう記事が出ると、日本の場合はすぐに業者の
責任だけを追求しがちだが(自動車、航空機、エスカレーター、家電、
エレベーター、公園の遊具などの事故もすべてそうだが)、それでは
再発防止にはならない。日本人の特徴として、すぐに個人的な責任を追及し、
運転が未熟、パイロットの判断ミスなどとしてしまう。このことに関しては
ノンフィクション作家である柳田邦男氏の「死角-巨大事故の現場」とか
「マッハの恐怖」を読むとよくわかる。

柳田邦男
 柳田邦男

小生の行っていた理髪店の御夫婦も老健に店が休みの日に行っていた。
店でするより安い料金でほとんどボランティアというものだった。
ご主人がお亡くなりになり、今では店自体がなくなってしまったが。
この業者はどうかわからないが、例え儲けが大きくても、そう好んで行くとは
思われない。よっぽど潰れかけた理髪店なら別だが。やっぱり、やりなれた
自店舗で営業する方が気が楽だろう。
今回の事故で、このような業者が二の足を踏むことがなければと思う。

安全対策が不十分だと言うが、どこまですれば安全対策が完全と言えるのか。
行政や警察が、そんなマニュアルやガイドラインを出したことがあるのか。
もちろん業者にも問題があるだろうが、それ以前の問題だ。
ストッパーがかかっていなかったのは、かけ忘れか、それとも突然乗ってきた
入居女性のために、その制止でできなかったのか。
例えば女性を制しせず、ストッパーをかけていて、その女性がリフトに
挟まれて事故が起こったら、誰の責任なのか。
定員2名のところを3名乗ったのは業者の責任か。
転落防止のチェーンが無かったのも業者の責任か。
そのような規定や法律や安全基準があるのか。

記事を読んでいて業者のことは書いてあるが、入居施設のことは書いていない。
業者に任せっきりのような印象を受けるが、施設の職員は何をしていたのか。
そもそも、この事故の発端は突然乗り込んだ入居女性ではないのか。
彼女がそういう行動に出なければ何も起こらずに済んだのでは無いか。
安全対策とは別に、小生はこの女性の責任が一番重いと思うのだが。

すぐに個人的な責任を追及して記事にしようとする日本のマスコミに
反吐が出る

【樹齢600年の大ケヤキを切り倒す】

埼玉県川口市安行原で長年神木を務めた大ケヤキが切り倒された。
幹の中心部が朽ちて倒れる恐れがあるため決断した。
大ケヤキは推定で600年以上とされ、高さは約5メートル、幹回りは
約4メートル。根元は茶色く腐るなど痛みも目立ち、古電柱2本で支えている。
25年前に植えた若いケヤキに神木の座を譲っていた。

お別れのセレモニーでは、近くの密蔵院の住職山口正純さんが大ケヤキに
向かって厳かに読経をあげた。「長年地域を守ってくれた大ケヤキへの感謝、
これからの地域の安全、みんなが豊かに楽しくという万人豊楽など、全部
ひっくるめて祈願した」と山口さんは言う。
感謝の心を込めて、日本酒を大ケヤキの根元にまいた。市立安行小学校で教諭と
ともに地域学習に取り組む4年生4クラスの全児童約140人も見守った。


これが日本という国だ。
こういう風習や気持を若い人たちが受け継いでくれればと思う。
いじめや幼い子供への虐待や殺人といったニュースが毎日のように紙面を
飾っているが、このような風習を味わった経験などがあれば、
少しは違っていたのかも知れないなどと思ってしまう。
暖房のために、全山禿げ山になるほど、住民が勝手に伐採する国とは違う。
犬の散歩のコースのひとつに神社の周辺の道がある。駐車場の手前に
鳥居があり、階段を登った上に本殿や能舞台がある。
まだ薄暗いなか、ジョギングの途中で止まって、鳥居に手を合わせる方、
散歩の途中で、帽子をとって深々とお辞儀をする方、これが日本人だ。
小生は無宗教、無信心ではあるが、ご先祖様には感謝しているし、
神社仏閣に対する敬虔な心も持っている。盆に墓参り、正月の三社詣で、
神社での七五三、古くからの良い行事だと思っている。
よく「神頼み」と言うが、それは間違いである。神社で神に祈るのは
「願い」では無く「感謝」である。
こういう記事は心が和む。

ついでに、もうひとつ、西日本新聞に載ったいい話を。

題は
「お連れ様はどちらですか?」妻に先立たれた男性、客室乗務員の対応に

半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を
聞いた。男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、
羽田空港から空路、九州へと向かった。

遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、
念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを
入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。
「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。男性が「ああ、
上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを
締めてくれた。飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出して
くれたという。

「最後に2人でいい旅行ができた」と男性。その表情を見ていたら、
こちらも温かい気持ちになった。

というものです。心が和みます。

【東日本大震災復興補助金詐欺】

東日本大震災からの産業復興を支援する補助金をだまし取ったとして、
東京地検特捜部は20日、精密機器開発製造会社「CKU」(本店・
大阪府岸和田市)の社長、谷川章太容疑者(35)=同市=と、兄で
同社役員、谷川茂利容疑者(38)=東京都台東区=を詐欺容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2012年12月~14年10月、同県白河市に建設予定の
工場に備える機械設備の購入費などを偽った請求書を県に提出し、
「ふくしま産業復興企業立地補助金」約2億5000万円をだまし取ったと
している。


前にも書いたが日本は詐欺を含めて経済犯の量刑が軽すぎるので、
振り込め詐欺をはじめとする経済犯が後を絶たない。
軽い場合はたった4,5年で出てくるし、執行猶予がつく場合もある。
しかも、どうせ金は使っていて返せはしない。
その被害のために一家離散や自殺に追い込まれた方々もいるのだ。
言わば凶器なき殺人である。

こげなアホはすぐさま死刑にしたいところだ。
簡単明瞭に量刑を規定すればよい。
江戸時代は10両盗んだら馘が飛んだ。この方がわかりやすい。
現代だと100万円で懲役1年。全額を返済した場合は服役期間を半減。
執行猶予は一切無し。
今回の場合だと2億5千万円なので懲役250年。妥当な線だと思うが。
1千万円だと10年だが、再犯の場合は服役期間を倍とする。
それとも1億円以上は一律死刑の方がいいか。

電気自動車

2017年07月20日
【電気自動車】

我が家の自動車は三菱の軽の「アイ」である。
もうすでに10年以上経過しているオンボロ中古車。
いつまで持つかわからないが、今は目立った故障も無く、
それなりに走っているので買い換える予定は無い。
ただし外観は傷だらけ。
しかし、いつまでもという訳にはいかないだろう。
免許返上まで。もう1台は必要な感じがする。
次は何にしようかと思っているが、やっぱり電気自動車かなと考えている。
そこで見た記事に驚いた。

電気自動車、日産リーフの中古車価格が激しく下落している。
2011年や2012年の初期モデルについていえば、30万円~40万円と
いう超バーゲンセール。新車時に325万円した2016年モデルの自動
ブレーキ付きモデルすら110万円台で購入可能という状況。
日本の量販自動車で最も激しい価格下落を記録中である。


これだけ見ると超お得な感じがするが、続きの記事を見て再度驚いた。

なぜ暴落か? 理由は簡単。バッテリーの性能劣化のためである。
御存知の通りバッテリーの場合、使っていると性能低下する。初期型の
リーフで言えば、新車時に160㎞ほど走れたものの、今や100㎞以下に
なってしまった個体すら珍しくない。エアコンや暖房を使うと、80㎞程度と
なり、近所の買い物以外使えくなってしまう。


最大にして唯一の解決策は「安価なバッテリー交換プログラムを作る」こと
ながら、日産自動車のDNAなのか、ユーザーのフォローをしない。


徹底的なユーザー目線を貫くトヨタと好対照と言って良かろう。ちなみに
トヨタはバッテリー寿命に問題を抱えていた初期型のプリウスに対し、
バッテリーの生涯補償を打ち出した。生涯補償の対象にならない初期型以外の
モデルはクルマの寿命くらい長持ちするようになった上、交換用バッテリー
価格を低く抑え、15万円以下で新品に交換できる。


同じ時期にハイブリッドを発売したホンダも当然ながらバッテリーは
交換しなければならないが、生涯補償どころか、初期型インサイトを
買った人の大半が、驚くほど高額のバッテリー交換費用を迫られることに
なったほど。むしろ日産やホンダが普通でトヨタだけダントツに顧客の
ことを考えているのかもしれない。


過去に乗った車で、ニッサンの車は2台、ホンダは0台、トヨタは3台。
別に訳があってこうなったということでは無い。
たまたま安くて気に入った車が、その会社だったという程度。
ニッサンのブルーバードとトヨタのマスターエースは気に入っていた。
ホンダは交換部品が独特で高いし、手に入りにくいので、最初から除外。
(ホンダの車自体が悪い訳では無い)

今は小生とおかんの二人だけなので軽で十分だが、田舎に帰る時のことを
考えて馬力のあるターボ車を購入している。高速道をチンタラ走りたくない。
マスターエースはお気に入りだったが、ノンターボのガソリン車で、
高速道路の上り坂になるとアクセルを全開にしても時速100㎞を出すには
きつかった。エアコンもツインで両方つけると情けなくなるほどパワーが無く、
6人乗って夏に急坂を登っていると内心、大丈夫かとか思ったりした。
でもどれもガソリン車やディール車なので電気自動車には比較しようが無い。
しかし記事を見れば選ぶのはトヨタだろう。

三菱はどうなっているのだろうか。調べてみないと。
今の「アイ」はメジャーな車とは言いがたく、街で見かけることも、あまり
無いが、見たら自車と比較してしまう。けっこう古い車に乗っている人が
多く、「アイ」の電気自動車は公用車以外では1台しか見たことが無い。
電気自動車の「アイ」の性能がよければ、おかんも乗り慣れた「アイ」に
したいと思っているのだが。ただし田舎に帰るには片道300㎞を走行できる
車が欲しい。それができなければガソリン車の選択になる。我が家から
人吉市まで約250キロ、それから50キロ以上ある。300キロでも
ぎりぎりの線だ。でも途中で充電をするのも面倒。
その上に我が家で300万円は無理。
やっぱり中古のガソリン車になるのか。
30万円でも中古のリーフは敬遠するのは間違いない。

【香りの悩み、「香害110番」設置】

香水や制汗剤、柔軟剤などに含まれる人工の香り。こうした香りが原因で、
体調不良を訴える人が少なくないとして、日本消費者連盟は、「香害110番」
を設置する。
「近所の人の洗濯物のにおいでベランダに出られない」、「においが原因で
電車に乗れない」など、香りに悩んでいる人が増えているという


まあ、わかる所もある。
公共の乗り物で、きつい香水の匂いで吐き気がしたことがある。
梅園で梅の香りを楽しんでいたら、BQを始めたグループがあって、
せっかくの梅の香りが吹き飛んだこともあった。

しかし、人には好みもあり、自分が好きだから、人も好きだとは言えないし、
自分が嫌いだから、人も嫌いだとも言えない。
きつい香水の匂いでも、いい匂いと思う人もいる。
こういう感性に関する問題は難しい。
むしろ他人の迷惑を考えない人間性を治すことに努力したらと思う。
ただ本人は汗の匂いが他人を不快にするのではと、気を使って制汗剤を
使っているケースだってある。それは「110番」というよりも
誰かが言ってあげなければ永遠にわからない。
なんでもかんでも「110番」という時代の風潮がなげかわしい。
昔の人は、ちょっとした気遣いや、さりげない態度で教えたくれた。
そういうのはもう流行らないのかも知れない。
制汗剤や柔軟剤を製造している企業も、その辺は十分にテストを
繰り返しているはずだ。ある意味クレーマー的だとも感じる。
感性の問題は線引きが難しい。おそらくそれは誰にもできない。

他人の洗濯物のにおいでベランダに出ることができないといのは、
ちょっと理解できないが、洗濯物のにおいが、それほど酷いのだろうか。
洗濯する前の物だったらわかるが。それはちょっとおかしいような気がする。
においが原因で電車に乗れないというのも理解できない。
電車という電車がそんなに臭うのだろうか。他の車両に乗れば済むことで、
完全に自意識過剰のような気がする。そんな人の方がどうかしているのでは。

日本消費者連盟が動くくらいだから、相当多数の人がいるのだろうか。
これが何百人とかの単位だと笑ってしまう。
もっと他に優先してすることがあるだろう。
よっぽど暇な団体か。

【NHKがネット配信利用者にも受信料】

詐欺師NHKがまた詐欺を始めようとしている。
受信料の問題は過去にたくさんあったが、今度はネット利用者まで
枠をかくだいするというもの。
だいたい現在のTVの受信料も一方的な徴収はおかしい。
もし受信料を徴収するのであれば課金制にして見なかった人は支払わなくて
いいようにするべきだ。見てもないものを何故支払う必要があるのか。
すべての費用を高給取りのNHK役職員の給与を削って支出すればいい。
受信料徴収員の問題も度々出てくる。高齢者のお宅でBSの設備もTVも
無いのにBS契約を結んだりしたことがあった。
受信料徴収員を見たら「泥棒と思え」と言われたこともある。

NHKが視聴者にかなり満足度の高い番組を提供しているのならわかる。
しかし、くだらない番組、ちゃちな時代劇、そして見たい番組はBS。
こんな放送局はいらない。NHK廃止論が出てきてもいいと思う。
過去にも問題が多くあったが玉虫色の解決で濁している。
今度はNETだ。これが決まったら全世界のメディアから笑われる。
いずれ小生はTVを家に置かないようにするつもりだ。
別に特段必要ない。くだらぬ番組を見るよりも読書の方が楽しい。
今でも1週間に合計で1、2時間しか見ていない。
TVが無くても活きていける。

【昨日からの豪雨について 2】

前のカキコで書いたことが現実として出てきた。
住民の不満はもっともだが、問題はどこにあるのか。

5年前の教訓は生かされたのか。福岡、大分両県を襲った記録的豪雨で
氾濫した河川や浸水地域は、2012年の「九州北部豪雨」と重なる部分が
多い。流倒木が川をせき止めるなど原因も類似。
福岡県や国土交通省九州地方整備局は河川改修などを進めてきたが、結果的に
甚大な被害を食い止めることはできなかった。住民たちは「また同じ所が
やられた」と、古里の傷痕にやるせない思いを募らせている。

5年前の7月、九州北部豪雨でも水があふれた福岡県朝倉市福光の桂川に
かかる蓮輪橋付近。橋の近くに住む自営業の人はは7日、約1.3メートル
まで床上浸水した家屋の片付けに追われ、不満の声を漏らした。
「川幅の拡幅だけではなく、川に隣接する住宅地や田んぼにたまった内水を
筑後川に排水するポンプも設置してほしいと、行政にずっと要望している
のだが」。いらだちを隠さない。

福岡県朝倉市を流れる赤谷川や桂川は今回の豪雨でも氾濫。ともに九州最大の
筑後川の支流だ。筑後川は1953年に流域全体で死者147人を出した
「筑後川大水害」など、本・支流でたびたび氾濫を起こしてきた「暴れ川」と
して知られる


両支流を管理する県は12~14年度、赤谷川の復旧工事を実施。
削れた護岸を直し、川底の土砂も取り除いたものの、川幅拡張などの
増強工事は見送った。桂川は拡幅や川底掘削などを行っているが、
工事進捗(しんちょく)率は5割未満で完成予定は9年先だ。
ただ県の担当者は「今回は5年前より被害が大きい。赤谷川の流域、桂川の
上流に、想像のつかない雨が集中的に降ったようだ」と「想定外」を強調。
「多くの支流を九州北部豪雨以上の想定で増強するには、工期も費用も
かかり過ぎる」と説明する。


まず行政の力不足。これは否定できないが、行政にも限度がある。
例えば県にしてみれば、予算的にも人員的にも、この地域だけを特別扱いに
することはできない。優先的という基準はあっても、他の地区よりやや
力を入れる程度が限界だろう。

上記で排水ポンプの事が出てきたが、何故、必要ならば何とかして自分達で
設置することができなかったのか。「暴れ川」として数百年も前から
知られていて、昭和28年には大水害が起こっている。それに対して
住民は自ら対策をしていたのか。何百万円もかかる施設をと行政に頼んでも
無理なのは当然だ。国も県も市町村も予算があるし、その範囲内で最善を
尽くすしか無い。

昭和28年から、相当の時間が経っている。
住んでいるのは自分達で、自分の生命、財産は自分で守るのが当たり前。
それでも個人や地域で無理なところをカバーするのが行政。
きつい言い方かも知れないけど、失う家や土地や田や畑さえ持っていない者から
見れば、持てる者のエゴである。
他の地区でも自然災害では無くても様々な改善して欲しい事はたくさんある。
行政はそれをすべて行うことはできない。ただ人命が絡めば優先する程度だ。
1から10まで行政を頼っても前に進むはずが無い。
河川であれば管轄は国、県、市町村と複雑だが、その枠を乗り越えて整備を
促し、また地元の各議員に運動してもらうというようなことも行える。

筑後川は昔から「暴れ川」として知られている。
小生も箒木蓬生氏の「水神」を読んでつくづく思ったものだ。

想像のつかない雨が集中的に降ったようだ」と「想定外」を強調。
こういう言い訳はもはや通用しない。「想像外」とか「規定外」というのは
自ら「自分達は頭が悪いので考えられません」と言っているのと同じ。
例え「規定外」であっても対応できるシステムやハードを作り出すのが仕事。
それができないなら、そういう部署、部門は必要ない。
一般企業がそういう言い訳で社会に通用するか。そういう企業は倒産しか無い。
地公体の人間だから、そういう甘い発言ができる。
自然を克服しようとしているから「規定外」という言葉がでる。
いかに自然を手名付けて共存するかが、未だにわかっていない。
人間の「思い上がり」が自然災害を増幅させる。

昭和28年西日本水害

 昭和28年西日本水害

箒木蓬生

 箒木蓬生

【飲食店のキャンセル問題】

飲食店の悩みのタネである、大人数で予約したお客さんが連絡なしに
来ないケース。こうした予約者の電話番号を店舗側で共有して、リスクを
軽減しようという個人サイト「予約キャンセルデータベース」が、ネットで
注目を浴びている。

きっかけは、飲食店経営者のツイート。6人で予約したまま連絡なしで
来ない客がいたが、「小さなお店は潰れてしまうのでせめて連絡してほしい。
飲食店全体でも無断キャンセル電話番号のデータベース登録も
始まっているのでご注意を」と呼び掛けた。ツイートは同情や共感をもって、
5万回以上リツイートされた。

サービスでは、予約を連絡なしにキャンセルしたことがある人の電話番号を、
店舗が事前に調べられる。
検索結果は「登録されている」「されていない」のどちらかで表示。
「なかなかいい」「便利」と評価する人もいたが、それ以上に「個人情報
保護法的に大丈夫なのだろうか?」「悪用されそう」と疑問や警戒の声が
多く上がっていた。

運営者と情報保護委員会、両者の見解

サイトの運営が個人情報保護法などに抵触する恐れはないか。
「始めた頃に弁護士に相談の上、問題ないという判断」となった。
また、最近取材された際に、メディア側の方が再度弁護士に問い合わせたが、
やはり「問題ないという判断」と答えた。

行政機関の見解は「個人情報の保護に関する法律」に基づいて行政や事業者を
監督している機関・個人情報保護委員会の担当者に、サイトを確認して
もらうと、違法性について、次のように述べている。

「サイトが電話番号しか確認できないシステムでと、法律の対象外になる
可能性が高い。名前や住所など個人が特定できるような情報がひも付けられて
いたら個人情報となるので、対象内になるが、電話番号だけ並んでいると
そうはなりづらい」と。

また「個人情報の保護に関する法律」はこのように個人で運営している
ケースだとと、事業者しか規制の対象とならない。運営者がこのサイトを
通して利益を得ようとしているのか、趣味の範囲か、それも大事な観点と
なってくる。

運営側が同法律に抵触する可能性は低いようだが、店側には問題が
発生するかもしれない。
法律で個人情報を取り扱う事業者は、本人の同意を得ないで外部に
提供することは禁止されている。このサービスだと店側は客から許可を
もらわずに登録することになるので、このあたりで問題が発生する
可能性がある。しかし無断キャンセルした客が名乗り出て訴える可能性は
低いだろう。

そもそも、無断キャンセルされても泣き寝入りする飲食店側の悩みを
解消するのが本来の目的。
予約の無断キャンセル問題を抑止する手段やシステムが飲食店業界にはない。
しかも弁護士費用や手間を考えると、客に何も請求しないのがもっぱらだ。
客単価1万円以下なら刑事事件として立件も難しく、お客さんとももめる。
相応の賠償金をもらえたとしても、とにかく見合わない。
例えば7,8人で3万円位の会計とすると店の利益は7,8千円。
これでは弁護士費用は出ない。だが、従業員1人1日の給料分は確実に飛ぶ。

大手のホテルのレストランのようにキャンセル料を明記できればよいが、
なかなか街中の店ではそこまでできない。
これは行政が進んで法律化するしか解決できないと思う。
残念な事だが、日本人のモラルはそこまで低下しているのが現実だ。
外国人に対する「おもてなし」も結構だが、もっと足元を見て欲しい。

こども食堂

2017年07月12日
【こども食堂】

「こども食堂」が話題に取り上げられて久しい。
しかし貧困児童は7人に1人と言われ、その割合は先進国の中で
最高の率である。一定の繁栄を遂げた日本経済の中でどうして
このような現象が起こっているのだろうか。
ひとつは貧富の格差が拡大していることだ。例えば東京都の職員の
年間給与は40歳で平均、約730万円。かたや東京都に住んでいる人で
年収200万円以下も相当数にのぼる。だが平均すれば、この実態が
見えてこない。平均値は当てにならない。年収1億円の人が1人いて
あとの9人が年収100万円でも10人の平均値は1090万円になる。
東京都の職員だけでも17万人いるのだ。
(ただし東京都だけではなく他の都市の職員:地方公務員も40歳で
 平均600万円以上という高給取りばっかりであり、ボーナスも
 連続3年UPしている)

もうひとつは、非正規従業員の低賃金だ。通常の月給は正規職員より
若干低いという企業でも、通常は非正規従業員にはボーナスは無い。
これだけでも年収にしたら100万円以上違ってくる。
ましてや時給で働く従業員はボーナスどころか、休み=減給だ。

小生が小中学生のころは、まだ全体的に貧困まではいかないが、
低所得の家庭が多かった。なかには弁当に麦飯を持って来る生徒もいた。
しかし現在のような「食べることができない」ということは少なかった。

それで「こども食堂」の話だが、一応の成果は出ている。
「こども食堂」をめぐる報道も、一段落しつつあるかに見える。
しかし前途多難であり、問題点も多い。いかにこれを改善していくかが、
今後の課題となる。行政ももう少し援助が必要だろう。
以下、5つに問題が絞られる。ただし「こども食堂」が5つの問題をすべて
抱えている訳では無い。この5つの問題は専門家が出したものである。

(人)

スタッフやボランティアなど運営側の人。
「こども食堂」の開催頻度は週数日から月一回などまちまちだが、調理や
こどもの相手など、運営側スタッフの確保に苦労しているところがある。

(お金・食材)

人件費はかからないにしても、協力者からの食材提供や農家・農協との
つながり、また食材の適切な保管場所がないと、毎回食材を買うことになる。
また、公共施設などを利用する場合には場所代もかかる。
金額は大きくなくても、毎回持ち出しが続くとキツくなってくる。

(場所)

それなりの人数の食事をまとまって作ろうと思えば、個人宅には限界がある。
かといって、公共施設の調理室が、開催日に確実に確保できるとは限らない。
狭くても個人宅でがんばって開催しているところもあるし、教会やお寺などが
安定的に場所を提供している事例もあるが、場所の確保に苦労している団体も
ある。

(広報・周知・連携)

この相手は、多様である。
自治会・PTAなどの地域団体、自治体や学校などの公的機関、企業や
地元住民諸個人、果ては当の子どもたちまでが広く含まれる。
「こども食堂」についての広報がされ、届けたい人に広く行き渡り、
しかるべき人が情報を広めたり、人を紹介したり、何か協力できることを
見つけてくれたりするのが理想だが、必ずしもそうなっていないところが
少なくない。

(2つのホケン「保健と保険」)

公衆衛生上の設備や運営といった保健所基準のクリアという意味での
「保健」と、子どもたちがケガをしたり、事故にあったりした際に
対応すべき「保険」。食中毒やアレルギーへの対応も含まれる。
広い意味でのトラブル対応。

他にも問題はあるだろうが、この5つをクリアすれば
最低限度の「こども食堂」は継続できると思う。

【日本とEU=ヨーロッパ連合はEPA=経済連携協定の交渉が大枠合意】

非常に大きな経済協定ができた。
農家、酪農家、漁業関係者、酒造関連業者等はどう感じているだろうか。
特に即時撤廃される品目に関係する企業や生産者はどう思っているだろうか。
一定の期間を置くものは、その間に生産性を高めて外国製品に負けない
市場性を作るという意味なのだろうが、はたして本当にそれが可能なのか。
自動車産業関連業者は喜んでいるだろうが。

交渉で焦点となっていた品目

(乗用車)

EUは、日本から輸出される「乗用車」にかけている10%の関税を
協定発効の7年後に撤廃するほか、「自動車部品」は、貿易額ベースで
92.1%の品目について協定発効後、関税を即時、撤廃。

(チーズ)

「チーズ」は、日本が現在29.8%の関税をかけているカマンベールや
モッツァレラといったいわゆる「ソフトチーズ」を含む最大3万1000トン
までの新たな輸入枠を設け、輸入枠の関税は、協定の発効後、年々削減して
15年後に撤廃。
この輸入枠を上回るチーズの関税率は現在の水準を維持。

(ワイン)

「ワイン」については、日本、EUとも協定の発効後、関税を即時撤廃。
日本の関税は現在、一般的な750ミリリットル入りのボトルにして
最大およそ94円の関税をかけている。シャンパンなどの「スパークリング
ワイン」も、750ミリリットル入りのボトルにして最大およそ137円の
関税が即時撤廃される。

(EUから輸入する加工食品)

「パスタ」は、協定の発効後10年で関税を撤廃。
日本は現在1キロあたり30円の関税をかけている。

日本が10%の関税をかけている「チョコレート菓子」も10年で関税を撤廃。

(日本が輸出する食品などにEUがかけている関税)

EUは「しょうゆ」や「緑茶」のほか「日本酒」や「焼酎」などの酒類に
ついての関税を協定発効後、即時撤廃。
EUは現在、「しょうゆ」に7.7%、「緑茶」に最大3.2%、
日本酒には、1リットル当たりおよそ10円、それぞれ関税をかけている。

EUが現在8%としている「冷凍ホタテ」の関税は7年後に撤廃。

(日本が肉や、チーズ以外の乳製品にかけている関税)

「豚肉」については、日本が価格が安い豚肉にかけている1キロあたり
最大482円の関税を、協定発効後、9年をかけて50円まで削減。
また価格が高い豚肉の4.3%の関税率は9年かけて撤廃。

「牛肉」は、日本がかけている現在の38.5%の関税率を、15年かけて
9%まで削減。「牛肉」と「豚肉」では、輸入量が急増した際に生産者への
影響を緩和するため日本が関税率を引き上げることができる「セーフガード」と
呼ばれる措置を導入。これらは、TPP=環太平洋パートナーシップ協定と
ほぼ同じ内容になっている。

チーズ以外の乳製品は、「脱脂粉乳」や「バター」は、新たに、原料の生乳に
換算して最大で1万5000トンまで低い関税で輸入できる枠を設ける。

小生には現段階では見通しがわからない。
まだこの合意に対する批評もそれほど出ていないが、今後の混乱は十分に
想像できる。
前にもカキコしたが我が国の生産者は日々努力し生産効率の向上を目指し、
行政は自国の生産者を援助、保護、指導し、自給率を高めることは日本の
早急な課題であることは間違いない。

【恋人の聖地が立ち入り禁止】

干潮時だけ道が現れる香川県・小豆島の観光名所「エンジェルロード」の
途中の小島に、立ち入り禁止の看板が現れた。
土地の賃料などを巡り、地元の土庄(とのしょう)町とトラブルになった
小島の所有者が設置したものだが、観光客から地元観光協会に1日20件
以上の苦情が寄せられる事態になっている。

エンジェルロードは小豆島と大余島をつなぐ約500メートルの砂州の道。
「恋人の聖地」として町などが約15年前にPRを始めた。
関西や海外などから年間20万人以上が訪れている。

エンジェルロード

 エンジェルロード

看板は「エンジェルロードはこゝまで!! この先私有地です」などの3枚。
6月中旬、道の途中にある「中余島」など2島を所有する同町在住の男性が、
中余島に設置した。


ニュースでは詳細がわからない。
どうせニュースで載せるならもっと詳しく調査して欲しい。
まず15年も前から町がPRするほどであれば町は無理をしても
購入を検討するべきでは無かったのだろうか。また町だけではなく、
県なども含めて対応を考えるべきでは無かったのだろうか。
(そういう事も話もあったかも知れないが、記事ではわからない。)

どういった賃料のトラブルかがわからない。
単に賃料が安いという不満から出たことだろうか。
どうもそれだけでは無いような気がする。
この手の話は日本全国どこにでもある。観光地に限らず、迷惑を受けている
持ち主が看板を出すのはよくあることだ。
一般の家庭でも勝手に子供が庭に入って来て、庭を荒らすとか、
家の前の道路で子供が多数遊んで騒音がひどいとか。
観光地への近道の道路でいつもゴミが散乱し迷惑しているとか。

昔の日本人は他人の迷惑にならないように、他人と気まずくならないように、
細心の注意を払って生活してきた。それが現在は個人主義が蔓延るように
なって霧消してしまった。個人主義がすべて悪い訳では無いが、やはり
少しぐらいはそういう繊細さを残していかなければならないと思う。

核兵器禁止条約

2017年07月09日
【核兵器禁止条約】

国連本部で開かれている核兵器を法的に禁止する条約の制定交渉会議で、
ホワイト議長(コスタリカ)は3日、条約最終案を公表した。前文に被爆者の
苦痛への留意を明記。核兵器の使用や実験、保有、配備などに加え、
核抑止力の否定につながる「使用の威嚇」も禁止した。

国連で核兵器の使用や保有などを幅広く禁止する条約が採択されれば初となる。
ホワイト議長は交渉参加国に対し、「道徳的求めに応じた条約のため
それぞれが歴史的責任を果たしてきた」と述べた。

交渉参加国は今後、本国の判断を踏まえた上で、5日の条約案合意に向け調整。
7日の条約採択を目指す。条約に否定的な国が交渉に参加していないため、
採択はほぼ確実だ。事務局によると、交渉には約120カ国が参加している。
最終案は核抑止力を否定しているため、核保有国や「核の傘」に入る日本の
ような国が現在の安全保障政策のまま条約に加盟することは実質不可能だ。
ただ、最終案は将来的に核廃棄を決めた核保有国の条約加盟を想定し、
その手続きを規定した。


やっと一歩前に進んだという感じだ。だが道のりは遠い。
「使用の威嚇」も禁止したのは秀逸だと思う。
肝心の日本もこのままでは加盟できないが、将来は加盟可能になるだろう。
政府は加盟可能になる方法を国連に強く推さなければならない。
1カ国でも核兵器を保有する国があれば、この条約は意味が無くなる。
そういう国がある限り、他の保有国は批准できないだろう。
世界の軍事バランスが保てなくなるのだから。
もし核兵器が開発も保持も使用も完全にできなくなったらどうなるか。
おそらく、それに代わる新しい兵器の開発が進むだろう。
核、生物、化学兵器を根絶すれば、より強力な次の兵器が出てくる。
例えば、もうすでに開発されているかも知れない兵器として、飛翔力が
格段に強く、繁殖も旺盛で、防虫剤に免疫性があるイナゴができたらとしたら、
これを敵対国に放すだけで、すごい強力な兵器となる。
しかもこれが秘密裏に開発されれば証拠も残らず、せいぜい新種の発見としか
見られない。人類は天然痘を根絶したとWHOは宣言したが、実際は
ある数カ国の研究所で研究の対象として飼われている。それが本当に
人類の役に立つものであるならば、個別の国で研究するのでは無く、
国連の関連機関が無人島にでも施設を造って、共同研究しなければ
生物兵器の研究と変貌しても可笑しくない。
各国が個別に研究、開発している病原菌は、表に出せないだけで、
おそらく何十種類にも及ぶだろう。
何十年もかかって核の廃絶にやっと一歩を記すことができた国連の力不足は
明白である。まず国連改革が必要だ。しかしそれは常連理事国制が
ある限り、100%不可能である。

【ヤクルトファンは紳士的と聞いていたが】

ヤクルトは7日の広島戦(神宮)に8―9で逆転負け。連敗は6に達した。
5点差の9回に3本塁打を含む5安打6失点。試合終了後に一塁側スタンドを
通って引き揚げる真中満監督に怒ったヤクルトファンから「辞めろ!」
「責任取れ!」と罵声が飛んだ。それでも収まらずファンはクラブハウスの
前に40人ほどが集結し、再び指揮官に対して「選手は悪くない。監督の
采配が良くない」「早く出て来い」「シャワーが長い」「ファンの前で
謝罪しろ」と口々に叫んだ。また真中監督がタクシーで帰宅する際にも
大声で威嚇していた。


浦和サポに続く馬鹿の醜態。ヤクルトファンは紳士的と聞いていたが。
こういう奴らは口で言ってもわからないから、すべて記録に収めて
以後、プロ野球の試合はすべて入場禁止にするのが、まっとうな対処だ。
浦和サポもしかり。

監督も選手も八百長でもしていない限り、誰も好きこのんで負ける訳が無い。
しかも彼らは、これが商売で、自己の不振、チームの低迷は直接、
来年度の年俸に響いてくる。訳もわからず、叫びまくる、能なしファンとは
違うのだ。なぜ「ファンの前で謝罪する」必要があるのか。
こういうファンは自分が何様と思っているのか。たかだか1ファンのくせに
思い上がるな。ファンの中には何十年も応援している方々や、たとえ長く
低迷した時代があっても暖かい声援を繰り返してきたファンの方々も
大勢いる。お前らのせいで、ヤクルトファンのイメージが低下する。
お前らの方こそ責任を取れ。
もっと長い目で暖かくチームを見られないものか。
韓国人の行動だったら理解できるが。

【眞子さまの婚約内定発表延期】

宮内庁は7日、九州北部を襲った記録的豪雨により甚大な被害が出ている
ことを受けて、8日に予定していた秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまと
大学時代の同級生小室圭さんの婚約内定の正式発表を延期すると決めた。


眞子様ご本人の御意思か宮内庁等の周囲の判断かわからないが、
これが日本人の謙虚さ、奥ゆかしさだ。
もっとも被災者の方々は、かえって自分達のためにと恐れ入っているかも。
まあ、実行すればしたで、きっとこの事態の中でこういう事を強行したと
言い出す馬鹿が必ず出てくる。皇室は国民に対する影響が大きいので
仕方が無いが、一般の人間ならば、普通に婚約を発表するだろう。
小生は延期を選んだのは一つの選択ではあるが、行っても問題は無いと思う。
自然災害はどうしようもない。

15時から会見があるそうだが、TVを見てみよう、どうせ暇だし。
もっとも会見の内容は、だいたい想像がつくが。
断っておくが、小生は皇室ベッタリ派。親父からの影響からだろうが、
家には刺繍で作られた明治天皇の御影などがあり、天皇陛下関連の
記念硬貨、記念メダルなども揃っている。

【給付型奨学金、申し込み伸び悩で受け付け延長】


2017年度から始まった低所得世帯の大学生らを対象とする返済不要の
「給付型奨学金」について、今年度の進学者の申し込みが5月の締め切り
時点で1578件にとどまり、当初の想定を1000件以上も下回っている。
日本学生支援機構は、制度の周知が行き届いていないとみて、受け付けを
8月4日まで延長している。
17年度の進学者は、下宿先から私立に通う成績優秀者と児童養護施設出身者
に先行して実施する。希望者は、進学先の学校の推薦を受けて同機構に
申し込む。文部科学省は、過去の貸与型奨学金の実績から、約2800人の
利用を見込んでいた。

こういう言わば美味しい制度が定員に満たないのはなぜだろうか。
下宿先から私立に通う成績優秀者と児童養護施設出身者が対象にしても
かなりの人数が該当すると思われる。どこかに行政の甘さがあるのでは。
国民の権利として受給できる生活保護費を出し渋ったのと同じようなことが
現場で起こっているのではないか。そういう実態も調査しないで受け付け
延長だけしても無駄なことだ。第一、受付に期限があるのはどうしてだろう。
1年を通して受付するのは無理だろうか。単に事務上の手続きが面倒になると
いった行政側の都合では無いだろうか。
今から制度の周知を徹底させると言っても受付締切まで1ヶ月も無い。
周知徹底できるわけが無い。受付希望者の見込みも甘い。
当然、見込んだ数の人員の予算は組んでいて、それは無駄な資金となって
眠っている。これも税金である。
やっぱり親方日の丸の仕事のやり方だ。これが一般企業だったら見込み違い
では済まされない。企画・立案担当者は左遷か降格、減俸ものである。
しかし行政は不思議と誰が担当者で誰が責任者なのかわからないように
なっていて責任も取らなければ、処罰もない。せいぜい責任を取っても
あまり関係の無い末端の担当者が訓戒で、その上司が減俸100分10が
1ヶ月といったところだ。うらやましい職場である。

(給付型奨学金)

返さなくていい奨学金、これが給付型奨学金。
対象は、親などが生活保護を受けている世帯や、住民税が非課税の世帯の
子供など。17年度は、自宅以外から私立に通う人や、児童養護施設から
出た人など、特に経済的に厳しい人への支援を先行的に行う。

給付額は、自宅以外から私立なら月4万円。児童養護施設を出た人らには、
国公立なら月3万円、私立なら4万円のほか、入学金分24万円が1回だけ
支給される。1年目の17年度は、約2800人への給付を見込んでいて、
国は基金を作って在学する4年間分の費用を準備しておく。

18年度からは対象を広げ、自宅から通う人などへの支援。自宅から国公立の
人は月2万円、自宅以外から国公立の人と自宅から私立の人は3万円。

対象者は、成績や部活動での成果などから高校側が選んで推薦。
人数の枠は、支援が必要な生徒の割合が多い高校に手厚く配分する。

17年度からは、以前からある貸し出し型の奨学金でも、無利子貸与の枠が
拡大される。今の無利子貸与は一定以上の成績の人に限っているが、
この絞り込みはやめる予定。

【昨日からの豪雨について】

50年に一度という豪雨である。
小生が住んでいる北九州市は一時は雷と雨が激しかったが
それほどという事は無かった。
台風3号の時も最初の進路予想では直撃のような感じで、
鉢植えを避難させたが、進路が変わって、たいして風も吹かなかった。

まず被災された方々の復興と、亡くなられた方々に弔意を表す。

50年に一度というが、昭和28年に九州北部では大水害があった。

 昭和28年西日本水害

 昭和28年西日本水害

これを見返すと、まったく同じ地域が被災している。
昭和28年の時の方が範囲は広いが、当時の被災地の地図を見ると、
今回、被災した地域がそのまま被っている。
これはどういう事だろうか。昭和28年から自然災害に対して何も
進展していなかったという事だろうか。
昔から日本人は自然と闘うのでは無く、共存する事を考えて暮らしてきた。
それが、いつの間にか自然を克服するといった思い上がった考え方に
変わってしまった。水を制する者は世を制すと中国では三国志の時代から
言われているが、それでも制することができないのが水である。
過去の氾濫を参考にして、川に堤防を築いても、必ずそれ以上の増水があり、
堤防は決壊する。いろいろな原因が考えられるだろうが、堤防を築くのも
もちろん必要であるが、例えば道路の舗装が進み、地面の吸水率は以前より
圧倒的に悪くなっている。整備されていない森林も原因かもしれない。
そういう要因に手を付けないで堤防だけ強化しても無駄のような気がする。
この際に行政は徹底的に考えて欲しい。そうしなければ未来永劫に渡り
水害は続く。

いつも定宿にしている杖立温泉の旅館は大丈夫だろうか。
昔からの歴史のある商人宿だそうだが、鉄砲水による水害で、
古い物はすべて失ったと以前宿泊したときに大女将から聞いた。
小国や南小国にはお気に入りで何回も行った温泉が多数ある。
温泉達は大丈夫だろうか。山川や奴留湯は川の横だ。
耶馬溪にも素敵な温泉がたくさんある。

火事や水害は建物も人の命も思い出もすべて持ち去ってしまう。
これ以上災害が進まないことを祈る。

【怒りの浦和サポがバス止め抗議60分 】

こいつら最低やね。
気持はわかるけど、行動は別。
それなら金を貯めてチームを買い取って、自分で監督をすればいい。
監督としての技術もノウハウもないだろうが。

ファンというのは、例え贔屓チームが何連敗しても、じっと静かに
応援するのが本当のファンだと思う。
これが俗に言う「贔屓の引き倒し」。

まあ外国人監督にすぐ走るフロントも問題があるが、
有望な若手監督をじっくり育てるというチームがない。
また名選手=名監督という方程式は成り立たない。
それもフロントは理解していない。
これでは日本のサッカーの将来は暗い。





 

【なぜ、タカタは倒産したか】

小生の車も現在はエアーバッグが装着されていない。
日本人の運転している多くの車が同じ状態だと思う。
ディーラーにリコールとして出したときに「いつ装着できる」と聞いたら、
「まったく予想ができない」と言われた。小生はすでにこの時に
タカタの倒産を予想していた。

先月26日午前に自動車部品大手はタカタは経営破綻した。
タカタは自動車メーカーにエアバッグを卸していて、世界で2割のシェアを
誇っていた。しかし、エアバッグの異常破裂による事故で7千万個以上が
リコール対象となり、経営が悪化。タカタの最終的な負債総額は1兆円を
超える見込みで、製造業としては戦後最大である。

では、なぜタカタは倒産したのか。

(責任逃れと消費者軽視)

タカタが経営破綻という最悪のシナリオに追い込まれたのは、自社の
責任逃れに終始して欠陥エアバッグ問題の早期解決への努力を怠り、
消費者軽視で説明責任からも逃げ回った創業家3代目の高田重久会長兼社長の
罪が大きい。

(原因の所在認めず)

「こういう経緯に至り、非常に責任を感じている」
26日、東京都内で記者会見した高田氏は、タカタを経営破綻に追い込んだ
自身の経営責任をこう認めた。
世界で多くの死傷者を出しながらタカタは「異常破裂が起きることは
製造当時は予測困難だった」と逃げ続けた。
装着状態などで自動車メーカーにも一定の責任があるとの見方すら示し、
責任を押しつけた。
高田氏はこの日の会見でもエアバッグの不具合について
「なぜ、これが起きたのか分かっていない」とし、不具合の原因の所在が、
なおタカタにあると認めなかった。

また問題発覚後、高田氏は説明責任をほとんど果たしてこなかった。
決算や株主総会などの機会があったにもかかわらず、実際に会見したのは
3回だけだ。会見を開かなかった理由について、高田氏は
「(再建計画の策定を昨年2月に委託した)外部専門家委員会が検討する
再建計画に直接コメントするのは適切でない」とした。
専門家委にスポンサーを含めた再建計画策定を任せたからとはいえ、
客観的な途中経過の説明くらいはできたはずだ。説明責任を果たさなかった
高田氏に国内自動車首脳は、民事再生法適用前、「ふざけるな」と怒りを
ぶちまけた。高田氏は会見で小さな声で謝っただけだった。

(一族企業のエゴ)

高田氏に責任逃れの経営が許されたのは、タカタ株の約6割を高田氏や
親族らが保有しているためだ。大株主と経営トップが同じであるため、
他の株主ら利害関係者の意見が反映されにくい構図だった。
昨年6月の株主総会でも、高田氏ら取締役の再任議案は難なく採択され、
一般株主からは「問題だと思う」という批判が集中していた。

しかも、高田氏は経営再建策の策定を専門家委に一任するとしながら、
再建策の検討過程では口を挟んだ。裁判所が関与する法的整理ではなく、
当事者間で再建策を協議する私的整理を求め続けた。法的整理を行えば
信用不安に陥り、取引先からの部材の供給が滞って、エアバッグなどの
安定供給に支障を来す恐れがあると主張した。

高田氏は会見でも「われわれがやっている部品の供給が停止すれば
自動車業界全体に非常なインパクトを与えると考えた」と述べ、
なおも正当性を強調してみせた。

しかし結果は最悪の倒産となった。
今まで世界の2割のシェアを誇っていた従業員は悔しいだろう。
日本には町工場レベルでも、そのシェアが世界的な企業もある。
そんな零細・中小企業が大企業を支え日本を豊かにしてくれている。
そういう企業に関しては行政が、ある程度の介入ができるシステムが
なければ今後もこういった事態は起こりうる。
企業にいらぬ口を挟んでは困るが、収益性などはチェックして、資金的にも
人的資源でも可能な限りのバックアップが必要である。

【ソフトバンクが首位】

地元でもあるので、隠れソフトバンクファンとしておこう。
で、今日の試合で0.5ゲーム差の首位の楽天に勝った。

ニュースでは

ソフトバンクは、前日1日には首位・楽天に0・5ゲーム差まで迫っていて、
通常、この日の結果で順位が入れ替わるが、首位は楽天のまま。勝った
ソフトバンクの勝率は・645で、負けた楽天は勝率・657。順位は勝率で
決まり、ゲーム差はあくまで目安のため、両チームのゲーム差は「マイナス
0・5」という珍しい数字となった。


データ的に見るとソフトバンクが危うい。

(楽天) 得点 329 失点 241 本塁打 72 盗塁 19
(SB)    366    264     91    49

(楽天) 打率 2.67 防御率 3.20
(SB)    2.73     3.35

つまり攻撃はSB、防御は楽天が勝るのだが、攻撃力は水ものと言われる。
3割バッターと言っても10回に3回しかヒットが打てない。
やっぱり最終的には防御の優れているチームの方が強い。
点は1点取って、相手を0点に抑えれば勝つのである。
現時点で8試合の試合消化の差があるが、それを楽天が5勝3敗でこなせば
SBを勝率で上回る。今のペースでは楽勝の数字だ。
もっとも今後の展開は未知数であるのが野球の面白味かもしれない。

SBはピッチャーが怪我人だらけでよくやっていると思う。
今までにも主力選手が相当数、メジャーに行ったが、それでも優勝もしている。
もし、彼らが行かなかったら、どんな記録が生まれていただろうと思う。
リーグ〇連覇、日本シリーズ〇連覇とかになっていたかも。

【なりすまし投稿とツイッター社の対応】


市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが22日に他界し、
列島に悲しみが広がるなか、その裏でツイッター上に悪質な「なりすまし」
投稿があった。実在する弁護士の名をかたり「姪(めい)の小林麻央が
亡くなった」とする内容。海老蔵さんが記者会見する前で弁護士事務所に
批判や問い合わせが殺到し、一部メディアも速報するなど混乱した。

弁護士は異変に気付いたが、勤務する事務所には報道各社から真偽の
問い合わせが相次いだ。この弁護士は現在ツイッターは利用していなく、
麻央さんとも血縁関係にない。
この弁護士は5年前、インターネット掲示板「2ちゃんねる」で中傷された
という男性の依頼で書き込み削除を手がけると、自身への中傷が過熱。
殺害予告が推定100万件以上あり、3年前には逮捕者も出た。

今回のアカウントは、確認できるだけで約140に上る。
メディアも含めて多くの人が信じた。ネット上に「親族の気持ちを配慮しろ」
など怒りの声があふれ、一部のネットメディアは弁護士への確認も取らず
「死を報告した弁護士のツイッターが炎上」などと報じた。

弁護士は、なりすましアカウントの凍結をツイッター社に申請したが
認められなかった。被害の深刻さを伝え、2日後、ようやく凍結され、
閲覧できなくなった。それまでの間に確認されただけで約4200回
リツイート(拡散)された。
ツイッター社の日本法人は取材に「なりすましは禁止しているが、同姓同名の
可能性もある。パロディー目的のアカウント作成も認めている」と説明する。
同社の規定では、パロディーの場合はその旨を明記し、誤解を招かないように
していれば削除されない。
問題の偽アカウントは弁護士事務所の開設日や所在地を載せ、パロディーの
記載はなし。弁護士は「ツイッター社はほとんど審査していないのではないか」
と見ており、同社の責任も追及する構えだ。偽計業務妨害容疑などでの
刑事告訴も視野に、なりすまし人物特定の手続きを進めている。

以上がこの事件のおおまかな概要である。
NETの投稿は自由で在り、匿名性が高い。
しかし、当たり前のことだが、発言の自由というのは「何を言っても
かまわない」という事では無い。
ましてや特定の個人や企業への誹謗、中傷、業務妨害、威嚇、脅迫、
今回のなりすましなどは、しかるべく法的対応が必要である。
おそらく発信者はすぐに逮捕されるだろう。「子供に運転をさせた馬鹿な奴」で
書いたが、警察にとってNET上で誰が発信したかなど簡単に捜査可能だ。
世界中の警察で当然の事実である。NETの匿名性は表面上のことであり、
実際は「誰がどこで、いつ、どのPCで、何を書き、そのPCは、いつ、
どこで、だれが購入したか」までわかるのだ。
発信者はこのことは知っていると思う。知らなければ単なる馬鹿だ。

ただ、これだけわかっていても、逃げ道はある。例えば公共機関(図書館とか)
やネットカフェのPCを本人がわからないようにして使えば完全な匿名になる。
こういうPCに関しても監視や管理が必要になってくると思う。

ツイッター社の対応だが、仕方のない部分もある。
おそらく、こういった要望や要請は相当の数に及んでいるのではないだろうか。
それを個別に案件別に重要性を調査して判断するのは無理なことだ。
といっても対策を取っていない場合はツイッター社の責任は免れない。
弁護士が言う「ツイッター社はほとんど審査していないのではないか」
というのが実際のところ現実ではないだろうか。
当然、「なりすまし」のような事態は予想され、その対策はなされている
べきであり、それによる被害は補償の対象になると思う。
その対策ができない、または、なされていないのなら、この事業は失敗である。
NET上のユーザーは離れて、より安全な会員制などの別のシステムを
とっている方へ流れていくだろう。
ただし、その線引きが難しいと思うが、それは企業努力で補うしか無い。
こういう人間が出る度に、企業はいらぬ資材と資金と人材を使わなければ
ならない。それは回り回って、どこかで他のユーザーの負担になる。
例え無料で使用できるものでも、どこかにスポンサーがいて消費者がいる。
スポンサーはその企業に資金を多く出せば、それは商品の価格に上乗せに
なって消費者に関わってくる。こういう事は他人事では無いのだ。


離島防衛の要「日本版海兵隊」誕生】


先月18日に閉会した国会で「改正自衛隊法」が成立した。
全国の陸上自衛隊の部隊を一元的に指揮する「陸上総隊」を創設し、
陸上総隊の直轄組織として「日本版海兵隊」といわれる「水陸機動団」を
2018年3月までに新設するのが目玉である。国内に点在する離島などが
不法に占拠された場合、離島に上陸して奪還を目指す専門部隊である。

隊員の多くがレンジャー資格を持つ精鋭部隊で、これまでに日本国内や米国で
米海兵隊と共同演習も行っている。現在は660人規模だが、水陸機動団が
発足すれば2千人以上の規模に膨れあがる。

水陸機動団には水陸両用車の専門部隊も新設される。水陸両用車部隊は、
相浦駐屯地から佐世保市中心部を挟んで12キロメートルほど離れた
崎辺地区に崎辺分屯地(仮称)を建設して本拠地とする。

実際に離島が占拠された場合の奪還作戦のイメージはどうなのか。
海上自衛隊の艦船で島まで数キロメートルの沿岸まで接近し、そこから
水陸両用車やボート、ヘリコプターなどを使って上陸するというのが基本だ。
その前にやらねばならないことがある。航空自衛隊の戦闘機や海自の
護衛艦を使って攻撃し、敵を制圧することである。

離島が無人島なら良いが、有人島の場合は空や海からの攻撃は難しく、
その場合はどうするのか。また離島奪回作戦は陸海空の3自衛隊の連携が
不可欠だが、その辺りはどうなるのだろうか。

さまざまな課題はあるだろうが、水陸機動団の誕生は、日本の離島を不法に
占拠しようとする組織への「抑止力」につながる。
法案成立と陸上総隊の誕生には賛否両論あるだろう。批判もあるだろう。
しかし現在の自衛隊の弱みのひとつが離島防衛であることも事実。戦力均衡の
考え方からすれば、弱点を放置しておくことは紛争を招く恐れがある。
「水陸機動団」は決してアジア諸国の脅威となるような規模ではないが
適切な運用を内外にアピールしてもらう必要がある。

【マダニとツツガムシ】

アウトドアシーズン真っ盛りになり、肌の露出の多い服装になる。
油断をしているとリケッチア症にかかってしまうかもしれない。
日本でかかるリケッチア症は、マダニが媒介する日本紅斑熱とツツガムシが
媒介するつつが虫病の2種類。
治療が遅れると重症化したり死亡したりすることもある。
国立感染症研究所によると2016年は、日本紅斑熱の報告数が過去最高と
なり、つつが虫病の報告数は16年ぶりに500件を超えた。

「故郷(ふるさと)」という唱歌があるが、その中の歌詞に
「恙なきや父母」とある。いかに昔は恙虫(つつがむし)が
恐れられていたかわかる。

マダニは野山や畑、あぜ道などに生息し、葉の先端でウロウロしながら
寄生するための哺乳動物が近づくのを待っている。幼虫、若虫、成虫と
成長していく過程で1回ずつ哺乳動物の血液を吸う。ツツガムシは土の中で
生活していて、他の虫の卵などを食べるが、卵からかえった幼虫の時に
1回だけ哺乳動物の体液を吸う。マダニやツツガムシがリケッチアを
持っていると、吸着する際に出す分泌液からリケッチアが体内に入り込む。

リケッチアを持つマダニやツツガムシにかまれると、日本紅斑熱は2~8日、
つつが虫病は10~14日の潜伏期間の後に、39度前後の高熱が出て、
淡い赤色の小さな発疹が広がり、頭痛や関節痛、だるさなどの症状が出る。
発疹は、日本紅斑熱の場合はほぼ全ての患者で現れ、腕や脚、手のひらを
含め全身に出る傾向がある。一方、つつが虫病では胴体を中心に広がるのが
特徴だが、半数未満にしか発疹が現れないとするデータもあるという。
また、両方とも、中心が黒いかさぶた状で周辺が赤くなる刺し口
(かまれた痕)が見つかることもある。

リケッチア症は見落とされることが少なくない。アカツツガムシを除いて、
マダニやツツガムシにかまれても痛みやかゆみがなく、多くの場合、
患者本人はかまれたことに気づかない。医師が診ても症状からは、麻疹
(はしか)などと間違えてしまうこともある。また、地域によって報告数や
発生時期も異なるため、場所や時期によっては医師がリケッチア症を疑わない
可能性もある。

リケッチア症の治療には有効な抗菌薬がある。適切に治療すれば通常は
3日以内に熱が下がるというが、リケッチア症はほぼ毎年死亡者が出ている。
受診の遅れ、診断の遅れ、治療の遅れで、リケッチアが体のあちこちで細胞を
壊してしまうこともある。

森林破壊等で野生生物の生息域が広がっていて、それに伴ってマダニの
生息範囲が広がっている可能性もある。一方で昔から患者が出ている
つつが虫病の報告数が2016年に増加した理由は「全く不明」だ。

では予防はどうするのかというと、畑、草っぱら、野山に入る時にはなるべく
肌を露出しない服装をし、虫よけ剤を有効にを使うことだ。また、
吸い付いているのを見つけた場合は、自分で取ろうとせずに医療機関を
受診する。口が皮膚に刺さったまま残ったり、リケッチアの入った体液を
逆に体内に押し込んだりしてしまう恐れがある。

リケッチア症以外にも、マダニはウイルスを媒介し、西日本を中心に患者が
確認されている重症熱性血小板減少症候群(SFTS)や北海道で報告されて
いるダニ媒介脳炎も引き起こす。アウトドア活動を楽しんだり、農作業を
したりする時には予防対策を忘れてはならない。

マダニ

 マダニ

ツツガムシ

 ツツガムシ

【量子コンピューター】

もうすでに量子コンピューターは実用の段階に入っている。

以下、少々長くなるが量子コンピューターはの説明。

量子コンピューターは、見た目は、縦、横、高さが3メートルほどの黒い箱。
実はこの黒い箱は、内部を摂氏マイナス273度の絶対零度に保つ冷凍庫。
内部はほとんどが空洞で、通常のコンピューターにあるようなCPU=
中央演算処理装置やメモリーなどの記憶装置はない。

箱の中央にあるのは、縦横1センチ四方のチップに特殊な金属のリングを
焼き付けた「量子ビット」と呼ばれる部品。量子コンピューターの心臓部だ。
この「量子ビット」を絶対零度にまで冷やし、内部に電気的な抵抗がない状態、
超電導状態にすることで、従来のコンピューターでは達成できなかった
超高速の計算を実現する。

まず、量子コンピューター、いったいどのような原理で動いているのか。
一般のコンピューターは、情報を「0」か「1」かの二進法で表す。
半導体にかかる電圧が低い状態を「0」。高い状態を「1」とし、
これを「1ビット」という情報の基本単位にしている。

一方、量子コンピューターの情報の単位は、「1量子ビット」。
これは、電子や光子といった極めて小さい世界、つまり量子力学の世界に
特有の「重ね合わせ状態」を応用したもので、この世界では、
「0」であると同時に「1」という不思議な現象が生じている。

これはいったいどういう現象なのか、量子コンピューターの心臓部には金属の
リングがあり、従来のコンピューターにならって、リングの中を移動する
電子を左回りなら「0」、右回りなら「1」とすると、超電導状態となった
金属のリングでは、電子は、左回りであると同時に右回りという
「0」と「1」が同時に存在するような状況が生まれる。

この「0」でもあり「1」でもあるという現象が、超高速の計算速度の
鍵となる。

通常のコンピューターで例えば3ビット分の計算を行う場合、「111」
「110」「101」「100」「011」「010」「001」「000」と
8種類の情報を作り、処理も8回必要になる。ところが、「0」でも「1」でも
ある状態を表せる量子コンピューターなら、この処理は1回。速度は8倍だ。
これが30ビット分の情報処理になれば、組み合わせは一気に増えて
10億通りにもなるが、量子コンピューターなら処理は1回。
処理する情報量が多くなればなるほど計算速度に差が出る。

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン社は量子コンピューターを
使って道路の渋滞を解消する研究で成果があったと発表した。
中国・北京で418台のタクシーが、一斉に街の中心部から空港に行く時、
渋滞を防ぎながら最短時間で到着するルートをわずか数秒で導き出すことに
成功した。従来のコンピューターでは30分もかかり、それでは役にたたない。
この問題を一挙に解決したのである。

これから先、様々な分野での活用が期待されている。
一般の家庭や企業からこの量子コンピューターにアクセスできるような環境が
できれば世界は大きく変わるだろう。

なお余談だがこの量子コンピューターの開発には日本人による貢献が大きい。
期待が高まる量子コンピューターだが、D-Wave Systems社が
世界で初めて実用化した量子コンピューターの原理は、「量子アニーリング」
と呼ばれるもので、この概念を1998年に初めて提唱したのは、
東京工業大学の西森秀稔教授と、当時大学院生だった門脇正史氏である。
また量子コンピューターの「量子ビット」と呼ばれる頭脳部分を世界で
初めて開発したのは、東京大学の中村泰信教授と東京理科大学の蔡兆申教授。
量子コンピューターの基礎的な理論や技術は日本で生まれたものなのだ。
さすが日本人!

天気予報

2017年06月29日
【天気予報】

以前、天気予報で「西日本」というのはどこのことか、というのを
書いたが、未だによくわからない。日本を東西に大きく分けて
その西側が西日本なのか、日本列島の一部分の地域を指すのかわからない。
東日本も北日本もわからない。どうして九州北部地方とか限定して表現が
できないのだろうか。これだけ天気予報の水準が上がっていて、
小さな地方の予報まで発表しているにも関わらず、おおざっぱな地域の
わからない表現をし続けるのはどうしてだろうか。
大阪も鳥取も広島も高知も福岡も鹿児島も言わば西日本。
これではわかるわけが無い。
地震や津波はかなり局地的な表現をする。と言うか、局地的でなければ
意味が無い。

小生、あまり詳しくはないが日本を地方でいうと、
北海道、東北、北陸、関東、小笠原、甲信越、近畿、中国、四国、九州、
奄美沖縄などがあり(抜けていたらその地方の人、ごめんなさい)、
その地方も、例えば九州では九州北部、九州中部、九州南部とか
九州瀬戸内側とか北部九州山沿いとか有明海沿岸とか、いろいろ表現がある。
同じ西日本の同じ中国地方でも鳥取と広島では天気はまったく違う。
まあ、当たり前のことである。
とにかく、曖昧な表現は止め、表現も統一し、聞いたらすぐわかるような
表現で行ってほしい。

で、次が本題である。

YAHOOをHPにして、その天気予報をいつも見ているが、
表示する地域を自宅の区にまで指定できて便利なのだが、よく外れる。
これもわからないのだが、降水確率が70%という日がある。
70%というとかなり降る確率は高く、みんな傘を持って出かけるだろう。
なのに当日の時系列の予報を見ると一日中「曇り」になっている。
70%となっている雨はいつ降るのだろうか。
降水量もずっと「0」なので不思議な予報だ。
1ミリ以下の雨は「0」ということで、天気は「曇り」ということだろうか。
でも洗濯物を外に干していたら1ミリ以下でも「曇り」では困るのが現実だ。
なぜか不思議な世界だ。他の人は疑問に思わないのだろうか。

日本の三大美人は

2017年06月28日
【日本の三大美人は】

日本の三代美人を選ぶアンケートがあったそうな。
全国で投票してもらって決めたらしい。もっとも総投票数自体は
かなり少ないアンケートのようだが。
で、一位は秋田。二位が京都、三位が福岡。ちなみに四位は沖縄

一位の秋田、二位の京都はまあ納得。
三位の福岡は「えっ」の段階。
四位の沖縄は彫りの深い人が多いのでわかる。

でも昔から福岡は美人が多いといわれていたそうだ。
でもこれ間違っている。「福岡」ではなく「博多」である。
「福岡美人」とは言わなくて、言うなら「博多美人」である。

投票で自県を選ぶ人が多いなか、福岡は少なかったにもかかわらず
三位につけた。佐賀県と山口県は福岡に一位をつけている。
まあ、お隣の県だから、これからも宜しくといったご挨拶か。

やっぱり、この福岡というのは福岡県ではなくて博多を中心とする
都市圏だと思う。昔から柄の悪いと言われる北九州・筑豊地域は
入っていないと個人的には思う。
小生が住んでいる北九州市にも美人は大勢いるが、日本で三位という
までは・・・。

豊洲市場移転問題

2017年06月28日
【豊洲市場移転問題】

九州に住んでいると、あまり関心の無い問題なのだが、今回の
都知事の発表した計画には疑問を感じた。

小池都知事が出した案は追加の安全対策を施した上で豊洲市場へ
移転し現在の築地市場は、5年後をメドに市場機能を一部戻すことも
視野に入れた再開発を実施するというものだった。

前回の「市場の在り方戦略本部」の議論からなぜ今回の方針決定になったのか
全然理解できない。今回の方針について行政的な検討が全くなされていない
のでは無いだろうか。
また都知事は、歴代知事やこれまでの都庁の意思決定の在り方をあれだけ
散々批判していたのに、都知事自身がとんでもない意思決定をしている。
食のテーマパークは完全に選挙用のリップサービスである。
双方によかれといい顔しているだけのように感じる優等生的計画だ。
豊洲移転・築地活用の方針決定は、「市場の在り方戦略本部」で決定
すべき事項。
これまで公開の形をとったのに一番肝心な最後の意思決定を非公開で
やっている。
選挙戦略というのが目に見えているから非公開でしか決定できなかった
のではないか。
そもそも行政主導の豊洲市場移転は使う方の利便性が反映されていない
部分があった。区画が狭くて営業できないとかいろいろあったが、
今回の計画も使う方や利用者の利便性を考えていないものではないか。
市場が二つあることを考えれば不便なのは当然である。

超豪華クルーザー問題にしろ、何か路線がおかしくなっているように感じる。
まあ九州に住んでいれば関係ないが娘は東京在住で貧乏している。
そんな貧乏人が払った税金を無駄にしてもらいたくない。

【土砂降りの中、市民を1時間以上雨ざらし】

大雨の中、新基地建設に抗議して座り込む市民。この2時間後、
機動隊員による強制排除と1時間以上にわたる閉じ込め拘束が
実施された。
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設問題で
17日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前では約120人の
市民らが土砂降りの中、機動隊によって1時間以上も機動隊車両の
間に閉じ込められ、雨ざらしのまま拘束された状態に置かれた。
多くの人が雨具を着ていたものの、雨に打たれ続けて体が冷え、
寒さを訴える人もいた。

米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、
米軍キャンプ・シュワブゲート前で16日午前、機動隊が工事車両を
基地内に入れるために座り込みをしている約30人を強制排除する際、
雨が降る中、ゲート横の歩道にいた視覚障がい者の女性(69)が
雨をよけるために差していたビーチパラソルを抜き取った。
ビーチパラソルを抜き取られた女性は「邪魔にならないところに
座っていたのに『邪魔になるからどかそう』と言われた」と話した。


2つのニュースが報道された。
これを見て、「横暴だ」とか「雨に濡れてかわいそうだ」という声が
あがりそうである。
しかし、この報道はちょっと偏った報道では無いのかと感じる。
沖縄のマスコミ自体が偏見的なところがあるのは周知の事実である。
どう見ても一方的に機動隊が悪いような書き方である。
報道は両者の言い分を公平に載せないと、読者のとらえ方が
まるで変わってしまう。確かに事実はそうであっても、そこに至る
過程が重要であって、起こった事実だけをそのまま羅列しても
真意は伝わらない。

「雨ざらしのまま拘束された状態に置かれた」とあるが
それでは雨が降っていなければ問題がなかったのか。
なぜ拘束される事態になったのか。拘束に法的な問題があるのか。
この記事では何もわからない。
強制排除されるからには排除される理由があるはずだ。
「1時間以上も機動車両の間」とあるが拘束しなければ、
再び同じ行動をとるだろうから、全員の排除が終わるまで
行った処置ではないのか。
雨に濡れて寒いぐらいならば、それなりの格好を準備すればよく、
座り込みは雨程度に弱音を吐くようなものなのだろうか。

「市民を1時間以上雨ざらし」とあるが、座り込みはその前に
雨の中で2時間以上行っている。それを特別「雨ざらし」などという
表現を使ってわざわざ強調しなければならないのか。
「市民」とあるが、何割が市民だったのか。
地域住民がどの程度参加していたのか。
こういう行為には、かなり運動家と呼ばれる人間が参加している。
また最近では外国籍(中国が主だが)の人間も含まれているという。

「雨をよけるために差していたビーチパラソルを抜き取った」とあるが
本人は「邪魔にならないところ」と言っているが、それは本人が
言っているだけで、客観的に見て本当に邪魔にならなかったのか。

地元住民の発言がある。
「反対運動の時は違法駐車が多くて迷惑している。」
今回はわからないが座り込みは歩道である。それは機動車両には
邪魔でなくても、地域住民に対して邪魔ではなかったのか。

小生は今回の事だけで無く、沖縄の基地問題は必要悪だと思っている。
日本のどこかに米軍基地が必要で、それが戦後の成り行きや
地理的条件で沖縄にある。それは日本の国防上仕方が無い。
それが嫌なら憲法を改正して自衛隊を認め、自衛隊法を変え、
核の保持も認め、日本独自でも防衛ができるようにするしかない。
そうなればおそらく現在の防衛予算の数倍の費用もかかるだろう。
また、そういう運動をすれば今度は長崎、広島をはじめ核所持に
反対する方々が黙っていないだろうし、自衛隊は違憲とする政党や
人々も納得しない。
基地問題自体が難しい問題だが、マスコミがこういう見た目だけの
報道をするのが、小生はおかしいと思う。沖縄のマスコミ全体が
低レベルと評価されてしまう。

【マクドナルド、IOCと契約打ち切り】

国際オリンピック委員会(IOC)は16日、長年、最高位(TOP)
スポンサーだった米ファストフード大手、マクドナルドと話し合い、契約を
即時に打ち切ることで合意したことを発表した。契約期間を約3年残しての
解除は異例。
マクドナルドは世界的な成長戦略の練り直しが理由と説明している。
しかし、来年2月に開かれる平昌冬季五輪については韓国の国内限定の
協賛企業として残り、五輪公園内や選手村に店を出す予定。

日本の企業も再考した方がいい。
近年のIOCは贈収賄、買収といった不祥事が目立ち、オリンピック自体が
形骸化されつつある。テコンドーといった普及率の少ない競技が出てきたり
かなりメジャーな競技が削られたり、どこかおかしい。
スポンサーになるなら各種目のW杯の方が注目度からいって上だ。
と言っても、2020年の東京五輪が控えているので、そこまでは我慢して
それ以後の話になるだろうが。
とりあえず、平昌冬季五輪は止めるか縮小したほうが無難である。
世界的にも盛り上がりも無いし、観客動員数も、おそらくたかが知れている。
韓国国内でもチケットが売れなくて余る状態なのだから。
マックも本当は昌冬季五輪も不参加したいのではないだろうか。
店を出しても収支的に見合うと思えないし、経費倒れになるのではないか。
知名度はもう十分にあるから、こんなせこい冬季五輪で名前をアピールする
必要も無い。政治的な考慮か圧力でもあったのではないだろうか。

韓国は兵器に関しては上得意のお客様でご機嫌をとっておかねばならない。
もっとも2流発展途上国の韓国には日本と違って最新の兵器は売らない。
売ってもライセンスで製造することはさせない。
交換部品などは、すべてアメリカから輸出している。一方、日本は
ライセンス契約で自国で生産できる。アメリカの韓国の技術力に対する
評価はそんなものだ。製造したけど欠陥だらけのヘリ空母は配備できず、
改修につぐ改修で、単なる銭喰い虫。自動小銃も長期間に莫大な資金を
かけて製造したが欠陥兵器。潜水艦も動く騒音発生器といわれる欠陥品。
近代的ソナーと名をうって、そこいらの古い漁船の魚群探知機を
取り付け、開けてはならないブラックボックスを無理矢理開けて
対処のしようが無くなり、開発国に泣きつく始末。攻撃ヘリを輸入したが
輸出国のアドバイスを無視して過剰な兵器を搭載し、実質的な飛行時間が
30分しかないというお粗末な結末。
これでもアメリカにしたら1つ売れば、修理(韓国にその能力は無い)や
部品の販売で長期間に渡って丸儲けできるのだから、美味しい国なのだ。
韓国には「4個1」という言葉が当てはまる。4つ輸入すると1個は
部品の供給源として使用するという共食い主義が普通の状態だ。
4個を輸入して3個を使うが整備とかもあるので常時使えるのは2個だけ。
つまり単価を考えると2倍の製品を使っていることになる。
これでは経済が崩壊しても可笑しくない。

こんな国で開催される平昌冬季五輪に世界の大手企業が喜んで目を向ける
わけがない。いろいろな事情(政治的とか)で参加しているのだろう。

【世の中、馬鹿がいる!(大分編)】

大分編といっても大分県の人のことを言っているのではなく、
大分県日田市で起こっていること。

日田市の「小野民芸村ことといの里」にある地下水の無料給水施設で
洗車する人が相次いで目撃されている。英彦山水系に属し、まろやかな
味わいが人気の水は県内外の人に重宝がられているが、心ない使用方法に
地元住民は困惑。管理する市観光課は住民の情報提供を受けて5月から
給水施設の蛇口付近に「洗車禁止」のパネルを張って注意を喚起している。

女性が軽乗用車を洗い、バケツにくんだ給水施設の水で流している様子が
目撃された。見つけた女性らが注意すると「誰でもやっている」などと
開き直られたという。

本当に馬鹿はどこにでもいる。
こういう場所はかえって有料にしたほうがいい。施設代として賽銭方式で
徴収し、そのお金を周囲の環境の保全とかに役立たせたらいい。
都市部では無人の有料洗車場があるが、こういう水を洗車に使う馬鹿は
そのわずかなお金が惜しくてやるのだろう。心も財布も狭い人間だ。
豊前市の山中、畑地区にある水神社の境内に湧く畑冷泉は有料で100円。
それでも順番待ちしなければならないほど人気だ。100円といっても
積もれば馬鹿にならないと思う。

湧水はいろいろと問題もある。
小生の近くに豊町という所があり(北九州市八幡東区の河内貯水池に行く
途中)皿倉山系の湧水がある。一時みんながここで水を汲んでいた。
しかし水の中に季節によっては皿倉山系に散布した薬(除草剤か殺虫剤か
しらないが)が入っているという噂が拡がって(本当の事はわからない)
あっと言う間に来る人が少なくなった。バスも通る片側1車線の道路脇に
湧いているため、水汲みのための路上駐車が非常に迷惑であった。
皿倉山系には他にも数カ所湧水があるが山の中の無人の場所で、やはり
洗車をしている人を見ることがあったが、これなどは問題ないと思う。
(地理的には河内と八幡西区市瀬を結ぶ市瀬峠と呼ばれる所)
いずれにしろ良識も問題だ。

小生の自宅は井戸があるので使える水は豊富だが、いかんせん
いいかげんな小生夫婦は車など洗ったことがない。

【北海道に話は九州では】

北海道の話は九州ではなかなか見ることができない。特にローカルな
ものはめったにお目にかかれない。
そのなかで目を引いたのはこの事件。

東日本大震災に伴う岩手県山田町の緊急雇用創出事業をめぐる事件で、
最高裁判所は、上告棄却の決定を受けていたNPO法人・元代表の
異議申し立てを退け。これで元代表の懲役6年の実刑判決が確定した。

判決が確定したのは北海道旭川市のNPO法人「大雪りばぁねっと。」の
元代表・岡田栄悟被告38歳。岡田被告は、東日本大震災に伴う山田町の
緊急雇用創出事業費、およそ5300万円を着服したとして業務上横領と
破産法違反の罪に問われていた。
一審の盛岡地裁は懲役6年の実刑判決とし、二審の仙台高裁は控訴を棄却した。
そして最高裁は、上告棄却を決定した。岡田被告はこれを不服として異議を
申立てていたが、最高裁は申し立てを退けた。これにより岡田被告に対する
懲役6年の実刑が確定した。

何のことはない事件に思われるが、まずNPO法人というのが引っかかる。
行政は何をしていたのか。監督義務は無いのだろうか。
次に思うのは、NPO法人という立場で起こしたこれだけの事件が
たった懲役6年ということ。おそらく被害者に賠償は無理だろう。
今後、退所後に働いて返すにしても何十年もかかるだろうし、被害者の
とっては、その手続きだけでも面倒である。
これは刑法を改正するべきだ。だいたい日本は経済犯に対して罰が軽すぎる。
被害者の立場になれば、やるせないだろう。しかもNPO法人である。
公益法人やNPO法人などに対しては一般より重い罰則を作るべきである。

【有料駐輪場に止めていた自転車が撤去される】

福岡市が管理する有料駐輪場に止めていた自転車を、放置自転車として
撤去されてしまったという事が起きている。
各レーンに前輪が自動ロックされ、外すのに100円が必要なタイプ。
きちんと駐輪したのになぜ撤去されたのか。
こういう被害が増えているという。

便利で人気の駐輪場が満車の場合、先に止めてある他人の車輪のロックを外し
自分の自転車と入れ替えてしまうのだ。外された自転車はその場に放り出され
回収業者に放置自転車として撤去される。受け取りの手間が面倒だし、
2500円の支払いが必要。迷惑な話である。

放置自転車ゼロを目指す福岡市は、同様の被害を防ぐため、数千万円をかけて
各駐輪場の改修を順次進めているという。一部の不心得者のために、市民の
税金が投入されるのは非常に腹立たしい。 

第2の地元というべき福岡市で起きたこの現象は本当になげかわしい。
数千万円をかけて改修するより、高齢者を採用して見張ったほうが
よいのではないだろうか。ボランティアも募って。でも勤務していて
高齢者が熱中症で倒れたりしたら、なお問題になるかもしれないので無理か。
費用的にも改修の方が安上がりかもしれない。しかし純粋に無駄な支出だ。
市民に呼びかけて監視の目を増やすのもひとつの方法かもしれない。
それと、いつも頻繁に使用する人が固定していれば、定期券方式の
ようなものの方が良いかも知れない。コインではなくロック鍵の貸し出しの
ような形式で。駐車場でも賃貸しと固定の両方をしている所をよく見る。
車の有料路上パーキングのように前払式でして、どうにか対応ができないもの
だろうか。専門家が集まれば、何か良い対策案が出そうなものだが。
いずれにしろ困った馬鹿がどこにでもいるものだ。

【米国「パリ協定」から離脱】

米国が離脱を宣言した「パリ協定」は2015年12月12日、
第21回気候変動枠組条約締約国際会議COP21で採択された
国際合意である。
今回の離脱までたかだか1年半しかなかった。
パリ協定に先立つ地球温暖化の国際合意としては「京都議定書」があった。
これは1997年12月にCOP3が京都で開かれて採択されたもので、
温暖化の原因となる温室効果ガスを1990年段階を基準に、先進国に
限定して、CO2の削減数値目標を掲げて推進する、というものだった。
具体的には、2008年から2012年までの間に、温室効果ガス6種の
合計排出量を1990年に比べて少なくとも5%削減するというもので、
違反に対しては罰則も設けられ、署名国83、締約国192という規模に
拡大した。
しかし、この「先進国」に限定する京都議定書の枠組みは、この当時は
途上国と見られていた中国やインドなど、新興国が対象から外れ中国や
インドなどから排出される大量の温室効果ガスに何ら規制の網を
かけることができなかった。
こうした実情の変化に合わせて、京都議定書から18年を経て「2020年
以降の温暖化対策」の機軸に据えられたのが「パリ協定」である。
しかし新興国や途上国の加盟を促すべく方策をとることも無く、罰則規定も
ないというザル協定であった。
そのことで実効性に限界があるという指摘もなされていた。

ところが今回、米国はこの枠組みそのものから離脱する、と宣言して
全世界から非難を浴びている。

全国地球温暖化防止活動推進センターの資料から、少し古いがパリ協定が
締結される前提となる2012年時点での世界各国のCO2の排出量は
第1位 中国、第2位 米国、第3位 インド、
第4位 ロシア、第5位 日本 である。

京都議定書の枠組みでは、ワースト3の中国とインドが対象になっていない。
さらに2014年時点での世界排出量ワーストのデータでは、中国だけで28%
米国は約16%、インドが約6%、これらを合わせて50%を占めている。
つまり世界の過半が一部の国の排出で汚染されており、中国だけでその半分
(3割)米国は4分の1(15%強)という、全世界への迷惑のかけ方に
なっている。
京都議定書の枠組みは何ら網をかける役割を果たしていない。
そこで、途上国・新興国を含む「パリ協定」の枠組みへのシフトが、
欧州主導のもと進められた。

これに対してホワイトハウスで米大統領が発した言葉は何だったか? 

「中国、インド、ロシアが何の貢献もしないのに、米国は何十億ドル
も支払うという、不公平な協定だ」

上記のワースト順位は、排出の総量でのランキングだが、中国やインドの
人口は米国や日本の比ではない。そこで、人口1人あたりのCO2排出量を
見ると、全く異なる実態が浮かび上がってくる。

中国 6.9トン/人・年
米国 16.4トン/人・年
インド 1.6トン/人・年
ロシア 11.0トン/人・年
日本 9.5トン/人・年
ドイツ 8.7トン/人・年
韓国 11.5トン/人・年
アフリカ各国平均 1.0トン/人・年  となる。

米国がダントツで世界最悪であり、次いで、韓国がかなり傍若無人な
排出割合で背伸びしていることがハッキリ見えてくる。
これでは直ちに世界各国から矢の非難を浴びるのも当然だし、米国内からも
ニューヨーク州、カリフォルニア州、ワシントン州など有力州知事の表明と
して独自に地球温暖化対策に取り組む米国内連合を結成するなどの報道が
発表された。どうもオバマ政権とは違う現大統領の政策はもう行き詰まりを
見せ始めたようである。このことを日本人はよく認識して以後の国際関係を
考えていかなければならないと思う。
また日本も将来に向けてより環境に対する取り組みを行わなければならない。
日本は世界中で唯一、水銀、カドミウム、窒素化合物という3つの悲惨な
公害を起こした国であり、ブラックジョークとして「世界中で水銀が
なくなれば日本を掘ればいくらでも出てくる」とまで言われているのだ。

地球温暖化は熱帯病の増加、作物の収穫量の低下、洪水・大雨の増加、
収穫物の質の低下など多くの問題を引き起こす。とりあえずできるのは
二酸化炭素の削減しかないのである。

【臭気問題30年に終止符 京都のニュータウン】

京都府南山城村北大河原の養豚場からの臭気に対し、周辺の月ケ瀬
ニュータウンの住民が対策を求めていた問題で、村と経営農家が廃業で合意、
撤去作業が始まった。近くで道の駅が開業したばかりで、村が早期解決を
模索していた。ニュータウンへの入居から30年以上続いていた懸案に、
ようやく終止符が打たれた。
養豚場は、ニュータウンと道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」から
それぞれ約200メートルの場所にあり、ニュータウンの入居が始まった
1977年以前から操業
していた。
養豚場を経営する男性は「先代から続けてきた仕事で断腸の思いだが、
村の将来を見据えて廃業を決めた」という。

養豚場を経営する男性は本当に残念だろう。
しかし、大きな問題がある。
良いとか悪いの問題ではなく、養豚場はニュータウンができる前からそこに
あったという事実だ。勝手に越してきて文句を言う、これがわからない。
文句を言うのであれば、造成した業者や販売した不動産屋に対してだろう。
ましてや不動産を取得するときに周りの環境を確認しなかった本人が
一番問題があるのではないだろうか。百円、千円の買い物では無いはず。
もう一つはこの問題に何故、村が介入するのかがわからない。
介入するのは造成した業者や販売した不動産屋の努めだろう。
だいたい30年も何をしていたのか。すぐに造成した業者や販売した不動産屋に
連絡を取って和解なりの仲介をさせるべきだったのではないか。
警察は民事不介入だが、行政は単なる住民の不満に対して介入できるのか。
村の資金や職員も使っていると思うが、他の住民からみたら、このことに
税金を使うのは不公平では無いだろうか。

これとよく似た問題が農薬の散布である。
農薬の散布については非常に厳しい制限ができた。
農家は厳格なルールに基づいて農薬を散布しなければならない。
ところがよく考えてみると昔から田んぼや畑があって、周りが勝手に
開発されて住宅地になったのである。越してくる人は当然わかっているはず。
それが文句を言い出す。これもおかしな話だ。
こういうのが今後も増えるのだろう。住みにくい世の中になったものだ。
自分さえ良ければあとはどうでも良いという人間が増えているのは
間違いない。

【新幹線での焼身自殺について(年金問題)】

東海道新幹線で、ガソリンをかぶった男が焼身自殺し、乗客1人が
巻き添え死した放火事件があった。
この事件自体は決して許されることではない。
しかし状況が判明するとそこには深刻な犯人の境遇があった。
犯人は岩手県から上京、さまざまな職業を転々とした末に、退職し
年金受給額に不満を持って募らしていた。

「35年間払い続けてきて、2カ月で24万円しかもらえない。
 家賃、税金、光熱費を払ったらほとんど手元に残らない」 
「生活できない」「年金事務所で首でもつろうか」

焼身自殺した犯人が近隣の住民らに、こう話していたという。
まじめな人で滞納などもなかったという。
事件は許されないが、この背景の年金の方が、より重要な問題である。

韓国ほどでないにしても、年金制度に問題がある。
受け取る年金で生活ができないか、できてもギリギリ。
特に国民年金では絶対に無理。預貯金があるか、不動産収入があるとか
何かなければ暮らしていけない。
暗黙の了解のように脱税(当人達は節税という)し、商売人がお金を
貯めこむはずだ。
誰でも老後はゆっくりと優雅に過ごしたい。優雅とまではいかなくても、
病気や怪我、冠婚葬祭、家の修理、家電の買い換え等いろいろと出費はある。
介護されるようになっても世の中お金しだいだ。
ギリギリの生活というのは、病気などをすれば、即、生活できなくなる。
生活保護を受けることになるが、喜んで保護を受けるどこかの馬鹿と違って
一般の日本人は、そのことを恥じるという思いがある。
35年働いて月に12万円(国民年金はもっと低い)で、家賃が4万円、
水道光熱費などを支払えば本当にギリギリだっただろう。
35年働いて娯楽はTVをみるくらいだろうか。
老後は年に1、2回ぐらいは旅行に行ったり、毎日の夕食時は缶ビールの
1本も飲みたいものだ。
高齢者の生活保護受給率が初めて50%を越えた。まさしく年金に
直結している問題である。

働いている間は、もっと高額の年金を支払うことも可能な人もいる。
一律の年金ではなく、掛金を増加して年金額を増やす制度があってもよい。
たとえ、月に何千円という単位でも長期間掛ければ、少しでも年金は増える。
いろいろなコースがあって選べるようにしたらいい。
それに加入時点の受け取り年齢と最低受取額の固定が絶対条件である。
受け取り年齢や受取額が、ころころ変わるようであれば誰も信用しないし、
掛けるのが馬鹿らしくなるのは当然である。
預貯金を蓄えるより高めの金利を想定し、それは固定金利とすれば、
現在は預貯金や投資信託等に流れているお金の何割かが年金の掛金に
向くのではないだろうか。それを資本として運用する機構は大変だろうが
財源として国にとっても悪いことではない。
政治家のなかに超貧乏な人が何人かいて、その人たちが年金を真剣に考え
本気で取り組んでくれたら少しは変わるかもしれない。

現在は私的な個人年金があるが、35年ぐらい前はなかった。
あったとしてもほとんど知られていなかっただろう。
ちょうどこれから年金を受給するぐらいの人の時代である。
それでも当時はそれほど普及していなかったので加入した人は少ないだろう。
もっとも、その後に加入した人もいるが、同じ年齢で受け取るとすれば、
掛け込み期間は短くなるので、当然掛金は高いはずである。

以前もカキコしたが、小生は25歳で加入して月6千円掛けてきて、
掛け終わると掛け込み期間は40年間掛けたことになる。
掛金総額は約290万円。貰えるのは死ぬまでで、毎年36万円。
逓増式といって若干貰える額が毎年増える。(もっとも景気しだいだが)
8年貰えば元をとる。受け取りは年36万円というわずかな金額だが、
精神的な安心感が大きい。月にすれば3万円、健康と経済的な余裕があれば
家内と年に1,2回の旅行もできる。
あとを継ぐ者がいない家は最低の修理しかしないので(雨漏りとかだが、
数年前に瓦は全部ふき替えたし、今のところ外壁は問題ない)、
それほど極端にお金がかかることは無いと思う。
今後、大きなお金を使うとすれば病気だが、夫婦で延命治療はしないと
話し合っており、葬式もしないことにしている。
3人の子供らに残すものは何も無いが、まあみんな成人して、そこそこの
人生を送っているので、ここまで育てただけで勘弁してもらおう。

【世の中、馬鹿がいる!】

子供に運転させて、それを撮影し、NETに載せた馬鹿がいる。
子供に運転させるのが馬鹿で、それをNETに載せるのは大馬鹿に
違いない。わからないとでも思ったのだろうか。NETに載せた時点で
それを手繰ればすぐに判明する。MLも動画もPCが特定され、
いつどこで誰が購入したかまで捜査は進み、すぐに逮捕となる。
事故がなくて不幸中の幸い。もし事故っていたら被害者はたまらない。

ちなみに、この映像は、インターネット上に投稿されたもので、
車が走っているのは茨城県古河市の道路とみられている。
警察は、この映像を確認していて、道路交通法違反の疑いもあるとみて
詳しく調べている。この手の事件で警察が動くのは、もう確信犯として
ある程度わかっているということ。知らぬは馬鹿な当人だけ。

もう時間の問題。犯人は自首した方がいいんじゃないの。
厳しい会社なら馘だろう。馬鹿じゃないの。
賢い悪はけっしてこんな事はしない。小生も高校生の時はちょっとした
悪だったが、親や学校にばれるような事はいっさいしなかったし、
親の前ではよい子だった。嘘をつくのも難しい。嘘がばれるのは
それを記憶してないからだ。記憶して嘘を並べても絶対に矛盾しなかったら
絶対にわからない。嘘は記憶力の勝負だ。
頭の悪い目立ちがり屋の馬鹿はこういう事をしてしまう。
ファミレスでの馬鹿な行為を撮影して投稿した事件も以前に多々
見られたが、その類いだ。
こういう人間は死ぬまで治らない。性格であって、それはおいそれとは
変わらない。

【サッカーW杯4カ国共同開催について】

韓国の文在寅大統領は12日、青瓦台(大統領府)で国際サッカー連盟
(FIFA)のインファンティノ会長と会談し、「南北を含む北東アジアの
隣国と共にワールドカップを開催できれば南北や北東アジア平和に役立つと
思う」と述べた。
文大統領は「2030年のワールドカップにそのような機会があることを望む」
とし、インファンティノ会長に協力を要請した。

韓国の大統領が何と言おうと日本は共同開催に参加する必要はない。

先般の韓国の済州ユナイテッドと浦和レッズの間で勃発した試合後の
乱闘騒動を受け、アジアサッカー連盟はチョ・ヨンヒョンへ罰金を含む
6ヶ月の出場停止処分を科すと発表。その他、ベンチから飛び出し阿部勇樹へ
ジャンピングエルボーを見舞ったペク・ドンギュや、槙野智章を追い回した
クォン・ハンジンにもそれぞれ処分を下している。
しかし韓国人は納得がいかないようだ。
チョ・ヨンヒョンの退場自体がそもそも存在しないはずのものであり、
正当なジャッジさえ下されていれば、最も長いペナルティーを受ける一因と
なった主審への突き飛ばしも起こり得なかったと主張。タックルシーンの
写真を引用する詳細な分析と共に、「6ヶ月の重罰」を嘆いている。
済州側には、ボトルを投げられたり、浦和選手の過度なパフォーマンスによる
挑発の存在を主張する者もいる。

反省も無くこのような主張をする国と協調する必要はない。韓国人選手本人が
日本人選手に直接謝りたいと言っているにも関わらず、マスコミも含めて
反省の色は見せず、日本や審判を非難するどうしようもない国と何故
共同開催する必要があるか。

韓国の共同開催の狙いは単に行き詰まった経済の回復である。
日本や中国からパッシングされ、どん底になった崩壊寸前の経済を、まずは
日本、中国とスポーツの名を借りて対談の場を作り、それを手段として
利用しようとしている。現状では最低、中国の団体旅行禁止を解除して
ほしいはずである。韓国では観光収入が減収し大きな赤字となっている。
またこのような経済状態なので単独開催は資金的に絶対に不可能である。
しかし日本や中国が単独で開催するのはうらやましくて我慢できない。
それで自国はお金を使わずに名前だけ出すことができる共同開催を考えた。
また政治的には北寄りな韓国大統領が中国や北朝鮮への歩み寄りへの好機と
考えているのかもしれない。
こんなスポーツ精神も無く、民度の低い国と共同開催すれば、また以前に
共同開催ときと同じように世界中の非難を浴びてしまう。
日本は共同開催のメリットは0%である、決して行ってはならない。

【中国でパクられたコクヨ「Campusノート」、一発で問題解決した奇想天外な策は?】

これは感心した。もっともどの企業もできるというものではないが、
発想としては素晴らしいと思う。
通常は対抗手段として、法的な処置、安売りによる圧力等が考えられるが、
コクヨはなんと相手会社の生産施設と販売網を買い取ってしまった。
しかもそれを中国進出の足がかりにするという展開まで構想していた。

この記事を読んで、思わず拍手したくなった。
しかし、知的財産の問題はコクヨのみならず、大きな問題である。
特に韓国、中国(香港も)、台湾、東南アジア諸国と日本の近隣諸国が
世界中でもっともひどい。
政府ももっと力を入れなければならない。ODAで開発援助をする傍ら、
劣悪なコピー商品で日本製品の市場を犯している国で、国家的に対策を
講じていない、または講じても実績が見えない国に対しては資金援助の
再考も視野に入れても良いと思う。
外国を助けるのもいいが、まずは自国からである。
援助して足を引っ張られてはたまったものではない。

【行き過ぎた反日感情】

単なるハンバーガーの包装紙の蟹のデザインが旭日旗を連想させるというもの。

この包装紙をめぐり突然オンラインで「親日論争」が熱くなっている。
バーガーキングが先月発売した「ズワイガニワッパー」の包装紙が旭日旗を
連想させるとして一部のネットユーザーが激しく抗議中だ。
「包装紙の図案が旭日旗を連想させれば、それはデザインの失敗だ」
「単にズワイガニを形象化したものでは」という声も。

ただし、いつもくだらぬ文句をつけるのは韓国や中国だけである。

旭日旗論争は過度な民族主義と民族主義的コンプレックスの反映である。
ある文化評論家は「カニのデザインから旭日旗を連想するのは「ナンセンス」、
「民族主義に傾倒した常軌を逸する嫌日」と述べている。
ソウル大名誉教授も「いつもそうであるように旭日旗論争も日本に対して
抱いている一種のコンプレックスの働き」と診断した。

反日・嫌日情緒は思想と表現の自由を脅かす危険なレベルまで進化している。
このような世界中の国が理解できない思想を押しつけてくる韓国という国を
もはや相手にする必要は無い。無視がベストである。話し合いに応じる
必要もない、ただひたすら無視である。断交しても日本には何ら影響しない。
むしろメリットが多くて望ましい。
慰安婦問題、強制労働問題等も無視すればよいのである。
これに対応すれば疲れるだけで、しかも多額の無駄な金をむしり取られる。
何十年経とうが、何百年経とうが、ずっと言い続けてたかってくるのは
目に見えている。例えこれらの問題が解決しても必ず別の問題を出してくる。

  断交、断交!





【これでも韓国産を食べる?】

福島第1原発の汚染水問題を受けて、日本の水産物をヒステリックに拒絶する
韓国だが、それ以上の事態が昨年から今年にかけて国内で相次いでいる。

昨年末、ソウル市内などの4つの高校で集団食中毒が発生。
食品医薬品安全庁による調査で、安東農協・豊山キムチ工場で生産された
キムチなどがノロウイルスに汚染されていた疑いが判明し、出荷された
751トンに回収命令が出た。

日本でも食中毒はかなり発生しているが、怖いのは添加物だ。

今年3月には、飲食店で提供された焼酎「チャミスル」から軽油成分が
検出され、6~7月に実施された飲食店や大型スーパーの食品検査では、
冷麺などの食品が大腸菌に汚染されていたことが発覚。在韓日本大使館が、
ホームページで「食中毒に注意」と異例の注意喚起を行う事態となった。

また大手食品の粉ミルクからカエルの死骸が見つかったり、鍋料理などで
使われる乾燥麺から金属片(0・4ミリ)が発見された。

厚生労働省が公表する「輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例」を
もとに、韓国輸入食品のうち、禁止されている農薬や食品添加物、病原体に
汚染されていたケースがすごい。

大腸菌や麻痺性貝毒が、「乾燥ワカメ」に多量残存していた。
また二酸化硫黄も残存しておりこれは毒性が高い。

また食料品の見た目をきれいにするために使われる漂白剤に含まれる物質は、
基準値を超えて摂取すると、気管支の障害やアレルギー性の異常過敏反応などを
引き起こす危険性がある。

「生鮮きゅうり」から検出されたジクロルボスは有機リン系の殺虫剤で、
2008年1月に発覚した「中国製冷凍毒ギョーザ事件」で取り沙汰された。
摂取すれば、頭痛や下痢、吐き気をもよおし、最悪死に至ることもある。
実際、この事件では、10人が中毒症状を訴え、1人が一時重体となった。

「生鮮マッシュルーム」に入っていたシペルメトリン、「生鮮青とうがらし」の
エトプロホスも人体に有害な殺虫剤の一種。「焼き肉のタレ」に大量に残存して
いたポリソルベートは、過剰摂取すると免疫系などの異常を引き起こす研究報告
があり、「冷凍豚肉」から出たスルファジミジンは国内で使用禁止の合成抗菌剤
である。

韓国産は輸入量をみると、韓国産食品は中国産に比べて少なく、
目立っていないだけで、危険度は中国産より高いかもしれない。

毒ギョーザ事件以降、中国では輸出基準が厳しくなった。日本向けは、
政府公認の工場で作ったものしか出荷できず、状況はいくらか改善されている。
だが、韓国は、中国ほど輸出基準が厳格ではなく、業者の質も玉石混交。
生産者の中には、少ないコストで利潤を上げるために衛生管理をずさんにし、
不正を働く者もいる。不良品をチェックする態勢も満足に整っていない。
日本に比べ、食に対する安全が意識もレベルも悲しくなるほど低い。

日本は外国産食品を輸入する際、事前に検疫検査が課され、
クロと判断されれば廃棄か送り返す措置を取っている。

水際で防御する態勢は整っているが、検査が行われるのは全輸入量の10%で、
残りの90%は検疫をスルーする。チェックから漏れた中に問題のある食品が
混ざっている可能性は多分にあると(厚労省関係者)という。

危険な「メード・イン・コリア」にさらされる日本の食卓。健康を
損なってからでは遅いだけに、注意してもしすぎることはない。
小生もいつも食べていたクラッカーが韓国製だったので、あわてて国内産の
ものに変えた。食品を買う場合は消費期限だけではなく、よ~く生産地を
確認する必要がある。

東名バス事故

2017年06月11日
【東名バス事故」】

高速道路で乗用車が中央分離帯を飛び越えて観光バスに突っ込んだ事故。
ドライブレコーダーの記録などを見た専門家らも、前代未聞の映像に
驚くとともに、乗用車がスピードを出し過ぎたことが事故の原因ではないか
との見解を示した。

県警などによると、事故現場付近の中央分離帯は盛り土のようになっており、
スピードを上げた乗用車が乗り上げて、中央分離帯を飛び越えた可能性も
あるという。安部氏は「おそらく100キロ以上のスピードを出した状態で
走行していたのではないか」と推測した。

流通科学大の教授(交通計画)も、この乗用車が盛り土に乗り上げた可能性を
指摘。乗用車が、仮に制限速度を守り、今回のような事故を起こした場合
「やむを得ない策」として、(1)盛り土部分の手前で車両をはね返すような
防護柵の設置、(2)中央分離帯の高さを現状よりも高くする-といった策を
提示した。

よくわからないが「故現場付近の中央分離帯は盛り土のようになっており」と
なっているが、どんな状態なのだろうか。すべての高速道路がそのような
状態で建設されているのだろうか。
それと「100キロ以上のスピードを出した状態」とあるが制限時速は
100キロでは無いのだろうか。

大学教授の案はナンセンスだ。(1)の防護策の設置だが、いまさら全国の
高速道路に設置は無理だろうし、その資金と時間があれば中央分離帯自体を
変えたほうがいい。手前に設置といえば道路が狭くなる。道路幅が十分な
高速道路ばかりではないはずだ。(2)の方が現実的だが、それでも
単に高くするのでは無く、強度も増す必要もある。
だいたい道路は中央部分の方が高いのはしょうがない。そうしなければ
排水の問題が生じてしまう。だから中央分離帯辺を道路中央より低くして
排水を改善するという方法もある。ただ低くすると言っても程度が
あるだろうから、どのくらい効果があるかはわからない。試用するので
あれば実験結果を待つしか無い。

制限速度が100キロの高速道路で100キロで走って発生した事故で
このようになったのであれば明かな建設ミス。しかし事例がなく研究も
そこまで進んでいないのであれば未必の故意とは言えないだろう。
とにかく安全な道路を建設してもらいたい。

【天皇陛下退位の特例法成立】

天皇陛下の退位を実現する特例法が9日、成立した。
まずは喜ばしいことだと思う。内容がいまいち不明だが、
陛下が望んでいたものになったのかどうかが気になる。

天皇陛下を世界の序列で表すと
天皇陛下=ローマ法王>イギリス女王>アメリカ大統領>日本国首相>>>>
韓国大統領
って具合かな。

イギリス女王やアメリカ大統領も天皇陛下の前では最敬礼をする。
歴史の重みが違う。アメリカなんてまだハイハイする赤ちゃんみたいな
ものである。韓国なんて比較する対象にもならない。

それでもアメリカは地力で独立した。韓国は戦後のどさくさで連合国に
独立させてもらった。それも半分だけとなって。
中国の首相がアメリカ大統領との会談で「韓国は中国の属国だった」という
発言をしたとかしないとかもめているようだが、歴史的にはどうみても
属国程度だったことは事実である。「朝鮮」という国名は韓国の使節団が
中国を訪れて決めてもらったものだ。独立国ではありえない。

それにつけても辻元清美衆院議員のことは問題である。
辻元氏は民間国際交流団体「ピースボート」を設立し政界進出する前の
昭和62年3月に出版した『清美するで!!新人類が船を出す!』
(第三書館)で、皇室について「生理的にいやだと思わない?
ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで
空気を吸いたくない」「天皇っていうのも、日本がいやだというひとつの
理由でしょ」と記していた。
さらに日本のスポーツ界と関連させて「人生訓とか道徳を押しつけたがる。
天皇とあの一族の気持ち悪さに直結している」とし、天皇制を「悪の根源」と
まで断じていた。

天皇制廃止を訴えた辻元氏の過去の発言であるが、こうした発言を繰り返す
辻元氏が憲法審査会の幹事というのが信じられない。辻元氏を幹事に出した
党も何を考えているのか、いや何も考えることができない党なのであろう。
古い話であるが、これは許せない。誤って済むような問題では無い。
こんな国会議員を国民として許容できるのか。

まあ以上は余談であるが、今後の女性天皇や宮家の問題などまだまだ
いろいろとある。天皇家が納得し国民が喜んで追従するような形に
なることを祈願してやまない。
平成は30年で終わるようだが、小生は昭和の生まれなので3つの元号を
どうにか生きて経験できそうだ。

【韓国人に生まれなくてよかった】

「韓国人に生まれなくてよかった」こういうタイトルの本が出版された。
著者はなんと韓国通で有名な元駐韓大使である。
その人が書いたものなら事実であろうし、納得もする。

それに対する韓国の反応は

「韓国通」で有名だった元外交官が自ら仮面を外してあらわになった未成熟な
精神世界とねじれた心に、身の毛がよだつ(東亜日報)

韓国社会の否定的な面だけを強調(聯合ニュース)

外務省の後輩さえ「時間のムダ」と目もくれない本(ソウル新聞)

と、いつもの感情的な内容の無いわからない言葉の羅列。

「韓国人に生まれなくてよかった」(悟空出版)は、5月9日に投開票が
行われた大統領選結果など最新の韓国情勢に言及した上で、韓国政治・社会を
分析する内容。文在寅新大統領については「歴史、領土問題にしか関心のない
経済オンチ」と断じた。

また、別の章では就職難や脆弱(ぜいじゃく)な年金制度など韓国社会の
抱える問題についても詳細に言及。「韓国で競争に順応し、成功を収めるのは
並大抵のことではない」とし、表題の通り「韓国人に生まれなくてよかった」
と結論づけている。こうした表現が、韓国メディアによる猛烈な反発の対象と
なった。

実際に「韓国に生まれなくてよかった」と小生などはつくづく思う。

徴兵制、非民主主義国家、コピー天国、超贈収賄国家、貧弱な食文化、
歴史的遺産や自然のなさ、腐れ形骸化した儒教文化、異常な民族主義、
嘘付き大国、生命よりお金が優先する社会と政治、未熟な年金制度、
すぐに暴徒化する集団、インチキ新宗教、来日する詐欺師集団や密輸団、
いじめが横行する軍隊、しかもお粗末な兵器の数々、世界に通用しない教育、
他国の旗を破り踏みにじる民度の無さ、すぐに興奮して喚き泣き叫ぶ民衆、
意味の無い学歴社会と異常な進学競争、国家的で横暴な大企業主義、
等々。

どれひとつとっても嫌悪の対象となる。
こんな国を好きになる国、人が世界にいるのだろうか。
海外に出てコピーの中途半端な技術で失敗し、欠陥建造物を造っては
迷惑をかけ、契約は不履行して違反金を取られてばかりいる国、
そんな国の何を信じろと言うのだろうか。
韓国メディアの反論は裏返せば、それを認めている。しかも、その事実を
反省することもなく、お得意の感情論で言い返したお粗末なものである。
この事ひとつとっても、小生は「日本人に生まれてよかった」と
しみじみと思う。

韓国人にアンケートをしたらよい。「韓国人に生まれてよかった」かどうか。
結果は明白だと思う。
「日本人に生まれてよかった」は日本人にアンケートをしたら圧倒的に
よかったと答える人が多かった。

【韓国のテコンドーサッカー】

退場したクォン・ハンジンは、柏レイソルを皮切りに、湘南ベルマーレ、
群馬、ロアッソ熊本を渡り歩き、16年から済州に在籍。日本に5年間在籍し
日本語も理解できる。かつての僚友を「温厚」と語るファン・テジュンは、
激怒させる何かがあったのではないかと暗に示唆した。

こういう事件に対して憶測で発言するなと言いたい。
まずスポーツマンシップとは何かから勉強しなおせ。
切れても、あれはひどすぎるだろう。切れても我慢するのがスポーツマンだ。
切れたら何をしてもいいのか。ああ韓国ではそれが当たり前か。
こういう発言をするのなら、今後、韓国籍の選手は入団禁止、現役選手は
契約期限切れで再契約無し。その上で、韓国チームの日本での試合が
禁止されればベスト。これはあくまでも日本人サッカー選手の大事な身体を
守るためである。やっぱりスポーツも含めて断交しかない。

イタリアの海外サッカー専門サイトでは

未だに韓国サッカーに対する根強い疑惑を持っていて毛嫌いしている。
イタリアサッカー界は韓国に対して苦い思い出がある。2002年日韓共催
ワールドカップの16強韓国戦で疑惑の判定のオンパレードで延長戦の末に
敗退を喫した。エースのフランチェスコ・トッティが2枚のイエローカードで
退場に追い込まれ、延長戦では明確なゴールがオフサイドで取り消された。
韓国びいきの判定がイタリアで社会問題となり、韓国人選手をセリエAの
クラブが獲得しないという状況が続いていた。
今回の事件で韓国サッカーに対する疑惑の根強いイタリアでは、衝撃的な蛮行に
対して一層怒る気持ちが強いのは当然である。
世界から毛嫌いされている韓国テコンドーサッカーはもはや孤立状態である。

韓国の審判への買収としか考えられない試合だった。
怒りを通り越して、あきれたのを覚えている。
日本人の小生ですら、この状態なのだから、当事国のイタリア国民の怒りは
凄まじいだろう。おそらく今後も決してイタリアは韓国を許さないだろう。
韓国と中国のラフプレーはスポーツ界でも有名である。サッカーのみに
留まらずバスケット等でもしょっちゅう出てくる。

ラフプレーだけでは無い。韓国でオリンピックが開催された時、ボクシングで
審判の判定に怒った選手は座り込みを行い、以後の競技ができなかった。
まだ次の試合があるのに会場の照明は落とされ、韓国コーチらは血相を
変えてレフリーに詰め寄る場面もあった。こういう国で開催したのが
そもそもの間違いである。オリンピックの開催条件にぜひ民度を取り入れて
欲しいものだ。2流開発途上国のなかでも韓国の民度は最低である。

断交、断交!

日本、日本人?

2017年06月08日
【日本、日本人?】

昔と言ってもバブルがはじけ長い経済低迷期に入る1990年代半ばだが、
「日本人よ自信を持て」などとよく言われた。
ところが世界的な「日本誉め」が始まり、多くの善意の日本人の現状意識に
転化し、森友学園問題や閣僚の問題発言にもかかわらず、支持率が
高止まりしている安倍政治を支える集団意識にさえなっている。

今年1月、「日本出身の横綱19年ぶりに誕生」と、稀勢の里の横綱昇進で
メディアは盛りあがった。モンゴル人力士3人に占められてきた横綱に、
ようやく日本人がなり、うれしいのはわからないではない。
しかし何故、「日本人」ではなく「日本出身」と言うのか。
「日本人」を主語にするなら1999年7月に横綱になった「武蔵丸以来
18年ぶり」とするのが正解である。ハワイ出身の彼は1996年日本国籍を
取得していたのだから。でもそう書かないのは、武蔵丸が「純粋の日本人」
ではないと考えているからではないか。日本人の定義は「日本国籍を有する
もの」以外にはないはずだ。なぜ「日本出身」と書くのか

これには大きな前段がある。
メディアが「日本出身」にこだわり始めたのは、2014年のノーベル
物理学賞での「誤報」が契機だった。大半の新聞は「日本人3人が受賞」と、
号外を発行したが、3人のうち中村修二氏は米国籍を取得している。
「日本人3人は間違いではないか」という論争に発展した。
その後「日本人」ではなく「日本出身」という表現が使われるようになる。

この「日本人」論争に続き、「週刊現代」(2014年10月号)は
「韓国・中国よ それじゃノーベル賞なんて無理だ」という見出しで
「それに比べ、お隣韓国、中国の受賞者の少ないこと」と書いた。
「日本誉め」の意識の背景に、「嫌韓反中」が潜んでいることがわかる。
民進党の蓮舫代表の「二重国籍問題」にもやはり「純血」と「排外主義」の
生臭さがつきまとっている。問題にした側は、彼女の父親が台湾人で
「純粋な日本人ではない」ことをあげつらったのだと思う。
「あいつは在日だ」と、理由なく出自を問題視する「ネトウヨ」の陰口と
なんとなく似ている。

しかしそれでも小生は日本人で在り、日本出身であることを誇りに思う。
これからも中国、韓国のことを無茶苦茶に悪く書く。
少なくとも他国から日本、日本人がどうのこうのと言われたくない。
とにかく日本、日本人を愛してやまない。

【めずらしく野球の話】

スポーツを見るのは好きだが、TV自体を見ないので、NET上の
結果しか知らない。それでも時々はサッカー、野球、ラグビー、
相撲などは見ている。小生は愛国心旺盛なので国際試合は見ている。
プーで暇なので高校野球だけは暇つぶしによくTVで見る。
プロ野球でいえば、まあ地元のソフトバンクを応援し、巨人を
嫌っているというところ。好きも嫌いもたいした程度ではない。
それでも子供が幼い頃は2度ほどヤフードーム(もっとも当時は
ダイエーだったが)に行ったこともある。

で、巨人の11連敗。嫌いと言ってもこの事態を喜んでいるわけではない。
逆に何故11連敗もしたのだろうと思ってしまう。

小生なりの考えでは、やはり監督。
高橋監督の勉強不足。コーチ経験がなく、すぐに監督就任したので勉強する
時間がなかったのかもしれない。これはフロントの責任でもある。
監督に技術や経験が不足しているのならば、コーチにそれなりの人材を
配置するのが当たり前だ。それがコーチ自身に指導する技術が無い。
いくら名選手でも指導力は別のものだ。

頻繁に起こるバントミスや守備の乱れなどチームプレーが徹底されていない。
この原因は大型補強にあると思う。
巨人はいい選手をとりすぎて、ずっと本当のチーム強化、育成をやっていない。
そういう努力を怠ると指導者も育たない。楽をして結果を求めた結果が、
獲得した選手がまるで働かなく、その結果が今の事態。
これもフロントに責任がある。フロントが考えを改めなければ根本的な
解決はしないと思う。

【これが中国のやり方だ 2(嘘つき中国)】

先日、イタリアで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、
中国が他国と領有権を争う東シナ海や南シナ海の問題が議論されたことに
ついて、中国外務省の陸慷報道局長は「国際法の名を借りて他人の
あら探しをしたことに強い不満を表明する」と述べた。

中国の報道によると「中国は当事国との対話で問題を解決しようと努力して
いる」とした上で、「G7や地域外の国は情勢を認識して、当該国の努力を
十分に尊重し、無責任な言論をやめるよう望む」と述べた。

嘘ばっかし。当事国との対話はしているが、中国はその背景に軍事力と
経済援助をちらつかせて恫喝している。これを話し合いとは言わない。
話し合いの前にまず国際法の勉強をするのが国連の常任理事国として
当然の責務であり、それを遵守するのが義務である。
強行的手段で不法占拠する島嶼から、ただちに引き上げ、それから話は
始まる。まあ可能性は0%である。
同時にチベット、新疆ウイグル地区からの撤退と同地区の独立を承認する。
これも100%無理。なにせ資源キチガイの中国だから。

問題を解決する方法は国連の改革しかない。こんな国は常任理事国の
資格がないが、不当な拒否権という時代遅れの腐った権利が邪魔をする。
まず日本は国連および関連諸団体への拠出金をすべて廃止する。
ただし人道上必要とされるものに対しては直接、その地域へ支出する。
国連加盟国で改革運動を展開し、改革できないなら改革賛成国は
すべて脱退し、第二国連を造る。常任理事国制度は廃止し、
単なる理事国をアフリカ北部、アフリカ南部、欧州北部、欧州南部、
アジア西部、アジア東部、北アメリカ、南アメリカ、オセアニアから
2名程度を選出し、任期3年で再選不可とする。
また事務総長は理事選出国とは別の国から投票者を、これも2名ずつ
選出して投票でもって決める。

武力は各国から集めた常備軍を配備し、兵力を派遣できない国は
その国の経済力に見合った金額を代わりに拠出する。(当然、軍も、
拠出金も「0」という国も発生する)
経済は日本の昔の近江商人のように「堅実」「正直」を基本とし、
「三方よし」の理念を持って行う。「三方よし」とは「売り手」「買い手」
「世間」の三つのことで、これらをすべて満足させることである。

【個人情報保護法が迷走】

個人情報保護法をめぐっては、平成17年の施行以降は「個人情報」という
言葉が独り歩きし、公的機関が同法の適用対象外のケースでも、情報の公表を
拒否する「過剰反応」が相次いでいる。今回の改正では個人情報の保護を
強化し、どの情報が保護対象になるのかや、どう取り扱うのかを定めたが、
詳細な解釈や運用ルールの周知は十分とはいえない。専門家は「過剰反応の
流れが助長される可能性がある」と懸念する。

改正の有無を問わず個人情報保護法は、原則本人の同意を得た場合のほか、
生命や身体などの保護に必要な場合、火災や天災など緊急な情報提供が必要な
場合は、同意がなくても情報提供できる例外規定がある。しかし、同法施行後、
公的機関が状況のいかんを問わず、情報を出し渋るケースが目立っている。

例として
25年1月のアルジェリア人質事件。
27年9月の茨城県常総市で鬼怒川が決壊した水害では、犠牲者や行方不明者の
名前が当初公表されず、当局は遺族らへの配慮や個人情報保護を匿名の理由に
挙げた。
水害のケースは、県や市が行方不明の人数のみを公表。氏名が分からないために
住民から情報提供を受けられない等、全員の無事確認に手間取って時間を要し、
自衛隊や消防との情報共有が遅れ、確認後も捜索が続く事態を招いた。

今回の法改正は情報の扱い方を整理したとされるが、周知期間の短さや内容の
複雑さなどから、情報開示における過剰な萎縮に拍車をかける恐れがある。
改正法の成立は27年9月だったが、具体的な個人情報の対象を明記した
政令や規則が公布されたのは昨年10月。分野別のガイドラインやQ&Aで、
行政機関向けに詳細な法解釈などが示されたのは、今年3月末までずれ込んだ。

改正法の要配慮情報も明確じゃない部分が多く、詳細が示されたのは
ぎりぎりになってからで、不明確のままの項目も残っている。
よく分からないだけに、「トラブルを避けよう」という意識が働き、余計に
情報開示拒否の流れが加速するのではないだろうか。

公的機関といえば学校でも生徒の連絡網が作成できなかったりしている。
個人でも表札を出さない家が増加した。
日本はどこかおかしくなっている。

【済州の控え選手がピッチに乱入し阿部にひじ打ち・試合後も大乱闘で槙野はロッカーへ逃げ込む】

いつものことだが、こういうプレーを行う選手を繰り返し輩出する国は
選手の競技態度が一定の基準に達するまで国際試合には出場させない方針を
とるべきだ。(自国内の自国チーム同士の試合ではでは少林寺スタイルでも
テコンドーサッカーでも、何でもして下さい)
日本を含めて選手達はプロのプレイヤーがほとんどだ。
もし試合での怪我による負傷でプレーを休まなくてはならなくなったり、
ひどい場合は選手生命を絶たれることもありうる。
本人はもちろん、所属チームも多大な迷惑をこうむる。
レッドカードだけで済む問題では無い。
選手はその年度は出場禁止、繰り返せば、永久追放、所属チームには多額の
罰金を科せ、繰り返すチームは強制解散。ここまでしなくては中国、韓国の
ような民族主義に凝り固まった国の不埒な選手は排除できない。
他に誇れる物が無いから、せめてスポーツではと考えている浅はかな国には
国際的な協会が徹底して、スポーツマンシップを育てる努力をその国の
協会に働きかるべきだ。
儲けばかりを考えている競技団体は、その競技とともに廃れていく。

【クラスター爆弾の製造企業へ投融資 金融機関を発表】

「非人道兵器」と呼ばれるクラスター爆弾を製造する企業に対して、
投融資を行っている世界各国の金融機関をNGO(非政府組織)団体が
発表した。

調査・報告はオランダのNGOが行ったもので、クラスター爆弾を
製造しているアメリカ、中国、韓国の6社に対して世界の金融機関が
投融資を行っているか、あるいは禁止しているかなどがまとめられている。
日本の金融機関では三菱UFJフィナンシャル・グループ、オリックス、
三井住友フィナンシャルグループ、第一生命がリストに挙がっている。

2010年に発効したクラスター爆弾の禁止条約は日本を含む101カ国が
批准してるが、そのなかで、日本は製造企業へ投融資を行っている金融機関の
数が最も多くなっている。投融資額は合わせて約2200億円に上る。
該当の4社は「個別の件についての回答は差し控える」としている。

これは大きな問題だろう。「非人道的兵器」だけでは無く、軍需産業への
投資、融資は制限されてしかるべきである。ましてや海外の企業である。
しかも禁止条約に国が批准しているのである。国もおかしい。
当然ながら法的な制限を設けるべきであり、また監視する義務もある。
この4社が今後どうするのかが見物である。約2200億円の投融資を
それではとすぐに回収はできないだろう。もっとも会社にしても、相手
企業にしてもたいした額ではないけもしれないが。
有識者が株主にいれば株主総会でも意見が出るし、あれるかも知れない。
「個別の件についての回答は差し控える」としているが、回答ができないと
いうのが本音だろう。
それに一番驚きなのは生命保険会社が入っていることだ。
かたや万が一の場合の保障をする会社が、一方で人殺しのお手伝いを
しているのだから。これは言い訳できないだろう。

クラスター爆弾
 クラスター爆弾

面白い対談

2017年06月04日
【面白い対談】

なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。そして、なぜ国際社会に対して
嘘をつき続けるのか。そこには「儒教の呪い」があるという。

この、ある作家とアメリカ人タレントの対談の内容が面白い。
ちなみに、この方の著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が
話題になっている。

以下は対談の内容の一部抜粋および小生の意見。

日本より上だというプライドだけあって、実際は自分たちには何もないから
その屈辱感が凄い。それで今、韓国は日本固有の文化を全部「朝鮮半島由来」
と主張し始めた。柔道、茶道、華道等々。
プライドだけが先走り、現実が追いつかない悲惨な民族だ。

歌舞伎、相撲、食べ物では寿司やしゃぶしゃぶなどの和食も韓国起源だと
言っている。

納豆菌を使う食べ物は朝鮮半島には存在しなかったのに、納豆も韓国が
ルーツだと言い出した。

ソメイヨシノも元は済州島に自生していた桜だと。だがソメイヨシノは
江戸の染井村の職人さんがエドヒガン系の桜とオオシマザクラを
掛け合わせてつくったもので、自生するわけがない。
現代でもソメイヨシノは挿し木などで若木を増やしているのだ。
それも知らずに「韓国由来」と言っている。

近頃は、一部の韓国人は妄想がひどくなったのか、イエス・キリストも
孔子も韓国で生まれたという主張まで出てきた。中国も欧米からも
毛嫌いされ、韓国(または韓国人)を相手にすると疲れるという単語まで
できる始末だ。

以前は「侍」や「武道」「武士道」は軍国主義を思い出させるといって、
韓国人は忌み嫌っていたはず。だがハリウッド映画「ラストサムライ」が
ヒットしたり、忍者や日本刀が世界から注目されたりするようになって、
武道も「朝鮮半島がルーツだ」と言い出した。
なるほどと思わせるのはスポーツ界における韓国のラフプレーだけだ。
世界各国の選手がサッカーW杯を共同開催した後に残した言葉は
「もう二度と韓国ではプレイをしない、したくない」という言葉だった。

確かに仏教や漢字は中国大陸から朝鮮半島を経由して日本に伝来した。
そうだとしても、日本発祥の文化を全部「韓国が教えてやった」というのは、
憐れにさえ感じる。しかも陳腐な形骸した儒教だけが残り、仏教の
歴史的遺産はほとんど自ら破壊している。
日本は中国で生まれた漢字を活かし、独自の漢字やひらがな、カタカナを
造りだしたのに比べ、韓国は単なる表音文字のハングルを世界一の
言葉と自負し、漢字を捨てた。その影響もあって韓国の歴史的な書物
(もちろん漢字で書かれている)を読める人も減少し、研究の妨げに
なっている。

しかし、嘘がたまたま成功したケースもある。「空手ウリジナル説」だ。
韓国は、「朝鮮半島にテッキョンという武道があって、それをもとに空手が
できた。テッキョンは併合時代に日本に抹殺されたが、戦後、独立して
テッキョンを復活させたのがテコンドーだ」という説を唱えた。
しかし実態は、朝鮮の留学生が日本の松濤館流空手を学び、そこから
考え出したのがテコンドーだ。
これは韓国の主張は、事実とまったく逆である。

韓国はテコンドーをオリンピック種目にするため、空手のルーツだと大嘘を
ついた。IOCもまさかそんな嘘をつく国があるとは思わないし、日本も
黙っていたから、オリンピック種目になった。

日本は世界に対して、もっと日本の文化について発信したほうがいい。
嘘つきというのは、どんどん嘘をついているうちに、それが真実だと自分で
信じ込む。そして嘘が通ると、癖になってしまう。それが今の韓国。

テコンドーで味を占めた韓国は、剣道も朝鮮半島のものだと宣伝し始めた。
朝鮮半島にコムドという剣術があって、それが日本の剣道になったのだと
言っている。刀や武具を比較すると、まったく違う物であることは
一目瞭然である。日本刀もそのうち韓国の技術でできたと言い始めるかも。
もっとも韓国では昔も今も日本刀を作れる技術はないが。

彼らには、嘘をつくことが恥ずかしいという概念がないのか。
ただ、「慰安婦」についての韓国の主張は嘘だということは、アメリカ人も
だんだんわかってきました。実際、アトランタは慰安婦像設置の許可を
出さなかった。韓国系議員の票集めのための単なるごり押しだ。
それに比べ日本は恥の文化だ。他人に笑われまいと無理もするし、
我慢もするし、嘘もつかないし、約束は損をしてでも守る。

数年前までは、アメリカ人はみんな「日本人はひどいことをした」と
思っていたが、調べたら韓国が言っていることは嘘だとわかり、その認識が
広がってきている。

朝日新聞は韓国に謝罪すべきだ。韓国人が朝日のせいで「慰安婦問題」を
信じることで、韓国が一番損害を被ることになった。
いずれは世界の笑い物になる。

(おまけ)
また韓国で「日本海」を「東海」にという運動が高まっている。
「日本海」はいつまでたっても「日本海」。
いいかげんにしろ。

【もう無茶苦茶な韓国経済】

徳政令の実施。

韓国で新大統領・文在寅の選挙公約が実現に向け動き出した。そのひとつが
借金棒引きの「徳政令」である。100万円以下の借金を10年以上借り
続ける人々を対象に、その借金と利息の全額を帳消しにするというもの。
対象は43万7000人とされ、実現は簡単ではないが、実現しても
その後の展開は不透明である。

現在、韓国には「国民幸せ基金」というものがある。かつての李明博元大統領と
朴槿恵前大統領の政権下で計画、実施されたもので、国民約280万人の債権を
買い入れ、うち57万人の約6兆3000億ウォン(約6300億円)の元金と
利子を減免するなど債務を調整する役割を担ってきた。

要は収入に対して支出が大きすぎ、恒常的に借金返済に追われる庶民を
助けようという趣旨でできたシステムである。しかし、新たに大統領になった
文氏は、この救済策を上回る「全額帳消し」を公約として大統領選に当選した。
10年以上にわたって1000万ウォン(100万円)以下の借金を抱え、
返済のままならない人々の借金を全額、国が肩代わりするという政策である。

日本でいえば室町時代の徳政令のような債権免除にあたる。江戸時代には
旗本・御家人救済のために棄捐令がだされた。旗本・御家人が札差から
借りている借金を帳消しにした。貧しい人を助ける、といえば聞こえはいいが、
実際には効果に疑問符のつく施策だ。

まず一つは、当然ながら対症療法でしかないこと。国の経済が上向き、
失業率が減らなければ、目先の借金を消しても「同じ事の繰り返し」になる。
韓国の青年(15~29歳)失業率は4月基準で11・2%で過去最高と
報じているが、韓国の統計は先進国とは違い、「操作」された数字が多い
いわれる。この青年失業率も諸外国は15~25歳が標準だ。「いつまでも
夢を追ってニートではいられない」と、理想に遠い職でも妥協する20台後半
までレンジを広げることで、失業率の数字を低くできるインチキだ。

この11・2%という数字すら額面通りには受け取れない。
大学などを卒業した後も、就職のため公務員試験などの試験勉強をしている
もしくはそうした「建前」を主張する人たちはこの11・2%には入って
いない。同紙は「こうした人を含めると失業率は23・6%に達する」と指摘。
実質的には若者の4人に1人が失業者と推定される。仕事がない若者が
あふれているというのに、約100万円を10年にわたって返済できなかった
人の借金を消せば、その人たちは「家族を養える職」に就けるのだろうか。

もうひとつ指摘されるのがモラルの低下だ。「大統領選挙ごとに債務の調整や
借金の棒引きを繰り返し行っていれば、債務者は返さなくても最後には国が
解決してくれるだろうと安易な考えを持つ、モラルハザード(倫理観の欠如)
が広がる」と考えられる。韓国の「家計債務」は過去最高の約135兆円に
達しており、昨年12月末のデータで国民1人当たりの借金は2600万ウォン
(約259万円)を超えた。

韓国の処分可能所得(簡単に言えば給料の手取り分と貯蓄)に対する
家計負債比率は169・0%。これは経済協力開発機構(OECD)
加盟35カ国の平均の129・2%を40ポイント近く上回る高い数値だ。
今回の「徳政令」が実現すれば、対象にならなかった中間層の借金世帯が
「なぜ我々だけ真面目に借金を返さなければならないのか」と怒りの声を
上げかねない。こうした経済低迷の根底には、内需が脆弱なため新たな雇用が
うまれないという悪循環が原因である。

文氏はこれを解消するため、最下級の公務員(9級)を81万人も雇用する
との公約を掲げてきた。先月になってこの公約実現のため10兆ウォン
(約1兆円)の追加補正予算の早期編成を進める方針が決まったという。
81万人という数字は、韓国ではどんな重みを持つのか。その一例を見れば、
韓国軍の現有兵力は徴兵込みで約63万5千人で、その3分の1を占めると
される、徴兵された下級兵士の給料は月1万5千~1万8千円と、小遣い並。
正規で公務員を雇えば、こんな給与額では済まない。

「もうひとつの軍隊」を作れるほどの人数を公務員にする、そんな「公務員
天国」を維持する税収をどこからひねり出すのか。ただでさえ経済崩壊が
迫っていると言われる韓国経済にその余裕は無い。かって君臨した大企業も
不況や中国のパッシング、ウォン高で青色吐息の状態なのである。

【イカ「活け締め」動画に「虐待」指摘】

これは、ある高校生がイカの活け締めを動画にして出したら、
「動物虐待」とか「かわいそう」とか「拷問」とかクレームがついたという。
何が動物虐待だ。おまらえは血を吸っている蚊は殺さないのか。
余り物に寄ってきたゴキブリは殺さないのか。
意見でも批判でも批評でもない、完全な狂的クレームだ。
そいつらイカ食べないのか。牛も豚も羊も馬も魚も鶏も魚も、
いや野菜だって命はある。しかし食べるためには殺さなくてはならない。
そいつら空気と霞だけ喰ってろ。
どうせ口に入るものなら美味しくいただくのが、食べられるものへの
感謝であり、最高の礼儀だ。
本当に変なことを言う人間が増えた。嘆かわしい。
こんなことを言うやつ、ちゃんと名前を出して言え。
こんなクレームに名前が出せるか、よく考えろ。

小生もこのブログで散々いろいろ書くが、討論になれば、名前を出して
堂々と張り合うつもりでいる。もっとも、こんな馬鹿げたクレームをつける
アホは相手にしないが。

この高校生を誉めてあげたい。がんばれよ。

【このままでいいのか】


ユーラシア大陸に中華経済圏をつくる「一帯一路」構想(実は中国の陰謀)に
中国は邁進している。その「一路」に、大陸の外にあるはずの日本までが
組み込まれようとしている。それは中国資本による日本の土地買い占め。
実際、驚くべきスピードで進んでいる。

このままでいけば、日本列島の所有者は中国で、日本は借りてる形になる。
北海道がすごい。どんどん、中国は土地を買っていて、本州でも買ってる。
このままでは日本は中国から土地を借りて生活することになってしまう。

昨年1年間で外国資本に買われた森林は「東京ディズニーランド15個」分で、
農林水産省が発表した調査結果が永田町や霞が関に衝撃を走らせている。
同省が森林法に基づく市町村等への届け出情報などから全国の森林の
土地所有者を調査したところ、昨年1年間で202ヘクタールもの土地が
所在地を海外に構える外国資本によって買収されたことが判明した。

注目すべきは買収された森林のほとんどが北海道にあること。
そして香港・台湾を含む中国系の土地取得者による買収面積が81%にも
のぼる点だ。そのほかにも華僑の多いシンガポールやマレーシア、
ペーパーカンパニーの拠点となっている英領ヴァージン諸島などが所在地と
されている。

他国や日本企業を隠れ蓑にしたケースも多く、調査されているのは氷山の
一角に過ぎない。現在、中国資本による日本の土地買い占めの一番の
「草刈り場」になっているのが北海道の森林だ。安く広大な土地が買えるうえ、
水源地が近く利用価値が高いためである。さらに中国は森林だけでなく、
レジャー施設や農地など様々な土地を狙っている。いずれも広大な土地を
一挙に取得する機会を窺っているのが特徴だ。
2010年、新千歳空港から車で15分ほどの高台に、中国人富裕層のための
別荘17棟が建てられた。が、その後、開発した家具・インテリア販売会社が
同地に「1万人の中国人が住む1000棟の別荘」を建設する計画だった
ことが発覚した。
同じようなケースは他にもある。中国の不動産開発・投資会社「一達国際投資
集団」(北京)は北海道喜茂別町の会員制リゾート施設「喜茂別町ゴルフ別荘」
の約80ヘクタールの区画を取得。造成後にアジア富裕層向けに販売する計画を
2014年に発表した。が、こちらも現在に至るまで開発は進まず、地元住民
らが不安を募らせている。
中国ではないが、韓国が対馬では経営不振の民宿などを買い漁っている。

特に問題なのが水源地近くの土地を山林やリゾート開発事業を名目に買い漁る
事例が多数報告されていることだ。また鹿児島県霧島市でも2014年、
350ヘクタールもの広大な山林が中国系企業に買収されたことが発覚し、
問題となったことがある。治水は政治の原点である。

このままでいいのか。早急に外国人による不動産売買の制限を設ける
必要がある。また日本企業を隠れ蓑にした買収などは発覚時点で
無効となることを織り込んだ法律が必要だし、違反に対しては厳重な
処罰も織り込むべきだ。
中国の環境汚染による汚れた水は、おそらく10年、20年という
単位では浄化できないし、莫大な費用がかかる。それに比べ日本は
水資源が豊かできれいである。なにせ明治時代に来日した外国人技術士が
日本の川を見て、これは「滝」であると言ったほど、川の流れが急峻で、
川自体に汚れが留まらない。しかも軟水でそのまま飲料水になる。
この貴重な資源は先達の努力と苦労のたまものである。
それを簡単に外国人に売ってしまっていいのか。
日本の国土も資源も永遠に日本人の持ち物である。

年金のお話

2017年06月02日
【年金のお話】

年金のお話と言っても、どこの個人年金が有利だとか、将来は
これだけ貰えるといった話ではなく、非常に腹が立つ話である。

パート・アルバイトで働く約25万人が厚生年金の加入対象になったが、
「本当に私たちが高齢者になったら年金はもらえるの?」という不安の声も
少なくない。(国民年金もしかり)

それもそのはず。消えた年金記録、大赤字を作った保養施設など相次ぐ
年金行政の不祥事に対して、根深い不信感を抱かされてきた。そしてまた、
私たちの年金から積み立ててきた「年金積立金」が株価の大幅な下落で
わずか1年3カ月の間で10.5兆円もの損失を出した過去がある。

公的年金は単年度の収支ではなく、約100年間という長期にわたって、
収入と支出のバランスを保つように運営されてる。財源は、現役世代の
保険料に、全世代が負担する消費税などが組み合わされている。
さらに国民年金と厚生年金の保険料の一部を「年金積立金」として積み立て、
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用し、財源の足しに
している。

問題は、法律で「運用は安全かつ効率的に行うこと」と定められていて、
これまではリスクの少ない国債を中心に行われていた。
ところが14年10月に投資方針の見直しを行ったのだ。
国債などでの運用比率を60%から35%に引き下げた。
その一方で、リスクが高い外国株と日本株への投資をそれぞれ25%まで
引き上げた。なぜなら株式への投資を増やして利益を得なければ、今の水準で
支払い続けることは難しいという展望結果が出たからだ。
ところが、15年はギリシャ・ショックや中国株の暴落などの影響で、
国内外の株価が下落したあおりを受けて、多額の損失につながった。
株式投資はリスクが高い。恐怖のシナリオは、今後、株価がもっと下がること。
「株式や債券は今すぐ市場で売るわけではないから、将来的に株価が上がれば
利益が出る。即損失にはならない」と、GPIF側は言い訳しているが、
それは大きな間違いである。将来的に株価が上がるといのは夢のような話で
何ら保障がない。

ところが、私たちの年金積立金が溶けていくなか、公務員の年金はプラスの
運用成果を挙げているという。国家公務員共済組合連合会(KKR)の
年金積立金の運用益は、15年度下半期、248億円のプラスだった。
共済組合と厚生年金は一元化になったはずだが、KKRの年金積立金の
資産構成は、国内債券が約62%、国内株式が15%のままなのである。
なぜ、国内債券の比率をGPIFにそろえないのかという、債券の売却に
時間がかかるからだ。(あくまでもKKRの言い訳)

国民の年金をギャンブル的運用につぎ込んでいるのは公務員なのに、
公務員の「虎の子のお金」は守っているのだとしたら、おかしな話だ。
総務省から15年度の独立行政法人役職員の報酬および給与水準が発表
されたが、99法人中、理事長らの年間報酬が最も高かったのは、
なんとGPIF。年収3000万円超で突出して断トツの1位。
なにか、だまされているような気がする。
理事の報酬など一般中堅企業の係長程度で十分である。
そういうお偉方はたいした仕事はしていないのだ。

これからは公的年金だけでは暮らしていくのは限りなく無理に近づく。
余裕があれば、貯蓄も必要だが、できるだけ私的年金(個人年金)に
加入しておいた方が良い。ちなみに小生は生涯にわたって年間36万円
受け取れる個人年金に加入している。逓増式で毎年度、少しではあるが
受取額は増えていく。若いときに加入したので掛金総額は280万円超だ。
しかし73歳まで生きれば掛金総額を超す。それからは生きていれば
丸儲けといったことになる。
今は掛金が捻出できない人も調べておいて損はない。
税制上の考慮も生命保険とは別個にあって優遇されている。
優遇措置は金額にして税金が5千円から1万円くらい返ってくる程度だが、
考えようによっては1杯飲める金額である。

【パトカーの駐車違反】

山口県下関市内で県警パトカーに駐車違反のステッカーが貼られていたと、
隣県の地元経済紙がツイッター上で写真付きで紹介し、波紋が広がっている。
県警では、ニュースの取材に対し、「駐車違反ではない」と言っている。
現場は下関市だが取材したのは小生の地元である北九州市の地元新聞。

アップされた写真を見ると、下関ナンバーのパトカーのフロントガラスに
駐車違反のステッカーらしきものが貼られている。後方に小さく見える
一般車のバンにも貼られていることから、この辺りで山口県警が民間に
委嘱した駐車監視員が巡回していたらしい。

NET上でステッカーが本物かどうか疑う声が出たほか、
「たとえ身内でも違反は違反ということか」
「赤色灯を消しているから、一般車両と見なされて、駐禁切符を切られた?」
「これでこそ平等だよなー」などと監視員を讃える声も多かった。
その一方、「不自然」「容赦なさすぎ」などとパトカーを駐車違反に
したことに疑問を呈する向きもあった。

で、山口県警のパトカーが駐車違反をしていたというのは事実なのか。
これは事実だったが、理由は簡単明瞭なものだった。
「監視員が道路交通規則を理解していなかった」というもの。
まったくくだらない落ちとなった。監視員の研修は実施しているが、
法規を熟知していないというのは、今後も違法な駐車違反でステッカーを
貼られる可能性があるということだ。

違反でない理由としては、山口県道路交通規則の第3条の3項で、駐車禁止の
道路標識等による交通の規制の対象から除く車両として、「交通の取締り、
犯罪の捜査、警備活動その他の警察活動に伴い停止を求められている車両」と
いうのがあり、パトカーはこの日、犯罪の捜査をしていた。

しかし、たとえパトカーであっても、駐停車が禁止されている交差点内や
横断歩道から5メートル以内、歩道といった「法定駐車禁止場所」については、
駐車できない。こうした場所は、人の生命に関わる出動に限り、赤色回転灯を
点灯させれば駐車できる。
さらに、ここ10年ほどでは、神奈川県警や京都府警、大分県警のパトカーが
法定駐車禁止場所で切符を切られ、運転者の警察官が反則金を支払う事態に
なっている。
こういうこともあるんだ、こりゃ警察も大変だわ。

【キッズウイーク「どこの国の話?」政府構想に反発多数】

政府は「働き方改革」とともに、実は「休み方改革」も掲げている。
後者は「プレミアムフライデー」(プレ金)が浸透せず苦戦するなか、
公立学校の長期休みを別の月に振り替え、大型連休を導入する
「キッズウイーク」構想が新たに浮上した。家族で過ごす時間を増やし、
地域振興にもつなげようと狙う。しかし、公表直後から激しいが起こっている。

キッズウイークは、自治体教委の判断で公立学校の長期休暇を5日短くし、
代わりに別の月の月曜~金曜を休みにして、前後の土日と合わせて
9連休とすることが想定されてる。

小売業界などは一般人が休みの時こそ忙しい。子供を持つの人間だけが
休めるとなれば反発が起きる。
もともと休みが取れないこと自体が問題であって、
そちらを優先して解決しなければ普及するはずがない。
子育てをする同僚が休めば、子のいない人にしわ寄せが来る。
子供がいる人だけに9連休など限りなく無理な話である。
第一、子供が休みになっても親が休めるとは限らない。ただでさえ有給休暇
でさえ消化できない日本の会社でこれが実現できるとはとうてい思えない。
また休みが増えれば非正規従業員や自営業者は収入減に直結する
つまりこれは人員過剰な大手企業と公務員だけの話になってしまう。

ヤフーのサイト上でのアンケートでも、回答者約14万人のうち
反対は約64%に上り、賛成は2割程度である。
子育てを聖域にするのではなく、休みが取れる企業、社会を形作るほうが
先決問題である。
有給休暇は本来、子の有無にかかわらず取るべきものであって、
キッズウイークについての政府の発表は、子育て中の家庭のみが有休取得を
取るべきだとの誤った印象を与えるし、発表の仕方に問題がある

実施されれば第二のプレ金になることは間違いない。
午後3時に仕事を切り上げて飲食や買い物を楽しもうというアイデアだが、
その対応として営業開始時間を早めた飲食店はどこも閑古鳥が鳴く始末で
人件費も光熱費も採算割れで、もう元に戻す店も現れている。

どれもアイデア自体は悪くはない。しかし現実の社会構造に照らすと、
まったく合ってない無理なアイデアの押しつけだ。
まずはそちらから改革するのが正道だろう。

【子どもいる自宅での喫煙制限、小池新党が公約で条例検討】

東京都議選(6月23日告示)に向け、小池百合子都知事が率いる地域政党
「都民ファーストの会」は25日、「子どもを受動喫煙から守る条例」制定を
公約にすると発表した。子どもがいる自宅や自家用車内での喫煙制限を
検討するという


やっぱり、ここまで来たか。どこぞのアホな政党がこういうことを
打ち出すとは思っていた。まあせいぜい検討して下さい。
たばこ関連業者、JTの皆さん、たばこ小売店やコンビニ、たばこ生産農家、
そして、こよなく煙草を愛する皆さん、今後の展開を笑って傍観しましょう。

公共施設などの受動喫煙防止条例は自民、公明、民進、共産の主要各党が
公約に入れ、横並びの状態。既に条例化を公約に入れていた同会は「極めて
厳しい案を提案する」として差別化できる内容を考えていた。ただ私的な
空間での行動を制限しかねず、他党から疑問視する声も出ている


当たり前だ。これは個人の喫煙の自由を阻害する明確な憲法違反。
病院、学校、役所、駅等の公共施設は理解できる。
また大きな飲食店も条件付きで理解できる。
どうしても自宅や車での禁煙を求めるなら、国や行政の全額負担で各家庭に
分煙室を造ってくれ。車には分煙の装置を全額補助金で設置してくれ。
もし我が北九州市が条例でこういう事を決めても小生は吸い続ける。
東京で成立して小生が東京に行っても吸う。
罰則、罰金があろうと吸い続ける。もちろん罰金は支払わないで提訴する。
一審で敗訴しても最高裁まで争う。どうせ暇だし、支援者も現れると思う。
他党の疑問視も当然のことだ。疑問視では無く徹底的に追求あるのみ。
いっそ「全日本喫煙愛好党」でも創るか。

この日、記者会見した同会政策顧問の弁護士は「家の中については努力義務
規定を設ける形になる」と見通しを説明。同会特別顧問の小池氏は「『個人の
家に手を突っ込まないで』と思われるかもしれないが、(家や車の中での
喫煙は)子どもの健康によい方向ではない」と話した。

「努力義務規定を設ける形」、これは完全に選挙のためだけの票集めの
表明であって真剣に受動喫煙に取り組んでいる行動ではない。
さらに特別顧問の見通しは、これがまったく無理であることを当初から
ほのめかしている玉虫色の発言だ。
「子供の健康によい方向ではない」も誰もが十分に知っていることで、
今更という感じがする。子供と限定しているが、じゃあ大人はいいのか。

法律は必要悪である。なるべく少なくし個人の常識と理性でもって社会が
動くのが理想である。最近の傾向はまったく逆で何もかも法律、法律で
縛り付けてくる。そこには義理や情けといったものが入り込む余地が無い。
以前にカキコしたがシートベルト、ヘルメットの着用ぐらいからこうなった。
シートベルトをしようがしまいが、ヘルメットをかぶろうががぶるまいが、
個人の自由であって法律で規制するものではなく、ましてやそれに反則金とは
言語道断である。事故で死にたくなければ着用する。
こんな日本でいいのか。ましてやオリンピック開催のためにそこまで無理を
してあわてて訳のわからぬ法律を作る必要はない。開催地、東京の都知事の
我が儘である。

【保育園・幼稚園の給食停止】

愛知県豊田市の給食業者が、破産手続きに入り、市内の一部の保育園や
幼稚園で、23日から給食が中止になった。
給食を提供する側の課題もあり、すぐに再開とはいかないようだ。

「1時間早く起きた。急に給食がなくなるのは困る」
「豊田市は財政的に豊かだと思っていたので破産はびっくり」
「1時間早く起きました。大変ですね。起きられるか不安、きのう
(22日)の翌日の23日なので、びっくりというか、もう少し早く
教えてくれたらなと思う」(保護者らは)

まあ一番悲惨なのは倒産した業者とその従業員。それに比べて
保護者の厚かましいこと。確かに急なことで連絡が遅れたのは
保護者にとっては大変だっただろう。しかし業者はぎりぎりまで、
倒産にならないように頑張ったのではないだろうか。
誰も好きで倒産する訳ではない。
また市の財政と一般業者の財政は違うだろう。市が業者を特別に保護し
多大な助成金を交付しているのならば別だが。
問題は業者がまっとうな仕事をしていて(無理な営業拡張や他分野への
無謀な進出や放漫経営等)倒産したのであれば、市の取り組みが甘かったと
考えざるを得ない。財政的に豊かな市であれば、助成金を交付し、
その代わり、年度ごとに業者に立ち入り、業務と会計をチェックするぐらい
行っていても良かったのでは無いだろうか。

それにしても自分の立場しか考えない無神経な人間の発言がここにある。
1時間早く起きて我が子の弁当を作るのが、そんなに辛いか。
そんなに嫌か。よ~~~くその辺を考えて欲しい。
いっそずっと給食を止めてみたらいい。
北九州市ではずっと中学校の弁当がなかった。小生の家では、おかんが
中学から高校まで6年間、子供3人の就学期間で言えば11年間
毎日、弁当を作っていた。大変だったと思う。小生もたまには作った。
それはそれで楽しかった。弁当を食べる子供が喜んでいると思うと
励みになった。(子供はそうたいしては喜んでいなかったようだが)
何かを発言するときは、周囲のことなどをよく考えて言ったほうがいい。
出した言葉は元に戻らないし、人間性を評価される。

【帯状疱疹 たぶん2】

水ぼうそう減ったせい? 帯状疱疹、兵庫で急増。
高齢者に多い帯状疱疹(ほうしん)の患者が2015年以降、兵庫県内で
増えていることがわかった。専門家は全国的な増加を懸念している。
一方、同じウイルスが原因で、子供に多い水ぼうそうは、14年10月に
乳幼児への定期予防接種が始まって以降、患者が減少していた。
感染症には、免疫を持つ人がウイルスにさらされ、さらに免疫が強くなる
「追加免疫効果」がある。

かかったことがない人はわからないだろうが、かなり痛い。しかも菌が
拡散するのを防ぐため治療にも注意が必要だ。家の中でも風呂は最後に
入って後は熱湯で浴槽も洗い場も洗浄したり、かなり気を使った覚えがある。
治りかけはこれまた非常に痒い。痒み止めの内服薬を飲むがあまり
効果はないようだ。
小生の場合は両方の足の付け根で部分的ですんだが、未だに跡が残っている。
数種類の塗り薬と内服薬を併用し2週間程度で治ったが、ひどい方は入院も
必要である。これが耐性を持つと思うと非常に怖い。
このウイルスの特効薬や完全な予防はできないのだろうか。

人が進化するように病原菌も困った進化をする。
また人が従来立ち入らなかった場所に進出することで新たな病原菌が
出てきたり、爆発的な繁殖をしたり、交通手段の多様化、スピードアップで
短時間でに世界中に拡がってしまう。エイズやエボラがそうだ。
また従来ほとんど見られなかった病気が復活したりしている。
今後の医療の発展が待ち遠しい。

【日本一楽な仕事場はどこか】

それは刑務所である。調査の結果、仕事をする時間は毎日7時間。
一般の会社での平均時間は8.9時間。7時間のなかには休憩時間も
含まれる。これが今問題になっている。刑務所での仕事は社会復帰の
ための労働という意味もある。ところが元受刑者を受け入れた企業から
8時間の緊張ができない、集中力に欠くといった苦情が出ている。
しかも刑務所は土日祝日は休み。賃金は別として、そこいらの
アルバイトよりよっぽど恵まれている。刑務所を土曜日に休みにする必要が
あるのか、それとも刑務官が休みたいからか。しかし土曜日といっても
すべての刑務官が休むわけではないだろう。企業の多くはまだ依然として
土曜日が休みでないか、隔週といったところが多いのだ。
さらに食事でも海外の方が驚くようなメニューの豊富さと豪華さ。
YouTubeで見たが、確かに小生が入院した病院の食事よりずっと良い。

年老いてお金が無く、しかも事情があってホームレスしか選ぶことが
できない人が軽い犯罪をして刑務所に行きたがるというのも理解できる。
自由が無いとかもろもろの制限はあるだろうが、それは当然のことであり、
極端に厳しくせよとは言わないし、食事も変えろとは言わないが、
しかし労働時間は休憩時間を除いて8時間を基本にし、休日は一般企業の
平均値を当てはめるべきだろう。

また、労働に対する対価、つまり時間給を一般の最低賃金まで引き上げ、
食事、施設費とその維持管理料、居住費、入浴料、散髪代、仕事上で
使用する設備等の経費や減価償却費、材料代、水道光熱費等からそれに係る
人件費まで計算して徴収するべきである。それでもかなり残ると思う。
現実は税金が充てられ、低賃金のため出所時の所持金は雀の涙という。
できるだけ出所時にお金が貯まっている状態にしてあげるほうが良い。
専門家ではないので誤っている部分、誤解している部分もあるだろうが、
再考の余地があるのではないだろうか。
ちなみに女子刑務所は満杯ですし詰め状態だという。
新たな女子刑務所の建設が必要になるだろうが、それを造るのも税金である。

【アクセス情報を見てみた】

普段、別にアクセス回数もそれ以外も気にすることもないが、
ちょっとデータを見てみた。(今月の昨日までの分)

県別上位 1位 福岡県 63.2%
     2位 東京都 13.2%
     3位 大阪府  2.5%
     4位 熊本県  2.5%
     5位 神奈川県 2.2%

県別下位 どこも同じ0.2%で
        青森県、愛媛県、福島県、群馬県、香川県、
        長崎県、奈良県、佐賀県

福岡県が圧倒的に多いのは地元だからわかる。
それと九州のアクセスはBBQが圧倒的に多い。
東京都や大阪府が多いのも人口の比率からと判断できる。
少ない県は月に1回の県で、まあそんなものだろう。

国別上位 1位 日本   84.3%
     2位 アメリカ  8.9%
     3位 台湾    3.7%
     4位 ドイツ   0.6%
     5位 オランダ  0.4% 
     6位 韓国    0.4%
     7位 中国    0.4%

国別下位 どこも同じで0.2%
        チリ、フランス、ハンガリー、ミャンマー、
        ロシア。セーシェル

日本が多いのは当然で、次がアメリカというにも何となくわかる。
台湾は旅行者がNETで情報を探すので「温泉」というのに
ヒットするのだろう。残念ながらそれに見合う情報は載せていない。
もし台湾にジモ泉愛好家がいれは直接ご連絡いただけばお教えするし、
都合がつけばご案内もする。もっとも小生、日本語しか話せない。
いや日本語も怪しいかもしれない。
4位以下は月に2,3回ということで、まあデータとしては当然だ。
しかし海外からこんなしがないHPをよく見に来ると感心する。

滞在時間 1分以内  36.2%
     5分未満  14.4%
     5分以上   9.1%
     10分以上  3.7%
     15分以上 18.9%
  
    足しても100%にならないが、どしてかはわからない。

1分以内の方は見た瞬間に思っていたHPと違うと感じたのだろう。
それと海外の方が1分以内が多い。
5分以内は上記の理由に、せっかく開いたのだからという方と、
常連の方で更新、追加した部分だけを見ているのではないかと思う。
5分以上に方は理由はわからないが、ありがたいことである、感謝。

ブラウザ別 Windows 10   58.6%
      Mac          14.4%
      Android       8.1%
      ios           7.5%
      Windows 7     6.8%
      Windows 8     3.3%
      Windows XP    3.1%
      Windows Vista 2.1%
      Linux         1.9%
      Windows 95    0.2%

さすがにWindows10が主流を占めてきたという感じ。
携帯からもアクセスする方がかなりいる。
驚きはWindows95の方がいることだ。
自分自身が使っていたのは何十年前だろう。
XP以前の方もけっこういて、もうサービス期間が終了してしているが
どんな対応をしているのだろうか。他人事ではあるが気になる。

たまに見てみるとそれなりに面白い。

【島の祭り休むと罰金1万円!】

全国の神社などで春祭りが本番だ。国生みの島として知られ、タマネギで
有名な淡路島の北部、兵庫県淡路市育波の里地区では、春と秋のお祭りに、
なんと「罰金制」が存在する。
祭りは、宵宮と本宮の2日間、春と秋合わせて年4日催されるが、それぞれ、
休むなら罰金として1万円を支払わなければならないというものだ。
もちろん、近親者が亡くなった場合などは免除される。でも、仕事や
レジャーは認められない。
約30年前、少子化や勤め人が増えた影響で、重さ数トンの布団だんじりの
担ぎ手の不足に直面した。このままでは、祭りの存亡に関わる。
青年会は危機感を募らせ、欠席する会員に罰金を課す習わしが始まったと
いうのだ。「祭りがなくなれば、地域そのものがすたれる」と言っている。

これを読んでどう感じるか、まあ人それぞれだろうが。

小生がもしこの地区に住んでいたら、祭りには積極的に参加はするが
罰金は払わないだろうと思う。それで村八分のような状態になるのであれば
引っ越しも考える。
例えばレジャーはまあ日時をずらすだろうし、祭りの日時に予定を
入れないだろうが、それでもその日時限定の特殊な理由があれば
(別府の温泉祭りのような)そちらを優先するかもしれない。

仕事は完全に優先する。仕事の内容とか職場の都合上、どうしても
出勤しなければならない事は普通のサラリーマンでは当たり前のことだ。

どうしても休めない場合は多々ある。例えば新年度の初日に会社全体で
進発式のような行事があるとか。
(これに現役の時は別府の温泉祭りで泣いた。温泉祭りを第2土日に
 変更できないかとつくづく思ったものだ。参加できるのはたまたまその日が
 土日当たった年度だけだった)
またインフルエンザの流行で出勤できる所属部署の人間が極端に少ないとか、
祭りの該当日に大きな取引が成立する交渉があり、それをずっと中心となって
担当していて他の社員では対応できないとか。
休んで周囲から白い目で見られたり、出世を逃したりはしないだろう。
今まで苦労した仕事の最後の有終の美を飾りたいだろう。

記事からはわからないが準農村地区なのだろうか。
言い方は悪いが農民と商売人はいつでも休める。(まあ逆に休まないで
1年365日働くこともできる)言わば個人経営の会社の社長である。
勤め人はそうはいかない、凄まじきは宮仕えだ。
それと青年会もわからない。何人いて、その内、何人がサラリーマンなの
だろうか。30年間それが慣習で続いているようだが、みんなに不満は
ないのだろうか。もう一度考え直すといった意見は出ないのだろうか。

またこれも小生の個人的な勝手な思いであるが、日本各地にこういった場所は
限りなく存在すると思う。どこも高年齢化、過疎化が進んでいるのが現実。
後継者不足で、なくなった祭りや伝統芸能は数限りなく多い。
伝統技術もそうである。店にしたって後継者がいなくて廃業する老舗もある。
お寺もそうだ。今、お寺の檀家になっていない人が、お寺を選ぶ時の基準の
ひとつが、そのお寺に後継者がいるかどうかと言われている。
いくら祭りで罰金を徴収しようが、発展性がなければ、地域はすたれる。
どんな有名な祭りでも、それを継続するのは人的要因が絶対に不可欠であり、
それが消滅するのは仕方が無い。

最後に別にお祭りがなくなっていいと言っているわけではない。
後世に残す努力も必要だと思う。しかしそれが住んでいる地域住民の方々の
総意なのだろうか。

【アップル 自社行事に韓国メディア招待せず】
アップルが主催するイベントへの韓国メディアの参加が困難になったことが
分かった。アップル側が招待していない。公務員やメディア従事者、
私立学校教員らへの食事接待や贈り物、慶弔費の上限を厳しく定めた韓国の
「不正請託および金品など授受の禁止に関する法律」の影響とみられる。

別に法律があろうがなかろうが招待しなくていいんじゃないの。
このイベントは係る経費である旅費や滞在費をアップルが負担する。
そこが韓国の法律に触れるかも知れないという判断だそうだ。
韓国もまたまた、くだらなくも馬鹿げた、そして素敵な法律を創ったものだ。
まあ贈収賄天国のお国には必要であるが。
未だ判例が無いためにこの法律に違反するのかどうか判断のしようがない。
世界中の国々の方、恐ろしい法律なので、韓国の方に迷惑をかけないように
韓国人をイベント等に招待するのは今後ずっと自制しよう。
外交官も公務員だから日本にきて日本の接待で飲み食いするのはやばいだろう。
その辺は日本でもばっちりとチェックして違反があれば韓国にリークしよう。
韓国よ、より厳しく取り締まれ。
そして世界の孤児となって日本と断交してくれ。

追伸:できれば中国もまねをして同じような法律を創って欲しい。

【天皇陛下、退位議論にショック】

天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に
保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、
陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を
漏らされていたことが明らかになった。
陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいること
について「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化で
なければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が
曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示した
という。
ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘
東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、
「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と
考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して
負担を軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの
主張を展開した。陛下と親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。

失礼も甚だしい、戦前だったら非国民で銃殺刑。
天皇陛下が祈るのは漠然として祈るのでは無い。日本国民の1人1人を
思って祈られるのである。単なる宗教的儀式とは違っている。
また被災地へのご訪問などは、どれだけ被災地の方々の気持ちが安らぎ、
精神的安定に寄与しているか図りきれないものがある。
また外国との交流において、陛下ほど実績を揚げられる外交官はいない。

小生が思うに、有識者とか専門家とかが選出されて、会議や委員会の構成
メンバーとして、よく登場するが、果たして本当に有識者、専門家なのか、
いつも疑問に思う。ひとつは、そういう方々が専門的知識は豊富にあるかも
しれないが、いわば常識知らずの専門家バカであることが多いということ。
それに加えて知識と現状事態との把握、知識と精神の融合に欠けていること。
ただ詳しければ良いというのではないと思う。極端なことを言えば、
知識が豊富ならば犯罪者でも良いのか。そうじゃないだろう、やはり
知識の豊富さ、経験の豊かさプラス人格だろう。現有識者、現専門家が
こうであると言う訳ではないが、もっと相応しい人がいるように思えて
ならない。いずれにせよ、より陛下の御心にかなった法律ができるのを
祈っている。

【これが中国のやり方だ】

フィリピンのドゥテルテ大統領は19日の演説で、今月行われた中国の
習近平国家主席との会談の際、フィリピンが南シナ海で天然資源を
採掘した場合、習主席から「戦争になる」と警告されたことを明らかにした。
ドゥテルテ大統領は、北京で行われた習近平主席との会談について触れ、
「自分たちのものだから採掘するつもりだ」と中国と領有権を争う南シナ海で
天然資源を採掘する考えがあることを中国側に表明したと述べた。
その際に習主席から、「私たちは友人だから争いたくないが、強行するなら
戦争になる」と警告を受けたという。

これが中国のやり方だ。言うこととすることは100%違う。
ドゥテルテ大統領は最近は南シナ海問題を棚上げにして中国との関係の改善を
進めてきた。ところが中国はあくまでも世界的な非常識である自国の権益を
主張し、最後は恫喝である。これが国同士の会談なのだから魂消てしまう。
もし相手が、アメリカ、ロシア、日本であれば、そこまでは言わないだろう。
相手の軍事力を推し量って言っているのは確実である。
中国は軍事的目的ではないと言っているが、今のうちにどうにかしなければ
ウイグル、チベットのように軍が入ってきて基地化するのは目に見えている。
軍事的なこともだが、そこに眠る天然資源が欲しいはずだ。
地図上でどう見ても中国領土には100%思えない。例えばフィリピンと
ブルネイとベトナムが自国の領土と主張するのならばまだ理解できる。
一番遠い距離にある中国に権利が発生するはずはない。
そこで中国のごり押し的理論が出てくる。大陸棚は大陸の延長であり、
南シナ海は中国大陸の延長だから自国の物であるという、世界的に
まったく通用しない非常識な理論だ。
この国が国連の常任理事国なのだから笑ってしまう。いかに国連が
つまらない機関かがわかる。
日本は国連への拠出金を見直した方がよい。その資金は国内の福祉や
教育、子育て等に当てよう。

【注意が必要 ドライバー(ねじ回し)の所持】

なんともまあ、恐ろしい世の中になったものだ。

乗用車内でマイナスドライバー2本を正当な理由なく隠し持っていたとして、
陸上自衛隊八戸駐屯地の3等陸曹の男性が5月上旬、ピッキング防止法違反の
疑いで青森県警に逮捕された。
マイナスドライバーを正当な理由なく所持した場合、軽犯罪法違反や、
特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律(いわゆるピッキング防止法)
違反の罪に問われる可能性がある。
今回のケースの場合、具体的な状況は不明だが、助手席に隠して所持していた
ことや、そのほかの状況から、隠して持っていたと判断された可能性が高い。

これがけっこうややこしい。

マイナスドライバーでも、長さ15センチ以上で、先端の幅が0.5センチ
以上のものは、対象となり、プラスドライバーは対象とならない。

指定侵入工具は侵入のためにも使えるが、通常は一般の人が日常生活のために
広く利用しているから、業務その他正当な理由がなく、隠して携帯している
場合だけが処罰対象となる。

それでは「正当な理由」とは。

社会通念に照らして、指定侵入工具を隠して携帯することが当然認められる
ような場合は、正当な理由があるということになる。
具体的には、大工さんが業務のために工具箱に入れて持ち歩く場合、
自動車修理に用いるために自動車の工具箱に入れて自動車を運転する場合、
機械修理・引っ越し等のために必要があって携帯する場合などは、
正当な理由がある例とされる。
また、工具店で購入して自宅に持ち帰る途中での携帯も、正当な理由があると
いえる。

ほかにも指定侵入工具には、

バール
作用する部分のいずれかの幅が2センチ以上で、長さが24センチ以上の
バール(いわゆる『釘抜き』も含む)

ドリル
直径1センチ以上の刃が附属するものに限る・電動手動を問わない
(ドリルに刃を装着していなくても、本体と刃を一緒に携帯していれば対象と
 なる)

これらの指定侵入工具を、正当な理由なく隠して携帯している場合は処罰の
対象となりかねないので注意が必要だ。

知ってました?

【眞子様のご婚約 2】

20日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」では、
秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約するとされている国際基督教大時代の
同級生・小室圭さん(25)の「親友」と称する番組スタッフが
VTR出演した。
VTRでは、小室さんの親友と話す番組の女性スタッフと、中学から友人と
話す女性2人が登場。女性スタッフが小室さんをニックネームの「KK」と
呼ぶなど、初めって会ったときの会話やLINEのやりとりを赤裸々に告白た。
さらに眞子さまとの交際秘話も明かした。
これに対してタレントのビートたけし(70)が激怒した。
「何なんだウチのスタッフは。何なんだあのしゃべり方は。バカ野郎。
相手を誰だと思ってるんだ。ふざけやがって。ラーメン屋の親父じゃないだ!」
と憤った。

そりゃビートたけしだけでなく誰でも怒るわ。
特に番組スッタフという人間がこういう発言をしたというのが最低。
親友とか友人とか本人が思っているだけで、相手はただの知人と思っている
だけかもしれない。これは単なる目立ちがり屋。目立って上に見つけらて
仕事を貰ったり、ポストを上げてもらおうと考えたのか。
馬鹿なのは、このVTRを使った番組のディレクター。
何でも出して視聴率を稼げばいいと考えたのだろうか。
事前に内容をチェックしたのだろうか。VTRならば可能のはずだ。
親友とか友人とかの確認はしたのか。
相手が、あの人は親友でも友人でもありません。ただの知り合いです。
そう言ったら番組自体の責任問題に発展する。
特に情報番組でこの手の演出は完全にNG。
だから小生はTVをあまり見ない。最近は低レベルの番組が多すぎる。
NHKの大河ドラマも最近は見ない。理由は番組に出てくるセットが
お粗末で見るに堪えないからだ。いかにもちゃっちい。
まあ視聴者から無理矢理取り上げたお金で制作しているのだから仕方がないか。
最近は少しはまともになったが、歌の下手な歌手ばかりの音楽番組も最低。
PCがあってNETの環境があれば、TVはなくても生きていける。

これからもいろいろと出てくるかもしれないが、日本国民として
この慶事を静観して暖かく見守りたいものだ。

【韓国の慰安婦問題 異常な国】

こういう事実がある。

日韓合意が結ばれた時に生存していた46人の元慰安婦のうち、34人が
「和解・癒やし財団」の事業に賛同している。この中には、合意に
反対している「ナヌムの家」に居住する元慰安婦も含まれている。

「関連団体」が当事者全てを「代弁=代表=象徴」しているわけではないにも
かかわらず、依然として、元慰安婦たちの「異論」は表に出てこない。
韓国・世宗セジョン大の朴裕河パクユハ教授の学術書『帝国の慰安婦』は、
そうした声を拾い上げようとしたものだが、元慰安婦の名誉を傷つけたとして
昨年12月、同教授に懲役3年が求刑された。慰安婦問題に関する多様な声が
かき消されてしまうような状況が韓国全体を覆っている。

つまり韓国には表現の自由が無いということ。
親日であるというだけで逮捕される非民主主義の国だということ。
過去に遡及して法律を適用する世界でも類を見ない非法治国家だということ。
(前の大戦以前、大戦中に日本人に協力した人は財産没収のうえ裁判)

そして現在、この問題は大統領選挙の餌にされた。
反日と唱えれば票に繋がる。
日韓合意にももちろん問題はある。双方が100%満足のいく結論など
出てくるはずがない。それを調整し妥協して出てきたのが合意である。
それを無視して再協議と唱える韓国はすでに国際ルールを破っている。
こういう国を相手にすれば疲れるだけだ。実際、韓国人を相手にしたため
疲れた国、人が世界中にいて、それは一つの単語にもなっている。
これからは無視しよう。支払ったお金はもったいなかったが、勉強代とし、
今後は一切関わらず、無視しよう
軍事的協力も経済的協力も必要ない。損をするのは一方的に日本なのだから。

文在寅大統領は日本に対して、慰安婦や竹島など「歴史」がからむ問題と
経済・安保での協力を切り離す外交で臨む姿勢を示している。低迷が続く
韓国経済の再生には日本からの経済協力が必要であり、協力獲得はさほど
難しくないと判断していることが背景にある。

とんでもない。切り離しの外交はいい。しかし慰安婦問題は合意で解決済み。
10億円を返して貰ってから、日本は考えよう。もっとも後は知らんぷりが
ベストである。

それだけでは無い。慰安婦問題をめぐる日韓合意の精神に反し、釜山の
日本総領事館前に慰安婦像が違法に設置され、ソウルの日本大使館前の像も
撤去されていない。こうした中、日本政府による対抗措置としての通貨交換
協定の協議中断と経済協議延期は続いており、韓国政府を困惑させている。

韓国経済になぜ日本が協力しなければならないのか。頭を下げて頼みに来い。
「我々は破産寸前です、どうか日本の皆様、御慈悲を」って。
通貨交換協定がいらないと大口を叩いたのは韓国だろう。
それが景気が悪くなって、工業技術は世界の信頼を失って経済が破産寸前に
なると手のひらを返したようになる。こんないいかげんな国は無い。

文大統領は、安倍晋三首相との電話会談で、日韓合意について「国民の
大多数が心情的に受け入れられないのが現実だ」と語っている。

じゃあ好きにすれば。
今後この話は日本は一切しません。経済協力も一切しません

前政権下での合意ではあるが、韓国政府が「最終的かつ不可逆的な解決」を
確認した合意を国内の事情を理由に認めようとしない。日本に一方的に期待し、
またしても問題を蒸し返して、丸投げする構えである。

普通、国内の事情を外国に押しつけるか。馬鹿丸出し。


断交、断交!

東九州道での事故

2017年05月22日
【東九州道での事故】

県警高速道路交通警察隊は15日、宮崎市佐土原町の東九州自動車道で
14日に発生した乗用車の自損事故で、意識不明の重体になっていた
生後8カ月の坂本碧ちゃん=同市鶴島3丁目=が死亡したと発表した。
死因は頸椎(けいつい)損傷。NEXCO西日本は乗用車が衝突した
コンクリートブロックの撤去やガードレールの設置など、再発防止策を
検討している。

このニュースを見て、これではよくわからなのだが、事故の原因は
何だったのだろうか。まだ特定にいたっていないのか。
が、工事用のコンクリートブロックの撤去とガードレールの設置を
早々と打ち出したが、道路自体に問題はなかったのか。
日本では道路にも規格があるだろうが、実際に運転する者にとっては
規格の基準を満たしているものでも危険と感じたり、運転しにくいと
感じたりする道路はある。相手のいない自損事故なので原因は
脇見運転、居眠り運転ぐらいしか考えられない。あとは運転者の
突発的な病気ぐらいか。そうでなければ道路自体の問題だ。
不思議なのは原因も判明していないのに、早々と工事用のコンクリー
ブロックの撤去だ。ガードレールの設置は理解できる。
しかしブロックの撤去は全然意味をなしていない。そんなもの
撤去しようがしまいが、事故は起きるし、対策にも何にもなっていない。
NEXCO西日本の真意がわからない。工事用のブロックをそこに
置いていなければ事故は起きなかったのか。ブロックを置いていないと
工事が進まないのではないか。理解できない。

追突を防止するシステムを搭載した車が出てきて久しい。
しかし小生などの貧乏人はそういうシステムがついた車を買うどころか
10年以上たった車を使用している。
道路の整備も高速道路の拡張もいいだろう。
しかしそういうシステムの搭載を義務化し、自動車会社にはその分の
補助金を交付したらどうだろうか。またこれだけ技術が発達しているのだから
高速道路の逆走を防止するシステムを作って配備できないものか。
車には逆走すると大きなブザー音が鳴る装置、道路は遮断機が降りるとか。
これも義務化するなり、ETCにセットとかが考えられる。
ブレーキとアクセルの踏み違え防止システムなどは高齢者社会には
必需品なのではないだろうか。
いずれにせよ事故はなくしたくてもなくならないものだ。

【韓国の竹島周辺での海洋調査に外務省が抗議】

外務省は17日、島根県・竹島(韓国名独島)西方の日本の排他的経済水域
(EEZ)内で韓国の調査船がワイヤのようなものを海中に投入していたと
発表した。
韓国側から事前の同意申請はなく、外務省は「受け入れられず、即時に中止
すべきだ」と韓国外務省や在京の韓国大使館に対して強く抗議した。
韓国側は「事実関係を確認する」と応じた。

抗議は必要だが、どんなに強く抗議しても何も変わらない。
国際司法裁判所もあってもなくてもいいような存在で役立たず。
世界中の同情を集めて国連で非難決議でも引き出すか。それは無理。
それでは最後の手段、武力行使か。
いや、その前に経済制裁という手がある。
日本からの生産資材の韓国への輸出禁止。これで韓国経済は確実に崩壊。
韓国の大手企業は日本の資材が無ければ即生産中止に追い込まれる。
そして韓国経済の大手企業が占める割合は7割超。
ただでさえ若年層の失業等、経済が崩壊寸前の韓国は完全に息の根を
止められるだろう。50歳、55歳定年制、年金制度が不十分な韓国は
おそらく20年は立ち上がれないだろう。その前に北朝鮮に屈服するかも
しれない。経済が崩壊すれば軍は維持できない。
そこまでしないとこの問題は未来永劫まで続く。
思い上がった韓国に1度鉄槌を振り下ろさなければならない。

実際、韓国の不況と失業率はすさまじいく、これは大変な脅威になる。
国民所得3万ドルが先進国入りのハードルである。
韓国は2006年に2万ドルを超えたが、10年にわたり3万ドルの壁を
乗り越えられずにいる。2万ドル突破から3万ドル突破までの所要期間は、
日本の場合は4年にすぎなかった。ドイツ・デンマーク(6年)、
米国・オーストラリア(9年)などが10年以内だ。
韓国国民はシンガポール(12年)やイタリア(14年)よりも時期が
遅れるとの悲観的な見通しを抱いている。アフリカの最貧国水準の
国民所得から「漢江の奇跡」を成し遂げ、世界10位圏の経済大国に
成長したものの、韓国国民は韓国経済に対する信頼を失いつつあるように
見える。「漢江の奇跡」にしたって日本の援助のおかげである。

軍事同盟は韓国を除く環太平洋諸国で十分である。どうせろくな装備も
ない韓国軍は当てにならない。兵士の練度も士気も低い。
韓国に輸出している企業は大変だろうが、国がサポートしてアジア諸国への
輸出に切り替えるべきだ。

断交、断交!

ついでにカキコ。
北方四島に向かった慰霊団は現地で予定した場所に軍事的理由で立ち入りを
拒否された。前回の両国首脳会談で、立ち入りは自由にするという合意が
なされている場所である。
ロシアという国はそういう国だ。この国は絶対に信じてはならない。
この国の領土侵略の上には嘘も裏切りも何でもありなのだ。
一方的に不可侵条約を破棄し日本の北方領土を不法占拠した過去を
日本人は決して忘れてはならない。

【「ホタル族」被害者の会結成】

ついにここまできたか。
以前にもこのような案件で裁判になり迷惑料5万円の判決が出ている。
この判決は確定している。ということは裁判は事例を重要視するので、
こういった案件の裁判はおそらく今後増えて喫煙家が負ける。
小生は庭付き一戸建てだが、隣から苦情がくるかもしれない。
(まず無いとは思う、隣人も愛煙家だから。でも突然、禁煙したりして)
なるべく空き家の方の隣で吸う習慣を身につけなければ。
もっとも外で吸うことはないけど。(家の中で別室分煙している。
もっとも娘が車を使うとき臭いといわれ、娘は勝手に消臭剤を車に
取り付けていた。今も娘が帰ってくるとなると車の消臭剤を、おかんが
買いに行く。)
意志が弱いので禁煙と宣言はしていないが、以前よりは吸う本数が
少なくなった。昔は徹マンに缶ピーがトレンドだった。
家で吸っていて網戸を通して表通りに煙が流れて、歩いている人が
迷惑したなんて言ってこないだろうか。
そんなふうに考えると煙草が吸えなくなる。
前にもカキコしたが、いっそ喫煙島をいくつか作って日本中でそこだけが
煙草を吸えるようにしたらよい。煙草を売るのも、その島限定。
しかも1箱2千円ぐらいで。それでも小生はやめないだろう。
お金を貯めてそこに行くのを楽しみにするに違いない。
そしたら新しいツアーができて旅行会社が喜ぶだろう。
チャーター便で、もちろん機内も喫煙可。空港までの貸し切りバスも喫煙可。
しかしJTに勤務している方々はどういうふうに思っているのだろうか。
JTの社員は喫煙派と禁煙派とどのくらいの割合なのだろうか。
禁煙派の社員がつくる美味しい煙草。
科学的根拠だけで作られた禁煙派が作った煙草、う~んわからない。
なんにせよ、住みづらい世の中になった。
喫煙者の権利はないのだろうか、よけいに税金を払っているのだが。
禁煙に関する政策は自民党内でももめているらしい。
そりゃもめるだろう。自分自身が愛煙家の議員もいるだろうし、
関連企業(たばこ産業、たばこ農家、たばこ小売業者はもちろん、
反対している飲食業界などもある)から票を集めている議員もいる。
これからの成り行きに不安とともに興味津々。

我ら喫煙族も全国的な会を結成しようか。
ヘビースモーカー・高額納税者の会」なんて。

【刺身で食中毒が急増 おまけで有毒植物】

魚などの内臓に寄生する「アニサキス」による食中毒が急増している。
10年前の20倍だそうだ。
シメサバなら大丈夫と思っている人も多いが酢で締めただけではNG。
やはり60度以上で加熱するか、マイナス20度以下で24時間冷凍しないと
死滅しないという。
で、一番簡単な対策はアニサキスは物理攻撃に弱いのでよく噛むこと。
でも虫を噛んでいると思うと食欲は落ちるな。
あと鮮度が良い物を選ぶこと。内臓は食べないこと。よく刺身の断面を
見ること。これも見たくはないな。
幸い、まだ経験は無いがこれから気をつけよう。
(もっとも貧乏で最近はめったに刺身なんて食べないが)
これから気温、水温が上がると貝毒も怖い。
美味しい物には棘や毒がある。
これからは海のシーズンとなる。温暖化のせいか今までにいなかった
生物が見られるようになった。危険なものもいる。NETなどで調べて
一応、知識として知っておいたほうがいいと思う。

こんなニュースも

北海道の富良野保健所は15日、同保健所管内(富良野市など5市町村)の
80代女性と70代男女の計3人が有毒のイヌサフランを、ギョウジャニンニク
と誤って食べて食中毒になり、このうち80代女性が13日に死亡したと
発表した。

植物はけっこういろいろ調べて庭には植えないようにしている。
ドク〇〇とドクがついていれば簡単にわかるが、身近な植物にも
毒をもつものがある。(もっとも植物に名札はついていないが)
例えば、水仙、福寿草、スズラン、キンポウゲなどは毒がある。
水仙はネギやニラと間違えてよく中毒になったというニュースを見る。
活けた水も要注意である。
最高に危ないのは夾竹桃。最近は危険なのであまり見ないが、以前は
機関車や工場の煙にも負けずに育つので線路脇などによく植えてあった。
葉、根、花、幹(枝も)、果実、周辺の土、そして燃やした煙さえ有毒である。
燃やした灰も危険だし、植わっていた土は1年以上経たなければ危険である。
オーストラリアではこの木を串にしたBQを食べて死亡した例もある。
こういうのは小学校あたりで教えた方がよいのではと思う。
それに毒キノコとか、また逆に食べることができるキノコ、野草とか。
算数や国語も大事だけど、こういった生きるすべも大事ではないかと思う。
小生の幼いときは雪の下(野草)が庭にあって天麩羅にして食べたし、
ヨモギはジュースにしてお袋がよく飲んでいた。(とびきり苦い)
近所のグミの実は御馳走だった。今の小学生はサクランボがなっていても
誰もちぎって食べたりしない。そんなのでいいのかと思う。

アニサキス
 アニサキス
 
有毒植物
 有毒植物

有毒植物(厚生労働省)
有毒植物(厚生労働省)

実はこれをカキコしている途中でBBQのネットに障害が発生し、
途中で切れて6時間ほど繋がりませんでした。それでなくても70%は
いかれたPCでなんとかやりくりしているので、PCがついに
お釈迦かとあわてました。

カタカナと横文字

2017年05月19日
【カタカナと横文字】

とにかくカタカナが最近は多い。横文字といっても英語をそのまま
カタカナに換えたものや略語(例えばWHOとか)も多い。
そりゃWHOぐらいはわかるが、まったく見当がつかないものが多い。
新聞を読むのに辞書がいる。歳をとれば記憶力も落ちて同じ言葉を
何回も辞書で調べる。普通の国語辞典には載っていないものも多い。
そうするとNETで調べる。
最近のニュースでもロコモなるものが出ていた。わかりますか。
確かに日本語に訳すと意味がずれるものもある。新聞ではそれを
日本語で表記すると長くなる単語もある。
しかしこれでいいのだろうか。やはり最低、新聞ぐらいは日本語の
表記が望ましい。略語は2回ぐらいは欄外に注記をしてほしい。
そうすれば切り抜いて集めて自分なりのスクラップノートを作る。
スクラップノートは日本語でなんと言うのだろう。
小生もかなりカタカナに毒されている。

時代とともに言語が変遷するのはわかる。しかし変遷する前の言葉が
なくなるのは1人の日本人として悲しいものである。
日本語の素晴らしさは緻密な表現と語彙(ボキャブラリー)の多さである。
英語でI(アイ)は私、俺、僕、小生、我が輩等々ものすごい数がある。
色の表現も縹(はなだ)、群青、萌葱(もえぎ)等々たくさんある。
外国語にはない大きな日本語の特徴であるこれらを後世に残していきたい。

ところで1年12ヶ月の色を知っていますか。

1月 茜(あかね)
茜草で染めた少し黄味の濃い赤色で由来は乾燥すると赤くなる茜の根(赤根)を
煮出した汁で染めることから。夕焼け空の表現に使われ赤色の染料としては
もっとも古いとされている。
小生の好きな作家の1人、山本一力氏著に「茜雲」がある。

2月 今紫(いまむらさき)
青みの多い、鮮やかな紫色。藍下の上に蘇芳で染める。伝統的な古代紫に
対して近代の紫色のことで「江戸紫」ともいう。
それまでは一般では使用できなかった紫という高貴を表す色が江戸時代に
普及した。

3月 桃(もも)
桃の花のような赤い色。桃色というのは江戸時代からの言葉だが、万葉集にも
「桃花褐」(ももそめ)と記述がある古い色で英語のピーチとは別の色である。
太宰治が好きだった。

4月 翡翠(ひすい)
室町時代から使われている、鮮やかな青味の緑色。翡翠と書いて「かわせみ」
とも読む。宝石の翡翠は半透明の青緑色だが科学的に純粋な翡翠は無色。
この宝石は若さの象徴として人気がある。

5月 躑躅(つつじ)
ツツジの花のような、紫味の赤色。ツツジの花は白や黄もあるが躑躅色と
いえば鮮やかな赤紫。万葉集にも登場する古い色名で、衣の色として
人気がある。

6月 紫苑(しおん)
紫苑の花のような青味の薄紫が由来。紫苑は秋に咲くキク科の花で、
平安時代には美しく奥ゆかしい色として貴族から尊重された。

7月 天色(あまいろ)
澄んだ空のような鮮やかな青色。「そらいろ」とも読むが、その場合は
少し薄い青色を指す。英語の「スカイブルー」が明るい青色なのに対し、
日本の色はやや鈍い青色。

8月 洗朱(あらいしゅ)
薄い朱色。やや黄みの薄い赤色。江戸時代から使われた色名だが、
染色名としては近年で、明治時代以降に伝統的な色として流行した。

9月 群青(ぐんじょう)
鮮やかな紫みの濃い青色。飛鳥時代に中国から伝わった鉱物性の顔料で
当初は非常に高価であったため、代替品による顔料が作られ、現在では
一般的に合成顔料が使われている。

10月 二藍(ふたあい)
藍に紅花を重ねて染めた青みの紫色。源氏物語など平安文字に記述があり、
当時は人気が高かった。紅花の割合を多くすると紅梅になる。

11月 琥珀(こはく)
赤みの黄褐色。琥珀の石のような色。琥珀は古代から知られる宝石で
仏教の7宝のひとつである。色名としては新しく、ウイスキー等の色の
形容に用いられる。

12月 常磐(ときわ)
常緑樹の葉のような濃い緑色。松や杉の葉が年中色が変わらないことから
縁起の良い色とされている。ちなみに東北新幹線(はやぶさ)の緑色は
「常磐グリーン」と名付けられている。

以上、いくつ知っていましたか。

【一帯一路 これが中国のやり方】

一帯一路は今回中国が表明した経済圏。中国から西に向けて
トルコあたりまで海と陸の道を整備し巨大な経済圏を作ろうというもの。
これだけだと表面上は経済主体の素晴らしい計画に見える。
そこで注目されるのが中継地点のスリランカだ。
スリランカは中国に多額の負債をかかえている。スリランカの政府要人は
支払うのには400年以上かかると言っている。
そこで中国が出した提案が「港の99年間の使用権」「警備権の譲渡」
つまりスリランカを第2の香港にするわけだ。現在でも使用権を
持っている港湾があり、そこには中国の潜水艦が寄港している。
完全に軍事利用している。
「警備権の譲渡」は警備をするには武装が必要であり、中国では武装警官が
いて、軍隊となんら変わりが無い。要は駐留軍の派遣である。
これが中国のやり方だ。今後、中国に対して負債をかかえるアフリカ等の
開発途上国にも拡げるだろう。
世界中の国が、この卑劣な中国という国(もっと共産党の一部高級委員と
中華思想を盲目的に信じる少数の漢民族だが)に騙されないことだ。
これに驚いたインド(インドは国境問題で中国ともめている)が、
スリランカに経済支援を表明した。(今までも経済支援はしている)

もうひとつは中国がアジア開発銀行に対抗して作った銀行を活用させて
アジアを支配しようとしている姿勢が見られる。これも要注意。
鳴り物入りでスタートしたAIIB(アジアインフラ投資銀行)が早くもコケ、
日米中心のADB(アジア開発銀行)の存在感が増している。AIIBは
加盟国数こそADBを上回ったものの、実際に払い込まれた出資金は定款上の
資本金の7%にも満たない。単独融資はほとんどなく、多くはADB融資に
相乗りしただけだ。

日本はこの計画に参加するようだが、これからの中国の動向には十分に
注意する必要がある。少なくとも中国の独走は最低限阻止しなければならない。

【中国の軍事力 予算の割には】

中国の軍事予算は東アジアの国々の合計の半分を占めている。
しかし、問題が多い。例えば戦車が一同に集まって競技する世界大会がある。
障害物を乗り越えて目標を射撃し優劣を競うものだ。そこに登場した
中国の戦車は装甲等をはずし軽量化したものだったが、なんと走行中に
キャタピラーが外れてしまった。また空母を建艦しているが甲板は
スキー場のジャンプ台のように反り返っている。これはカタパルトの
技術がないためである。(アメリカのみが蒸気使用のものを開発している)
これは何のことはないように思えるが、実はアメリカはこれを使用することで
20秒に1機発進できるがそれが中国製では不可能である。また大型な
監視用飛行機は発進することができず、しかたなく監視用ヘリで代用している。
飛行機とヘリの違いは大きい。また自力のみでの発進のため重量を減らす
必要があり、装備や燃料に制限を受ける。
米国をはじめとする西側国家の技術をハッキングして盗み出した疑いを
受けているが、それでもまだ中国の武器は西側国家に追いついていない。
なんとまあお粗末な軍隊。
その理由は
「中国防衛産業の独占的構造」
つまり競う相手がいないわけだからどうしても何もかも遅れてしまう。
「官僚主義」
これは少なからずどこの国にもあるが、中国の場合はひどすぎる。
それに「旧時代的な管理手段」「不透明な価格決定システム」「腐敗」である。
また技術力は長年の成果の結晶や社会構造の底辺の拡大が必要だが、
中国にはそれが無い。
要は張りぼてにも似た軍隊である。あとはお得意の人海戦術。
これは仲良しの北朝鮮と同じである。
かわいそうな中国軍、人海戦術で汗を流すのは下級兵。
共産党が倒れたら君たちの未来は開ける!

【おかしい慰安婦問題の韓国の財団】

慰安婦問題の日韓合意に基づいて韓国政府が設立した財団が、厳しい状況に
追い込まれている。今年度の運営費が国会審議で全額削減されたため、
日本政府が財団に拠出した10億円の一部を充てざるを得ない事態に
陥っている。財団の理事10人のうち2人が辞任し、財団の事業の推進力は
失われつつある。財団は昨年7月の設立。事務所の賃借料など運営にかかる
費用は韓国政府が全額支出し、日本政府が拠出した10億円はすべて
元慰安婦の支援事業などに使われることになっていた。

この国会審議もおかしい。いくら前大統領が罷免訴追されようが、合意した
事実は残っている。これを無視するような議会があるのが大きな驚き。
議員の思考もレベルも開発途上国以下。とにかく反日を叫べば票に
繋がるといった短絡的な議員ばかり。
運営費の削減ではなく、財団の解体だろう。そして解体するまでは
運営費は認めて日本の拠出金には手を付けないのが当然だろう。
たかりの国の本質が出てしまっている。
財団は「やむを得ず(日本からの)拠出金の一部を使うことになった」
としている。
おかしいだろう。10億円は支援事業に使うとなっているのに、どんな
事情であっても手をつけてはならないはずだ。
だいたい理事が10人も必要なのか。どうもこれも政治的か、お得意の
贈収賄で甘い汁を吸おうと集ってきた人間のように思える。
そして辞任の理由が日韓合意や財団に対する批判が高まったためという。
そんな人間を理事に選ぶか、我が身可愛さのどうしようもない人間である。
まったく呆れてしまう。日本で言うと「恥知らず」。
ああ、韓国には「恨」はあっても「恥」という言葉はなかったか。

大統領は合意の再交渉が必要だとの考えを示しており、財団が事業を継続する
のは難しくなるおそれもあるとしている。
もう止め止め。財団を潰して合意もやめて10億円を返して貰おう。
その10億円を困っている日本人に有効に使用しよう。
改めて再交渉する必要など無い。韓国の好き勝手にさせておけば良い。
相手にしたのが間違いの元。
だいたい日本にぐちゃぐちゃ言う前にベトナムに保障をして詫びろ。

ついでに国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、慰安婦問題を
めぐる日韓の合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の
見直しを勧告する報告書を発表している。
同委員会が明らかにした韓国に対する審査報告書は、慰安婦問題を巡る
2015年の日韓合意に対して、「被害者への補償や名誉回復、再発防止策が
十分とはいえない」と指摘、同委員会は日韓両国政府に合意見直しを勧告した。

いらん世話や。それなら韓国にベトナムのことを追求しろ。
だいたい戦後補償ですべて終わっているはずなのに、韓国がたかりにきて
始まったことであり、巨額の戦後補償を被害者に渡すこと無く経済政策に使い、
そのおかげで中途半端な発展をとげたことが理解されていない。
もう昔、昔の話で、今現在、税金を払っている日本人には関係が無い。
これ以上、税金を無駄に使うな自民党。
再発防止策?、笑ってしまいます。現在の日本でそんなことが起こると
本当に思っているのだろうか、信じられない。
小生はそこに戦勝国や白人主義の蔑視を感じる。
こんな国連はいりません。脱退、脱退!

そして韓国とは

国交断絶!

おまけ(ニュースの記事から)

秋田県青少年交流センター(秋田市)が、この夏の韓国への高校生派遣を
中止したことが16日わかった。北朝鮮による相次ぐミサイル発射や、
慰安婦を象徴する少女像が派遣先の京畿道平沢(ピョンテク)市に設置された
ことを考慮した。平沢市側の交流プログラムで、同様に中学生を派遣していた
青森市と松山市も中止する。
文部科学省国際教育課によると、4月以降、このほかに少なくとも奈良県と
和歌山県の私立高校各1校が韓国への修学旅行を延期したという。

これが正しい判断です。

絶対に駄目!

2017年05月17日
【絶対に駄目!】

出場国が増え、「4万人以上収容できるスタジアムが12か所必要」、
「開幕戦と決勝戦は8万人以上収容できるスタジアムで行う」など
施設面の条件が厳しいため、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・
インファンティーノ会長も「共催」を望んでいる。

まずこれがおかしい。開催国を増やしたのはいいけど、増やしたのは
FIFA自身である。上記のような条件を満たす国が世界中に何カ国あると
考えているのだろう。「共催」を望むのではなく、もう「共催」しか
できない。当然の事だ。W杯の魅力がぐんと落ちた。

そして、言いたい放題の韓国が出てくる。

大韓サッカー協会のチョン・モンギュ会長は、2030年W杯を日本、中国、
韓国、北朝鮮の4か国共催で立候補すれば大会誘致の可能性は高いと考えて
いる。同協会公式サイトが伝えている。

絶対に駄目だ。もう以前の共同開催の不始末を忘れたのか。
多くの他国の選手が韓国では二度とプレーをしたく無いと言ったのだ。
審判の買収ということもあった。この体質が直るわけが無い。
それにこれは明らかに日本の開催資金を狙ったものである。
こんな国と共催する意味は無い。そこまでして開催国にならなくいい。
まして現状の北朝鮮をわかっているのか。スポーツに政治を持ち込んでは
ならないが、それ以前の問題である。今にも紛争が起こりそうな独裁政治の
非民主的国家と共催とはこの会長は明らかに頭が狂っている。
だいたい前回の共催大会後、FIFAは韓国に対して「韓国では2度とW杯は
開催しない、開催できない」という制裁をするべきだった。

もうひとつ。

韓国の日本代表ユニフォームに対する抗議が止まない。11日に発表された
日本代表の新ユニフォームに対し、韓国国内では帝国主義の象徴である
「旭日旗」を連想させるとして様々な波紋を呼んでいる。
大韓サッカー協会は静観の構えを見せているというが、今年9月に複数の
国会議員が提出した「旭日旗を含む日本帝国主義を象徴する物の使用を
禁止する法案」が来年2月にも成立する可能性を報じ、日本代表ユニフォーム
を取り締まりたい考えを伝えている。
旭日旗について「ナチスドイツの象徴であるハーケンクロイツと違って、
国際認知度が低い」と説明。韓国国内では「ロンドン五輪でパク・チョンウが
行った「独島パフォーマンス」が処分を受けるのであれば、日本のユニフォーム
に対しても同様の処分を与えるべきだ」との意見が強まっているとしている。

「独島パフォーマンス」と旭日旗は違うだろう。
そんな事もわからないのか。ずっと中国の属国で歴史的な旗などない韓国の
ひがみである。
そういえば漢字も捨てて訳のわからぬ漫画のようなけったいな文字に
換えた国に理解しろと言う方が無理か。
(韓国人はハングルを世界1素晴らしい文字だと勘違いしているが、
 ただの何の情緒も意味も無い表音文字)

勝手に法律でも何でもつくったらいい。世界中の嫌われもの国家が何を
しようと日本は関心を持ちません。旭日旗の意味もわからない3流の
開発途上国に何を言っても無駄。

こっち向くな!

断交、断交!

【7億円超を国外持ち出し図る韓国人4人】

門司税関福岡空港税関支署は11日、現金7億円以上を許可なく国外に
持ち出そうとした、31歳から36歳までの韓国人の男4人を、
関税法違反容疑で福岡地検に告発した。
4人が持ち出そうとした日本銀行券は、総額で7億3522万円。

1千万円の札束で10センチになる。7億というとかなりの大きさになる。
ニュースの内容からではわからないが、よく捕まえたというか普通は
キャリーバッグに入れていればわからないのでそういう情報があったか、
当人達が目を付けられていたかだろうと思う。

なぜ多額の現金を持ち出そうとしたのか?
為替で送れば跡が残るので現金で持ち出そうとしたのはわかる。
まず考えられるのはマネーロンダリング。やばい方法で稼いだお金の
足跡を消すため、資金洗浄というやつ。
小生も金融機関に勤めていたからわかるが、これはけっこう行政から
厳しく指導がなされている。
また北朝鮮に送付するための資金かもしれない。現在日本は北朝鮮に対し、
経済制裁をしていて物も金も送れない。船の寄港さえ禁止されている。
いずれにせよ、このニュースに結末が知りたい。

やっぱりこういうことをするのは韓国人。
断交しかない。

【公取委命令取り消し求め、農協が提訴】

ナスを農協以外に出荷しないよう農家の取引を制限したとして、
公正取引委員会から独占禁止法違反(不公正な取引方法)で排除措置命令を
受けた高知県の「土佐あき農業協同組合(JA土佐あき)」は8日、
命令の取り消しを求めて東京地裁に提訴したと発表した。

提訴について、JA土佐あきの小松藤雄・総務管理部長は「命令書の内容を
検討したが、承服できない。系統外出荷を制限したものではなく、独禁法違反と
されるものではないと認識しているので、司法の場ではっきりさせていきたい」
と話した。

公取委は、「今後、訴訟の過程で排除措置命令が正当であることを主張して
いく」としている。

なんか泥仕合になりそう。
小生もJAに勤務していたが都市型JAで業務はほとんど金融部門だったので
よくわからないが、手数料がからんでいて、これはJAの大きな収入源だから
JAとしても後に引けないのだろう。まあ地元に対する見栄もあるだろうし。
いつかJAの手数料収入に対して強烈なコメントをしていた議員がおられたが
JAも組合とは言え職員の給与も捻出し組合員に対しては出資配当金
(一般の企業の株式配当金)を出さなくてはならない。いわば普通の会社と
なんら変わらないのである。ただ利益を追求する会社と違うのは、第一義が
組合員への奉仕となっていること。矛盾しているようだが、利益が出ないと
奉仕も還元もできない。当然、取扱量の拡大を目指すし、100%になれば
ある程度の価格操作も可能になる。販売物の選果場も建設には多額の費用も
かかるし、投入した資金の回収と次期立て替えの積み立ても考慮し、
できるだけ稼働率をあげたいところだろう。農村部のJAでは農産物の販売は
事業収益の大きな核だろうからこういうふうになるのだろう。
農家の取引の制限ととらえるか、単なるJA側のお願いととるか。
難しいところだ。

都市型のJAは共済事業と金融事業が利益の中心で、小生が勤務していた
JAでは販売等の農産物に関わる部門は赤字ではなかったのではと思う。
JAでは他に指導という部門があってこれなどは完全な赤字である。
赤字であっても組合なのでその部門を潰すわけにはいかない。
行政等からの補助金はあるが微々たるものである。しかし組合員との大きな
接点であり、まあ言わば縁の下の力持ち。
問題が多いJA関連は政府からも改革が言われているが、なかなか厳しいと
思う。そう簡単には旧悪は改善されないだろう。何十万という職員をかかえ
やはり農家の中心となっているのは事実だから。農村部に行くとJAが
なかったら生きていけないという話を聞く。買い物もガス等の生活必需品も
すべてJA頼りなのである。

どちらに乗る?

2017年05月13日
【どちらに乗る?】

航空機の定時到着率でJALは世界3位、韓国の航空会社は10位までにも
入っていない。
そしてその言い訳がさすがに言い訳天国のお国らしい。
大韓航空とアシアナ航空は「納得しがたい」という反応を見せたという。
到着遅れの主な要因を航空交通管制の離着陸許可遅延にあるとし、
航空会社側には責任がないとばかりに反論。
発着便が急増したことによって、仁川国際空港や済州空港などの交通量も
増えているのは確かだ。つまり、空港が混雑すれば離着陸許可も相対的に
遅れるしかないという構造を逃げ口上にしている。大韓航空の関係者は
「空港の事情のため離着陸の準備を終えても待機することが多い」とも
主張している。

ちょっと待った。こうした事情は韓国の空港だけではなく、万国共通の
悩みである。これでは韓国側に外国人客を迎え入れる態勢が十分に整っている
のか疑問を感じてしまう。さらに安全面も不安だ。大韓航空機から出火し、
乗客乗員319人全員が緊急脱出する事故が起きたし、フィリピン・セブ発
釜山行きの韓国機が半ドア状態で飛行、セブに引き返すという騒ぎを
起こしている。

まあ利益優先で安全という観念が無い国だから仕方がないだろう。
韓国が観光大国を目指すのであれば、「空の安全」と「定時運航」は
必要不可欠であり、国を挙げて取り組む必要があるのに、先行きは
言い訳だらけで見えてこない。
それと変な話だけど、もし開発途上国やそのちょっと上の韓国、中国などで
事故にあって死亡、ケガをすると保障が低い。これも頭の隅に入れておいた
方がよい。日本で1億円ならば中国では1千万円の保障金だろう。
安全が優先か、低料金が優先か、同じ路線があったらどちらに乗る?

【観光客低迷で韓国がまた】

まず韓国人お得意の「被害者意識」「日本はおおげさ」が出る。

韓国では日本と同じように大型連休だったそうだ。
この連休期間、本来ならば日本や中国など近隣国からの観光客があふれ
儲けどきだったが今年は中国人観光客は激減し、日本からの観光客も
伸び悩んだという。まあ当たり前の話。
原因は最新鋭迎撃システム「THAAD」の配備の問題や、北朝鮮をめぐる
朝鮮半島の緊張だ。

韓国訪問キャンセルの原因としてやり玉に上げられているのが、
いつものようにまた日本だ。
日本の外務省は4月11日に「海外安全ホームページ」に、朝鮮半島情勢に
関する情報に引き続き注意を促す「スポット情報」を掲載したが、これに対し
韓国メディアは「大げさだ」と批判的に報じている。
また安倍晋三首相による「朝鮮半島有事」にからむ発言や、日本メディアの
報道ぶりを「朝鮮半島危機説をあおっている」「行き過ぎた危機意識や対応」
と断定し、批判する報道が韓国ではあった。

韓国人は日本国民が朝鮮半島情勢に「不安感や危機感を感じている」とは
素直に受け止めようとはしない。メディアを中心に韓国では、「日本が
不安感や危機感をあおっている」と解釈したがっているようだ。

日本人は震災のような自然災害に数多く遭ってきたため、あらゆる面で
危機意識が強い。常に最悪の事態に備えておこうという意識、「備えあれば
憂いなし」の気持ちが心のどこかにある。それを、韓国メディアは「緊張を
あおるような低水準の稚拙な言動」「軽はずみな振る舞い」「隣国の不幸を
願い、楽しむような言動」「度が過ぎる」「大げさに騒いでいる」と言う。
韓国ではそして大きな事故が発生するし、起こった事故に対応もできない。
デパートや橋の崩壊、船の沈没をもう忘れたのか。

結果的には何事も起こらず、危機意識が杞憂(きゆう)に終わって
くれればそれでいいのだ。
日本はあらゆる事態を想定して備えている。災害などの危機への慣れを
教訓として生かしている。一方の韓国は、北朝鮮の脅威に対する慣れが、
そのまま当たり前の普通のことになってしまっている。
だいたい他所の国のことにいちいち首を突っ込むなと言いたい。

観光客の激減を嘆く韓国ではあるが、韓国(朝鮮半島)が100%安心して
観光できる国であるのなら、日本からの観光客は来る。(小生は嫌だけど)
休みを利用して金を使う価値があり、それだけの魅力のある場所なら、観光で
訪れるだろう。消費者は正直だ。何も努力しないで、「韓国に来い」と
連呼しても無理だろう。観光資源も無いのだから、尚更のこと。
逆に、現在、韓国では空前の日本観光ブームが続いている。この大型連休も
日本旅行を楽しんだ韓国人は多かったようだ。

韓国に日本からの観光客を誘致したいのなら、なぜ日本へ旅行に行く自国の
人々(韓国人)にその理由を聞かないのか。
小生の知人の在日に方に聞くと韓国と日本の違いは、秩序正しい民族性。
治安がよく安全。すべてにわたり清潔。静かで落ち着いている。人々が親切で
礼儀正しい。食べ物がおいしい。様々な景色が素晴らしく、テーマパークも
充実している。これでは勝負は見えている。
外国人に尋ねてみたらいい。日本と韓国どちらかを選んで旅行に行くなら
どちらを選びますかと。よほどの変人か韓流のファンで無い限り日本を選ぶ。

だいたい韓国の国民は大型連休を楽しんでいる場合なのか。
危機意識は無いのか。北朝鮮をめぐって国際社会が緊張する中である。
日本は関係ありません、同じ民族同士で戦って下さい。

【サービス付き高齢者向け住宅の事故】

安否確認が義務づけられたサービス付き高齢者向け住宅で、
2015年1月から1年半の間に、死亡や骨折など少なくとも3千件以上の
事故が報告されたことがわかった。制度上は民間の賃貸住宅に近いが、
要介護者が入居者の大半を占める例も多く、国土交通省が改善に乗り出す。
サ高住は、1日1回の安否確認と生活相談が義務付けられている。
夜間は緊急通報システムがあれば、職員常駐は不要である。

若い人には関係が無い話と思うかもしれないが、産まれたばかりの
赤ちゃんでもいずれは歳をとっていく。けっして関係の無い話では無い。
事故はほとんどが夜中から明け方に集中している。
緊急通報システムのスイッチを押せれば良いが、まず無理だろう。
転倒して頭を打った、浴槽で溺れた、こんな時に押せるわけが無い。
つまりシステムはあるが機能はしていないということ。

事故の報告は自治体で内容が異なる。骨折は報告しなくて良い愛知県では
事故が0件。これもおかしい。全国で標準は統一すべきで、これでは
統計も何の意味もなさない。

サービス付き高齢者向け住宅は行政から補助金が支給される。
もちろんこれは税金。これには若い人も関係している。
それならばもっと基準を高くしてより安全性を高めるのが当たり前だ。
入居者には痴呆の方も多いらしい。事故が起きて当然の要因が多すぎる。
有料老人ホーム、特別老人ホーム、老健、サ高住、その差をはっきりし、
どういう人はどれに入るべきか、逆にどういう施設はどういう人を
受け入れるべきか、はっきりと指針をだして示すべきだ。
とはいえ施設が決定的に不足している現実では難しいのも事実。
ただ不足しているといって安易な改善策には走らないで欲しい。
小生61歳、おかん60歳、いずれお世話になるかもしれない。

【沖ノ島、世界文化遺産へ】

政府に5日入った連絡によると、福岡県の古代遺跡「『神宿る島』
宗像・沖ノ島と関連遺産群」を世界文化遺産に登録するよう、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が勧告した。
7月2~12日にポーランドで開かれるユネスコ世界遺産委員会で
正式に審査されるが、勧告に沿って登録される可能性が高い。登録が
決定すれば、日本の世界遺産は文化遺産17件、自然遺産4件の
計21件になる。
沖ノ島は、玄界灘の孤島に4~9世紀、大陸との航海安全を祈る
祭祀(さいし)が行われた痕跡がほぼ手つかずで残されていた。
全島が宗像大社の「沖津宮(おきつみや)」の境内になっており、
戦後の発掘調査で発見された銅鏡や金製指輪など約8万点が国宝指定され、
「海の正倉院」と呼ばれる。

小生はもちろん日本人であり福岡県在住なので喜ばしいことです。
宗像大社はもちろん何回も行ったことがありますが、さすがに
沖ノ島は無理です。歩いていても国宝級のものがごろごろ転がって
いるそうです。
しかし文化遺産が17件に対して自然遺産が4件というのは
自然遺産が少ないような気がします。
アジアで発展した国の中では自然が多く残っていると思うのですが。
かえって未発展の国の方が自然は残っているが、それが急速に
破壊されていることを鑑みて保護的観点から優先して登録しているので
しょうか。
TVやNETで沖ノ島の紹介があればたいがい見ていますが、
一般人の立ち入りはできないので、観光資源としてはどうして
いくのかが今後の地元や福岡県の課題だと思います。

沖ノ島
 沖ノ島

【クレームでCMがお蔵入り】

問題となったのは、アサヒ飲料・三ツ矢サイダーのCM「僕らの爽快」編。
このCMを見たトランペット奏者がツイッターで危険性を指摘し、その後に
拡散されて、相次ぐ非難が続出したため、同社はお詫びとともにCMの掲出を
取り止めている。
過去にもあったクレームで中止に追い込まれたCM。
資生堂のCMでは「25歳の誕生日を迎えた女性」に対し、「今日から
あんたは女の子じゃない」と語る場面があり、これが女性差別だと一部の
視聴者から非難が殺到。こうしたCM内での性差別に関するクレームは多いと
いう。
1970年代にはハウス食品のCMで「私作る人、僕食べる人」という言葉が
問題となった。

あ、そうかと思えば思える。
しかし小生は日本人にゆとりがなくなったような気がする。
もっとおおらかであった時代が懐かしい。
そんな重箱の隅を箸でつつくようなことを言い出す人が怖い。
例えばトランペット奏者が日本に何万人いるかしらないが、事故に繋がる
可能性があるのならばCMの中でテロップでも流せばよく、中止までする
必要はない。おそらく制作会社とアサホ飲料は世論の拡散を恐れたのだ。
女性蔑視にしても見る人の取り方でどうにでも変わる。
女性は女性としての特権もあり、女性にしかできないこともある。
例えば肉体的(力)に女性は男性に劣る。仕事上、力が必要な場所で
女性を使わないのは男女差別か。
それを男女差別と見るか、女性の特異と見るかは個人の判断だ。
「私作る人、僕食べる人」、可愛い表現ではないか。何か若い二人の
ほのぼのとした感じが出ている。「私毎日作るだけの人」だとまずいが。
同じ日本人、もっとゆっくり、おおらかに生きていきたいものだ。
と書くと日本人と外人を差別していると言われるのかな。
小生は差別します、日本は日本人の国だから。
外国人にも選挙権というのがあったがとんでもない。
日本のことは日本人が決める。日本の領土は日本人のもの。
水源のある土地を中国人が買い占めるということがおこっているが、
外国人への土地の売買も規制して欲しい。
対馬あたりでは経営が困難な旅館、民宿を外国人が買っているという話も
聞いている。とんでもない事だ。
ただし人種差別はしない。
まあ某近隣諸国の方々は嫌いだけど。

【鳩山由紀夫元首相の迷言】

鳩山由紀夫元首相(70)が「畑や水田の上にソーラーパネルを設置すると、
作物を育てながら太陽光発電できる」「そのほうが作物がよく育つ。
一挙両得で、農家への所得補償は不要となり、原発も不要となる」などと
23日までに相次いでツイート。これに対し、「現場を見ないでものを
言わないで」「田畑の上にパネルを設置し、太陽光をさえぎるのはおかしい」
などと批判や異論が殺到した。

もう鳩山氏も70歳、まさしく老害の発言。
やっぱり元民進党の方の発言は迷言である。
よくこんな人を首相に選んだと思う。
 
これに対し、「畑や水田の上にソーラーパネルを設置したら畑や水田に日光が
当たりません。突風や台風対策にも多大な金と人手がかかる」「不作の年は
発電量も収穫量も共倒れになる」「農業を知らない輩の妄言」「東大出ても
光合成を知らないという現実」「思いつきでモノを言う薄っぺらさは
相変わらず」などと批判や異論が殺到している。

まずその設置費用を考えなければならない。超大財閥の鳩山氏にとっては
はした金だろうが、一般庶民はそうはいかない。
亡くなった弟は筑後の農民を見てきた。地元の漬け物の品評会には
母の手作りの漬け物を出品し、会場まで足を運んだ。えらい違いだ。
政治家も定年制を取り入れたらよい。まあ企業と同じ65歳が妥当だ。
それも55歳を過ぎたら大事なポストは席を後輩に譲る。
55歳を過ぎて建設的な意見や独創的な発想は無理。
65歳で定年を迎えたら公の場やHP,ブログ、ツイッターなどで
政治に関する発言は一切しないで欲しい。
いつまでもグダグダと未練たらしく、見ていて情けない。
今でも老害を振りまいている議員が大勢いるが、こんな年寄り達に
若者は自分の将来を託せないだろう。

【スペースワールド跡地に最大級アウトレット】

今年末で閉園する北九州市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド」の
跡地活用策で、大手流通会社のイオン(千葉市)が、西日本最大級とみられる
アウトレットモールやレジャー施設を合わせた九州初の複合型施設を計画して
いることが分かった。開業時期は、閉園の4,5年後を目指していると
みられる。

閉園は地元の人間としては寂しい限りだが仕方が無いだろう。
地元住民の中には納得のいく説明が無いと言っている方もおられるが、
それはちょっと違うだろう。企業も慈善事業を行っている訳では無く、
施設の老築化等のどうしようもない事情があるのだろう。
なんと言っても中途半端だった。横は煙の上がる工場群。
目隠しも無くその中で夢を売るのは所詮無理だ。
カキコする地元の小生自身が仕事上で10分立ち寄ったが、1度も
家族等と行ったことがない。
近隣にホテルは少なく(無いと言って良い)、とりたてて有名なお店や
繁華街も無い。つまり途中下車の場所だった。
修学旅行ではずいぶんと利用されたようだがUSJやディズニーに
比べれば象と蟻。
開園当初の計画自体がなっていない。工場との境に計画的に高い木を
植樹し、園内の一角に商業施設、ホテルを誘致し、まずは地元客を狙い、
その上で修学旅行、一般客のツアーを募集し、更にリピーターを
呼び込むべきだった。門司港レトロや皿倉山、世界遺産などとも
すべて絡んでいない。さらに平尾台や松本清張記念館などもある。
まあ今となってはどうしようもないが、閉園するまでに孫でも連れて
行ってみよう。
アウトレットも先行き怪しく思う。確かに広さもヤフードームの3倍あり、
都市高速の出口からも近いし、JRの駅もある。しかし、車がなければ
やっぱり不便。高齢者の多い街に根付くのだろうか。
それとJRのスペースワールド駅はやっぱり改名するのだろうか。

【修学旅行費の捻出が難しい】

友達と楽しい思い出を作ってほしい―。
収入が少なく、中学2年生になる長男(13)の修学旅行費の捻出が難しいと
琉球新報が3月20日付紙面で報じた沖縄県沖縄市の男性(34)に対して
同県浦添市に住む65歳の女性が20日までに自身の年金から3万円の
支援を申し出た。男性は「修学旅行に行かせられるめどがつき、ほっとした。
感謝の言葉では言い表せられないぐらいありがたい」と涙ぐんだ。
男性と妻の月給は合わせて約17万円。中2の長男と1歳になる次男の4人
暮らしで、生活費が足りずに両親から借りることもある。長男は修学旅行費
などが助成される就学援助制度を利用しているが、助成を受けてもなお
1万2千円以上の世帯負担が生じる見込みだ。

これ自体は実に良い話である。
しかしこれだけで済ませて良いのかと疑問がわく。

低所得の家庭でなおかつ就学援助制度を利用しても足りない修学旅行費。
就学援助制度の金額が不足なのか、それとも修学旅行費が高額なのか。
17万円の収入で1万2千円以上は厳しいだろう。
沖縄の生活水準や賃金形態がわからないが、夫婦で月17万円は他の
地方と比較しても低いような気がする。
この家族の将来が不安である。今回は修学旅行費だが、急な怪我や病気、
また子供が成長するにあたって益々お金がかかることは間違いない。
低所得者に対する国や県の制度はどうなっているのか。
それにつけても中学2年生になる長男の方には貧困とは離れた良い人生を
送ってもらいたいものだ。

【韓国経済の「中進国のジレンマ」】

韓国の前朴槿恵大統領は、日本に対しては2013年の「3.1節」
(抗日運動記念日)の演説で「加害者と被害者という立場は1000年
過ぎても変わらない」と「恨み1000年論」を展開したが、アメリカに
対しては礼賛と憧憬、中国に対しては従属と服従、できれば利用という態度で
ある。そのくせ実際には日本を最も利用している。韓国の工業製品の大半は
日本の部品や機械を買ってきて組み立てているだけである。
だから下請けの中小企業に技術力が無く、育たない。
ロケットを作ったり、ある分野では世界のシェアの数10%を占めている
日本の中小企業などとは比較にならない。
それだけではない。違法コピー、産業技術の盗難までしている。
このような部品が輸入できなければ即座に産業はストップし、企業は
経営破綻となる。反日運動真っ盛りであるが、企業の上層部や冷静な
政治家は冷ややかな困惑の眼差しで眺めている。もしそれを口にしたら
企業は不買運動の嵐に襲われ、政治家は有権者から捨てられる。
だからじっと口に出さずに黙っている。

その一方で、韓国経済は未だに「中進国のジレンマ」から抜け出せないでいる。
現在、韓国の国民1人あたりGDPは約2万5000ドルだ。一般的に
国民1人あたりGDPが1万ドルを超えると途上国から新興国になり、
2万ドルを超えると中進国、3万ドルを超えると先進国とされている。
だが、3万ドル経済に向かおうとする中進国は、しばしば為替や労働コストが
高くなって競争力を失い、3万ドルに近づくと落ちるという動きを繰り返す。
これが「中進国のジレンマ」である。韓国経済も、調子が良くなるとウォンや
労働コストが高くなり、そのたびに競争力を失って落ちるという状況に長く
陥っている。

決定的な要因はイノベーションとブランドのなさである。
日本とドイツは5年、スウェーデンは世界記録の4年で2万ドル経済から
3万ドル経済に突き抜け、先進国の仲間入りを果たした。イノベーションや
生産性向上によって、為替や労働コストの上昇を乗り越えたのである。
しかし、韓国の場合はイノベーション不在、基礎科学軽視、ものまね文化で
スピードと規模を重視する。そうした産業の「底」の浅さが「中進国の
ジレンマ」から抜け出せない最大の理由であり、さらにその深因は、
記憶偏重の教育、学校秀才万能、そして男尊女卑の社会風潮である。
ノーベル賞の受賞者の少なさがこれを表している。毎年、いろいろな分野で
ノーベル賞を受賞している日本との違いがわかる。
ブランドのなさは言うに追う呼ばない。伝統産業が無く、2流品を作り続け、
あるいはブランド商品のコピーだけしていれば産まれるはずがない。
韓国の車を見ればわかるが日本車にそっくりなのだ。
中国ではこんな言葉がある「貧乏人は見栄で韓国車を買い、金持ちは日本車や
ドイツ車を買う」「命の安い貧乏人は韓国車を買い、命の大事な金持ちは
日本車やドイツ車を買う」

今の韓国は為替が1ドル=1600ウォンから1200ウォンになって
苦しんでいるが、かつて1ドル=360円から80円になった日本の経験は、
1ドル=355ウォンに匹敵する。その為替に耐えられる韓国企業はない。
しかも経済自体が外需が中心であり、そこが内需もある日本との大きな差だ。
観光業を見てみれば一目瞭然である。日本は外国観光客の誘致に力を
入れているが、国内向けのアピールも同時にこなしている。
ところが韓国では外人観光客が観光業の主流であり、かっては日本人、
そして中国人、そして今は誰も来なくなり、壊滅的打撃を受けている。
もっとも観光資源(名所旧跡、自然など)が無いのはしかたが無いが、
それも自国民のせいである。暖房用に山の木を無制限に刈りって山は
はげ山だらけ、海岸も街もゴミだらけ。そんなところに誰がいくか。
一度は行ってもリピーターを呼ぶのは難しい。

1ドル=800ウォンでも、みんな倒産する。韓国は1ドル=80円の試練
を乗り越えた日本に学ぶべきなのに、そういう姿勢は全くない。
このままでは「中進国のジレンマ」から1000年たってもに脱することは
できないだろう。

 イノベーション
  イノベーション

【「司法修習生」給費制復活、月13.5万円】

裁判官、検察官、弁護士になるために司法研修所などで約1年間学ぶ
司法修習生に対し、一律月額13万5千円を給付する制度の新設を柱とした
改正裁判所法が参院で可決、成立し今年の司法試験合格者から導入される。
2011年に財政負担軽減などを理由に廃止された「給費制」が事実上
復活することになる。
現行制度は、給費制(月額約20万円の給与を支給)の廃止に伴い、無利息で
月額18万~28万円の貸し付けを受け、修習が終わった5年後から返済を
10年間で完了する「貸与制」となっている。
これに対し、新制度では、月額13万5千円の「基本給付金」のほか、
修習期間中にアパートを賃借するなど住居費が必要な修習生には
月額3万5千円の「住居給付金」、引っ越しには「移転給付金」を与える。
現行の貸与制も貸与額を見直し、新制度と併用できるようにする。
法曹希望者は、法科大学院修了者の司法試験合格率が低迷していることなどを
背景に激減している。

悪くは無い制度だと思う。
しかし基準もなく誰でもかな。
どんな金持ちの師弟でもOKかな。親の収入とかに制限があってもいいのでは。
ニュースの記事ではよくわからないけど、それだとちょっとと言いたい。
あくまでも苦学生に対する政策であり、制限し、予算の余剰分は他の苦学生に
回して欲しい。
それとこれではまるでお金で人を釣るように思える。
司法試験合格率の低迷とは関係ないだろう。
駄目な奴は何を与えても駄目。
頑張る奴はどんなことがあろうと頑張る。
ただ苦学生にアルバイトとかの時間を削って勉強させるのはいいと思うが。
どこか本末転倒みたいなところがあるような気がしてならない。
それに法曹関係だけ優遇していいのか。
例えば医師の国家試験とか。高い授業料を払って苦学している若い人も多いと
思う。だいたいが入学金から非情に高いのだから。それを乗り越えて
頑張っている貧乏人の師弟にも援助してあげたい。
医者と裁判官、どちらか一つを優先するとしたら断然医者だろう。

天下り問題2

2017年04月23日
【天下り問題2】

文部科学省の元高等教育局長。こいつがすごい。
吉田元局長は一昨年(2015年)8月、文科省を退職。
2か月もたたないうちに、早稲田大学に教授として再就職。
天下りの監視委員会対策として文科省の人事課が嘘の想定問答を作成。
調査をかいくぐるために、吉田元局長や早稲田大学に、うその回答を
するよう依頼。

こいつも最低だけど、早稲田も最低。
しかも、いきなり教授。
頑張って業績を残して教授になった方々、なろうとしている人は
たまらないだろう。
もっとも教授になりたくて仕事をしている人はそれ自体がおかしいと思うが。
過程と結果を取り違えている。
しかもこれが我が国有数の大学での出来事。
教育者ということをもう一度考え直す必要がある。
自分自身の研究、発明も大事だが、人を育てるのが本来の教育者ではないか。
早稲田大学よ教育者の資格をもう一度よ~~く考えろ。
文部科学省、元々の膿はここにある。
こういう奴らが大勢いて日本の教育界を牛耳っている。
なにせ省ぐるみの不正なのだから。
文科省は、OBなどが自由に文科省に出入りできる「先輩証」を配布している。
「先輩証」は、文科省退職者のほか、文科省に勤務歴がある国立大学や
独立行政法人などの部長職以上の退職者のうち、希望者に発行していて、
千枚ほど発行されているが、これがなんか何のために発行しているか
不思議でならない。まるで天下り斡旋用パスポートだ。
今回の事件、文部科学省で定年間近な人で焦るやつもいるだろう。
真面目に考えて働いている人は悔しいだろうと思う。
だいたい年金にしろ再就職にしろ官民の格差がひどすぎる。
官僚は自分たちに不利益になる事案は絶対に発議しないので永遠に
なくなることは無い。
こういう事件には処罰を厳しくして、江戸時代のように財産没収のうえ
所払いがふさわしい。

桜は韓国が起源?

2017年04月20日
【桜は韓国が起源?】

韓国では桜の時期になると毎年繰り返して話題になるらしい。
日本ー韓国間の「原産地」論争である。韓国お得意の起源説。
どれだけ世界中の国が嫌がっているかわかっていない。
しかもずうずうしくも世界文化遺産に登録しようとまでしているものもある。
剣道、武士、茶道等々、そういえばピザもあった。
そうはいっても日本側での反応は薄いし、というよりはさほど関心がない。
韓国では、韓国=原産地説を否定でもしようものなら、非国民のように
非難される。当然、韓国人はいつものヒステリックで感情的な反応を示す。
(もっとも狂的ヒステリックになるのはいつものことだが)
桜の「原産地」だということへの執着は日本人の比ではない。
なぜか。

実は、桜の原産地が韓国だという主張は昔もあったそうだ。
しかし、大部分の韓国人にとって桜は日本の花であり、日本を象徴する花だと
考えられていた。それは、第二次世界大戦が終わり、日本統治から解放された
韓国のあちらこちらで、韓国人の手によって桜の木が伐採されたことが
何よりもはっきりと証明している。
「桜=日本のもの」という認識があったからこそ、日本に対する反感を桜に
向け、怒りをぶつけたのという。

しかし美しいものは美しいし、花見は韓国人でも楽しい行事である。
終戦直後の韓国には、花見ですら罪悪視されるほどに強烈な反日感情が
充満していた。「花見は敵の文化だ」と、押さえつけられていた。
しかし時代が下るにつけ、人々は美しい桜を見に出かけるようになった。
近年では全国各地の自治体が観光客を誘致しようと観光地化を推し進め、
競うように桜の名所と宣伝し始めている。
このような風潮に対して、「韓国の花もいろいろあるのに何で日本の花?」
「日本文化の真似だ」といった懸念の声があがった。
これを解決するのが「桜の原産地は韓国である」という主張である。

韓国にも樹齢何百年といった桜の老木があるが(済州島等)、桜を愛でて
楽しみ、生活の中に利用するような文化や情緒は無かったというのも
事実である。韓国が原産地であれば昔から誰でも見ることができていたにも
かかわらず、桜を素材にした詩の一首、物語の一場面を見つけることは無い。
韓国では、無視されてきた花だったのである。
反面、日本では古くから愛され和歌等の素材として重宝され、木自体は
いろいろなものに加工されて利用されてきた。何を今更ということだ。
韓国人に桜の起源をいう権利は無い。

もう一つ。
現在、韓国人が花見をしている桜はほとんどが在日韓国人が送り、
それが育ったものである。何十万本という桜が日本から韓国に送られた。
ソメイヨシノは交配種なので種子では子孫は残せなく、自然に
増えることはない。
花見をするときは日本人に感謝すべきである。
数十万株の桜が戦後日本から韓国に渡り植樹され、そのおかげで現在、
韓国人たちが桜を楽しんでいるという事実は、桜の原産地が韓国だと
主張する韓国の立場から見ると、「不都合な真実」に他ならない。
要は韓国人お得意の日本人に対する負けず嫌い。

「原産地」や「起源」よりも、その対象を認め、評価し、愛してきたのかと
いうことの方が、よほど重要な問題である。まあ日本人は相手にしてないが。
そもそも韓国人に情緒や感性を求める方が無理。やたら辛いだけの
真っ赤な食事とコピーだらけの芸能界、漫画、商品、工業品などを見れば
一目瞭然である。
もっともDNA検査の結果は日本と韓国の桜では種類が違うようだが。

【諫早訴訟 開門差し止め命じる判決】

国営諫早湾干拓事業(諫干、長崎県)の干拓地の営農者らが国に潮受け堤防の
開門差し止めを求めた訴訟で、長崎地裁は17日、差し止めを命じる判決を
言い渡した。諫干を巡る訴訟で開門差し止めを認める判決は初めて。
2010年に国に5年間の開門調査を命じた福岡高裁判決が確定しており、
確定判決とは逆の請求を認める判決は極めて異例。

二つの裁判所がまったく逆の判決を下した。
どちらが正しいとか間違っているということではなく、世の中には
白と黒だけではなく灰色が存在するが、裁判は白黒をつけなければ
ならない。裁判官も大変だろうと思う。
しかし何故、福岡高裁で判決が確定しているのに実行できないのか。
確定である。この確定という意味がわかっているのか。
これでは裁判も判決も意味をなさないのでないか。

で、小生の個人的意見だが、限りなく黒に近い灰色。
やはり開門が正当だと思う。
いろいろな大学の教授も閉門による環境の悪化を指摘している。
もともと海というのは山の栄養分が川によって運ばれて豊かになる。
そのために、わざわざ植林をしている漁業関係者や地域もあるくらいだ。
また海流の影響も大きい。
今のままでは漁業者が一方的に不利益になっている。
農民と漁民の戦いだが、先に漁業を営んできた漁民の勝ちで、
閉門による干拓でできた土地で農業をはじめた農民の負け。

煙草の次は酒か

2017年04月18日
【煙草の次は酒か】

煙草を吸う人間として、昨今の事情は非情に厳しい。
公共の場などの禁煙は正論であり、なんら不満はない。
ただ飲食店の全面禁止は納得できない。
そして次は酒が矢面に立たされている。
確かに日本は諸外国に比べて規制が穏やかなのだが、それは治安が
良いということでもある。
今後、政府が取り組むであろう酒害対策は
 「酒の安売り禁止」
 「飲食店での飲み放題禁止」
  (これは外人観光客に人気があるのを政府は知っているのだろうか)
 「酒類の広告規制」
 「酒の値段の引き上げ(酒税の税率アップ)」
  (今でも不当な税率だと思う。ガソリンと同じく二重に税金が
   取られている)
 「公共の場所での販売規制」
などが考えられる。

日本では2013年に「アルコール健康障害対策基本法」を制定し、
アルコール健康障害対策基本計画をまとめた。これは依存症対策などが
中心だが、政府はそれに関連して昨年5月に改正酒税法を成立させ、
ディスカウント店などの酒の「過剰な安売り」の規制に乗り出した。
広告を規制し、高い税率を課して価格を大幅にあげ、段階的に販売を
規制していこうというタバコ規制と同じやり方である。

ちょっとは自由にさせてくれと言いたい。
それに煙草、酒にからむ業種の会社、勤務している人、生産する農家などの
ことはどうでもいいのか。
小生の本家は煙草の葉を栽培していたが、今は他のものを植えている。
以前は全量、煙草会社が買い上げていたが、それを止めたからだ。

【北朝鮮が核実験なら米国は先制攻撃】

米国テレビは13日、複数の米情報当局者の話として、北朝鮮が6回目の
核実験を強行しようとした場合、米軍が通常兵器による「先制攻撃」を行う
準備に入ったと報じた。巡航ミサイル「トマホーク」を発射できる駆逐艦が
近海に展開し、米領グアムの基地で重爆撃機も出撃態勢を整えているという。
米大統領は核・ミサイル開発を繰り返す北朝鮮への圧力強化を巡り、中国の
協力を強く求めている。一方で、ツイッターに「もし中国が北朝鮮を
対処できなければ、米国が行う」と投稿し、単独行動も辞さない考えを示した。
また新型核爆弾「B61-12」という地下貫通型の試験も行われた。
北朝鮮の基地が地下施設を見越してのことと思われる。

これに対して北朝鮮は米国による先制攻撃の兆候があれば米国に核攻撃すると
警告した。米原子力空母などが太平洋西部に向かっているが、北朝鮮の機関紙、
労働新聞は、米国によるいかなる攻撃にも反撃する用意があると表明した。
制裁ごときで我々の核抑止力を奪えると思うなら、それは妄想でしかないと
主張し、「我々が制裁をいかに粉砕するかを世界はまもなく見ることになる」
として、圧力を一段と強化する構えのトランプ政権をけん制している。

政府は韓国への海外渡航者に対して禁止まではしていないが注意を促している。
特にソウルは北朝鮮が軍事行動を起こせば瞬時に火の海となる。
北朝鮮の有力な火器はソウルに近い国境沿いに集中配備している。
日本にある在米軍基地も目標なる可能性は高い。
日本は中国、北朝鮮に対して世界トップレベルの情報を持っているが、
情報だけではどうしようもない。
日本も緊張して推移を見守って対応しなければならないが、専守防衛を
神の言葉のように述べている現在の法律ではどうしようもない。
ミサイル防御網は完全ではない。核ミサイルが何発か飛んできて、
1発でも打ち落とすことができなければ何の意味も無い。
北朝鮮の大きな行事がある日が危険日となる可能性が高いようである。
どうしようもないのが事実だ。
同じ民族がたった1人の狂った独裁者よって分断され、世界の嫌われ者、
お荷物国家となっている。悲しいことだ。

【韓国の観光業界が破綻寸前】

政情不安が続き、中国と韓国のミサイル配備問題もあり、中国人の観光客が
韓国にほとんどいかなくなっている状況(なにせ中国当局が韓国への
旅行を取り扱わない状態)のため、その減った分を日本人観光客に埋めて
ほしいという韓国からの期待・要望が高い状態だとのこと。
慰安婦問題、内政不安、北朝鮮問題、反日の大統領候補、これらを考えたら
今更、韓国に行く日本人がそれほど増加するはずが無い。

知っている在日の方が言う。韓国のコンビニに行ってお菓子や弁当を買うと
日本の水準がどれだけ高いかわかるという。おまけに街はゴミだらけ。
建物や道路は手抜き工事でどんな危険が待っているかわからない。
商品はコピー天国で偽物だらけ。
土産物店やタクシーは高い料金を吹っ掛ける。
たいした観光地もなく、リピーターも望めない。
日本人に続き中国人も来なくなった韓国の観光、旅行業界は破綻寸前。

航空機は中国便を座席数の少ない機種に変え、その分を日本や東南アジアに
振り向ける予定。だが日本も東南アジアでも韓国は嫌われ者。
そこで言われ出したのが旅行の内需拡大。しかし韓国にはそれほど
観光地自体がない。

日本との大きな差は、どの産業構造も外需に極端に依存していること。
企業はもちろん、金融機関の資本でさえ外国の資本が大きな割合を占める。
つまり企業は稼いでも外国の資本家と一部の大企業の社員だけが
その分け前を貰っているという状態。
大企業が国民生産の過半数以上を占めるという異常な社会であり、
その大企業に就職するために学歴が必要となり猛烈な受験地獄と学歴による
差別と偏見が発生しているのが現在の韓国。
表面に腐れた儒教だけが残り、裏では徹底的な拝金主義。
このような社会構造を改革するのは千年たっても難しい。

【RTAは「ブラック組織」】

先日、この問題をカキコしたばかりだが、週刊誌に表題のような記事が出た。
まさしくそのとおりである。

新学期がやってくる。そしてPTA活動も始まる。子供たちが豊かな
学校生活を送れるように、保護者と教師とが協力する姿勢は評価できる。
だが、なぜかPTAへの不満は噴出するばかり。強制参加や非効率で無駄に
過ぎていく時間の使い方など、解決の糸口すらないのか。

といった記事である。
その内容がすさまじい。

「PTAはつぶしたほうがいい。そのほうが子供のためになる。
本部役員を長くやったが、子供にいい影響どころか悪影響しかない。

「子供のために使われていないお金が多すぎる。保護者と先生、PTA
連合会の方々との交流会とか、保護者のために開いた講演会の講師料とか。
そんなことにお金を回すなら、もっと子供のために使えよ。」

最も嫌悪感を覚えたのが、ゆがんだ人間関係。
PTAには必ず個人攻撃をする人がいて、連絡網がメーリングリストの
時代になってから、関係ない人までメールを送りつけられトラブルに
巻き込まれることがよくあった。

子供がトラブルを起こすと、あの親だから、ああいう家庭だから、と
言われる。役員になって暴走するお母さんも多かった。弁護士を雇って、
相性の合わない会長を引きずり下ろそうとした人もいた。

PTA問題の原因のひとつは、菊池桃子さんの「PTAは任意」発言が多く
の共感を呼んだように、本来は任意のボランティア団体であるはずのPTAが
義務化して、保護者を強制的に追い詰めてきた従来のやり方。

子供が精神的に病んで入院していても『全員参加です』の一点張り」。
役員経験者は『自分も我慢したのだからみんなも我慢すべき』と強く思って
いるから、次の誰かに押しつけて、の負の連鎖です」。
「小中ともに自動加入だった。入学式後に役員決めがありましたが、
入り口に立つ本部役員が出ていこうとする保護者に『なぜ出るのか』と
聞く始末」

「逆らうものはいじめ抜きます。脅威を感じる保護者に対しては、ミスを
見つけ次第つるし上げ、呼び出すなどヤンキーの世界顔負け」。
「やっていない人への陰口がひどく、気が滅入(めい)った。罰ゲームかと
思った」。
「先生との社交(餞別[せんべつ]やお礼など)に偏りがち」。
「研修イコール必ず飲み会。研修報告も何がおいしかったとかの内容が
多かった」

こんなのを読んでいると本当にあるのかという気分になるが、実際は
もっとひどい現場もあるようだ。
少なくとも任意加入であることをきちんと説明し、加入者からは承諾書を
徴求するべきである。
また、金銭関係においては交流会等はいっさい飲酒はやめ、講演会の
講師は地域のお年寄りやボランティアの方を探して経費をできるだけ
少なくするべき。もっとも交流会等自体が必要かどうかも怪しい。
会計処理の監査にしても度素人がわからない書類をサラッと見て
判を押すだけではないだろうか。
ここまでなったPTAを改革するには行政の力しかないだろう。

商標

2017年04月10日
【商標】

こういうニュースが掲載された。

「直虎」商標維持で特許庁は大河ドラマの主人公井伊直虎に関連し、「直虎」を
浜松市内と長野県内の2社が商標登録したのは公共の利益に反するとして、
浜松市と浜松商工会議所が異議を申し立てていた問題で、特許庁は5日までに
異議を認めない決定をした。

今回の場合は比較的に穏やかで現在浜松市が「直虎」を使用している部分に
関連しては問題が無いと言うことで上告はないようである。
しかしこういう歴史上の人名や地名等は商標に関しては厳しくしないと
いけないのではないかと思う。それに商標をやっためたら登録して
それで稼ぐ業者などは何らかの対策をこうじる必要がある。特許庁で審査する
以前の問題で、そういう申請自体ができないようにしなければいけない。
日本国内の場合はまだいい。
海外(特に中国、韓国)はすさまじい。知的所有権などということが
わかっていない発展途上国なのである。
行政は日本国内はもちろんだが、こういう海外での行き過ぎた商標にも
十分注意をはらって断固とした対応をとるべきである。

救助費

2017年04月08日
【救助費】

岐阜県は6日、登山届を提出せず北アルプスを登山した男性1人に対し、
県山岳遭難防止条例違反の疑いで過料5万円を科したと発表した。
2016年12月に罰則規定を施行して以降、適用は初めて。
県は14年12月、山岳遭難時の安否確認などを目的に登山届の提出を
義務付け、周知期間を経て北アルプスなどの一部の山の登山者に罰則(過料)
規定を設けた。


こういう非常識な人間がいるので他の愛好家が迷惑する。
それとも自殺志願の度素人?
遭難はやはりその山のイメージも悪くなるし、地元への観光等にも
響くだろう。死にたい奴は死なせたらいいという訳にはいかない。
過料もいいけど、届け出をしなかった場合は遭難しても救助は全額自費で、
家族なりが勝手にして下さい、というのも良いかもしれない。
もっとも山での遭難は警察と自衛隊は無料だが、地元山岳会、ヘリコプター
などは全て有料なので、かなり高額になる。
例えば観光地などでも遊覧用のヘリコプターがあるが救助となると、
・チャーター料 約50万円/時間(遭難現場での救助作業料金)
・空輸料    約50万円/時間(遭難現場近くのヘリポートまでの回送料)
・スタンバイ料 約30万円/件 (通常物輸業務を中断して遭難救助に
        向かうため、物輸依頼主への補償と調整費用、パイロット・
         整備士などの調整料)
・滞留料    約30万円/時間(機体が現場近くのヘリポートへ入ったが、
         天候や遭難現場での救助活動で待機が3時間を越えた場合、
         1日2時間分を限度として請求される)
・夜間滞留料  約7万円/泊(滞留が夜間に及び1泊あたりの料金)
結果としてヘリだけで最低130万円程度はかかる。
これに地元山岳会の日当、交通費、食事代等々で山で遭難して場合は
これ以上にかかるのは当然である。

ちなみに海での遭難については基本的に国の機関である海上保安庁が捜索に
当たるので費用は請求されない。もっとも遭難して海中を捜索する場合は
潜水士をやとって捜索しなければならず、民間なので日当等が請求される。

【7億円集めた女、逮捕】

出資法違反の疑いで国際手配されていた、62歳の日本人の女が、タイで
逮捕された。逮捕されたのは、出資法違反の疑いで、熊本県警が国際手配
していた山辺節子容疑者(62)。
山辺容疑者は、元本を保証し、25%の利息を払うとうたって、「大企業へ
のつなぎ融資」を持ちかけ、6,800万円を違法に出資させた疑いが
持たれていて、共犯者とともに7億円以上を集めたとみられている。
金の一部は交際相手の30代のタイ人男性に、家を購入するために使われたと
みられ、山辺容疑者は、「わたしも被害者です」と容疑を否認しているという。

驚いたのは今でもこんな詐欺にひっかる人間がいるということ。
金融機関の金利を知ってますか。普通預貯金だと0.001%が当たり前。
1千万円預けて年間で100円の利息。しかもこれから税金が引かれる。
安全な引き出し貯金になっている。(100%安全では無い。破綻もある。)
この時代に元本保証で25%の利息なんて詐欺以外にあるわけない。
どうしてこんな詐欺に引っかかるか不思議でならない。
引っかかる方も引っかかる方と言いたい。金の亡者か。

「わたしも被害者です」逃げの文句はみんなそう言う。
まあまだ容疑者だから言わせておこう。
しかし国際手配されるぐらいの容疑者ならほぼ犯人だろうと思うけど。

それとこういう経済犯はけっこう判決がゆるい。
殺人等の人間に対する犯罪に比べて非情に軽い。
でも、そのお金が無くなって生活、人生が破綻する人もいる。
(まあ、お金に不自由しない人がほとんどなのだろうけど)
それを考えれば、直接の殺傷では無くても間接的な殺傷であり、
もっと厳罰にしても良いのでは無いかと思う。
諸事情も考慮しなければならないが、江戸時代みたいに(江戸時代は
10両で首が飛ぶ。現在の価値にして3~400万円ぐらいかな?)、
強盗の場合は100万円で懲役1年、詐欺等は200万円で懲役1年と決め、
7億円だと懲役350年。執行猶予も保釈も無し。単純で明快。
盗む方も考えるだろう。盗みに入ったら1千万円あったけど、懲役10年は
辛いから半分にしとこうとか。そりゃ無いか。
最近は変わってきているけど殺人罪には「永山基準」というのがずっと
適用されてきた。経済犯にもこれに似た基準があるのだろうか。

永山基準
 永山紀夫連続殺人事件

【志村けん兄 東村山市役所退職で語ったコト】

これに関しては当人に対しては本当に立派だと思う。
だけど、お歳は70歳になられるという。
65歳定年として5年間若者の職場を奪ったことになる。
臨時職員といえ、もし募集すれば多くの若者が応募するだろう。
職業柄、後輩育成など他の人にはできないという部分もあるが、
もし東村山市の財政が悪くないのであれば新たに職員を採用して
5年間を引き継ぎ期間とするようなことができないのだろうか。
もっともこれは推測であって実際そのようになされているのかもしれない。

日本中で、高齢化が進み、年金支給年齢はどんどん引き上げられ
定年後も働かなければならない人(預貯金も無い小生もその1人だが)、
年金では暮らしていけない人、よりよい年金支給後の生活を望む人、
自分の健康(身体やボケ防止)のために働きたい人、
特殊な仕事、職種、技能などを有する人は確実に増え、
若者の就職の機会を奪うということが進むのではないだろうか。
つまり理想的社会として65歳定年として、定年後すぐに年金が
支給になり、年金だけで生活が成り立つ(預貯金もいらない)という
ことが高齢者と若者の雇用の関係は解消されない。
現実は年金を受給している高齢者でもご近所や親戚、家族の冠婚葬祭、
医療費等でかなりの支出があり、また国民年金だけでは生活していけない。

財政的に豊かな企業はダブって社員をかかえ世代交代をうまく
やっていくことができるだろうが、それでも企業が利益を追求するならば
余剰人員はできうる限り削減するのが一般的である。
現在の日本で飛躍的な経済発展は望めそうもなく、そうすると若者の就職は
ますます困難になっていく。
よく新聞に求人のチラシが入っているが、高齢者向けのアルバイト・パートが
けっこう目につく。正社員でもかまわないところを人件費を削減するために
募集しているのだろうか。

イルカの問題

2017年04月04日
【イルカの問題】

日本動物園水族館協会(JAZA)が加盟施設に対し、和歌山県太地
(たいじ)町の追い込み漁で捕獲したイルカの入手を禁じた問題で、
新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)と下関市立しものせき水族館「海響館」
(山口県)が「今後も太地町からイルカを購入したい」として、JAZAを
退会した。


この問題は以前から盛んに報道されていたが、なぜイルカだけが
特別なのかがわからない。世界ではもっと残酷なことがたくさんあるだろう。
(もっともイルカの追い込み漁が残酷だとは思わないが)
その地域では伝統であり、文化であるものが、欧米基準で評価されているのも
おかしな話だが、それに同調する日本の協会もわからない。
(牛も馬も羊も山羊もウサギも可愛いので欧米の方々は食べないで下さい)
例えば同調しなくて動物・魚類等が輸入困難になっても日本の協会の瑕疵では
ないし、日本人は理解を示してくれるのでないだろうか。

JAZAは追い込み漁を「残酷」と非難する世界動物園水族館協会
(WAZA)の警告を受け、2015年5月、この方法で捕獲されたイルカの
購入禁止を決定。地元の太地町立くじらの博物館が15年9月、決定に
反発して退会したが、地元以外の施設の退会は初めて。


この日本の協会、アホばかり揃っている。
他の方法で捕獲されたものは可なのか。
捕獲されるイルカとってはどちらにしても迷惑なことに変わりない。
むしろ退会した両館に賛辞を与えたい。
準地元である下関水族館、がんばって下さい。

両館は取材に、「追い込み漁は国が認める合法的なもの。国の政策に反する
禁止規定を設けるJAZAの方針を容認できない」などとしている。
JAZAは「退会は残念。協会としては今後も加盟施設で協力し、イルカの
繁殖に向けた取り組みを進める」とした。


両館の言い分が正当である。
またまたこのアホな日本の協会がアホなことを言っている。
なにが退会は残念か。本音は言うことを聞かない両館を蔑視しているに
違いない。またイルカの繁殖とはまったく別問題であり、このような
発言だと両館がイルカの繁殖に取り組んでいないように受け取られる。
このような協会はみんなで脱退して、別の欧米の無理解な協会の影響を
受けない新しい団体を作って世界に新基準を示して広げるといい。

【食品の地理的表示不正使用】

タイ産「夕張日本メロン」やオーストラリア産「神戸ビーフ」など、海外で
日本の地理的表示(GI)の不正使用が相次いでいることが農水省の調査で
分かった。模倣品が横行すれば、本物の輸出の妨げになる。同省は不正使用の
防止に向け、現地での取り締まりが可能となるよう、外国政府とのGIの
相互保護の実現を急ぐ。

すごい、思わず笑うほどすごい。
タイ産「夕張日本メロン」、オーストラリア産「神戸ビーフ」
中国産「日本静岡夕張メロン」、中国産「八女抹茶」
香港産「北海道うどん」、台湾産「信州の味 味噌(みそ)」
と続々出てくる。

このうちタイ産「夕張日本メロン」は、日本の産地がタイの業者に名称を
使わないよう警告し、業者が使用を止めた。業者は日本から苗を輸入したと
主張していたが、裏付けがなく、商品をタイ国内で広く流通させてインドにも
輸出していた。

すばらしい、すぐ底が見えるような言い訳。さすが仏の国、タイ。
使用を止めたのは感心だが、すでに大儲けをしていて、これ以上は
やばいと早めに切り抜けたのだろう。

まあ音楽も漫画も映画もコピーだらけの開発途上国(韓国、中国を含む)では
知的財産とか不正地理表示とかは理解もできないし、規制もできないだろう。
元々は日本製品、日本の産物の高い優秀性に基づいている。
自動車も家電もやはりアジアでは日本製が強い。
といってもそのままと言うわけにはいかない。
生産者は国内需要が頭打ちになれば当然海外進出を目指す。
そこに偽物が蔓延っていれば進出は困難である。
韓国、中国はたいしたことがないが、台湾、香港のものは包装まできわめて
そっくりに仕上げてあり、なかなか選別が難しいらしい。
早急に政府は対策を行うべきだ。
まして韓国製日本人や中国製日本人はいらない。

【中国海軍、軽空母クラスの強襲揚陸艦の建造を開始】

南シナ海や東シナ海での領有権紛争に投入できる強襲揚陸艦の建造を
中国海軍が開始した。強襲揚陸艦とは、上陸作戦に必要な兵員・装備の
輸送を担当する大型の輸送艦で、垂直離着陸機やヘリなどが発着できる
大型の飛行甲板を備え、軽空母の役割を果たす。また、水陸両用機動部隊の
旗艦として、上陸作戦を指揮・統制する役割も遂行する。

ついに空母はあきらめて強襲揚陸艦へと走り始めた。
役に立たない陳腐な空母より安く建造できる方へとの思惑もあるのだろう。
一番の理由は南シナ海への睨みだろう。同海域に作ったのが軍事施設では
ないとよく嘘が言えるものだ。周辺諸国は連帯してこの非常識な中国という
馬鹿な共産党に支配された国に対応する必要がある。日本も軍事技術の
供与を真剣に考え、また同盟を強化する必要がある。
(イージスまがいのイージス艦や漁船用の探査機を積んだ掃海艇を持つ
 おもちゃのような韓国海軍はご遠慮ください)

新しい強襲揚陸艦は、中国海軍の中で最も規模が大きい。全長250メートル、
排水量は4万トンで、米海軍の主力強襲揚陸艦「ワスプ級」に匹敵する。
最大30機の武装ヘリを積むことができ、飛行甲板から一度に6機のヘリが
発艦できる。中国海軍は現在、2万トン級の強襲揚陸艦を4隻持っている。
中国海軍がこの強襲揚陸艦を保有したら、南シナ海や東シナ海で敵の軍艦や
潜水艦、地上軍を攻撃するさまざまな形態のヘリを発着艦させることができる。
中国は米国に次いで世界第2位の規模の海軍を保有することになる。

規模では2位になるかもしれないが、日米とはまず将兵の鍛錬度が桁違い。
それに1位と2位の差がとてつもなく広い。
まして艦艇と装備の最新技術は差はどうしようもない。
カヌーと弓矢で大砲を積んだ鉄張りの蒸気船を攻撃するようなものだ。
どんなに空母を作ろうが、強襲揚陸艦を作ろうが、いざとなれば日米豪の
潜水艦の餌食になるだけというのに気づかないのだろうか。

【「他力本願」と「情けは人のためならず」】

いろいろと格言等はあるけど、この二つほど意味を誤解されているものは
ないと思う。

「他力本願」は他人に頼る、他人に頼っては駄目のような意味にとられる
場合が多い。しかしこれは仏教上のことで、他人とは仏様のことである。
つまり一生懸命に自分でやれることをやったら、あとは仏様に祈って
救って貰おうということである。ここで大事なのは自分自身も全力で
やらなければならないといことである。いわば人事を尽くして天命を待つと
いうことである。
四国のお遍路さんが同行二人というのに似ている。二人とは自分自身と
弘法大師である。

「情けは人のためならず」は他人に情けをかけると、その人が甘えたり
するので、そこは非情でも放っておくという意味にとられたりするが、
本来は他人に情けをかけると、それが回り回っていつか自分に返ってくるので
他人には情けをかけておきなさいと、まったく正反対の行動となる。

ちょっと読んだ本から。

【旅行会社「てるみくらぶ」が経営破綻】

そうとう多くの方が実質的、経済的被害を受けている。
旅行先、出発前を問わず被害者の方々は大変だろう。
まず国は海外渡航者だけは早急に実態を把握して救いの手を
差し伸べるべきだと思う。(もっともお金に余裕があり、それでもまだ
旅行を続けたいという方は別だけど)

旅行会社は会社を設立する時に協会に預託金を積まなければならないが
とても被害の全額を補填できる額ではない。
しかし今回の報道を見ているとあたかも詐欺のような感じに受け取れる。
旅行を予約して、翌日全額を支払い、その後すぐに連絡が取れないといった
ケースもあるようだ。
行政の監督も100%は無理だし、やはり名のある旅行会社を選択した方が
無難である。

旅行業界も過当競争で無茶な割引などを行っている。
ホテル・旅館、土産物店、運行会社、運転手・添乗員などに、
そのしわ寄せが来る。
ホテル・旅館の旅行会社との提携料は安い物では無い。
(つまり宿泊料の何%かは旅行業者へいく)
こんなことがある。NET上で探すと満室となっているホテル・旅館に
直前に直接連絡するとけっこう空いていることがある。旅行会社がその
ホテル・旅館の何%かをとりあえず押さえているためである。
旅行会社で申し込んだ場合と直接申し込んだ場合は、同じ料金ならば
夕食時に旅行会社経由の方が1品少ないという感じだ。(絶対ではない)
小生は旅行をするときは旅行会社で予約を取って貰うことはない。
まず友人、知人の膨大な知識と経験に頼る。
また旅行会社が提携していないような小さな宿が好みでもある。
ちなみに小生も旅行の国家資格を持っているので経験さえ積み、預託金が
あれば代理店ぐらいは開業できる。もっともその気は無いが。

九州内の交通

2017年03月29日
【九州内の交通】

とタイトルを名を付けてもたいしたことではない。
産まれも育ちも九州人のただのひがみである。
東京を中心にそれ以北では東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、
北陸新幹線、上越新幹線、北海道新幹線(建設途中を含む)がある。
これに比べて九州は小倉から鹿児島の九州新幹線1本だけ。
こりゃひがむよね。長崎新幹線、大分・宮崎新幹線があっても
不思議ではないと思う。沿線の人口を比較してもそう少ないわけでも無い。
新幹線はよく政治家がからむと言うが九州には麻生元総理もいるし。
(余談:現役時代、小生の勤務先を選挙活動で訪れた麻生元総理と握手したが、
 小柄な方で、笑顔がよく、しかし着ていたスーツは超高級品だった)
東九州道なんて一般道(有料のバイパス等)の共有部分が
かなりあってとても高速道路とは言えない。実際、途中でパーキング
エリアなんてのも無いし。
例えば北九州市から人吉市に行くのに2時間30分。
距離的には、はるかに近い別府市に行くのに3時間強。
それに比べて他の地方は充実しているような気がする。
中国地方と四国の間に橋が3本。
こんなに必要?
四国ってそんなに経済的に有望? 
どんなメリットがある? (現実問題、赤字ではないの?)
四国に福岡市や北九州市より大きな街がある?
それなのに中国地方と九州は関門大橋1本。
関門トンネルはあるけど、片側1車線。
これは政治家がらみだろう。なにか矛盾を感じる。
福岡市は海外旅行の大拠点のひとつで、韓国なんて日帰りができる。
福岡空港は市内からバス。地下鉄、都市高速で簡単に行ける近距離。
こんな空港は他に無い。もっと整備されてよいと思うのだが。

【国民年金、強制徴収の対象拡大】

日本年金機構は新年度に、国民年金の未納金を強制徴収する対象者を、
所得350万円以上の未納者から300万円以上に広げる方針である。
対象とする未納月数は現行の7カ月以上から13カ月以上に変更するが、
強制徴収の対象者は増加する。たび重なる督促に応じない未納者に対し、
公的年金の公平性という観点から対応を強化するのが狙いである。


疑問1 額を下げれば当然対象者は増加するだろうが、未納月数をなぜ
    伸ばす必要があるのかわからない。そもそも7カ月以上という    
    数はどういう根拠なのだろうか、当初はこの7カ月以上という
    数が妥当として決定されているはずなのに、なぜ変えるのか。

今年度は所得が350万円以上で数回にわたる納付を呼びかけに応じない
2万人以上を対象に集中して督促をしているが。このうち、所得が
1000万円以上の未納者は1381人いるという。


疑問2 2万人といってもピンとこない。国民年金を納付対象者が何人で、
    その内、学生や無所得の猶予者を除いた実質対象者が何人で、
    2万人は何%なのかを表してなければわからない。

疑問3 1000万円以上の未納者が1381人というけど、そんな
    高所得者になぜ今まで強制執行をしなかったのか。
    お役所の甘い体質?

未納者への対策として、機構は国税徴収法にのっとり、市町村から情報を
得るなどして所得が確認できた人に特別催告状を送付して、その後、督促状を
送るなどしても納付がない場合、預貯金の残高などの財産調査を行って財産を
差し押さえる。今年度は昨年11月末までに7334件の差し押さえを行った


疑問4 特別催告状の費用はどうするのか。未納者へ負担させるのか。
    職員が戸別訪問などしているのか。
    
    「金融機関の残高調査を行うというが、これは国税徴収法をたてに 
     一方的な押しつけ。金融機関はたまったものでは無い。しかも
     1件調べるのにはシステム料金や社員の賃金と時間がかかっても、
     無料奉仕で、もちろん手間もかかって面倒くさい。」
     小生は別件でこういう調査をいつもしていた。

機構は「納付が難しいと訴える人もいるが、皆が納めることで成り立って
いる制度だと説明している」とする。


疑問5 3割が未納ということは制度自体がおかしいと考えないのか。
    みんなが納めることで成り立っていると言うが、以前の
    度重なる不祥事はどうなった。
    国民の3割が信用していないということではないのか。
    所得が1000万円以上あれば金融機関の個人年金や
    預貯金のほうが良いと考えて当たり前と思わないのか。
    国民年金を貰っても暮らしてはいけない。この事実を
    どうするのか。いっそ掛け金が多くても将来年金だけで
    暮らしが成り立つ額を受け取れる新年金などを考えているのか。

平成26年度の納付率は71・5%(昨年12月末時点)で、ここ数年は
7割程度にとどまっている。


疑問6 未納者の督促や強制執行もよいが、国民が納付に対して
    納得するような年金と機構に変えなくともよいのか。
    
疑問7 機構は現在どうなっているのか。不祥事の処罰と結果は
    どうなっているのか。日本人の特徴ですぐ忘れてしまう
    欠点が出ている。地道にこの問題に取り組んで調査。取材を
    行っている報道関連は無いのか。

最後に小生は「日本年金機構」を信じていない。
まあ小生は厚生年金だが、おかんは3号国民年金だから関係はある。
それに次男は定職をもっていない。しかし無理をして国民年金を
掛けている。次男の将来が不安だ。

【1073ぶりのセウォル号 NO.2】

前にカキコしたが「セウォル号沈没事件」の船体が引き揚げられた。
韓国海難史上最悪のこの事故では、当局の対応策に世論の批判が噴出。
とくに事故直後の動静があいまいだった朴槿恵(パククネ)大統領(当時)が
非難の矢を浴び、政治問題化した。これが大統領の弾劾・罷免の始まり。
事故は忌まわしい出来事だったが、その沈没したセウォル号の引き揚げを
担っているのが中国のサルベージ会社である。
韓国では今、在韓米軍の対北ミサイル防衛網配備を非難する中国から、
観光中断をはじめ手ひどい報復を受け、対中感情が極度に悪